ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「広告代理店」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

これからのデジタルマーケティングを切り開く「運用型クリエイティブ」入門:
複雑化するマーケティング、CMOがまず着手すべきこととは?
本連載では、これからのデジタルマーケティングで継続的に成果を創出するために必要な新しい方法論としての「運用型クリエイティブ」についてお伝えします。(2022/5/18)

オープンワーク調べ:
最も“ホワイト”なのは20代 「残業」「有給消化」は10年でどう変化した?
オープンワークは働き方の10年での変化をまとめた「社員クチコミ白書」を発表した。残業時間や有休消化率はどのように変化したのだろうか。残業が最も少なく、有給消化率が最も高いのは20代というデータも明らかに。(2022/5/14)

「ひぇぇぇ、3時間授乳が止まらない……!」 新米パパママの育児奮闘漫画に「過酷すぎる」「休めるときは休んで」の声
生活は赤ちゃんの授乳を中心に回るように。(2022/5/13)

漫画村問題を語る:
漫画家・赤松健に聞く海賊版ビジネスの課題 電子化がもたらす若手作家への功罪とは
「漫画村」閉鎖以後も、海賊版サイトが完全になくなったわけではない。「漫画村」以後の漫画海賊版ビジネスの現状や、電子化に代表される漫画業界の課題を、日本漫画家協会で常務理事を務める漫画家の赤松健さん聞いた(2022/5/3)

ナガサキから、世界へ:
V・ファーレン長崎社長からJリーグ理事に ジャパネットたかた創業者の長女が語るJリーグの可能性
Jリーグの常勤理事に就任したのが、2月末までV・ファーレン長崎の社長を務めていた高田春奈氏だ。高田氏は、ジャパネットたかた元社長の高田明氏の長女。常勤理事就任とともにJリーグの発展に尽力する。地方のクラブの経営に携わった経験から感じているJリーグの可能性と、今後の抱負を聞いた。(2022/4/26)

企業横断のデータ活用に「秘密計算」で挑む 法改正の隙間に生まれた市場を狙うSaaSスタートアップ
法改正により、事業者を跨いだデータの活用に関する規制が複雑化した。一方で、この状況をビジネスチャンスにつなげるスタートアップも出ている。そのヒミツは「秘密計算」だ。(2022/4/13)

Marketing Dive:
電通など世界の主要広告代理店が撤退 ロシアの広告業界は機能停止に
Omnicomと電通がロシアから撤退した。これにより主要なグローバルエージェンシーは全て同国から離脱したことになる。(2022/4/13)

Marketing DIve:
ウクライナ戦争で有名ブランドが直面した空前絶後の試練
ロシアとの関係を断ってほしいという消費者の要望は明らかだが、従業員を支援したり一般の人々のために重要な製品を提供したりしたいと考える企業は、道徳的なジレンマに陥っている。(2022/4/6)

「働かないおじさん問題」のニュータイプ化:
同じ部署の「働かないおじさん」と、うまく仕事を進めるには
もし自分と同じ部署に「働かないおじさん」がいる場合、どうしたらいいのだろうか? うまく仕事を進めるための秘訣を紹介する。(2022/4/6)

デジタルサイネージ広告が回復 コロナ前超えも 外出控えは解消傾向 AI進化も追い風
新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだデジタルサイネージ広告市場が再び注目を集めている。感染症対策と経済活動の両立が進み、外出を極端に控える傾向が解消されるとみられるためだ。2023年にはコロナ前の水準を上回るとの見方もある。(2022/4/4)

デジタルサイネージ広告が回復 コロナ前超えも 外出控えは解消傾向 AI進化も追い風
新型コロナウイルス感染拡大で落ち込んだデジタルサイネージ(電子看板)広告市場が再び注目を集めている。感染症対策と経済活動の両立が進み、外出を極端に控える傾向が解消されるとみられるためだ。人工知能(AI)カメラで年齢層や性別を把握し、それに応じた情報発信が可能なデジタルサイネージも登場。こうした進化もあって、回復が加速し来年にはコロナ前の水準を上回るとの見方もある。人が行き交う空港や駅での展開が活発化している。(2022/4/1)

「ナーチャリングオンボード」サービス:
B2Bデジタルマーケティングをワンストップでサポート 野村総合研究所がサービス提供
マーケティング戦略立案から情報システム、コンテンツ作成までを一括提供する。(2022/3/29)

