ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アプリケーションエラー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アプリケーションエラー」に関する情報が集まったページです。

Windows 10 The Latest:
Windows 10向け「令和」対応パッチ、適用すると何がどう変わるのか?
5月1日の改元と前後して、Windows OS向けに「令和」対応更新プログラム(パッチ)の提供が行われた。新元号に対応するとはどういった意味なのか、どのような変更が行われたのかについて解説する。(2019/5/10)

AIのような新機能も大事だが……
アプリケーションパフォーマンス監視(APM)の比較で着目すべき3つの機能
アプリケーションパフォーマンス監視(APM)市場で注目に値するベンダーを比較・評価する際、AI(人工知能)のような新しい機能だけでなく、監視、レポート、分析機能の点からも検討する必要がある。(2018/6/21)

デバイスからデータセンターまでを網羅
JavaがIoTアプリケーション開発に最適である8つの理由
企業は近年、事業の質の向上とコスト効率化を両立できる新たな技術を常に探している。Javaベースのソフトウェアやアプリケーションは、企業がこうした価値を実現する上で役に立つ。(2018/3/15)

SQL Serverトラブルシューティング(66):
SQL Serverのサービスが起動しない:その1(起動トラブル)
本連載では、「Microsoft SQL Server(以下、SQL Server)」で発生するトラブルについて、「なぜ起こったか」の理由とともに具体的な対処方法を紹介していきます。今回は「SQL Serverのサービスが起動しない」場合の解決方法を解説します。(2018/2/19)

Azure ハイッ! ここ大事!:
Azureでサービスの動作状態を監視する
Azureのサービスが正常に動作しているかどうか、いちいちポータル画面を開いてチェックするのは大変ですよね? Azureの監視機能を使えば、エラーの発生などを自動通知させることができます。(2017/10/5)

SQL Serverトラブルシューティング(57):
日次の再起動ルーティンで急にSQL Serverが起動しなくなった(起動トラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は、「日時の再起動ルーティンで、ある日急にSQL Serverのサービスが起動しなくなった場合のトラブル例」を解説します。(2017/9/4)

セキュリティを維持しながらモバイルユーザーの生産性を飛躍的に向上させるヒント:
PR:欧米を中心に普及が進んでいる「モバイル パフォーマンス マネジメント」(MPM)とは?
働き方改革や、業務の機動性向上を目的に、今、多くの企業がモバイルデバイスを活用している。だが、通信環境や社内のセキュリティポリシーなどの事情を受けて、「いつでもどこでもストレスなく業務ができる」とは言い難いのが現実ではないだろうか。では一体どのようにモバイル技術を活用すれば、業務のパフォーマンス向上を実現できるのだろうか? モバイルパフォーマンスマネジメント(MPM)分野のリーディングカンパニー、NetMotion Softwareに話を聞いた。(2017/6/26)

SQL Serverトラブルシューティング(25):
トランザクションログの拡張でエラーが発生する(ファイル管理トラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「トランザクションログ関連トラブルの対処方法」を解説します。(2016/11/7)

SQL Serverトラブルシューティング(14):
ユーザーデータベースが破損して起動しない(起動トラブル)
本連載は、「Microsoft SQL Server」で発生するトラブルを「どんな方法で」「どのように」解決していくか、正しい対処のためのノウハウを紹介します。今回は「ユーザーデータベースが破損して起動しなくなった場合の対処方法」を解説します。(2016/8/29)

目標復旧時間と目標復旧地点は人それぞれ
「ランサムウェア」対策に有効なバックアップ、どこまでやれば安心か
身代金要求型マルウェア「ランサムウェア」は脅威だが、適切なバックアップの戦略を立てれば、ランサムウェアの攻撃を受けてもデータを復元できる。ただしどの時点まで復旧すれば満足かの目標はビジネスごとに違う。(2016/8/8)

データベースクラウドに求められる3つの要件(1):
PR:サービスレベルに応じてデータベースの可用性を確保する「Oracle Maximum Availability Architecture」とは何か?
Oracle Database 12cによるプライベートクラウド環境の構築に際して課題となることの1つが、必要な「可用性」をいかにして確保するかということだ。オラクルは、サービスレベル要件に応じてデータベースシステムの可用性を確保するためのブループリントとして「Oracle Maximum Availability Architecture」を提唱している。[プライベートクラウド/データベース統合][高可用性/災害対策][Oracle Database 12c](2016/1/18)

vNextに備えよ! 次期Windows Serverのココに注目(30):
短時間のノード障害に耐える仮想マシン――フェイルオーバークラスターの新機能(その1)
Windows Server 2016 Technical Preview 3(TP3)では、「フェイルオーバークラスタリング」に「Virtual Machine Resiliency(仮想マシンの回復性)の向上」という新機能が追加されました。この機能により、クラスターで発生する瞬間的な障害は許容され、仮想マシンのダウンタイムがさらに縮小されることが期待できます。(2015/10/15)

