ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BAM(Business Activity Monitoring)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「BAM(Business Activity Monitoring)」に関する情報が集まったページです。

RISCの生い立ちからRISC-Vまでの遠い道のり:
RISC-Vの誕生 既存の命令セットアーキテクチャでは満足できなかった、その理由
いよいよ、連載タイトルにも入っている「RISC-V」の登場である。(2020/8/31)

Autodesk University Japan 2019:
BIMの先に広がる可能性――。隈研吾氏の事例やGIS連携、入札アプリなどAutodeskが解説
建設業界では、入職者数の減少や技術者の高齢化による退職数の増加に伴い、働き手が減り、従来より少ない人数で現場を運営しなければならない厳しい状況に直面している。Autodeskは、こういった現場の生産性を向上するために、BIMやジェネレーティブデザインなどの新製品の開発を進めている。2019年10月8〜9日、東京都内のグランドニッコー東京 台場で、開催されたプライベートイベント「Autodesk University Japan 2019」では最新のソリューションや活用事例が紹介された。(2020/1/16)

電子ブックレット(BUILT):
隈研吾氏設計のスコットランド美術館での施工BIM事例
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。無料のBUILT読者会員に登録することで、ダウンロードすることができます。今回紹介するのは、スコットランドの美術館「V&A Dundee」での手戻り無しのBIM活用やトータルステーションとクラウドサービスを連携した3D墨出しに関する講演のレポートです。(2019/12/16)

墨出し・杭打ちBIM&クラウド連携セミナー:
隈研吾が設計したスコットランドの美術館で、Revitが活用された理由とは?
オートデスクは、現場と設計データの不整合による手戻りの解消を目的に、Autodesk BIM 360をはじめとするBIMソリューションの活用を推進している。(2019/6/25)

ITmedia NEWS TV:
新型iPad ProにMac、何が出る? 「Apple Special Event」を予想する
(2018/10/30)

新型のiPadとMacがやってくるかも NYで発表会場を設営中 隣接するAppleストアのiPadコーナーはガラガラ?
米Appleが開催するスペシャルイベントに向けて会場が設営中だ。隣接する直営店をのぞいてみると、iPadの売り場だけ人がいない……?(2018/10/27)

新iPad Proはここで発表? ニューヨークのオペラハウスで設営始まる
Apple Special Event October 2018の会場であるBAM Howard Gilman Opera Houseで設営はが始まっていた。(2018/10/26)

「Apple Special Event October 2018」は10月30日23時から
Appleは10月30日にスペシャルイベント「Apple Special Event October 2018」を開催すると発表した。日本時間10月30日23時だ。(2018/10/19)

コスプレイヤーさんをマネジメントするブランド「レラブル」誕生 プロデューサーは人気レイヤーの宮本彩希さん
活躍の場が広がりそう。(2018/6/15)

STマイクロ STM32F4シリーズ:
125℃で動作する製品を含む32ビットマイコン
STマイクロエレクトロニクスは、32ビットマイコン「STM32F4」シリーズの新製品を発表した。メモリ容量増加や機能拡張がされ、シリーズ初となる最高125℃で動作する製品が含まれる。(2016/10/18)

「Twitterでナンを飛ばすボタン」なる謎機能を作る猛者あらわる ナンだか分からんけどナンか楽しいと人気に
ナン……だと……?(2016/4/21)

みんな新スパイダーマン大好きだな! 「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」USプレミアで共演者からも熱視線
「チーム アイアンマン」「チーム キャプテン・アメリカ」の両陣営とも新スパイダーマンを欲している!(2016/4/14)

見た目は同じでも音は違います――finalが密閉型ヘッドフォン「SONOROUS」のエントリーモデル2機種を発表
S’NEXT(エスネクスト)は2月18日、「final」ブランドのヘッドフォン新製品として「SONOROUS II」と「SONOROUS III」を発表した。(2016/2/18)

司書メイドの同人誌レビューノート:
こんなの待ってた! アメコミの効果音を集めた辞書がマニアックすぎて心くすぐる
今週はサークル「FANDOMAIN」さんの同人誌「アメリカンコミックス効果音辞典 スーパーヒーロー誕生から70年代まで」をご紹介。(2015/12/27)

63万円!:
ファイナル、ヘッドフォンのフラグシップモデル「SONOROUS X/VIII」を10月末に発売
ファイナルから約63万円のヘッドフォンが登場。チタン振動板やアルミとステンレス切削のハウジングを惜しげもなく採用した。(2015/10/15)

”BAMテクノロジー”採用:
「iriver」と「Final Audio Design」がコラボ、カナル型イヤフォン「ICP-AT500」誕生
アユートがiriverブランドのカナル型イヤフォン「ICP-AT500」を発表した。Final Audio Designがサウンドチューンを施したモデルだ。(2015/4/17)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
黄金色の超個性派イヤフォン「Heaven VIII」が奏でるリアルな音
ファイナルオーディオデザインの「Heavenシリーズ」に新たなフラグシップが登場した。金属筐体の作り方を大きく変えるなど、新境地を開拓した新モデルをじっくりと聴いてみよう。(2014/12/19)

