ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」」に関する情報が集まったページです。

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
安売りの店から「情報とサービス」の提供へ――テンポスバスターズ 森下社長
中古品の機器販売に終わらず、飲食店を始める人にとって必要な店舗の情報や事業へのアドバイスも始めた。既存にとらわれることなくチャレンジし続ける企業が、次の新たな成長を手に入れられる。(2012/9/26)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
品質にこだわり、指名してもらえる商品を――博水社 田中社長
脇役から主役の座へ。アルコールをおいしく飲むために開発された製品が、単独で飲まれるようになった。ビジネス開発の肝は消費者、取引先のさまざまな声を共有し商品開発に生かす。(2012/9/7)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
事業開発が事業と言い切る――VOYAGE GROUP 宇佐美CEO
今や4年でビジネスモデルが変わるといわれているネット業界で、軽やかにモデルを変えチャレンジし続ける秘訣は。(2012/5/29)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
顧客の声をサービスに反映し続けることで進化する――スターウッド ホテル&リゾート
常に顧客の高い要求に応えなくてはならないホテル業界で、斬新なサービスを提供し続けることで顧客の心をつかむ。(2012/4/9)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
コールセンターが変わるクラウドとソーシャルメディアの威力──ベルシステム24
30年の歴史で培った現場力と最新の情報技術は、チャレンジし続ける文化の中で新たなサービスを生み出し続けた。グローバルも視野に入れた今後の取り組みとは。(2012/2/24)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
新しい企業価値の創造とその支援活動に奔走──クオンタムリープ 出井伸之代表取締役
グローバリゼーションが喫緊の課題という企業が多いが、出ていく方にばかり目を奪われていないだろうか。アジアにとってまだ憧れの国だという日本に呼び込む価値を見落としていないか。グローバルな視点で日本の将来を語る。(2011/11/18)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
顧客という資産を生かすラストワンマイルの経営――新出光 出光泰典社長
ガソリンを売るためのサービスステーションが、地域の人が必要とするものを提供するサービスステーションに生まれ変わろうとしている。「ユーザーと直結したビジネスを忠実に行う」新たな業態が生まれるかもしれない。(2011/8/29)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
面白いサービスをまじめにつくる――カヤック 柳澤大輔 代表取締役CEO
見るからに楽しそうな、クスッと笑ってしまうようなサービスを、次々と繰り出すカヤック。そのパワーとパッションの源はどこにあるのか。海の香りがする古都鎌倉に探りに行った。(2011/7/27)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
挑戦し続け世界の個人投資家を顧客に持つ証券会社へ――マネックス証券 松本社長
創業から12年。現在、100万人以上の顧客を持つオンライン証券会社は世界で8社あり、マネックス証券はその1つに数えられるまでに成長した。創業来、日本に事業基盤を置き、日本の個人投資家にオンラインの総合金融サービスを提供してきたマネックス証券が次に目指すのは、世界の個人投資家にサービスを提供し、そして多国籍の社員が働くグローバルな企業だ。そのために、新しいことに挑戦し続けるアバンギャルドな存在でありたいという。(2011/6/28)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
世界4000人のCIO顧問として――ガートナージャパン 日高社長
CIOの経営に果たす役割が次第に重要になってきている。企業がさらに成長するためにITはどのように寄与できるのか。(2011/4/21)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
企業が変革していく鼓動を感じ続けたい――GABAの上山社長
社員が元気になると、会社も元気になる。現場密着型の社長が企業を変革させる。(2011/2/7)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
真のグローバルカンパニーを目指して――HOYAの浜田宏COO
日本の市場が縮小していく中、海外進出は悲願である。社員の90%近くが外国人で、50%以上が外国人株主であるHOYAの、次なるグローバル展開は。(2010/12/20)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
バッテリー交換式EVをタクシーにという挑戦――ベタープレイス・ジャパンの藤井清孝社長
新たなうねりを生み出している電気自動車(EV)業界。環境のためにもEVの市場をつくり出すという藤井社長の戦略とは。(2010/11/26)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
化粧品業界に新風を吹き込み続けたい――イプサの堀社長
肌診断器を介した肌基点のカウンセリングを通じて、お客さまの肌に最もふさわしい化粧品を一緒に選ぶ、これは当時の化粧品業界では新鮮な販売方法。e-コマースでも「他とは違う」にこだわる。(2010/10/29)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
Twitterの現状と今後について大公開
わたしにとって、デジタルガレージは、なにか「あっ」と驚くようなこと、ウキウキするようなことをしてくれる会社です。今回、インタビューに応じてくださったのは、このデジタルガレージの上級執行役員であり、TwitterカンパニーのExecutive VPである佐々木智也さんです。(2010/9/27)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
開発手法が一味違う、奥深きゲームソフト業界を攻略する――コーエーテクモの松原社長
コーエーとテクモが経営統合したのが2009年の4月、松原健二社長は新たに組織再編をし、めまぐるしく変わる市場環境に挑む。(2010/8/20)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
世界で戦う日本の中小企業――Alibabaが引き起こすパラダイムシフト
今回はB2Bのマーケットプレイスとして世界最大といわれるAlibaba.comの日本法人社長、香山氏に日本における戦略を聞きました。(2010/6/10)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
「世界のスタンダードに合わせた戦略を」――カルビー・松本会長
カルビーの松本晃会長は、ビジネスマンとしてのこれまでの長いキャリアの中でいまだ負け知らず。その秘けつはどこにあるのでしょうか。経営戦略に迫ります。(2010/3/25)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
「ゼロベースでマーケティング戦略を作り上げる」 日本コカ・コーラ 江端浩人氏
世界の中で圧倒的なブランド力を持つ企業の1つがコカ・コーラです。しかし決してその状況にあぐらをかくことなく、さらに消費者の心をつかもうとさまざまな施策に取り組んでいます。(2010/2/17)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
「従来型の企業宣伝から脱皮するチャンス」――花王 本間Web技術室室長
50年にわたる広告代理店の歴史を作ってきた名物宣伝部長たちの定年退職によって世代交代が始まる今こそ、企業のマーケティングが変化を遂げる絶好のチャンスです。(2010/1/15)