Marketing Dive:
Androidでもアプリのトラッキング制限 TikTokやMeta(旧Facebook)が生き残る道は?
ソーシャルメディアプラットフォームはWebブラウザに続いてモバイルアプリにおいてもプライバシーへの懸念に対応を迫られている。広告主はどうすればよいのか。(2022/3/23)

「働かないおじさん問題」のニュータイプ化:
「働かないおじさん」と本気で向き合い、解決するには
自社のミドルシニアが「働かないおじさん」となってしまっている――そんな場合、どのような対策ができるでしょうか。行動変容を促すための、5つのポイントを紹介します。(2022/3/14)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
どうせだったら、副業で給与超え?
企業マインドを起業マインドに変えて、給料以上の収入を目指してみよう。(2022/3/10)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
1000人のハイパフォーマが育った G-POPマネジメント
変化が大きな現代に最も必要な「自律自転する」ハイパフォーマや組織を作るには(2022/3/3)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
データドリブンな課題解決のため「Tableau」が使われる理由
ビジュアル分析プラットフォーム「Tableau」が人気です。今回はTableauを使ってできることは何か、Tableauを使いこなす人をどう育てるのかについて述べます。(2022/3/3)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 曽山哲人氏:
戦略人事“8つの鉄則”──サイバーエージェントの変革期を支えたCHOが語る心得
サイバーエージェントを変革期から支えてきた常務執行役員CHOの曽山哲人氏。経営に貢献する人事になるには、「8つの考え方」が必要だと話す。それは何か──。(2022/3/1)

「働かないおじさん問題」のニュータイプ化:
「働かないおじさん」を生む、3つのズレと解決方法
なんだか意欲が低い、頑張っているけど方向性が違う――そんな問題を抱える「働かないおじさん」に悩む企業が増えている。問題点はどこにあるのか? どこに注目すれば解決できるのか?(2022/2/28)

「LINEキャンパス」開講 公式アカウント・広告の運用法をレクチャー 公認資格の取得も可能
LINEが、LINE公式アカウントやLINE広告などの運用に必要な知識を学べるオンライン講座を無料公開した。「認定資格コース」では公式アカウントや広告に関する独自資格も取得できる。(2022/2/24)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」SNS編:
炎上を恐れすぎる必要はない! 「SNS採用」のプロが語る、候補者の“心に響く”情報発信
SNSの普及により、新しい採用の形が生まれた。しかし、トラブルも後を絶たない。このSNS時代に、人事や経営者はどのようなことに気を付けるべきなのか。また、採用につなげるためにはどのような情報発信をしていくべきなのだろうか──。(2022/2/21)

「働かないおじさん問題」のニュータイプ化:
実は真面目? 現代的な「働かないおじさん」5つのパターン
「働かないおじさん」という言葉を目にする機会が増えた。「窓際族」と呼ばれた時代とは違い、現在は「本人としては、真面目にコツコツやっている」人が多いと、筆者は解説する。現代的な「働かないおじさん」5つのパターンとは?(2022/2/21)

全マーケターに告ぐ!:
PR:トランスコスモス事例に学ぶ、DX時代の救世主・アドエビスの“効果が見える”Webマーケティングとは
近年、PCをはじめスマートフォンやタブレットの個人所有は当たり前になっているが、それに加えてコロナ禍により消費者行動のデジタルシフトが一気に加速。広告戦略の主戦場はいまやデジタルであり、リスティング広告、ディスプレイ広告、SNS広告に動画広告など多様化が進んでいる。散在するデータを一元管理し、費用対効果を正しく見極め、より有用なマーケティング施策を打つためにはどうすればいいのか?(2022/2/18)

5月にサイト閉鎖、約15年の歴史に幕:
「TECHCRUNCH JAPAN」「エンガジェット日本版」、3月末で終了へ 「米国本社のグローバル戦略に伴う決定」
インターネットメディア事業などを手掛けるBoundlessはニュースサイト「TECHCRUNCH JAPAN」「エンガジェット日本版」の更新を3月末で終了すると発表した。サイト自体も5月1日に閉鎖し、同月2日以降は米国サイトに自動的にアクセスするようになる。(2022/2/15)