3匹が聴く!:
付属イヤフォンからのステップアップに!――バイヤーズガイド2014年“春”(実売1万円以下編)
価格帯別にオススメイヤフォンをピックアップし、耳の肥えた3人のレビュアーが横並び試聴を行うバイヤーズガイドの第2回。今回もコストパフォーマンスの高い製品がそろった。(2014/3/3)

3Dプリンターで量産するチタン合金製イヤフォン「LAB I」、ファイナルが限定販売
ファイナルオーディオデザイン事務所は、新しい「LABシリーズ」の第1弾「LAB I」を発表した。世界初の3Dプリンター造形によるチタン合金製イヤフォンの量産だ。(2014/2/18)

“Astell & Kerm”ブランドのイヤフォン「AKR02」登場
アユートは、“Astell & Kerm”ブランド初のイヤフォン「AKR02 シルバー」を発売する。直販価格は14万5000円。(2014/2/7)

超個性派:
BAドライバーも搭載、ファイナルからハイブリッド型ヘッドフォン「PANDORA HOPE VI」が登場
ファイナルオーディオデザインから登場した初のヘッドフォンは超個性的。ダイナミック型ドライバーとバランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載したハイブリッド型だ。(2013/12/9)

いちから作りました:
ファイナル、自社開発BA型ドライバーを搭載した低価格モデル「Heaven II」
ファイナルオーディオデザインは、バランスド・アーマチュア型ドライバーを搭載するカナル型イヤフォン「Heaven II」を発売する。(2013/9/18)

あとケースも:
音とボディーの経年変化を楽しむイヤフォン、ファイナル「Heaven V Aging」
ファイナルオーディオデザインが、バランスド・アーマチュア型ドライバー採用の「Heaven V」および「Heaven V Aging」を発売する。“Aging”(経年変化)シリーズが新たに登場。(2013/3/22)

PR:業務のPDCAサイクルを確立し、ビッグデータ活用につなげる手法とは?
市場の成熟に伴い、企業における業務の絶えまない見直しが生き残る上で欠かせなくなっている。その実践にあたり重要性を指摘されているのが、SOAを基盤とするBPMの実施である。ただし、その実践手法は十分に周知されているとはいい難い。最適なアプローチとはいかなるものか。(2012/11/19)

ファイナル、BAドライバー搭載の新製品「heaven VI」
ファイナルオーディオデザイン事務所より、独自の「BAM機構」を採用したバランスドアーマチュア型イヤフォン「heaven」シリーズの新製品「heaven VI」が登場。(2012/9/19)

ホワイトペーパーレビュー
BPMツール選びに役立つ3つのホワイトペーパー
ビジネスプロセスを自動化、効率化し、企業の俊敏性を高める。BPMツールにはそのような期待がある。しかし多機能な製品だけにBPMツールの選択は簡単ではない。BPMツール選びに役立つホワイトペーパーを紹介しよう。(2012/6/26)

ファイナル、独自のBAM機構を進化させたBAイヤフォン「heavenIV」
ファイナルオーディオデザインは、BAイヤフォンの新製品「heavenIV」を4月下旬に発売する。(2012/4/9)

もう迷わないっ:
ファイナル、新ドライバー搭載のカナル型イヤフォン“Adagio”シリーズを発表
ファイナルオーディオデザインは、ダイナミック型イヤフォンの新シリーズ“Adagio”(アダージョ)3製品を発表した。左右のハウジングに異なるカラーリングが施されており、装着時に迷わない。(2011/11/25)

オーディオ&ホームシアター展 TOKYO:
オールステンのヘッドフォンにスピーカー、わが道をいくファイナルオーディオ
金属製ハウジングのイヤフォンなど、独自路線を貫く国内オーディオメーカー、ファイナルオーディオデザイン。オトテンの展示会場にも他社にないオリジナリティーたっぷりの展示品が……。(2011/10/21)

プレゼントキャンペーンも:
ファイナル、バランスドアーマチュアドライバーを搭載したイヤフォン「heaven c」
ファイナルオーディオデザインは、バランスドアーマチュアドライバーを搭載したイヤフォン「heaven c」(FI-BA-SA)を発売する。同製品のプレゼントキャンペーンも実施中だ。(2011/7/26)

ITアナリストが語る:
3段階で取り組む企業のBCP、まずはコミュニケーション強化から
このたびの大震災を受けて、多くの企業は事業継続計画に対して目の色が変わってきている。具体的な対策として、ITRの金谷シニアアナリストは大きく3つのポイントを挙げる。(2011/5/11)

BPMの実行基盤を統一:
オラクル、業務プロセス管理ツールの新製品を発表
(2010/7/23)

手軽にBPM:
ソフトウェアAG、中堅企業向けにwebMethodsを日本で独自にパッケージ化
ソフトウェア・エー・ジーは中堅企業を対象にした新ソフトウェアパッケージを提供している。(2009/9/3)

SaaS形式にも対応し、大企業子会社などへBPMを提供:
NTTデータ ビズインテグラル、SOAとBPMを基盤とした“純国産ERP”
(2009/9/1)

