ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  2

  • 関連の記事

「2次元仮想空間」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「2次元仮想空間」に関する情報が集まったページです。

Amebaなうにドラマ「サラリーマン金太郎」公式アカウント
テレビ朝日の新ドラマ「サラリーマン金太郎2」がAmebaとコラボレーション。Amebaなうに公式アカウントを設置し、アメーバピグでオリジナルアイテムを販売する。(2010/1/8)

Yahoo!JAPANが「ネット番付」発表 今年最もはやったのはTwitter、最も嫁にしたいのは……
Yahoo!JAPANが発表した2009年の「ネット番付」によると、最もヒットしたサービスは「Twitter」、検索流行語は「草食系男子」。「最も嫁にしたい2次元キャラ」も選出。(2009/12/4)

「ピグ」「プーペ」「ニコッと」女性になぜ人気 共通点を考えてみた
「アメーバピグ」「プーペガール」「ニコッとタウン」といったアバターコミュニティーが多くの女性ユーザーを獲得して急成長している。なぜ女性に人気なのだろうか。記者(23歳女性)がユーザー視点で考えてみた。(2009/12/4)

8カ月で140万ユーザー 現実の延長線上にある仮想空間「アメーバピグ」
サイバーエージェントの「アメーバピグ」は、「似顔絵」や現実とのつながりを意識した仮想空間だ。開始から8カ月でユーザーは約140万人にふくらみ、月間数千万円のアバターアイテムを売り上げる。(2009/10/27)

「夜は眠るもの」 午前0時に閉まる2D仮想空間「ニコッとタウン」のこだわり
「ニコッとタウン」は、午前0時に閉まる夜の早い仮想空間だ。2Dながら、細かく描き込んで立体的に見せたアバターなど、“日本の匠のもの作り”が人気の秘密という。(2009/9/28)

ココログと「ニコッとタウン」が連携 プロフィールにアバター
ニフティのブログサービス「ココログ」と「ニコッとタウン」が連携。ブログのプロフィールにアバターを表示できるようにし、ニフティが手薄だったという若年層を取り込む。(2009/7/28)

仮想空間「アメーバピグ」50万人突破 有料アイテム好調、月数千万円の売り上げ
サイバーエージェントの仮想空間「アメーバピグ」のユーザー数が約4カ月半で50万人を突破した。有料アイテムも好調で、月数千万円の売り上げがあるという。(2009/7/8)

仮想空間「ニコッとタウン」、15万会員突破
スク・エニ子会社が運営する仮想空間「ニコッとタウン」の登録者数が15万を突破した。(2009/3/10)

サイバーエージェントが仮想空間 似顔絵アバターで遊ぶ「アメーバピグ」
Wiiの「Mii」のように自分に似せたアバターを作り、東京に見立てた街で交流できる2次元仮想空間を、サイバーエージェントがオープンした。(2009/2/19)

仮想空間「ニコッとタウン」、10万会員突破
スクエニ子会社が運営する2D仮想空間「ニコっとタウン」の登録者数が10万人を突破した。(2009/1/15)

「日本初の“にぎわっている”仮想空間に」――ニコッとタウンが正式版に
「日本初の“にぎわっている”仮想空間を目指す」――スクエニ子会社が運営する2D仮想空間の正式版がオープンした。ユーザーが活発に交流すればアバターアイテムが手に入りやすくなるという仕組みだ。(2008/9/29)

“廃れない”仮想空間、ゲームとアバターで作る 「ニコッとタウン」
スクエニ子会社が始める2D仮想空間「ニコッとタウン」は、女性や若年層が主なターゲット。カジュアルゲームやアバターアイテムを充実させて“廃れない”サービスを目指す。(2008/8/26)

スクエニ子会社が2D仮想空間「ニコッとタウン」 @niftyで参加者募集
スクウェア・エニックスの子会社・スマイルラボが、2D仮想空間「ニコッとタウン」を始める。@nifty内の特設サイトで参加者を募集する。(2008/8/8)

「日本版のかわいい世界に」スクエニが仮想空間サービス、ニフティと提携
スクエニとニフティが、仮想空間上でゲームや動画再生などが楽しめる新サービスの開発・運営で提携する。スクエニの全額出資子会社を通じ、今夏からサービスを提供する。(2008/3/17)

“Second Lifeよりハードルが低い”2D仮想空間「alis」
ドリコムの2D仮想空間「alis」は「ユーザーがフィールド上に自由にコンテンツを置いたり、コミュニケーションできるサービスを作りたい」との思いから生まれた。Second Lifeより手軽に利用できるのが売りだ。(2007/9/13)

「これなら安全」の子ども用チャットとは──Yahoo!きっず
Yahoo!きっずで、子どもたちがチャットできるポケモン関連コンテンツを公開。決められた単語から選んで会話するシステムで、個人情報の漏えいや中傷がないよう配慮した。(2007/8/10)

ケータイ向け仮想世界「ちぷやタウン」、9月公開
アバターで街を歩いて買い物をしたり、ユーザーがPCで製作したデコメ素材やアバターアイテムを販売したりできる携帯電話向け2D仮想世界「ちぷやタウン」が9月にオープンする。(2007/7/31)

SBIが「仮想世界」に参入 現実の金融と融合
SBIグループは、ネット上に仮想世界を構築するための合弁会社を設立する。仮想世界でユーザーに経済活動をしてもらい、現実社会の金融活動と連動させた「仮想金融街」を作るという。(2007/6/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。