ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DIGNO T 302KC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「DIGNO T 302KC」に関する情報が集まったページです。

Google・ドコモ・Y!mobileから――「Nexus 5X」のベストな買い方を探る6つのポイント
Android 6.0世代のリードデバイス「Nexus 5X」の出荷が始まった。日本では3つの販路がある同機だが、どこから買うのがベストなのか。6つのポイントから、考えてみよう。(2015/10/22)

SIM通:
ハイスペックなリファレンス機 Nexus 6登場。iPhone 6Plusと比較
Googleの最新OS「Android 5.0」を搭載した「Nexus 6」が、まもなく日本で発売されます。その特徴を紹介するとともに、画面サイズの近いiPhone 6 Plusと比較してみました。(2014/11/21)

ワイモバイルが「Nexus 6」を投入する理由、「シェアプラン」で目指す世界とは
GoogleのAndroid 5.0搭載スマホ「Nexus 6」を、国内キャリアではワイモバイルが唯一取り扱う。ハイスペックだが価格は7〜8万円台と高額だが、なぜこのモデルを選んだのだろうか。また「シェアプラン」を投入する狙いとは。(2014/11/13)

ワイモバイル、乗り換え前の携帯電話を下取りするキャンペーンを開始――最大4万円
ワイモバイルは、他社からの乗り換えで利用していた携帯電話を下取りするキャンペーンを開始。価格は1万円〜最大で4万円だ。(2014/10/10)

ワイモバイルも他社スマホ下取り 最大4万円
ドコモ、ソフトバンク、KDDIに続きワイモバイルも他社スマホ下取りへ。(2014/10/10)

ワイモバイル、PHS利用者向けキャンペーン&スマホお試しプログラムをスタート
ワイモバイルは、Y!mobileのPHS利用者に向けた各種キャンペーンと初めてスマートフォンを購入するユーザー向けプログラムを開始する。(2014/9/24)

ソフトバンク、Y!mobileの「DIGNO T 302KC」専用アクセサリーを発売
「DIGNO T 302KC」の発売に合わせて、専用のケースや保護フィルムなどを発売する。(2014/9/4)

ワイモバイル、アウトドアで活躍する防水・防じんスマホ「DIGNO T 302KC」を9月11日に発売
ワイモバイルは、9月11日に防水・防じん・耐衝撃性能を備える京セラ製スマホ「DIGNO T 302KC」を発売する。(2014/9/4)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
ヤフーとの連携は? PHSはどうなる? ワイモバイル寺尾氏に直撃
いよいよスタートした「Y!mobile」。ヤフーとの関係や連携サービスは今後どうなるのか? 料金と端末ラインアップ、ネットワーク構想も含め、取締役兼COOの寺尾氏に話を聞いた。(2014/8/12)

SIMロックは? 端末価格は? メルアドは引き継げる?――Y!mobileの“ここ”が知りたい
イー・アクセスとウィルコムの合併会社「ワイモバイル」の新ブランド「Y!mobile」の詳細が明らかになった。ここではY!mobileの素朴な疑問をまとめた。(2014/7/23)

石野純也のMobile Eye(7月7日〜18日):
料金、サービス、端末――新生「ワイモバイル」の戦略を読み解く
8月1日に新キャリア「ワイモバイル」がサービスを開始する。同社はどのような戦略でモバイル事業を展開していくのか? 料金、サービス、端末を中心に読み解いていく。(2014/7/18)

SoftBank SELECTION、新ブランド「Y!mobile」の新機種専用アクセサリー5アイテムを端末と同時発売
SoftBank SELECTIONより、新ブランド「Y!mobile」の「STREAM S 302HW」「STOLA 301KC」発売に合わせて専用アクセサリーが登場。(2014/7/17)

スマホ料金「ガラケー並み」に ワイモバイル、月2980円からの“通話・通信定額”で従来携帯からの移行狙う
「“ガラケー”に近い料金設定にした」――ワイモバイルの「スマホプラン」は月額料金をガラケー並みに抑え、スマホ移行ニーズを取り込む狙いだ。(2014/7/17)

ヤフーと連携:
イー・モバイルとウィルコムが「Y!mobile」に――8月にブランドを統合、スマホ2機種など新端末を順次発売
ワイモバイルは携帯電話・PHSの新ブランド「Y!mobile」を発表した。スマホ2機種とケータイ4機種、テレビチューナー付きモバイルルータ1機種を8月1日から順次発売する。また新料金とヤフーとの連携サービスも発表した。(2014/7/17)

LTE+AXGP:
5色カラバリの京セラ製タフネススマホ――「DIGNO T 302KC」
京セラ製の「DIGNO T 302KC」は、防水/防塵(じん)/耐衝撃性能を持つタフネススマホ。屋外の騒がしい環境でも通話しやすいスマートソニックレシーバーを備えた。LTEとAXGPに対応し、下り最大76Mbpsの高速通信が利用できる。(2014/7/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。