「働かないおじさん問題」のニュータイプ化:
これは立派な社会問題だ――「働かないおじさん問題」と正しく向き合うべき理由
「働かないおじさん」という言葉を目にする機会が増えた。一方で、実際にミドルシニアの問題に悩む企業の話を聞くと、「本人が意図的にサボっている」というサボリーマン的な内容はごくわずかだ。「働かないおじさん問題」はどこから生じているのか、その本質について考察する。(2022/2/14)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
ミーティングの相手が孫さんや柳井さんだと思えばより真剣に計画を具体化できる
計画を立てるのは誰でもできるが、重要なのは目的である。目的は何か、ゴールは何かを常に考え、具体的な目標を立てて、スプレッドシートなどにスケジュールとともに目的を細かく書いておくことが有効になる。(2022/2/14)

Marketing Dive:
テスラとの戦いに“レガシーメーカー”がマーケティングで勝つには?――「EV」時代の自動車ブランド【前編】
EV市場で独走するTesla(テスラ)につけられた大差を少しでも縮めるため、既存の自動車メーカーは価格や製品バリエーション、そしてブランド戦略で勝負しなければならない。(2022/2/11)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 ポジウィル金井氏:
人事担当者こそ熟考すべき、「人生のイメージ」と「会社の方向性」
変わりゆく世の中で、人事はどのように採用候補者と向き合い、またどのように自分のキャリアを描くべきなのか──。キャリアに悩む人に向けたパーソナル・トレーニングを提供する、ポジウィルの金井芽衣氏(代表取締役)と、「HRアナリスト」を開発したシングラーの熊谷豪氏(代表取締役CEO)が対談した。(2022/2/2)

Marketing Dive:
「SDGsやってます」アピールが広告代理店にこそ必要な理由
広告代理店は広告主の持続可能性対策の伝達に精通している。だが、自社についてはどうか。きちんと気候変動に向き合い、そのことを広く伝えられているか。(2022/1/21)

東京ミネルヴァ破産、依頼者が広告代理店などを損賠提訴
過払い金返還請求などを手掛けた弁護士法人「東京ミネルヴァ法律事務所」(破産手続き中)が約51億円の負債を抱えて破産した問題で、同事務所から過払い金の返還金などを不正に流出させたとして、元依頼者17人が19日、東京都内の広告代理店などグループ3社と代表ら13人を相手取り、計約6千万円の損害賠償を求める訴えを東京地裁に起こした。(2022/1/20)

元電通マン、今ドローンマン:
50代で電通を退職した元コピーライターが、ドローンで起業したワケ
35年にわたって広告畑にいるという元電通社員の森田直樹さん。退職後は、ドローン事業で起業した。「もともとはコピーライター」という経歴から、なぜドローンで起業するに至ったのか。キャリアの変遷について話を聞いた。(2022/1/20)

「あなたがどうあっても好きでいてくれる人はいる」 “落ち込んでいる時に励まされた世界の真理”の漫画が刺さる
いろいろな物事に通ずる考え方。(2022/1/13)

「年賀状ショック」の日本郵便 大企業で相次ぐ廃止表明も……環境配慮とデジタル化で対応
環境意識の高まりやコロナ禍でのテレワークの浸透やデジタル化を背景に、年賀状を廃止する企業が相次いでいる。(2021/12/27)

環境配慮とデジタル化で対応:
「年賀状ショック」の日本郵便 大企業で相次ぐ廃止表明も
環境意識の高まりやコロナ禍での働き方の変化を背景に、2022年用の年賀状を廃止する企業が相次いでいる。同年の年賀はがきの当初発行枚数は04年以降で最少となる18億2536万枚にとどまった。日本郵便は環境に配慮した紙を使うなど巻き返しを図っている。(2021/12/25)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 ユニリーバ島田氏(後編):
「“面接”という呼び名から、変えていけたら」──人事・採用のキーマンたちが見据える未来
企業と採用候補者の双方にとって「理想的な面接」とはどのようなものだろうか? 「あの会社サイテー」と思われるような面接はどうしたらなくせるか? ユニリーバ・ジャパン人事総務本部長の島田由香氏と、面接における候補者体験のアップデートを目指すシステム「HRアナリスト」を開発したシングラーの熊谷豪氏(代表取締役CEO)が対談。これからの面接のあるべき姿について意見を交わした。(2021/12/23)

きっかけは町田啓太さんの“リクエスト”:
LDHのファンアプリはなぜ、海外ユーザーを5倍に伸ばしたか サイバーエージェント専務が手掛ける「エンタメDX」
「次世代のエンターテインメントを作りたい」──サイバーエージェントとLDH JAPAN、両者の思いから生まれたというファンアプリ「CL」。海外MAUを1年間で5倍に伸ばした理由とは。(2021/12/22)

