ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「第三者配信」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「第三者配信」に関する情報が集まったページです。

Computer Weekly日本語版
自滅へ一直線、トイザらスが繰り出した戦略ミスの数々
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2018/8/11)

トイザらスとAmazonの成功の分かれ目(後編)
自滅へ一直線、トイザらスが繰り出した戦略ミスの数々
「トイザらスは時間をかけて自分の棺おけを作っていた。Amazonが棺おけを作って、トイザらスをそこに押し込んだわけではない」。トイザらスはどこで間違えたのか。何を間違えたのか。(2018/8/10)

【連載】初めてのロケーションベースキャンペーン 後編:
ターゲティングだけじゃない、位置情報があるから見える「刺さるメッセージ」の作り方
位置情報系を使った広告配信が増える中で「どれがいいの?」「何が違うの?」と迷うマーケターは少なくありません。この連載では位置情報を活用する意義から具体的なサービス選択のポイントまで解説します。(2016/11/11)

初めてのロケーションベースキャンペーン 前編:
モバイル広告に「位置情報」がなくてはならない理由
位置情報系を使った広告配信が増える中で「どれがいいの?」「何が違うの?」と迷うマーケターは少なくありません。位置情報を活用する意義から具体的なサービス選択のポイントまで解説します。(2016/11/1)

動画広告の 配信も可能:
DSP「Logicad」がダイナミックネイティブアドの「カメレオン」と連係
ソネット・メディア・ネットワークスは、DSP「Logicad」において、ヒトクセが運営する「カメレオン」との連係を開始した。(2016/7/28)

ブランドセーフティなRTB対応広告在庫へリッチメディア対応広告を配信:
AOLプラットフォームズ・ジャパンのDSPとサイズミックの第三者配信アドサーバーが連係
AOLプラットフォームズ・ジャパンは、DSP「ONEbyAOL:Display」において、サイズミック・テクノロジーズの第三者配信アドサーバと連係を開始した。(2016/7/21)

より効率的なターゲティングを実現:
Sizmek、広告浪費やアドフラウド排除に向けモバイルDSPに広告枠コンテンツ解析技術を導入
サイズミック・テクノロジーズは、独自の広告枠ページやアプリに対するベリフィケーション技術を、モバイルに特化したDSP「StrikeAd」上で提供を開始したと発表した。(2016/5/16)

トレジャーデータ、サイズミック、Datoramaとのパートナーシップも発表:
Legoliss、プライベートDMPを軸としたマーケティングダッシュボード構築サービスを提供
Legolissは、プライベートDMPを軸としたマーケティングダッシュボードの構築支援サービス「Cayma」の提供を開始する。(2016/3/24)

Nanigansの広告自動最適化ツールを提供開始:
アライドアーキテクツ、ソーシャルメディア広告運用支援に特化した専門チーム「AD Business Unit」を設立
アライドアーキテクツは2015年8月11日、ソーシャルメディア広告運用支援に特化した専門チーム「AD Business Unit」の設立を発表した。国内外の支援実績や最新ツールが結集した横断的組織として、ソーシャルメディア広告運用の最適化を実現する。(2015/8/12)

【連載】進化するマーケティングリサーチ:
第5回 データドリブンマーケティング(DD)とマーケティングリサーチ(MR)、その違いと共通点
連載最終回の本稿では、以前の回でも少し触れた「シングルソースデータ」についてご紹介したのち、連載各回の議論を、「データドリブンマーケティング」(DD)とマーケティングリサーチ(MR)の関わりという観点から再度整理してまとめとしたい。(2014/11/20)

動画マーケティング最新動向:
動画広告も含めたアトリビューション分析が可能に――「アドエビス」+「LOKA Platform」
ロックオンは7月8日、インターネット広告効果測定システム「アドエビス」と、ロカリサーチが提供する動画広告プラットフォーム「LOKA Platform(ロカ・プラットフォーム)」との連携を開始した。(2014/7/8)

