ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アクティス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アクティス」に関する情報が集まったページです。

2018年度の事業戦略を説明:
OpenStack国内導入企業数は既に100社超え、レッドハットがDevOpsを軸に事業を拡大
レッドハットは2017年4月20日、国内事業戦略説明会で、OpenStack、OpenShiftなどの好調さをアピール、企業にとっての次世代IT基盤提供に向けた取り組みを強化していくと宣言した。(2017/4/24)

NTTPC、明治大学などが共同で被災地を支援
東日本大震災の被災地復興支援プロジェクトをNTTPCコミュニケーションズなどが立ち上げた。(2011/4/28)

古田雄介のアキバPickUp!:
「インテルも穴埋めしてきた。ちょっとだけ」――Core i7-990XとCore i3-2XXXが登場!
インテルの最新メインストリームがぽっかりと空いたままの自作PC市場だが、ハイエンド向けのLGA 1366タイプは最上位モデルがデビューし、既存モデルが大幅に安くなっている。また、Sandy BridgeエントリーのCore i3も登場した。これで穴はどれだけ埋まる!?(2011/2/21)

古田雄介のアキバPickUp!:
1枚4GバイトのDDR3メモリが安い
HDDで“8000円以下”といえば、2Tバイトの低価格モデル。そして、メモリでいえば4GバイトDDR3の2枚セットだ。ここ最近は、4Gバイトメモリの値下がりがハンパじゃない。(2010/12/6)

古田雄介のアキバPickUp!:
「とりあえず年末くらいまで見えてきそう」――PC-DIY EXPO 秋の陣
PCパーツの総合イベント「2010 AKIBA PC-DIY EXPO 秋の陣」が開かれた。協賛各社のブースには、今秋の投入を予定されているさまざまな新製品が並び、担当者は“少し先”を見据えていた。(2010/9/27)

アクティス、14センチ角ファン内蔵の静音600ワット電源「AP-600GS」
アクティスは、静音仕様の600ワットATX電源ユニット「AP-600GS」を発表した。(2009/4/21)

アクティス、奥行き約12センチの省スペースATX電源2製品
アクティスは、奥行きサイズを123ミリとした省スペース型のATX電源ユニット「AP-550FS/PS3」「AP-650FS/PS3」を発表した。(2009/1/6)

チノン、10.2型ワイド液晶内蔵の大型フォトフレーム「CADP-102」
アクティスは、チノン製の10.2型ワイド液晶パネル搭載デジタルフォトフレーム「CADP-102」を発売する。(2008/12/18)

チノン、着せ替えフレーム付属の7型ワイドデジタルフォトフレーム
アクティスは、チノン製となる7型ワイド液晶内蔵デジタルフォトフレーム「CADP-070W」の取り扱いを発表した。(2008/12/12)

アクティス、実売9800円の520ワット電源搭載ATXケース
アクティスは、520ワットATX電源を標準搭載したミドルタワーPCケース「AC520-07」シリーズを発表した。(2008/9/4)

アクティス、実売約6000円の400ワット電源内蔵ミドルタワーケース
アクティスは、400ワットATX電源を内蔵したミドルタワーPCケース「AC400-22」シリーズ2製品を発表した。(2008/6/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。