ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「救急」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「救急」に関する情報が集まったページです。

「異常発生を家族に通知」──クルマの運転、IoTで見守り オートバックスが月額980円で提供
カー用品量販店大手のオートバックスセブンが、車載型IoT機器を使った運転見守りサービスの提供を始めた。(2019/12/6)

横浜流星が今夜、愛の告白! 終盤に突入した「4分間のマリーゴールド」、納得いかなかった8話の「かすかな光」説にツッコミ入れてみた
手のひらを重ねると運命がわかる→今すぐ自殺→わかっていた運命が狂う→沙羅の運命も変わる、え?(2019/12/6)

「ながら運転」の罰則強化など政府も本腰:
高齢者の自動車暴走事故はなぜ起きるのか ボルボの「世界的第一人者」に聞いた
池袋の自動車暴走事故から7カ月あまり。政府も「ながら運転」の罰則を強化など自動車事故への対策に本腰を入れている状況だ。高齢者の自動車事故はなぜ起きるのだろうか。ボルボで「Mr.セーフティ」と呼ばれてきたセーフティ部門の責任者ヤン・イヴァーソン(Jan Ivarsson)氏にインタビューした。(2019/12/11)

「プロ人材」公募に千人超 生駒市、新しい働き方に反響
 奈良県生駒市が10月、高いスキルと豊富なノウハウを持った「プロ人材」の公募を行ったところ、国内外から千人以上の応募があった。採用枠は収益確保やICT(情報通信技術)推進など7分野にそれぞれ1人程度で、分野別の倍率は約80〜260倍。現在選考作業中の市も「大きな反響があり、驚いている」という。副業や兼業、テレワークを認めている分野もあり、柔軟な働き方は今後の地方行政におけるモデルケースともなりそうだ。(藤木祥平)(2019/12/2)

今年も飲み過ぎに注意! 後悔しがちな飲み会1位は「忘年会」 イッキ飲みには「時代遅れ」「かっこ悪い」「ドン引きする」の声
お酒はゆっくり会話を楽しみつつ飲みましょう。(2019/12/2)

桐谷健太と横浜流星の王道ホームドラマで視聴率復活「4分間のマリーゴールド」 ドラマオリジナル路線がピタリとハマった7話
「グランメゾン東京」かと思った!(2019/11/29)

ドローン先進国・スイス 日本との違いは規制の考え方
人手不足問題への対応策としても注目されるドローンについて、日本でも普及を目指す動きがあるが、スイスではドローンの開発や実験が盛んに行われ、先進国とされている。日本とスイスの違いは規制の強さにあった。(2019/11/25)

福士蒼汰もっとしっかり!「4分間のマリーゴールド」6話 このドラマ、どんどん桐谷健太と横浜流星が魅力的に見えてくる
みこと……余命宣告を受けている相手になんてこと言うのか。(2019/11/22)

拡大するドローン活用、「先進国」スイスと日本との違いは
アルプスなどの雄大な自然や美しい町並みで知られる中央ヨーロッパのスイスは、ドローン開発で最先端を走る「ドローン先進国」。日本との違いはどこにあるのか。(2019/11/22)

アニメイベントでサウジ訪問中の水木一郎アニキがもはや石油王 「アニソン国の王様Z」との声も
イベントにはささきいさおさんも出演。(2019/11/17)

「まさか菜々緒が押し入れにいたなんて」 みんな驚いた「4分間のマリーゴールド」5話、どんな感情になったらいいの?
福士蒼汰はもっとしっかりしろ!(2019/11/15)

てんかん患者の発作や服薬を素早くデータ化 画像認識を活用して記録の負担を減らす
てんかんの持病がある子供の家族会とITベンチャー企業が患者家族向けのスマートフォンアプリを開発。発作や薬の情報を手で入力しなくてもデータ化して共有できる。介護の負担を減らす狙い。(2019/11/14)

「4分間のマリーゴールド」4話、福士蒼汰と菜々緒がついにキス! 桐谷健太は悩み、横浜流星は蚊帳の外
やっぱり横浜流星くんをもっと出したほうが……。(2019/11/8)

「楽しいけど危ないよ」 “バイクで事故ったオタク”のレポ漫画がドキドキする
みなさんも気を付けて。(2019/11/3)

「4分間のマリーゴールド」福士蒼汰と義姉・菜々緒がついに恋人になった3話 視聴率下落は横浜流星の出番が少ないせい?
他の家族に秘密のまま、恋人になった。(2019/11/1)

スピン経済の歩き方:
五輪マラソンはどうなる? 無謀なプロジェクトでコケる組織、3つの「あるある」
IOC(国際オリンピック委員会)が、東京2020のマラソンと競歩の開催地を札幌へ変更すると言いだした。東京都は地元開催を訴えているが、無謀なプロジェクトでコケる組織の香りがぷんぷん漂っているのではないか。どういう意味かというと……。(2019/10/29)