スマホ上でリッチメディア広告:
第三者配信によるHTML5 バナー広告配信実現
ユナイテッドは5月19日、同社の提供するDSP「Bypass」が、サイズミック・テクノロジーズ製のデジタルキャンペーン管理プラットフォーム「Sizmek(サイズミック) MDX」と接続したことを発表した。スマートフォン上でのリッチメディア広告が可能になる。(2014/5/20)

ネット広告の先駆者に聞く:
デジタルマーケッターよ、自社がどうやって稼いでいるか知っているか?
マーケティングは長嶋監督の「カンピュータ」から野村監督の「ID野球」に変わるべきだ。日本のインターネット広告業界を常に一歩早く歩んできた横山隆治氏に、デジタルマーケッターのあるべき姿を聞いた。(2013/8/9)

課題解消に向けて:
Facebook、ブランドイメージ確保のために広告表示を制限
Facebookは、「広告主のイメージを損なう可能性があるグループやページへの広告表示を制限する」という取り組みを開始した。(2013/7/4)

ビッグデータ解析基盤を活用したアトリビューション分析 トランスコスモスが提供
トランスコスモスは、膨大な広告接触履歴データを用いた新サービスを発表した。(2013/6/24)

タグマネジメント:
サイジニア、サーバーダイレクト型で「Yahoo! タグマネージャー」国内第1号の認定ベンダーに
オーディエンスターゲティング広告サービスを提供するサイジニアは4月18日、ヤフーが運営する「Yahoo! タグマネージャー」の認定ベンダーとなったと発表した。サーバーダイレクト型での連携としては、国内第1号の認定ベンダーとなる。(2013/4/18)

ディスプレイ広告2013:
「ディスプレイ広告、コンテンツもテクノロジーも動画に注目」、DAC徳久氏インタビュー
ExchangeWire Japanがデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)取締役CTOの徳久昭彦氏にインタビューした記事を紹介します。2013年、徳久氏が考える広告業界のトピックスは「データのオーナーシップ」「人材活用」「動画広告」です。(2013/2/27)

Viewable Impression:
ユーザーのバナー広告視聴時間が分かる、Dennooが累計200万ドルを資金調達
Dennooは2月5日、複数の投資会社などから累計200万ドルを資金調達したと発表した。(2013/2/6)

リッチ広告の効果とは:
ヤフー、MediaMindの第三者配信サーバーを用いたリッチ広告の掲載を「GyaO!」で開始
ヤフーおよびGyaOとMediaMindは1月28日、MediaMindの第三者配信サーバーを用いたリッチ広告の掲載を開始した。Gyaoで行ったテストではエンゲージメント効果が220%アップした。(2013/1/28)

ヤフーがネット広告について考えていること:
ヤフー友澤大輔氏インタビュー、「Yahoo! JAPANが変わることで、日本のデジタル広告市場は進化できる」(後篇)
ヤフー マーケティングイノベーション室 室長 友澤大輔氏へのインタビューの後篇。「Yahoo! Japanのすべてを使ってネット広告の効果検証をする」「アドテク先進国の米国を反面教師をすればいい」などの発言の真意とは。(2012/12/27)

ヤフーがネット広告について考えていること:
ヤフー友澤大輔氏インタビュー、「Yahoo! JAPANが変わることで、日本のデジタル広告市場は進化できる」(前篇)
第三者配信広告の本格スタートなど、大きく変化しつつあるヤフーのネット広告。今後の展望をYahoo! JAPANに新設された「マーケティングイノベーション室」の室長、友澤大輔氏に聞いた。(2012/12/26)