【対談連載】石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
「模倣されない仕組みをつくれ」――早稲田大学大学院・根来教授【後編】
企業が競争優位を保つ要素の1つに、模倣が困難な経営資源を持っているかどうかがあります。ここでは、米国のサウスウエスト航空や、日本の人材派遣会社であるスタッフサービスを例に分析してみましょう。(2009/12/2)

【対談連載】石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
「経営者は単一事業の戦略を考えるべき」――早稲田大学大学院・根来教授【前編】
経営戦略や競争優位性に関する理論について雄弁に語る根来先生とお話していて、スタンフォード大学のビジネススクールで学んだ時に感じたことを思い出しました。(2009/12/1)

【対談連載】石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
「消費者をファンにするマーケティングを」――ローソンエンターメディア 日比靖浩社長
好調なチケット販売業界において、ぴあに次ぐ業界2位の売り上げ規模をほこるローソンエンターメディア。マイケル・ジャクソンの映画チケット販売の工夫など消費者の心をつかむマーケティング戦略を聞きました。(2009/11/4)

【対談連載】石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
ファンケル 中島理人化粧品カンパニー 副カンパニー長
世の中の「不」を解消することを企業理念に掲げるファンケルは、顧客満足を最優先に考えたマーケティングを実践する企業といえるでしょう。その取り組みを聞きました。(2009/9/16)

【対談連載】石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
ゴルフダイジェスト・オンライン 大日健COO
ヨーゼフ・シュンペーターが提唱する「企業家による不断のイノベーション」を挙げるまでもなく、経済発展のためには企業の永続的なビジネスイノベーションが不可欠である。本連載では、ネットイヤーグループの石黒不二代CEOが先進企業のビジネスリーダー、有識者などからビジネス革新の勘所を引き出す。(2009/8/17)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。