Elasticsearch+Hadoopベースの大規模検索基盤大解剖(終):
Zabbix+Pacemaker+Fluentd+Norikra+Jenkinsで監視、クラスタリング、ログ収集/解析、バックアップ
リクルートの事例を基に、大規模BtoCサービスに求められる検索基盤はどう構築されるものなのか、どんな技術が採用されているのか、運用はどうなっているのかなどについて解説する連載。最終回は、監視、クラスタリング、ログ収集/解析、バックアップに使っているOSS技術と、その使いどころを紹介する。(2015/10/7)

オンプレだけでなくクラウド管理にもSystem Centerを:
PR:Microsoft Azureの運用管理には、System Centerが必要
企業のビジネス領域におけるパブリッククラウドの利用は、いま本格的な普及期を迎えています。パブリッククラウドの利用が拡大すると、特にIaaS環境では運用管理が大きな課題となってきます。マイクロソフトの運用管理スイート「System Center 2012 R2」は、IaaS環境への展開も可能で、クラウド運用管理のさまざま課題を解決します。(2015/4/27)

大規模プッシュ通知基盤大解剖(終):
24時間途切れないサービスで有効なImmutable Infrastructureの運用方法
大規模プッシュ通知基盤について、「Pusna-RS」の実装事例を基にアーキテクチャや運用を解説する連載。今回は、Pusna-RSの運用面や発生した課題について、使用している技術やツール「AWS Elastic Beanstalk」「Jenkins」「Amazon CloudWatch」「GrowthForecast」「fluentd」「Elasticsearch」「Kibana」などの説明を交えながら紹介します。(2015/3/19)

Windowsネットワークの基礎:
第6回 TCP/IPの概要
現在のWindows OSのネットワーク機能は、すべてTCP/IP上に構築されている。Windows OSの進化と共にネットワーク関連の機能も強化されているが、TCP/IPの基本的な部分はもう何年もあまり変わっていない。今回はTCP/IPの機能についてまとめておく。(2015/3/5)

Windows Serverの全バージョンを経験したITトレーナーが語る:
Windows Server 2003のサポート終了に思うこと
Windows Server 2003のサポート終了まで1年を切った今、あらためてWindows Serverの歴史を振り返ってみたい。また、今後のサーバーOSの方向性についても展望しよう。(2014/7/29)

AWS情報アップデート 短期決戦プロジェクトの立ち上げ方:
期間限定の巨大プロジェクト・米国大統領選の裏側をAWSの中の人に聞いた
200アプリ、サーバ台数数千、数約TBのデータ処理をこなしながら、数十万同時接続ユーザーに耐えるシステムを期間限定で構築するには? (2013/4/1)

「Amazon Glacier」ライクな低価格ストレージサービス投入:
GoogleがCloud Platformを値下げ、インスタンス追加や新機能も
米Googleは11月26日、クラウドストレージ料金の値下げなどを柱とする「Google Cloud Platform」の強化を発表した。(2012/11/27)

ルータ負荷の上昇がきっかけ:
Google、App Engineの障害について経緯を説明
Googleは、米国時間の10月26日にGoogle App Engineで発生したサービス障害について、同日付のブログで経緯や再発防止策について説明した。(2012/10/30)

日本オラクル、Webアプリケーションの性能監視製品を展開:
クラウド時代、収益向上の鍵は性能監視にあり
(2009/8/5)

PFU、ScanSnap新モデルの不具合を修正するアップデートプログラムを公開
PFUは、ドキュメントスキャナ「ScanSnap S1500」「fiシリーズ」において、Microsoft Office SharePoint Server」との連携機能が利用できない不具合を修正するアップデートプログラムを公開した。(2009/2/24)

ホワイトペーパー:
Java EEシステムのデータエントリを変える! 〜誤入力防止と操作性向上の鍵〜
Java EEシステムの入力インタフェースの開発手法を見直し、開発工数の削減、適正データによる安定したシステム運用、そしてエンドユーザーの操作性向上の鍵を探る(提供:グレープシティ)。(2008/11/4)

Tech TIPS:
受信トレイ修復ツールでOutlookの個人用フォルダを修復する
Outlookでは通常、メールや連絡先などは「個人用フォルダ(.PSTファイル)」に保存される。何らかの障害によって.PSTファイルが破損すると、メールが受信できない、Outlookが起動できないなどのトラブルを引き起こす。これはOutlook標準装備の「受信トレイ修復ツール(Scanpst.exe)」で修復できる。(2008/3/28)

