ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「テレ朝動画」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「テレ朝動画」に関する情報が集まったページです。

この夏屈指のホラー映画 細田守監督「未来のミライ」に見た不気味さの正体
ネタバレしてます。(2018/7/30)

TRICK・矢部警部補のスピンオフドラマだと!? 「警部補 矢部謙三〜人工頭脳VS人工頭毛〜」が配信決定!
「インチキマジシャンとか巨根の先生とかもう引っ込んどれ!」(2017/1/26)

高田純次、「じゅん散歩」で物販待ちのラブライバーに遭遇 興味津々で交流を図る
西木野真姫のぬいぐるみをまじまじと眺めるシーンも。(2016/5/30)

SVOD市場の成長は横ばい:
スマホからのテレビ局系VODを利用している人が1年で約10倍に――ニールセン調べ
ニールセンによる日本のVOD利用状況(2015年11月時点調査)が発表された。テレビ局系VODではスマートフォンの利用者数が約10倍増、532万人となった(昨年比)。(2016/1/27)

首グルンが怖すぎた? 「AKBホラーナイト」ぱるる回は地上波での放送中止へ
ネット配信のみで公開。(2015/12/15)

「GyaO!」でテレビ朝日のオリジナル番組が見られる「テレ朝動画 on GyaO!」開設
テレビ朝日とGyaOが、コンテンツ配信における共同展開と、ビデオ広告販売における協業をスタート。無料映像配信サイト「GyaO!」に、テレビ朝日のオリジナル番組が見られる「テレ朝動画 on GyaO!」を開設した。(2013/7/2)

ネットを取り込んで進化できるか? 本格化しつつあるテレビ局のオンデマンド対応【デジ通】
テレビ局によるインターネットを使った番組や作品のオンデマンド対応が本格的になりつつある。(2013/3/21)

テレビ朝日、DRM付きFlash Videoによる動画配信実験 IIJらと共同で
テレビ朝日とIIJなど4社が、DRM付きFlash Videoを活用した動画配信の実証実験。より強固に著作権を保護したサービス提供を目指す。(2009/11/17)

キー局がなぜ今、YouTubeに テレ朝とTBS、“かつての敵”と手を組む
在京キー局が、かつて敵対視していた大手動画サイトとの関係を強化し始めた。テレ朝とTBSがそれぞれ、YouTubeとパートナー契約を締結。テレビ不況下で新たな収入源を模索する。(2009/9/29)

テレ朝、Flashで番組配信 国内初、プレーヤーに独自開発の課金・認証機能
テレビ朝日は、ユーザー認証・課金機能を内蔵したFlashプレーヤーを利用した動画配信サービスをスタートする。(2009/6/24)

[シリーズ特集]ネットテレビは儲かるか 第1回:
今一番の成長株は〔ネット‐ネット型〕
“新進”IT企業が“重厚長大”放送局を傘下に収めようとした「寸劇」から早1年。「通信と放送の融合」は、にわかに進んでいるかのようだ。いや、「融合」はまだだとしても、通信側が放送ビジネスを、放送側が通信網参入を、それぞれすでに始めている。それがいずれ、「融合」につながるのかもしれない。そこに生まれるのは、まずはネットで見れる放送、いわゆる「ネットテレビ」(※)となりそうだ。そのうち、今最も勢いよく成長しているのは、「GyaO」に代表される〔ネット‐ネット型〕である。(2006/5/8)

So-net「P-TV」とテレ朝が連携、「テレ朝bb」内のコンテンツを提供
So-netは「Portable TV」(P-TV)とテレビ朝日の「テレ朝bb」との連携を発表。第1弾として4月1日から「CAR GRAPHIC TV」の配信を開始する。(2006/3/29)

テレ朝が動画ポータル 「クレヨンしんちゃん」も配信
(2006/3/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。