ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「天野喜孝」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「天野喜孝」に関する情報が集まったページです。

みんな大好きミュシャがBunkamuraに集結 没後80年記念展示「みんなのミュシャ」
ミュシャに影響を受けたアーティストとして天野喜孝らの絵も展示!(2018/11/30)

写真で見る「展覧会」:
“エアリスの死”反響に驚き 「ファイナルファンタジー」生みの親・坂口博信氏が振り返る
「ファイナルファンタジー」シリーズ30周年を記念した展覧会が六本木ヒルズ森タワーで開催される。プレス向け内覧会で、FFシリーズの生みの親・坂口博信氏がこれまでの作品を振り返った。(2018/1/19)

郵便局、平成年賀状を発売 福本伸行や天野喜孝など豪華メンバーの絵柄で平成の世相を回顧
新年っ! 圧倒的謹賀新年……!(2017/12/19)

「NOKIZAL」決算ピックアップ:
グリーのゲーム開発子会社、収支トントンも責任重大
日本全国の企業情報を取り扱うアプリ「NOKIZAL」の“中の人”が、気になる企業業績をピックアップしてご紹介します。(2017/9/22)

ニュースサイト「BUZZAP!」、押井守作品の違法アップロード動画を記事で紹介 「大胆なことされますね」と押井メルマガが指摘
YouTubeに違法アップロードされていたOVA作品「天使のたまご」を記事に埋め込んでいた。(2017/6/4)

LINEとグリー、ゲーム事業で協業 開発力とユーザー基盤生かす
LINEとグリーがゲーム事業で協業を発表。グリーの「Wright Flyer Studios」で開発・運営を手掛け、「LINE GAME」で展開する。(2016/2/5)

「天野喜孝展」29日から ガッチャマン、ファイナルファンタジーなど100点以上
イラストレーター・天野喜孝さんの作品展「天野喜孝展 進化するファンタジー」が有楽町マリオンで1月29日に始まる。(2016/1/19)

天野喜孝さんが羽生結弦選手をイラストに! 映画「陰陽師」サントラサイトで特別公開
羽生選手が同映画の楽曲を演技で使用したことで有名になりました。(2015/11/30)

天野喜孝さんの原画12点が2億円で購入できるぞー! Amazon最大のセール 「プライムデー」7月15日開催
目玉商品のインパクトがすごい。(2015/7/9)

あのカラム水や肉まんじゅうが現実に! 「居酒屋グイン亭」でグイン・サーガファンは満腹に
早川書房1階「カフェ クリスティ」のコラボ企画、第6弾は栗本薫さんの傑作長編ファンタジー『グイン・サーガ』。(2015/5/20)

アートがいっぱい!「スター・ウォーズ展」六本木ヒルズで6月28日まで開催中
六本木に強いフォースを感じる!(2015/4/29)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

FF新作2作品、スマホ向けに公開へ 「ブレフロ」のエイリムと共同開発も
ファイナルファンタジーシリーズの新作2作品が同時発表。1つは「ブレイブフロンティア」で知られるエイリムと共同で開発する。(2014/11/18)

オタクの心をつかめ:
パッケージ萌えと手ごろな値段でオタクの心をつかめ!
前回は、オタクの「聖地巡礼」をテーマに、成功した町おこしやコラボ商品について説明した。今回は、手ごろな値段設定とパッケージ萌えで成功した事例を紹介しよう。(2013/11/20)

美麗なイラストを思う存分堪能! イラストの祭典「神絵祭 -雅-」開催
天野喜孝氏や初音ミクのキャラクターデザインのKEI氏らイラストレーターが集結した「神絵祭 -雅-」が先ごろ開催された。(2013/10/9)

浅倉大介、森雪之丞がVOCALOIDを語る──男声ボカロトリオ「ZOLA PROJECT」デモ曲について聞いてきた
「プロの調教師を目指したい(笑)」「人間だと思って作詞」──個性的な声を持つ3人組の男声VOCALOID「ZOLA PROJECT」のデビュー曲を手がけた浅倉大介さん、森雪之丞さんにZOLAやVOCALOIDについて思うことを聞いてきた。(2013/6/21)

日本刀×クリエイターのコラボ 「二次元VS日本刀展」岡山で開催
大都会岡山で、クリエイターが日本刀をテーマに作品を作る「二次元VS日本刀展」が開催される。(2013/6/21)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/6/17)

新生「ファイナルファンタジーXIV」PS3/PC版、8月27日に発売 PS3版は3300円
新生「ファイナルファンタジーXIV」のPS3版/PC版の発売日が8月27日に決定。早期予約特典や限定生産の「コレクターズエディション」を揃え、予約受付を開始した。(2013/5/24)