「4分間のマリーゴールド」前髪で大きく変わった菜々緒の印象 美男美女ばかりのホームドラマにやがて訪れる悲劇
横浜流星のお辞儀が美しかった。(2019/10/25)

事故現場へかけつけた消防隊員の爪が紫色に!? その理由にネットで称賛の声
消防隊員の神対応。(2019/10/19)

福士蒼汰&横浜流星「4分間のマリーゴールド」今夜スタート ハイキックと悪女の菜々緒が悲劇のヒロイン? 原作から完全予習
死の運命は見える、だが運命を変える力はない……なんて悲しい特殊能力。(2019/10/11)

台風19号 接近・満潮・大潮が重なるおそれ 高潮警戒
台風19号は12日から13日にかけて近畿〜関東甲信地方に接近。接近時間帯と満潮時刻など悪条件が重なるおそれがあるため、高潮への警戒が必要です。(2019/10/9)

国立がん研究センターなど病院に広がる「Azure」「Teams」 日本マイクロソフト、医療業界へのクラウド普及に自信
日本マイクロソフトが、ヘルスケア領域におけるクラウドサービスの導入事例を公表。がん手術の動画を「Azure」に集約している国立がん研究センターの例などを紹介した。同社は18〜20年の3年間で、ヘルスケア業界全体のクラウド利用率を4割から7割に引き上げるなどの目標を掲げており、進捗(しんちょく)は順調という。(2019/10/9)

育児が大変なときは“未来からタイムスリップしてきたつもり”に 「タイムスリップ育児」描いた漫画にママから共感集まる
想像力で育児がハッピーになる!(2019/10/3)

物流のスマート化:
空を飛び地を駆ける、楽天と西友が推進するロボット商品配送サービス
楽天と西友は、一般利用者からの注文を受け、神奈川県横須賀市内の「西友リヴィンよこすか店」から港湾緑地「うみかぜ公園」へ、UGV(自動走行ロボット)を活用して商品を配送するサービスを実施している。一般利用者を対象としたUGVによる商用配送サービスは、国内初の取り組みになるという。(2019/10/2)

これがパトカーや消防車の“中身” 警察やレスキュー隊の間で装備品を並べる「テトリスチャレンジ」が流行
整列が美しい。(2019/9/27)

電気のありがたみを痛感 千葉の大停電を描く実体験漫画に考えさせられる
多くの備えがあった人の話ですが、それでも長期の停電は大変で……。(2019/9/25)

「長生きしてくれるといいんだけどな」 モト冬樹、“救急車によく乗る妻”に心配募らせる
9月20日にも、貧血が原因で救急車に乗ることに。(2019/9/22)

無人走行ロボットのサービス開始:
ドローンの次は最速20キロのUGV 楽天が陸・空から革命起こす 壁は「手ごわい」道交法 
楽天が自動走行ロボットを使った配送サービスを開始。神奈川県横須賀市のうみかぜ公園で9月21日から10月27日まで。同ロケーションでは既にドローン配送も行っている。楽天は「無人ソリューションで新たな産業革命を起こす」という目標を掲げているが、道路交通法などまだまだハードルは高い。(2019/9/20)

自動走行ロボで商品配送、横須賀のスーパーから隣の公園に 西友と楽天
楽天と西友は、自動走行ロボットを使い、神奈川県横須賀市の「西友 リヴィンよこすか店」から、隣接する公園「うみかぜ公園」に商品を配送するサービスを、9月21日〜10月27日の約1カ月間にわたって行う。(2019/9/19)

林信行がレビュー:
魅力を再構築した新モデル「Apple Watch Series 5」の進化と変化
スマートウォッチで独走を続けるApple Watchも、登場から5年目を迎える。新モデルSeries 5の魅力はどこにあるのか。林信行氏がレビューをお届けする。(2019/9/18)

医師「我慢するしかない」→我慢してたら盲腸が破裂寸前になった話 実録漫画が教えてくれる、「痛みを我慢しない」という教訓
痛みが続いていたら我慢しちゃダメ!(2019/9/17)

どの「R」か、わかる? 歴代GT-Rの「テールランプ」を再現した豆皿セット登場、丸も四角もあるよ
ファンにはたまらないかも。(2019/9/15)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「来なくていい」と言われても不安? 台風があぶり出す“会社員という病”
大きな被害を出した台風15号。駅に詰めかけた人たちが長蛇の列を作り、混乱が続いた。これを変えるには、働く人たちの意識の問題も大きい。世の中の仕事の多くは「不要不急」。会社員としてではなく、人として「出社しない」判断ができる社会であるべきだ。(2019/9/13)

美しいだけの国 ――東京レッドライン:
焦がれた相手を葬り去るたった一つの冴えたやり方 Lv.もちこ
エメラルド――#2。(2019/9/8)