対談企画「人事と採用の未来を聞く」 ユニリーバ島田氏(前編):
人事部で「揉めに揉めた」──履歴書の顔写真・性別欄を廃止したユニリーバ島田氏に聞く、人事が“果たすべき役割”
ユニリーバ・ジャパンは、2020年春より、採用時の履歴書から顔写真・性別・ファーストネームの欄を削除した。この施策は、どのようにして生まれ、導入されたのか。また、導入をリードした島田由香氏が考える、「人事のあるべき姿」とは何か。(2021/12/22)

「漫画村」を“ほう助”した広告代理店「エムエムラボ」「グローバルネット」に1100万円の賠償判決、『魔法先生ネギま!』の赤松健さんが提訴
ついに広告代理店にもメスが。(2021/12/21)

GarageBandオンザラン:
「GarageBand」にジャズドラマーがやってきた
スタジオドラマー選び放題のGarageBand「ドラマー」に、ジャズが叩けるやつが2人加わった。(2021/12/17)

月平均13.5時間:
10年間で残業が最も減った「ホワイト業界」はどこ?
オープンワークが同社サイトのデータを集計したところ、10年間で月間平均残業時間は22時間減少し、24時間に。有休消化率は19%向上していることが分かった。残業が最も減った業界は……?(2021/12/17)

人材バリュー:
美大生の進路はどうなっている? キャリアの実態
世間の人は美大生にどんなイメージを持っているでしょうか? 芸術に何の素養も持たない私ですが、秋田県にある秋田公立美術大学において、美大生のキャリア教育を担当してきました。 結論から言えば……。(2021/12/12)

水沢アリー、“ハリウッドスター”のレオナルド・ディカプリオ邸で起きた珍事件を告白 「とんでもない事が起きた」
ビッグネームすぎる。(2021/11/16)

“真実”を見抜く人事戦略(10):
そのHRテック、本当に役に立つ? 見落としがちな「課題」と「思想」
人事関連の業務を効率化できるHRテックだが、実は導入に失敗する人事も多い。その失敗理由はどこにあるのだろうか? 見落としがちな観点について解説する。(2021/11/15)

水沢アリー、YouTubeを始動「もうTVから離れて随分と経つ私が」 2020年に帰国し広告代理店を起業
動画にはIMALUさんも登場。(2021/11/12)

新人コピーライターを「ゾワッ」とさせた先輩の教え 自信満々のコピーが酷評された理由に納得
「上手いこといえばいいってもんじゃないんだね」「どの仕事にも通じるなぁ」などの声が寄せられています。(2021/11/12)

沢渡あまねの「脱アナログ庁」:
今変わるべき霞が関──「雑務」が日本を滅ぼす前に
印刷、押印、製本、郵送、書留、FAXなど──とにかく雑務が多い日本。政府が「働き方改革」「DX」を掲げているにもかかわらず、霞が関内部にはガラパゴス化した理不尽な働き方がはびこっている。霞が関は変わることができるのだろうか? 具体的には、何から取り組むべきなのだろうか? 多くの企業や自治体、官公庁で業務改善支援を行ってきた沢渡あまね氏が考察する。(2021/11/5)

男性も“妊夫”になるNetflixドラマ「ヒヤマケンタロウの妊娠」 斎藤工のつわり姿に衝撃の声「出産の痛みに耐えられないのでは」
「斎藤工が妊娠する」というパワーワードよ。(2021/10/19)

CMOのためのデジタルトレンド解説:
「データ活用」から考えるDX推進とは?
何のためのデータ活用か。イメージをしっかり持った上で基盤を構築し、必要なデータを準備することが重要です。(2021/10/1)

“真実”を見抜く人事戦略(9):
あなたは大丈夫? 「嫌われ採用人事」の3つの特徴
採用には、人事の努力だけでなく現場社員の協力が欠かせない。その一方で、人事の業務や立場の特性上、気を付けないと嫌われてしまいやすい一面がある。「嫌われ採用人事」の3つの特徴とは?(2021/9/28)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
浦島太郎はノンフィクション?――未知や非常識に1歩踏み出すと新しい世界が広がる
探検も、人生も、最終的に目指すのは「いかにおもしろくするか」である。それでは「おもしろいとは何か」を考えるとその定義は難しい。探検家にとっての最高におもしろい人生とは。(2021/9/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。