ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  9

  • 関連の記事

「912T」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「912T」に関する情報が集まったページです。

動画で見る「H11T」
イー・モバイルの“ベーシック”な音声端末「H11T」(東芝製)。ベース機能はソフトバンクモバイルの「912T」に似通うが、ツートーンカラーの17.9ミリのスクエアかつスリムな回転2軸ボディで、違った外観イメージを与える。形状や機能の一部を動画で見ていこう。(2008/2/25)

ワンセグ+薄型メタルボディのハイエンド端末「912T」発売、スパボ新規の実施負担額は2万円台前半
ワンセグ、HSDPA、GPS、320万画素カメラ、S!FeliCaなど豊富な機能を搭載し、厚さ16.9ミリの回転2軸+ステンレスのスリムボディを特徴とするハイエンド端末「912T」が発売された。新スーパーボーナスを利用した新規実質負担額は2万1120円。(2007/8/13)

「912T」がモバイルSuicaに対応
JR東日本は、ソフトバンクモバイルの東芝製ハイエンド端末「912T」をモバイルSuica対応機種として認定した。(2007/8/10)

ワンセグ+HSDPA+3Mカメラ+GPSの「912T」、8月11日発売
ソフトバンクモバイルは、東芝製のHSPDA対応ハイエンド端末「912T」を8月11日に発売する。AF付き320万画素広角カメラ、ワンセグ、GPS機能のほか、新操作デバイス「タッチスイッチ」を搭載する。(2007/8/9)

事前登録でもれなく“倖田來未”グッズ──東芝、「fanfun 815T」「912T」購入者向けキャンペーン
東芝は、新機種「fanfun 815T」「912T」の購入ユーザー向けキャンペーンを開始した。事前登録して本機を購入するともれなく“倖田來未グッズ”が、そのほか抽選で計50誌の中から1冊/1年間購読権(815T)や男性向け特選グッズ(912T)などが当たる。(2007/7/27)

写真で解説する「912T」
触れた瞬間に感じる心地よい“金属感”──ステンレス素材を採用し、厚さ16.9ミリの回転2軸ボディを採用するハイエンドワンセグ端末が「912T」だ。この金属の素材感で、“オトナ”な男性、女性が所持しても違和感のない落ち着いた高級感を演出する。(2007/5/24)

“メタル”の輝きと“ラバー”の質感、ワンセグ搭載のハイエンド機──「912T」
ステンレスの輝きとラバーコートの質感、そして厚さ16ミリのスリムボディを実現したワンセグ端末が「912T」。2.8インチワイドQVGAディスプレイ、HSDPA、美肌機能付き3Mカメラ、Bluetooth、GPS、PCサイトビューアなど、911T譲りの多機能さが特徴だ。(2007/5/22)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。