物流のスマート化:
ドローンとUGVで「宅配クライシス」を克服、楽天が起こす新たな産業革命とは
楽天の自社イベント「Rakuten Optimism 2019」のビジネスカンファレンスで、同社 常務執行役員の安藤公二氏が「あなたの生活がどう変わる:ドローンと地上配送ロボット」をテーマとした講演を行った。(2019/9/6)

広がるコネクテッドカー 先進運転支援技術を可能に、オペレーターと車内で通話
コネクテッドカーの投入が相次いでいる。6年後には世界の新車販売の約6割をコネクテッドカーが占めるという予測もある。(2019/9/4)

臨床医学研究に「AWS」を使う【後編】
名古屋大学医学部附属病院が研究基盤に「AWS」を選んだ理由
名古屋大学医学部附属病院が研究データ基盤をパブリッククラウドに移行する際、データ保護制度やガイドライン順守は大きなハードルだった。解決策として「Amazon Web Services」(AWS)の採用に至った理由は。(2019/9/25)

今さら聞けない「認証」のハナシ:
私たちの「顔情報」はどう守られている? 生体認証のハナシ
専門用語が飛び交いがちなセキュリティの知識・話題について、「認証」関連分野を中心にできるだけ分かりやすく紹介する連載。今回は「生体認証」の顔認証について。(2019/8/28)

黒色ボディーにクロムがキラリ NV350キャラバンに「ちょい悪迫力仕上げ」の特別モデル
ドォォォン、威風堂々の存在感。(2019/8/22)

アシタカとサンがバイクで来た 「もしも、もののけ姫の世界に自衛隊がいたら」世界観がおかしなことになってしまったコスプレが話題に
ヤックルとモロの子が鉄の塊になってしもうた。(2019/8/15)

犬の授乳を見た息子、ミニカーで“救急車の授乳”シーン作成 2才児の圧倒的閃きにネット民震撼&爆笑
ついニヤニヤしてしまうエピソード。(2019/8/15)

梅宮アンナ、転倒で左膝を4針縫うけが 「大根おろし状態に」「泣いてしまいました」と体験記が鳥肌モノ
ひえっ……。(2019/8/13)

コミックマーケット96、4日目の来場者数は20万人 初の4日間開催で合計73万人が来場
史上初の4日間開催。(2019/8/12)

コミケ準備会が謝罪 「長時間の待機で5人救急搬送」「並んでいるのに入場規制解除」に批判
熱中症で倒れる人が出た状況や、あとから来た人が先に入場できるようになっていたことが批判されていました。(2019/8/11)

「ヒロイン感やばくない?」 菜々緒、10年ぶりの前髪ショット公開で賛辞の声相次ぐ
透明感すごい。(2019/8/6)

GIS:
39年ぶり日本開催「ICC2019」レポ、準天頂衛星などGISの可能性を提示
第29回国際地図学会議(ICC2019)が2019年7月15〜20日に、東京・江東区青海の4会場で開催され、GISデータを活用した測量会社らの新たなソリューションが提案された。(2019/8/2)

医療機器ニュース:
高齢者の転倒を検知するトラッキング型AI技術を開発
AXIVEは、転倒などの姿勢・動作を認識する、介護領域向けのトラッキング型AI技術を開発した。高齢者が1人の時に発生する危険な状況をAIがリアルタイムで検知し、介護者の負担軽減が期待できる。(2019/8/2)

ビジネスでの可能性は
「料金が高くても5Gに変える」が7割以上 そこまでして得たいメリットは
「5G」の導入に前向きな企業は、仮にコストが上がることが分かったとしても、導入を諦める気はないようだ。企業が5Gに期待するのは、ネットワークのデータ伝送速度と信頼性の向上などだ。(2019/8/2)

6県を通る1400キロのルートも:
周回遅れだった日本の「自転車ツーリズム」 訪日客を呼び込む“切り札”となるか
遅れがちと指摘される日本の自転車政策が動き出した。外国人観光客の需要などを見込んで「ナショナルサイクルルート」が創設される。お手本は、自転車客誘致に成功した「しまなみサイクリングロード」だ。サイクリングを楽しめる環境づくりは進んでいくのか。(2019/7/31)

「メディアの企業体質」に苦言:
暴力団取材の第一人者・溝口敦 「刺されてもペンを止めなかった男」が語る闇営業問題の本質
暴力団や新興宗教、同和利権、裏社会など、タブーに斬り込み続けてきたノンフィクション作家・溝口敦氏――。背中を刺されても決してペンを止めなかった溝口氏に、これまでの仕事哲学と、芸能人・反社会的勢力の「闇営業問題」に何を思うのか聞いた。(2019/7/26)

講談社、子ども向け乗り物図鑑「はたらくくるま」増刷中止 戦車など自衛隊特集が「不適切」と読者から指摘を受けて
兵器は不適切という指摘。(2019/7/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。