ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アプリケーション・ストリーミング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アプリケーション・ストリーミング」に関する情報が集まったページです。

「アプリケーション仮想化」早分かりガイド【後編】
知っておきたい「アプリケーション仮想化」5大製品の特徴は?
アプリケーション仮想化市場には、どのような製品が存在するのか。Microsoft、Citrix Systems、VMwareが販売する主要な5製品を紹介しよう。(2019/5/6)

自動更新、余計なソフト、互換性……
社内PCなのにゲームがプリイン――専門家が語る「Windows 10」の困った話
「Windows 10」は、エンドユーザーだけでなくIT管理者もてこずることがあるOSだ。3人のエキスパートに、Windows 10の管理で苦労する問題を聞いた。(2019/5/3)

「アプリケーション仮想化」早分かりガイド【前編】
いまさら聞けない「アプリケーション仮想化」3大方式の違いとは?
アプリケーションの配備や管理を効率化する「アプリケーション仮想化」技術には、大きく分けて3つのタイプがある。その特徴や違いを簡単におさらいしよう。(2019/4/29)

画面転送プロトコルにも違いが
管理機能で比較する、デスクトップ仮想化とアプリケーション仮想化の主要製品
デスクトップ仮想化とアプリケーション仮想化へのニーズは企業ごとに違う。購入に際し正しい判断を下すには、各ベンダーのモビリティー機能やデータ管理機能を比較する必要がある。(2018/4/18)

自社にベストな方法を探る
仮想デスクトップ時代、アプリケーションは発行すべきか、ストリーミングすべきか
アプリケーションの提供方法に迷う場合は、アプリケーションを発行する方法とストリーミングする方法を比較し、自社固有のセットアップやニーズに最適な方法を判断することになる。(2017/12/13)

Tech Basics/Keyword:
Amazon Web Services(AWS)
パブリッククラウドサービスでNo.1のシェアの「Amazon Web Services(AWS)」とはどういったサービスなのだろうか。AWSを理解するための第一歩として、概要をコンパクトにまとめてみる。(2017/6/9)

代表的な製品も紹介
「アプリケーション仮想化」と「デスクトップ仮想化」の違いを比較
デスクトップを仮想化する方法を選ぶのは難しい判断だ。最良の選択をするには、効率とユーザーの操作性を考慮することが重要になる。「アプリケーション仮想化」と「デスクトップ仮想化」の違いを比較する。(2017/3/28)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(63):
“App-VとUE-VがWindows 10 Anniversary Updateに搭載”は本当にお得か?
今回は、一部のIT系メディアで取り上げられた「Windows 10 Anniversary Update」の新機能に関わるニュースを深読みします。(2016/7/29)

「Office 2016」の解体新書
一体何ができる? 新しい「Office 2016」は今までとどう違うか
2015年9月に日本マイクロソフトは「Office 2016」をリリースしました。今までのMicrosoft Office製品とはどのような点が違うのでしょうか。(2015/12/14)

初めてのOffice 365
インストールしたOffice 365 ProPlusをトラブルなく更新する方法とは?
「Office 365 ProPlus」を導入したものの、アップデートに不安がある企業も多いのではないだろうか。アップデート管理の考慮点を紹介する。(2015/11/24)

初めてのOffice 365
いよいよOffice 365 ProPlusを社内に、カスタマイズしてインストールする方法とは
「Office 365 ProPlus」を導入するとき、言語やインストールするアプリケーションなどをカスタマイズしたいと考えるIT管理者は少なくないだろう。そのカスタマイズ方法と注意点を紹介する。(2015/10/13)

モバイル端末でのWindowsアプリ利用が現実的に
iPad用“脱獄不要マウス”も登場 「タブレットからのWindowsアプリ利用」が快適に
Windowsデスクトップアプリをモバイル端末から操作可能にする技術が充実しつつある。従来は操作性に難があるなどの課題も多かったが、技術進化でこうした課題が解消に向かいつつある。(2015/8/3)