Tech TIPS:
WindowsのSFCコマンドでシステムファイルの不整合や破損を修復する
Internet ExplorerやWindows OSのサービスパックのインストールなどに失敗すると、システム・ファイルの不整合が起きることがある。アプリケーションのエラーやウイルスの感染などによって、システム・ファイルが壊れることがある。システム・ファイルの不整合や破損などが起きると、システムが不安定になる。SFC.EXEを実行することで、システム・ファイルのバージョン・チェックが行われ、不整合や破損が解消する。(2008/1/25)

Tech TIPS:
Windows Update/Microsoft Updateのトラブルを解消する(SoftwareDistributionフォルダを修復する方法)
Windows Update(WU)やMicrosoft Update(MU)において、エラーが発生して修正プログラムの検出・適用ができないことがある。その原因の1つとして、WU/MUが利用する%SystemRoot%\SoftwareDistributionフォルダのファイル破損が挙げられる。このフォルダを修復するには、フォルダ名を変更してからWU/MU用のサービスを再起動する。(2007/10/19)

データセンター管理者にとっての新たなチャレンジは複雑性――Symantecの調査
データセンター管理者にとって最大の障壁となるのが複雑化するシステムをいかに管理するかという現実的な問題だった。(2007/5/28)

Oracleバックアップ/リカバリ講座(12):
Recovery Managerによるリストア・リカバリの方法
本記事では、Oracleデータベースのバックアップ/リストア/リカバリについて、そのアーキテクチャ、代表的なバックアップ手法、論理/物理バックアップ、RMANといった全般的な内容を解説していく。(編集部)(2007/3/16)

一筋縄ではいかない「マルチベンダーシステム管理」――MSのモデリング構想の行方
Microsoftは他の大手ITベンダーと協力してSMLと呼ばれるマルチベンダーシステム管理テクノロジーの策定に取り組むことになった。SMLは同社製品の構成および監視機能の強化を図る上で要となるが、実現への道は平坦ではないだろう。(2006/9/25)

最新ソフトウェア 今月の差分:
Cosminexus Version 7はSOA基盤としてどのように強化されたか
日立のアプリケーションプラットフォームの最新バージョン「Cosiminexus Version 7」には、これからの企業システムを支える最新機能が数多く実装された。今回から数回にわたりCosminexusの改良点を見ていくが、今回はCosminexusの概要と、SOA基盤としての改良点を見ていこう。(2006/8/9)

ソニー、CONNECT Playerのアップデートを12月上旬に実施
ソニーはウォークマン「Aシリーズ」のライブラリーソフト「CONNECT Player」のアップデートを12月上旬に行うと発表した。動作の安定が図られるほか、CD EXTRAを認識しないなどの症状が改善される(2005/11/29)

実用 Apache 2.0運用・管理術(2):
JMeterによるWebサーバ性能評価の勘所
サーバのボトルネックを見極めるには、適切な性能評価が必要。ApacheBenchとJMeterによる、効果的な性能評価のポイントを紹介する。(編集部)(2005/9/6)

ITILを深める! サービスデリバリ編:
上手なキャパシティ管理
アクセス量やシステムの処理量に対してシステムリソースが不足すれば、システムの安定稼動は見込めない。最適なコストでキャパシティを改善するには、どうすうればよいのだろう?(攻めのシステム運用管理)(2005/8/22)

.NET TIPS:
適切に処理されなかった例外をキャッチするには?
(2005/7/1)

今度はケロっとタイピングであります!
(2005/2/25)

.NET TIPS:
アプリケーション設定情報はどこに保存すべきか?
(2005/2/11)

PCUPdate特別企画:PC環境最適化計画
PR:DiskX ToolsでPC環境を快適に保つ:システム周りのお掃除編
前回は「DiskX Tools Ver.10」を利用したレジストリの最適化方法について解説した。今回は「システムクリーナー」の機能を使って、全体のパフォーマンスチェックと、Windowsで利用されているサービスの見直しを行ってみよう。(2004/9/22)

dev .NET
特集:第1回 スタートアップ.NET――基礎から始める.NET
.NETを簡潔に説明できる人はそう多くない。その理由のひとつは、.NETが利用形態によってさまざまな側面を持つからだ。デベロッパーチャンネル「dev .NET」新連載となるこの特集では、これから.NETに取り組みたい読者に向けて解説していく。(2004/7/1)

パッケージ活用とシステム連携のススメ(3):
システム連携ツールの選び方
システム連携というと、連携ツールを利用するのが効率的だと考えられている。しかし、選択を間違えるとプロジェクトは混乱することになる。(2004/3/20)

ファイアウォール運用の基礎(2):
サーバの要塞化とTCP/IPの基礎知識
(2001/6/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。