生誕25周年記念「FINAL FANTASY展」開催決定
9月1日と2日、渋谷ヒカリエでFF展を開催。シリーズ資料や天野喜孝氏の原画などが展示される。(2012/6/15)

開始まえから長蛇の列! 神谷浩史さんら声優陣も登場――「FINAL FANTASY 零式」の発売カウントダウンイベントリポート
ついに発売となった「FINAL FANTASY 零式」の、発売記念カウントダウンイベントが東京で開催された。イベントには声優の神谷浩史さんや、山里亮太さんをはじめとする豪華なゲストが招かれた。(2011/10/27)

日々是遊戯:
ミスするたびに破壊されていくゲームなど、ゲーム+アートな小ネタ4つ
ゲーム機の進化に伴い、ゲームも芸術のプラットフォームのひとつとして少しずつ認められるようになってきました。そんなわけで、本日はゲームを使ったアート作品小ネタ集です。(2011/7/19)

FFIVのすべてが集約――「FINAL FANTASY IV Complete Collection」発売日決定! e-STORE専売パックも発売
「ファイナルファンタジーIV」関連のアート集や今までCD化されていなかった音源を収録したCD、攻略本などをひとまとめにしたe-STORE専売パックも2011年3月24日に販売される。(2010/12/28)

「FF IV」の完成型がここに――PSP版「FINAL FANTASY IV Complete Collection -FINAL FANTASY IV & THE AFTER YEARS-」2011年春発売決定
スーパーファミコン時代、スクウェアが放った名作RPG「ファイナルファンタジーIV」が、のちに明かとなるアフターストーリー「ファイナルファンタジーIV ジ・アフターイヤーズ」とあわせた完全版としてPSP向けに甦る。(2010/12/20)

「次の活躍の場はネット」 天野喜孝さん、ニコ動ユーザーと再びコラボ
「次の活躍の場はネット」――天野喜孝さんがニコ動に再び“降臨”。天野さんの描いたイラストを元に、映像作品を作るコンテストが開かれる。mixiアプリも企画中だ。(2009/12/18)

天野喜孝さんが描いたやる夫、その日のうちにAAになっていた
天野喜孝さんが描くやる夫、本になったやる夫と、先週はやる夫づくしの1週間だった。天野さんのやる夫は、その日のうちにAA化されていたようだ。(2009/8/31)

「やる夫ですから、噴火しているんです」 天野喜孝さん、ニコ生でやる夫描く
あの天野喜孝さんがニコニコ生放送で、想像力をふくらませながら「やる夫」を描いた。AAとはひと味違う天野流で、「ガチムチ系」というコメントも。(2009/8/25)

やる夫? クマー? 天野喜孝さん、AAを「ニコ生」で描く
あの天野喜孝さんが、「クマー」「やる夫」「人生\(^o^)/オワタ」「八頭身モナー」のうち、最も多くの票を集めたキャラをニコ生で描く。(2009/8/24)

天野喜孝さん「Web上で誕生したキャラ」描く ニコ生でライブ配信
天野喜孝さんが、Web上で誕生したキャラクターなどのイラストを描く様子が、ニコ生でライブ配信される。(2009/8/18)

天野喜孝さん、ニコ生で「描いてみた」
天野喜孝さんがイラストを描く様子を、「ニコニコ生放送」で見られる。(2009/8/3)

目指すは“狂宴”の頂き――「ロード オブ ヴァーミリオン」全国大会
スクウェア・エニックスがアーケードで展開するネットワーク対応の業務用トレーディングカードゲーム「ロード オブ ヴァーミリオン」初の全国大会「OVER the LORD〜第1章 狂宴への招待状〜」が1月11日に開催された。(2009/1/13)

あれこれ迷わないためのダウンロードゲーム講座:
ソフトウェアダウンロードのススメ――PS3・PSP編(アドホック・パーティー)
第5回目となる「あれこれ迷わないためのダウンロードゲーム講座」、今回は11月6日に開始された「アドホック・パーティー for PlayStation Portable」のβサービスの使い方や、PS3・PSPおすすめのダウンロードゲームタイトルを紹介する。(2008/12/24)

終焉無き戦いの幻想曲「DISSIDIA FINAL FANTASY」サントラ発売決定
(2008/11/7)

長く丁寧に遊んでもらうために――「ロード オブ ヴァーミリオン」オープニングセレモニー開催
スクウェア・エニックス初のオリジナル業務用ゲーム機「ロード オブ ヴァーミリオン」のオープニングセレモニーが、新宿のタイトーステーションで催された。(2008/6/17)