AWS re:Invent 2013:
一般企業だってイノベーションを起こしたい、AWS総責任者のジャシー氏
AWS総責任者のアンディ・ジャシー氏は11月13日(米国時間)、re:Invent 2013の基調講演で、「一般企業は、スタートアップ企業と同じようにイノベーションを起こしたいと考えている、しかしインフラがその邪魔をしている」、AWSを使えば制約を考えずに、事業アイデアを即座に形にすることができる、と語った。(2013/11/14)

AWS情報アップデート:
Amazon EC2でGPUインスタンスが登場、Elastic MapReduceの管理コンソールも刷新
AWSにOpenCLもCUDAも使えるインスタンスが登場。NVIDIA GRIDが使われる。(2013/11/7)

主要3製品を比較、アプリケーション仮想化製品選びのポイント【前編】
アプリケーション仮想化でCitrix XenAppを選ぶ理由とは?
OSとアプリケーションを切り離す技術であるアプリケーション仮想化には、さまざまな製品が出回っている。前編では、Citrix XenAppの特徴とともに、最新バージョン6.5の機能を解説する。(2013/3/27)

CeBIT 2013:
開幕前日! Microsoftが展示ブース事前公開
“Blue”なんて単語が聞こえはじめたMicrosoftだが、CeBIT 2013開催前日の説明会では一切言及せず、欧州の関係者にWindows 8とOffice 365を訴求した。(2013/3/5)

MS「Office 365」刷新 ソーシャル機能強化、クラウド型の新アプリも
マイクロソフトのクラウドサービス「Office 365」がリニューアル。SharePoint Onlineのソーシャル機能を強化したほか、WordやExcel、Lyncなどの機能を利用できるクライアントアプリ「Office 365 Plus」を提供する。(2013/2/27)

マルチデバイス対応を推進:
日本マイクロソフト、企業向けクラウドサービス「Office 365」最新版を提供開始
日本マイクロソフトは、企業向けOfficeクラウドサービス「Office 365」の最新版をリリースした。マルチデバイスでの利用に対応し、アプリケーションのストリーミング配信や新しいライセンス体系を採用している。(2013/2/27)

パブリッククラウドはレガシーアプリに適するか?【前編】
古いアプリケーションもクラウドへ、米酒造メーカーの取り組み
新規アプリケーションに向いているといわれるパブリッククラウドだが、既存アプリケーションの移行にも適しているのだろうか。実際にレガシーアプリケーションを移行させた米酒造メーカーを紹介する。(2013/1/18)

アプリケーション仮想化Q&A【後編】
アプリケーション仮想化の2大製品、ThinAppとXenAppの違いとは?
アプリケーション仮想化を代表する2製品の違いを解説する。また、アプリケーション仮想化の導入で考えられるネットワーク上の課題、不適合なアプリケーションとは。(2013/1/10)

アプリケーション仮想化Q&A【前編】
専門家が解説する、2つのアプリケーション仮想化
アプリケーション仮想化とはどのような技術で、どのような場合に有効か。専門家のアラステア・クック氏が解説する。(2013/1/7)

導入してから後悔しないために
VDI導入を正当化するために持ち出される5つの俗説
VDIは、決して“魔法のつえ”ではない。導入してから後悔しないために、VDIを正当化するのに持ち出される5つの俗説を取り上げ、その誤りを指摘する。(2012/1/16)

ニッチな市場がターゲット?
サーバ仮想化の専門家4人が語る、クライアント版Hyper-Vの価値
Hyper-VはWindows 8にも搭載される。米TechTargetのサーバ仮想化アドバイザリーボードのメンバー4人が、このHyper-Vのメリット/デメリット、使い方の可能性について考察する。(2011/11/8)

運用管理ツールから見るサーバ仮想化製品【第4回】
ライブマイグレーションは無償。最新版XenServer 5.6とXenCenterの機能
オープンソースのハイパーバイザーであるXenをベースにしたXenServerの最新版5.6と、運用管理ツールXenCenterを紹介する。(2010/6/28)

ソリトンシステムズがセミナーを開催:
デスクトップ仮想化と認証基盤の上手な組み合わせ方
(2010/6/1)

