ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  5

  • 関連の記事

「「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ」に関する情報が集まったページです。

nasne使うなら一緒に導入せよっ:
最大600Mbps、国内最速スペックの無線LANルータ「WZR-D1100H」をチェック
802.11acの“技術の一部”を取り入れたという、現時点国内最速スペックの無線LAN機器が「WZR-D1100H/E」だ。どんな利用シーンに向くか──ずばり、リビングルームにあるAV機器の無線化である。(2012/11/7)

PC USER 週間ベスト10:
2画面タブレット開発秘話にソニーの底力を感じる(2011年12月5日〜12月11日)
先週のアクセスランキングでは、2画面Androidタブレット「Sony Tablet P」の開発者インタビュー&分解記事が人気でした。自作PC支援記事や週末アキバ特価リポートも注目を集めています。(2011/12/12)

「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ:
第7回 テレビ・レコーダーで使うと“さらに”効果的──「450Mbps」の安定度を再確認
「最大450Mbps」対応ルータのメリットがより効果的に表れるシーン、それは「家庭用AV機器+ホームネットワーク」だ。AV機器のネットワーク連携機能で、最大450Mbpsの無線LANがどう有効かを検証する。(2011/12/7)

「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ:
第6回 「450Mbps対応ルータ」に速度差はあるか──実速度ベンチマークテスト
親機、子機ともに対応製品が増えてきた「450Mbps対応無線LAN」機器。では450Mbps対応でどれだけ高速になるだろうか。それぞれの機器の実速度を検証する。(2011/12/1)

「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ:
第5回 「450Mbps」対応ルータ購入前に復習──IEEE802.11nはなぜ高速か
PC以外にスマートフォン、AV機器などにも利用シーンが広がっている「無線LAN(Wi-Fi)」。個人向け製品にこれまでより高速な「最大450Mbps通信」対応モデルが増えてきたが、改めて「なぜ高速になるのか」を技術面から解説する。(2011/11/24)

「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ:
第4回 最新ルータで実現する、カンタン解決「リモートアクセス」入門(後編)
最新無線LANルータに備わる機能を活用すると、外出先から自宅への「リモートアクセス」もかなりラクに行えるようになる。今回は、スマートフォン+スマートフォンアプリと連携した利用シーンの一例を実践する。(2011/9/20)

「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ:
第3回 最新ルータで実現する、カンタン解決「リモートアクセス」入門(前編)
外出先で自宅のPCの、あのファイルにアクセスしたい。それならば「リモートアクセス支援」機能を持つ最新ブロードバンドルータを導入して手軽に実践できる。まずは、リモートアクセスとは何かを解説する。(2011/9/13)

「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ:
第2回 「5GHz帯」の速度チェック+「テレビを無線LAN対応」にする方法
無線LANには、もう1つの周波数帯「5GHz帯」も存在する。今回は、5GHz帯対応無線LANルータの通信速度チェックに加え、自宅のテレビを“無線LAN対応”にする方法を考察する。(2011/9/2)

「5GHz帯無線LANルータ」導入のススメ:
第1回 無線LANのもう1つのスペック──「5GHz帯」のメリットを改めて考察
昨今のデジタルモノ好きであればたいてい1つは持っている「無線LAN搭載デバイス」。ただ、その中で「5GHz帯」のユーザーはどれだけいるだろうか。今回は同じ無線LANでも「5GHz帯」に注目し、メリットや利用シーンを改めて考察する。(2011/8/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。