JavaOneで確約:
Oracleは今後もJavaに積極的に投資――エリソン氏が表明
「Oracleは何年にもわたり、Javaテクノロジーに対してどの企業よりも多くの投資を行っており、今後も投資を継続、拡大するつもりだ」とエリソン氏。(2009/6/4)

部長のためのBI活用講座【第2回】
失敗しないBIツールの選び方
BIツールの導入に失敗した企業の話を聞くと、どうやら社内展開の過程で問題が発生している場合が多いようだ。(2009/1/30)

日商エレクトロニクスが発売:
BPM製品「Savvion」新版登場、低価格なワークフロー版も
(2009/1/26)

業績好調のSofware AG、webMethods買収の成功が奏功
Software AGの業績が好調だ。カールハインツ・シュトレイビッチCEOは「SOAおよびBPM市場におけるリーダーになった」と話す。(2008/12/4)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
社員の情報活用を促進し、企業に価値をもたらす仕組みづくりを
BIツールを導入しながら、思うような成果を上げられていない企業は少なくない。その理由の1つに、社員ごとに重要な情報が異なるが故に全社的な活用を阻んでいることが挙げられよう。では、この課題を解決するための方法とは果たして――。(2008/10/25)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
成功企業に学ぶ、“変化”への対応の鍵は「プロセス/フロー」の視点にあり
サブプライムローン問題からも分かるとおり、経営環境の変化はより激しくなっている。この“変化”に対応するために求められるのが、業務プロセス/フローの見直しの迅速化だ。この課題に対応することができれば、企業は他社に対する競争優位を確立することも可能になる。(2008/10/21)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
企業情報を活用し“攻め”の経営に転じよ――ガートナー社長
企業にとってITは業務の効率化のみならず、製品の品質やコスト、さらにイノベーションの改善を図る上でも欠かせない存在となっている。その中で今後、日本企業、グローバル企業とも採用を優先したいと考えているものとは何か?(2008/10/17)

BPMプロジェクトの成否を分けるものは?:
ニッポンのお家芸、「カイゼン活動」がBPMの本質
「BPMは幅広いマネジメントの原則だが、中でも最も重要なことは、できるだけスピーディーにプロセスを“カイゼン”することだ」と Software AGのガリメラ副社長は話す。(2008/9/10)

ビジネスに差がつく防犯技術(8):
なぜ幹部は褒めるべき社員をしかってしまうのか
褒められてもいいはずの部署や社員を叱責(しっせき)し、しかられるべきはずの部署や社員を評価してしまうような幹部社員はいないだろうか。彼らの資質の問題もあるが、彼らが判断材料にしている情報やデータの信頼性に問題はないのだろうか。今回はこの問題を考える。(2008/8/18)

業務は自動的に改善されず、強い意思を持った人の手で
成熟期に入りつつあるSOA市場。日本企業が取り組む上での心構えをガートナー ジャパンの飯島公彦バイスプレジデントが説いた。(2008/7/24)

名付け親に聞く:
課題が多いSOAによるシステム構築――Gartnerの最上級アナリスト
米Gartnerの最上級アナリスト、ロイ・シュルテ氏はSOAは今後広くシステム構築手法に使われるとする一方、現状では技術的な課題も多いとしている。(2008/7/17)

ビジネスに差がつく防犯技術(7):
意味も分からず2ちゃんねるを規制していませんか?
「2ちゃんねるは危ないから」とフィルタリングをかけたり、外部攻撃が怖いからファイアウォールを設置といった処置を取る企業が多いが、「その対策をなぜ行うのか?」を考えたことがあるだろうか。「企業を危険から守るためには何を考えなければいけないのか?」について、今回は説明する。(2008/5/26)

ホワイトペーパー:
SOA/BPM成功の決め手:BAM戦略に必要な3つの要素を読み解く
ビジネス環境の変化を管理し、プロセス改善や品質向上を実現するBAM。今後、さらに大幅な収益の向上を実現するためにBAMに求められる機能とは何か。これからのBAM戦略における3つのポイントを解説する。(2008/5/13)

Web 2.0とWebサービスの似て非なる位置付け:
RESTはエンタープライズに浸透するか、ファーガソン氏が講演
(2008/5/1)

J-SOXが追い風?:
レガシー資産を生かすwebMethodsのアプローチとは
ITシステムは、「作る」より「買う」、「買う」よりも既存部品で「組み立て直す」ことでビジネス上の価値を迅速に引き出せるようになってきた。SOA基盤を提供するwebMethods/ソフトウェア・エー・ジーにとっては、J-SOXこそ追い風だという。(2008/4/16)

ホワイトペーパー:
ビジネス改善のあらゆる手段を1つで提供するスイート製品
Webサービス化、ESB、BPM、BAM、SOAガバナンスすべてに対応し、システム構築やビジネスプロセス改善、アプリケーション統合、既存投資の活用など、さまざまなビジネス課題を解決する手助けとなる包括的ソリューションを紹介する。(2008/4/10)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。