ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アフロサムライ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アフロサムライ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

音響の魔術師・岩浪美和の音はなぜ響くのか? 「ニンジャバットマン」の“時空震サウンド”ができるまで
劇場でしか体験できないエンターテインメントを音響で増幅しまくる男のこれまでとこれから。(2018/6/14)

さては忍者だな? ニンジャバットマンとポプテピがコラボ、魔改造フィギュア爆誕
「ポプ子たちの黒目がバットマークに見えたので」などと話しており。(2018/3/22)

スマホゲーム「18」アニメ化はGONZO制作&森本晃司総監修となんだかすごくアーティスティックな予感
ケン・イシイさんの「Extra」のプロモーションビデオを作った人だよって言えば伝わるかな?(2016/12/5)

ITmedia Gamez枠で100名募集:
「くろネコONLINE」先行体験の募集開始――冒険の日々は突然やってくる
ゲームオンの新タイトル「くろネコONLINE」において先行体験の募集が開始された。ITmedia Gamezでも募集枠を設定した。(2011/2/2)

Live動画ピックアップ:
「アフロサムライ」原作者が語る「クールアニメ」 台湾「カオス*ラウンジ」ライブ配信も
「アフロサムライ」や「サマーウォーズ」を手掛けた岡崎能士さんが“クールアニメ”を語るUst。ニコ生では青山テルマさんらが出演するヒップホップイベントや、台湾のアートイベント「カオス*ラウンジ」をライブ配信する。(2010/8/2)

杉田智和さんがアフロヘアーで登場! 映画「アフロサムライ:レザレクション」初日舞台あいさつ
映画「アフロサムライ:レザレクション」が1月9日に封切りとなり、木崎文智監督と、声優の杉田智和さんが初日舞台あいさつに駆けつけた。(2010/1/15)

アニメを海外に売り込む方法――映画プロデューサーの仕事とは(後編)
映画やテレビドラマなどを制作する上で大きな役割を果たすにも関わらず、監督に比べて地味な存在と思われがちなプロデューサー。東京ディストリビューション・オブ・コンテンツセミナーで行われたGONZOの内田康史氏の講義では、どうアニメを海外に売り込むかということについても語られた。(2009/6/13)

DVDレビュー:
れこめんどDVD:「AFRO SAMURAI 劇場版」(Blu-ray Disc)
日本アニメのクオリティとインターナショナル性を証明した無国籍エンターテインメント「AFRO SAMURAI」がついにBD化! 意欲的な作品を発表するGONZOがサミュエル・L・ジャクソンをはじめとする米国スタッフと組んだ、驚異的な面白さの本作をチェックした。(2008/2/22)

ニュースの言葉:
アニメ製作に活用される「特別目的会社」
アニメや映画ではおなじみの「製作委員会」だが、これに対し「特別目的会社」を活用するケースも増えてきている。版権許諾を機動的に行える上、業界外からの資金を呼び込みやすいといったメリットがあるためだ。(2005/5/31)

GDH、米国向けアニメ制作にSPC活用
(2005/5/18)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。