シマンテックのSVS Professional:
“すぐにSaaSが始められる”アプリケーション仮想化製品
(2008/11/11)

古いソフト資産もオンデマンド配信に、シマンテックがシステム製品を投入
シマンテックは、ソフト資産をネットワーク経由でストリーミング配信するための新製品を発表した。企業内での利用からSaaSビジネスとしての展開まで幅広く対応し、ソフト管理の手間を削減する。(2008/11/10)

早期ユーザーに野村證券:
ユーザーに暗黙の管理負担を強いるPCの使い方を変える――マイクロソフト
1台のPCにそれぞれOSとアプリケーションをインストールさせるMicrosoftのPC向け戦略に変化が起きつつある。従来の方法を「エンドユーザーに暗黙の管理負担を強いる方法」とマイクロソフト担当者は話す。(2008/10/29)

さまざまな端末で同一のデスクトップ環境を提供:
デスクトップ仮想化超えを目指すヴイエムウェアのクライアント戦略
(2008/9/18)

デスクトップ仮想化にも注力:
「未来はクラウドに」、ヴイエムウェアの新戦略の中身
(2008/9/17)

7億台のPCが潜在的な市場になる:
デスクトップ仮想化は今後12カ月が分かれ目、シトリックス
(2008/7/18)

教育の現場で活用される情報技術――町田市教育委員会
「いかに教育の現場で活用できるITを導入するか」「導入されたITを教育の現場でいかに活用していくか」――この両方を重視したプロジェクトが東京都町田市の「学校ネットワーク整備事業」だ。この取り組みの全体像について、町田市学校教育部の田後毅氏に聞いた。(2008/2/25)

「一元的コンピューティングモデルが企業市場を支配することはない」――Intelの見解
IntelはOS/アプリケーションのストリーミング方式を支持しているが、同社の調査によると、どの一元的コンピューティングモデルもビジネス分野を支配することはないようだ。(2008/2/12)

HP、2008年はシンクライアントの年と宣言
Neowareを2億1400万ドルで買収したHPが、同社初のシンクライアントPC製品およびソフトウェアパッケージをリリースしようとしている。HPは、シンクライアントこそがPC市場の最前線と考えているようだ。(2008/1/25)

VMware、デスクトップ仮想化製品を強化する買収を計画
仮想化大手のVMwareが、アプリケーション仮想化を専門とするThinstallの買収に動いている。(2008/1/16)

Step by Step
仮想化導入ガイドPart7 誇大宣伝に要注意【後編】――アプリケーションとストレージ
「サーバの仮想化」と「OSレベルの仮想化」について説明した前回に続き、今回は物理リソースを抽象化する2つのアプローチを取り上げ、有効な利用方法を紹介する。(2007/4/5)

Citrix、「Tarpon」技術をリリースへ
Citrixは2月12日、同社のアプリケーションストリーミング/仮想化技術における最新の成果となる「Tarpon」を披露した。(2007/2/15)

システム運用管理・仮想化特集
仮想化にまつわる記事をピックアップ。VMware、Xenに関するトピックに始まり、「仮想化導入ガイド」連載、導入事例など、豊富な情報を取り揃えている。(2007/2/1)

HP、シンクライアント2機種を発表
HPが、新しいシンクライアントを発売する。また、CCIブレードPCの国際展開やパートナー企業ソフトへの対応拡大も発表した。(2007/1/27)

Citrix、組み込みOSプロバイダーのArdenceを買収
Citrix Systemsは12月20日、Ardenceの買収計画を発表した。Citrixの戦略開発担当副社長、マイク・クリスティンジアーノ氏は、同社が進めるDDI構想を拡大することが買収の主要な狙いだという。(2006/12/22)

Column
アプリケーション仮想化の2つの方法――アプリケーションストリーミング vs. シンクライアント
マイクロソフトのSoftGridをはじめとする「アプリケーションストリーミング」と、同じくマイクロソフトのターミナル サービスなどの「シンクライアント」。2つのアプリケーション仮想化のメリット・デメリットを見ていく。(2006/10/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。