ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ネットイヤーグループ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ネットイヤーグループ」に関する情報が集まったページです。

エンプロイーエクスペリエンス(従業員体験)を語る:
Fringe81田中 弦氏×ヘイ佐俣 奈緒子氏 強い組織はプロダクトマネジメント視点で作る
Web業界で注目される気鋭の起業家2人が、組織や働き方のこれからについて語り合った。(2018/12/19)

ファクトとデータに基づくカスタマージャーニーを描く:
ネットイヤーグループが「PDCAのためのカスタマージャーニー分析」を開発
ネットイヤーグループは「PDCAのためのカスタマージャーニー分析」を開発。2018年11月1日より提供開始する。(2018/10/24)

「Salesforce World Tour Tokyo 2017」レポート:
セブン&アイ・ホールディングス社長 井阪隆一氏らが語る「顧客の時代」
本稿では「Salesforce World Tour Tokyo 2017」から セブン&アイ・ホールディングス 代表取締役社長 井阪隆一氏らが登壇したパネルディスカッションの概要を紹介する。(2017/10/17)

ブランド好きな顧客に2タイプのセグメント:
マーケティング施策に反応しない「ネコ型顧客」が6割、ネットイヤーグループが調査
ネットイヤーグループは、顧客セグメントの新たな視点として「ネコ型顧客」「イヌ型顧客」の2つを定義し、それぞれに有効なマーケティングコミュニケーションの調査研究を開始した。(2017/6/15)

選り好みする社員もこれで納得?:
PR:一歩進んだワークスタイル変革を実現する「便利×セキュリティ」の最新デバイス事情
少子高齢化が進む中でも企業が競争力を高めていくには、社員の生産性が鍵を握る。生産性に直結するワークスタイルの変革では利便性とセキュリティをどう両立すればよいか。ワークスタイル変革の第一人者・ネットイヤーグループの石黒不二代氏も注目した富士通のセキュリティソリューションを紹介する。(2016/12/8)

アプリと店頭のコミュニケーションを統一:
スマホ用画像を店頭POPにも活用、ネットイヤーグループが店舗アプリ「ぽぷろう」に印刷機能を追加
ネットイヤーグループは、小売業向け自店のO2Oアプリを簡単に作成できるクラウドサービス「ぽぷろう」に「ぽぷろうPOP印刷機能」を提供開始した。(2016/10/18)

「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」リポート:
石黒 不二代氏が語るオムニチャネルの本質、“個”客中心主義とは何か
セブン&アイ・ホールディングスの一大プロジェクト「omni7」を構想から開発まで支援したネットイヤーグループ代表取締役社長 兼 CEOの石黒 不二代氏の講演から、オムニチャネル時代の企業戦略について学ぶ。(2016/5/26)

脱チラシへ、店舗のスマートフォン活用を促進:
月額1万3000円でO2Oアプリを簡単に作れる小売業向けクラウドサービス、ネットイヤーグループが開始
ネットイヤーグループは、小売業向けに月額1万3000円でスマートフォンアプリを簡単に作成できるクラウドサービス「ぽぷろう」の販売を開始した。(2015/11/13)

「Windowsタブレット向けアプリ開発」先駆けインタビュー(1):
初のアジャイル/リモート開発体制でも成功できた秘訣とは
日本料理のレシピを海外に紹介するアプリ「Ippin」。初物づくしのアプリ開発を成功させた秘訣をディレクターに聞いた。コミュニケーションツールやドキュメントに盛り込んだ数々の工夫とは、どんなものだったのだろうか。(2013/10/24)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
あらゆるマーケティング活動はデータを取って分析・活用を――ネットイヤーグループ石黒CEO
9月11日のITmediaエグゼクティブ勉強会に登壇したのは、ネットイヤーグループ 代表取締役社長兼CEOの石黒氏。デジタル時代のマーケティングについての講演を行った。(2012/10/23)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
安売りの店から「情報とサービス」の提供へ――テンポスバスターズ 森下社長
中古品の機器販売に終わらず、飲食店を始める人にとって必要な店舗の情報や事業へのアドバイスも始めた。既存にとらわれることなくチャレンジし続ける企業が、次の新たな成長を手に入れられる。(2012/9/26)