今年は“ゲーセン復活”か 「ストIV」も出たAOUは「当たり年」
セガサミーが国内店の大量閉鎖を発表するなど、ゲームセンターが苦境にあえぐが、今年のAOUは「5年に1度の当たり年」。ストリートファイター新作やスクエニの大作など大型タイトルがひしめき、ゲーセン復活の兆しを感じさせた。(2008/2/18)

格闘ゲームブーム、再燃の予感――AOU2008アミューズメント・エキスポ
アーケードマシンを一堂に集めた「AOU2008アミューズメント・エキスポ」が開幕。約10年ぶりの新作「ストリートファイターIV」や、スクウェア・エニックス初の業務用ゲーム機向けオリジナルタイトルなど、見どころの多いイベントとなった。(2008/2/15)

スクエニ業務用ゲーム初オリジナル新作「ロード オブ ヴァーミリオン」発売決定
スクウェア・エニックスは、業務用ゲーム機では初のオリジナルタイトル「ロード オブ ヴァーミリオン」を発売する。(2007/11/22)

天野喜孝氏原作「やさいのようせい N.Y.SALAD」DVD-BOX発売
(2007/9/26)

ルーンエンジェル隊、全員集合――BROCCOLIコンテンツ ラインナップ発表会
ブロッコリーは「D-0&GAII〜BROCCOLIコンテンツ ラインナップ発表会」を開催。ギャラクシーエンジェルII 無限回廊の鍵」や新作ゲームソフト、最新TCGなどの最新情報を発表した。(2007/8/8)

「ファイナルファンタジー」レビュー:
もはやリメイク(移植)ではなくリニューアル(生まれ変わり)――絵も音も格段に進化した「ファイナルファンタジー」の原点
ファイナルファンタジー20周年企画の第1弾としてPSPで「ファイナルファンタジー」が発売された。何度もリメイクされているが、今回はどうやらただのリメイクではないようだ。2D表現はそのままに飛躍的な進化を遂げている「ファイナルファンタジー」をどこでも遊べる時代になったのだ。おめでとう20周年!(2007/5/24)

「ヤッターマン」「ガッチャマン」を実写映画化
インデックスHD子会社の日活が、往年の人気アニメ「ヤッターマン」と「科学忍者隊ガッチャマン」を実写映画化する。ヤッターマンは2009年春公開を目指す。(2007/4/10)

FF20周年シンボルロゴ決定。PSP版「ファイナルファンタジーII」発売日と価格も
「ファイナルファンタジー生誕20周年」のシンボルロゴが決定した。天野喜孝氏描き下ろし。またPSP版「ファイナルファンタジーII」の発売日と価格も決定(2007/3/23)

現代アーティストの新たな表現の場に――新感覚映像コンテンツ「画ニメ」発表
5月30日、東京・秋葉原においてアート融合映像コンテンツ「画ニメ」についての記者発表会が行われ、代表作品を手がけた天野喜孝氏、佐野史郎氏、奥秀太郎氏も駆けつけた。(2006/5/30)

“動く”静止画「画ニメ」 天野喜孝氏などが参加
静止画を主体とした映像作品をDVD化して販売する「画ニメ」が登場した。天野喜孝さんのオリジナルイラストを200点以上使った作品などを展開する。(2006/5/30)

E3 2006「スクウェア・エニックスブース」
4人(匹?)のミスラがお出迎え――スクエニブースはFFシリーズで埋め尽くされる
スクウェア・エニックスブースは、北米での発売を目前に控えた「FINAL FANTASY XII」や「DIRGE OF CERBERUS -FINAL FANTASY VII-」など、「FINAL FANTASY」シリーズを中心とした展示が行われていた。(2006/5/12)

FFシリーズ、GBA移植計画スタート――「FFIV」ミクロ専用フェイスプレート発表
スクウェア・エニックスは、ファイナルファンタジーシリーズの携帯ゲーム機へ移植プロジェクトを本格始動すると発表した。まずはGBA対応の「FFIV」を年末に発売する予定。(2005/10/17)

上野の森美術館で天野喜孝展「マニエラ」――5月3日〜10日まで開催
5月3日から10日まで上野の森美術館で、ファイナルファンタジーシリーズのビジュアルコンセプトなどでも有名なアーティスト、天野喜孝氏の美術展が開催されている。(2005/5/4)

思い出なぞれば写真が語り出す
子ども向け写真館に“しゃべる写真”が登場。写真と一緒に声を保存できる。カギとなるのは、透明な2次元バーコードだ。(2005/4/21)

「フロントミッション オンライン」βテストの最終段階フェイズ3に移行開始
(2005/3/18)

上野の森美術館で天野喜孝展開催
(2005/3/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。