ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Aspire Switch」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Aspire Switch」に関する情報が集まったページです。

エイサー、カラバリ4色を用意した2in1ノート「Aspire Switch 10 E」新モデルを発表
日本エイサーは、着脱キーボードを付属した2in1ノートPC「Aspire Switch 10 E」シリーズの新モデルを発表。計4カラーバリエーションを用意した。(2015/11/25)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
動画で体感! 台北の会場で友好関係を築く
台湾語で語りかけてくる彼女たちのなんと可愛らしいことよ。(2015/6/14)

COMPUTEX TAIPEI 2015:
Acerのブースで発見した未発表2in1 PC「Aspire Switch 10“V”」をチェックする
4月のニューヨークイベントでも登場しなかった“V”な2in1 PCをAcerブースで発見。ほかにも鉛筆対応タブレットにASUSのSkylake対応超小型PCも紹介。(2015/6/10)

エイサー、マグネット着脱式キーボードを備えた2in1タブレット「Aspire Switch 10E」
日本エイサーは、着脱型キーボードを備えた10.1型タブレットPC「Aspire Switch 10 E」シリーズを発表した。(2015/5/20)

海外先行出荷Winタブの展示も:
日本マイクロソフト、コンシューマー向けオンラインサービスをアピール
2014年秋から年末にかけて投入する新サービスの概要を紹介。Windowsタブレットの展示では、日本未出荷モデルも登場した。(2014/12/2)

エイサー、着脱キーボード搭載でタブレットとしても使える11.6型モバイルノート「Aspire Switch 11」
日本エイサーは、マグネット着脱式キーボードを備えた11.6型ノートPC「Aspire Switch 11」を発売する。(2014/11/19)

やはりWindowsはキーボード操作が便利:
「dynabook Tab S50/36M」徹底検証――専用キーボードで“はかどる”10.1型Windowsタブレット
東芝の「dynabook Tab S50/36M」は、専用設計のBluetoothキーボードカバーを標準添付し、ノートPC並の操作感にこだわった10.1型Windowsタブレット。その実力をじっくりチェックしよう。(2014/10/28)

日本未発表の99ドル東芝タブレットも:
ハウススタジオでインテル最新技術をアピール
幕張がCEATECで盛り上がる同じ日に、インテルは都心のハウススタジオでCore MやBaytrail Refresh搭載デバイスをさりげなく紹介していた。(2014/10/7)

キーボード側にHDD内蔵:
エイサー、着脱キーボード付きの10.1型Windowsタブレット「Aspire Switch 10」
日本エイサーは、マグネット着脱式キーボードが備わった10.1型Windowsタブレット「Aspire Switch 10」シリーズを発売する。(2014/9/30)

君たちに“m”がある世界を見せてあげよう:
IntelがIFA 2014で示した“Core M”と“その先にあるMobile”
IntelはIFA 2014の基調講演で“Broadwell-Y”(開発コード名)こと「Core M」を正式に発表。さらに、2015年以降に登場する新技術も紹介した。(2014/9/7)

Acer、11.6型2in1ノートPC「Aspire Switch 11」を披露
4つのモードで使える2in1モバイルPC「Aspire Switch」シリーズにCore i5を搭載する11.6型モデル「Aspire Switch 11」が加わった。(2014/9/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。