【連載】田中弦のアドテクノロジーで吠える!:
第2回 なぜ田中は「アドテクアドテク」とワーワー言っているのか
アドテクノロジーの進化がインターネット広告市場にもたらすのは、「ネットワーク効果などのネットビジネスの概念」による価値の増大である――。アドテクが注目される意味を独自の視点で解き明かすFringe81 田中氏の連載コラム第2回。(2012/9/26)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
品質にこだわり、指名してもらえる商品を――博水社 田中社長
脇役から主役の座へ。アルコールをおいしく飲むために開発された製品が、単独で飲まれるようになった。ビジネス開発の肝は消費者、取引先のさまざまな声を共有し商品開発に生かす。(2012/9/7)

【連載】田中弦のアドテクノロジーで吠える!:
第1回 アトリビューションマネジメントの最前線
アトリビューションマネジメントの意義とは「アクセス解析の延長」や「広告効果測定の延長」ではない。顧客そのものの理解を深めることにあるのだ。Fringe81の田中弦氏による連載コラム「田中弦のアドテクノロジーで吠える!」第1回。アトリビューションマネジメントの最前線ではいま、何が起こっているのか?(2012/7/25)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
事業開発が事業と言い切る――VOYAGE GROUP 宇佐美CEO
今や4年でビジネスモデルが変わるといわれているネット業界で、軽やかにモデルを変えチャレンジし続ける秘訣は。(2012/5/29)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
顧客の声をサービスに反映し続けることで進化する――スターウッド ホテル&リゾート
常に顧客の高い要求に応えなくてはならないホテル業界で、斬新なサービスを提供し続けることで顧客の心をつかむ。(2012/4/9)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
コールセンターが変わるクラウドとソーシャルメディアの威力──ベルシステム24
30年の歴史で培った現場力と最新の情報技術は、チャレンジし続ける文化の中で新たなサービスを生み出し続けた。グローバルも視野に入れた今後の取り組みとは。(2012/2/24)

ITmedia エンタープライズ電子ブックレット:
これからの日本に必要な考え方
ITmedia エンタープライズで過去注目を集めた記事を、PDF形式の電子ブックレットとしてお送りする「ITmedia エンタープライズ電子ブックレット」。本日は「ITmedia エグゼクティブセミナーリポート vol.7」をお届けします。(2011/12/7)

SFC ORF2011 Report:
「革新を生み出す空間に」――ソーシャルメディアの今と未来、勝間和代さんなど議論
ソーシャルメディアの普及は、企業のビジネスや個人の活動にどのような変化をもたらすか――経済評論家の勝間和代氏、ネットイヤーグループ代表の石黒不二代氏などが議論を交わした。(2011/11/23)

iPad向け電子カタログと営業支援ツールを連携――ネットイヤーの「ソーシャル電子カタログ」
ネットイヤーグループが、iPad向け電子カタログに営業支援ツールと社内SNSを連携させた「ソーシャル電子カタログ」をリリース。外出先でもリアルタイムで営業支援を受けられるようになる。(2011/11/18)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
新しい企業価値の創造とその支援活動に奔走──クオンタムリープ 出井伸之代表取締役
グローバリゼーションが喫緊の課題という企業が多いが、出ていく方にばかり目を奪われていないだろうか。アジアにとってまだ憧れの国だという日本に呼び込む価値を見落としていないか。グローバルな視点で日本の将来を語る。(2011/11/18)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
顧客という資産を生かすラストワンマイルの経営――新出光 出光泰典社長
ガソリンを売るためのサービスステーションが、地域の人が必要とするものを提供するサービスステーションに生まれ変わろうとしている。「ユーザーと直結したビジネスを忠実に行う」新たな業態が生まれるかもしれない。(2011/8/29)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
面白いサービスをまじめにつくる――カヤック 柳澤大輔 代表取締役CEO
見るからに楽しそうな、クスッと笑ってしまうようなサービスを、次々と繰り出すカヤック。そのパワーとパッションの源はどこにあるのか。海の香りがする古都鎌倉に探りに行った。(2011/7/27)