【連載】これで分かる! アドテクノロジー入門:
第4回 Trading Deskの基礎――成立の背景からビジネスモデル、今後の展開予想まで
アドテクノロジーの進化により、さまざまなプレイヤーが出現してきています。DSP(DemandSidePlatform)やSSP(SupplySidePlatform)もそうですが、それらを運用する業態/組織であるTrading Deskが日本国内でも立ち上がりつつあります。今回はTrading Desk成立の背景から、ビジネスモデルの考察、プレイヤーの動きなどを解説します。(2012/12/18)

Web上のユーザー行動を解明:
ブレインパッドとFringe81、第三者配信アドサーバのデータを利用した分析サービスで業務提携
ブレインパッドとFringe81は12月13日、Fringe81の第三者配信アドサーバ「digitalice」のログデータを利用した分析サービスの提供に関して業務提携に合意したと発表した。(2012/12/13)

PR:顧客の潮流を読み解け! ANAが推進するデジタルマーケティング戦略とは
顧客の利便性向上を図るべく、インターネットをはじめ、デジタル分野での施策に先進的に取り組んできた全日本空輸。同社のこれまでの取り組みと将来に向けた青写真から、ビジネス成功の秘訣を探る。(2012/11/26)

第三者配信広告市場拡大:
サイバー・コミュニケーションズとメディアマインド、第三者配信広告分野でパートナーシップを強化
サイバー・コミュニケーションズとメディアマインドは、Yahoo! JAPANでの第三者配信アドサーバ採用を受け、連携を強化する。(2012/11/8)

最新のアドテクは専門家におまかせ?:
デジタルインテリジェンスとアタラ、第三者配信を利用したオンライン広告最適化サービス「AD-MAC」の提供を開始
デジタルインテリジェンスとアタラは第三者配信広告の目標設定からDSPの選定、運用、成果の確認/改善などをワンストップで行うサービスを開始する。(2012/11/8)

ヤフー、広告の第三者配信を開始:
ヤフーとMediaMind Technologiesがデジタルキャンペーン管理で提携
ヤフーとMediaMind Technologies(以下、MediaMind)は10月31日、 ディスプレイ広告及びビデオ広告領域での業務提携に合意したと発表した。(2012/10/31)

ネット広告の巨人に聞く:
横山隆治氏インタビュー、「DSP/RTBオーディエンスターゲティング入門」を書いた経緯とは(2)
インターネット創成期に、日本のインターネット広告の仕組みを作り上げた功労者の1人、デジタルインテリジェンス 代表の横山隆治氏の最新著書が「DSP/RTBオーディエンスターゲティング入門」である。横山氏のインタビュー連載第2回。DSPの出現によって、今後の代理店のビジネスはどう変わる?(2012/10/24)

クリックしたポイントが分かる:
ディスプレイ広告のクリックポイント可視化ツールの提供を開始、スパイア
スパイアの開発したディスプレイ広告のクリックポイント可視化ツールはピクセル単位で、クリエイティブのどこがクリックされたか分かる精度を持つ。(2012/10/15)

【連載】田中弦のアドテクノロジーで吠える!:
第2回 なぜ田中は「アドテクアドテク」とワーワー言っているのか
アドテクノロジーの進化がインターネット広告市場にもたらすのは、「ネットワーク効果などのネットビジネスの概念」による価値の増大である――。アドテクが注目される意味を独自の視点で解き明かすFringe81 田中氏の連載コラム第2回。(2012/9/26)

【連載】田中弦のアドテクノロジーで吠える!:
第1回 アトリビューションマネジメントの最前線
アトリビューションマネジメントの意義とは「アクセス解析の延長」や「広告効果測定の延長」ではない。顧客そのものの理解を深めることにあるのだ。Fringe81の田中弦氏による連載コラム「田中弦のアドテクノロジーで吠える!」第1回。アトリビューションマネジメントの最前線ではいま、何が起こっているのか?(2012/7/25)

「Google+AOL」は「Microsoft+Yahoo!」に対抗できるか
AOLの広告資産とGoogleとの関係を考えればあり得る話だが、専門家からは反対する意見も。(2008/2/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。