ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  8

  • 関連の記事

「830SC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「830SC」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンクモバイル、基地局から時刻情報を配信――電源オン/オフで時刻を自動補正
ソフトバンクモバイルは4月4日より、ネットワーク設備から時刻情報の配信を開始する。端末の電源オン/オフ時に時刻の自動補正が可能になるが、「001SC」はソフト更新が必要。(2011/4/1)

ソフトバンク107機種のブラウザに不具合――個人情報詐取の恐れも
ソフトバンクケータイ107機種のブラウザ(JavaScript)に不具合があることが判明した。ソフトバンクモバイルはJavaScriptをオフにするよう呼びかけている。(2010/5/28)

“こども店長”が使うケータイは?:
ドラマで使われるケータイたち2010年冬──ソフトバンクモバイル+その他編
毎晩20時から深夜0時ごろまでに放映されるドラマで使われているケータイを、Webサイトの情報と実際のオンエアをもとにチェックする恒例企画「ドラマで使われるケータイたち」。ドコモとauケータイを紹介した前回に引き続き、今回はソフトバンクモバイルがスポンサーするドラマと、キャリアがスポンサーに付いていないドラマに登場するモデルもチェックした。(2010/3/16)

“任侠ヘルパー”2台持ちの理由とは:
ドラマで使われるケータイたち2009年夏──au編
ドラマに登場するケータイを、各キャリアの公式発表に独自調査を加えて紹介する本コーナー。2009年夏クールの作品に登場するau端末は、夏モデルの中で特に売れたモデルがドラマでも人気だった。さらに、“意外なキャリア”の機種も登場した。(2009/10/18)

ふぉーんなハナシ:
“黒電話風”デザインやadidasケータイも――Samsung電子のブランドコラボ端末
海外には、日本では“あり得ない”と思わせるデザインのケータイが多数存在する。Samsung電子がこれまで発売してきたブランドコラボ端末も、ユニークなデザインや形状が目を引く。(2009/9/15)

アルマーニ携帯、1万円台後半で9月18日発売
ジョルジオ・アルマーニ氏が東京のネオンをイメージしてデザインしたというアルマーニ携帯は、9月18日に発売。実売価格は1万円台後半。(2009/9/15)

“夜”を演出する「830SC EMPORIO ARMANIモデル」、9月18日から順次発売
ジョルジオ・アルマーニ氏がデザインを手がけたSamsung電子製の「830SC EMPORIO ARMANIモデル」が、9月18日に東京(銀座、青山)、大阪、名古屋、福岡のエンポリオ アルマーニ直営店で、19日に全国で発売される。(2009/9/15)

“フルタッチ”と“プレミアム”で全セグメントの勝者に――Samsung電子の戦略
今、携帯電話の世界市場で勢力を伸ばしているメーカーがSamsung電子だ。同社がさらに勢いを加速させるための方策とは。そして「まだギャップがある」日本市場で存在感を高めるために必要なものとは何か。(2009/7/17)

写真で見る「830SC EMPORIO ARMANIモデル」
Samsung電子製の「830SC」は、“ARMANI”のセカンドライン「EMPORIO ARMANI」とコラボレートしたデザインモデル。東京の夜をイメージした側面のLEDイルミネーション“NIGHT EFFECT”など、デザインをアルマーニ氏自らが手がけた。(2009/5/29)

ドコモ、au、ソフトバンク 2009年夏モデルの“ここ”が知りたい──読者の質問、募集します
ドコモ、au、ソフトバンクモバイルから夏モデルが発表されました。ITmedia +D Mobile編集部では、夏モデルの“ここが知りたい”について、質問を受け付けます。(2009/5/27)

東京の夜景をイメージ――アルマーニデザインの「830SC」
Samsung電子製の「830SC」は、世界的アパレルブランド「Emporio Armani」とのコラボモデル。東京の夜景をベースに、ジョルジオ・アルマーニ氏がデザインを手がけた。(2009/5/19)

2009年夏モデル:
10M CCDカメラ、ソーラー防水、無線LAN、アルマーニコラボも――ソフトバンクモバイル、2009年夏モデル発表
ソフトバンクモバイルが2009年夏モデルを発表した。今回は1000万画素CCDカメラ搭載機やソーラー充電対応の防水ケータイ、無線LAN対応端末、アルマーニのコラボモデルなど、音声端末16機種を用意。動画や音楽などのエンターテインメントを軸にした新サービスも開始する。【スペック一覧追加】(2009/5/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。