スマートなビジネス戦略を考えるセミナー:
ソーシャルメディアを活用し、まだ見ぬ顧客を掘り起こせ――ネットイヤーグループ、石黒氏
TwitterやFacebookに代表されるソーシャルメディアの普及は留まることなく進んでいる。この流れに対応すべく、企業側の取り組みも活発化している。しかし、いくつかの成功例はあるものの多くの企業がソーシャルメディアの活用に対して明確な答えを出せていないのが実情なのではないだろうか。(2011/7/7)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
挑戦し続け世界の個人投資家を顧客に持つ証券会社へ――マネックス証券 松本社長
創業から12年。現在、100万人以上の顧客を持つオンライン証券会社は世界で8社あり、マネックス証券はその1つに数えられるまでに成長した。創業来、日本に事業基盤を置き、日本の個人投資家にオンラインの総合金融サービスを提供してきたマネックス証券が次に目指すのは、世界の個人投資家にサービスを提供し、そして多国籍の社員が働くグローバルな企業だ。そのために、新しいことに挑戦し続けるアバンギャルドな存在でありたいという。(2011/6/28)

「IAを、いかに確実・効率的に実装するか」がキモ:
FatWire「自社Webの成功は情報アーキテクチャの在り方次第」
(2011/6/13)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
世界4000人のCIO顧問として――ガートナージャパン 日高社長
CIOの経営に果たす役割が次第に重要になってきている。企業がさらに成長するためにITはどのように寄与できるのか。(2011/4/21)

エグゼクティブとiPad:
「iPadの優れた表現力はプレゼンで強力な武器に」――ネットイヤーグループ 石黒CEO
モビリティに優れたタブレット端末は、現場を駆け回るビジネスマンのみならず、企業の経営者にとっても有益な道具だ。彼らはiPadをどうとらえているのか。Webマーケティング業務などを支援するネットイヤーグループで代表取締役社長 兼 CEOを務める石黒不二代氏に聞いた。(2011/3/30)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
「プラットフォームの整備は今からでも遅くない」――ネットイヤーグループ、石黒氏
日本企業が再び活力を取り戻すためには何が必要なのか。ネットイヤーグループの石黒氏によると、そこで求められているのが、企業と消費者とをダイレクトに結ぶプラットフォームなのだという。では、その整備をいかに進めればよいのか?(2011/3/15)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
企業が変革していく鼓動を感じ続けたい――GABAの上山社長
社員が元気になると、会社も元気になる。現場密着型の社長が企業を変革させる。(2011/2/7)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
真のグローバルカンパニーを目指して――HOYAの浜田宏COO
日本の市場が縮小していく中、海外進出は悲願である。社員の90%近くが外国人で、50%以上が外国人株主であるHOYAの、次なるグローバル展開は。(2010/12/20)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
バッテリー交換式EVをタクシーにという挑戦――ベタープレイス・ジャパンの藤井清孝社長
新たなうねりを生み出している電気自動車(EV)業界。環境のためにもEVの市場をつくり出すという藤井社長の戦略とは。(2010/11/26)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
化粧品業界に新風を吹き込み続けたい――イプサの堀社長
肌診断器を介した肌基点のカウンセリングを通じて、お客さまの肌に最もふさわしい化粧品を一緒に選ぶ、これは当時の化粧品業界では新鮮な販売方法。e-コマースでも「他とは違う」にこだわる。(2010/10/29)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
Twitterの現状と今後について大公開
わたしにとって、デジタルガレージは、なにか「あっ」と驚くようなこと、ウキウキするようなことをしてくれる会社です。今回、インタビューに応じてくださったのは、このデジタルガレージの上級執行役員であり、TwitterカンパニーのExecutive VPである佐々木智也さんです。(2010/9/27)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
開発手法が一味違う、奥深きゲームソフト業界を攻略する――コーエーテクモの松原社長
コーエーとテクモが経営統合したのが2009年の4月、松原健二社長は新たに組織再編をし、めまぐるしく変わる市場環境に挑む。(2010/8/20)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
世界で戦う日本の中小企業――Alibabaが引き起こすパラダイムシフト
今回はB2Bのマーケットプレイスとして世界最大といわれるAlibaba.comの日本法人社長、香山氏に日本における戦略を聞きました。(2010/6/10)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
「世界のスタンダードに合わせた戦略を」――カルビー・松本会長
カルビーの松本晃会長は、ビジネスマンとしてのこれまでの長いキャリアの中でいまだ負け知らず。その秘けつはどこにあるのでしょうか。経営戦略に迫ります。(2010/3/25)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
「ゼロベースでマーケティング戦略を作り上げる」 日本コカ・コーラ 江端浩人氏
世界の中で圧倒的なブランド力を持つ企業の1つがコカ・コーラです。しかし決してその状況にあぐらをかくことなく、さらに消費者の心をつかもうとさまざまな施策に取り組んでいます。(2010/2/17)

石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
「従来型の企業宣伝から脱皮するチャンス」――花王 本間Web技術室室長
50年にわたる広告代理店の歴史を作ってきた名物宣伝部長たちの定年退職によって世代交代が始まる今こそ、企業のマーケティングが変化を遂げる絶好のチャンスです。(2010/1/15)

【対談連載】石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
「模倣されない仕組みをつくれ」――早稲田大学大学院・根来教授【後編】
企業が競争優位を保つ要素の1つに、模倣が困難な経営資源を持っているかどうかがあります。ここでは、米国のサウスウエスト航空や、日本の人材派遣会社であるスタッフサービスを例に分析してみましょう。(2009/12/2)

【対談連載】石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
「経営者は単一事業の戦略を考えるべき」――早稲田大学大学院・根来教授【前編】
経営戦略や競争優位性に関する理論について雄弁に語る根来先生とお話していて、スタンフォード大学のビジネススクールで学んだ時に感じたことを思い出しました。(2009/12/1)

【対談連載】石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
「消費者をファンにするマーケティングを」――ローソンエンターメディア 日比靖浩社長
好調なチケット販売業界において、ぴあに次ぐ業界2位の売り上げ規模をほこるローソンエンターメディア。マイケル・ジャクソンの映画チケット販売の工夫など消費者の心をつかむマーケティング戦略を聞きました。(2009/11/4)

【対談連載】石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
ファンケル 中島理人化粧品カンパニー 副カンパニー長
世の中の「不」を解消することを企業理念に掲げるファンケルは、顧客満足を最優先に考えたマーケティングを実践する企業といえるでしょう。その取り組みを聞きました。(2009/9/16)

【対談連載】石黒不二代の「ビジネス革新のヒントをつかめ」:
ゴルフダイジェスト・オンライン 大日健COO
ヨーゼフ・シュンペーターが提唱する「企業家による不断のイノベーション」を挙げるまでもなく、経済発展のためには企業の永続的なビジネスイノベーションが不可欠である。本連載では、ネットイヤーグループの石黒不二代CEOが先進企業のビジネスリーダー、有識者などからビジネス革新の勘所を引き出す。(2009/8/17)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
組織改革でマーケティング力を高めよ――ネットイヤーグループ・石黒氏
効果的なマーケティングを展開するためには、3つのメディアの特性を生かすことが重要だという。その中で投資対効果を生み出すための中核となるのがWebだ。(2009/7/10)

Webマーケティング集中講座:
【第3回】Webマーケティングの未来のあるべき姿とは?
企業が広報や宣伝を行う際、従来のようにマスメディアだけを利用する時代ではなくなりました。マーケティング活動の中核にWebを据え、顧客に対し直接的にアプローチするような手法が求められているのです。(2009/6/15)

Webマーケティング集中講座:
【第2回】Webマーケティングの現状
連載第1回では、Webマーケティングを進める上で壁となる組織の課題などについて述べました。今回は、Webマーケティングの現在に焦点を当て、その潮流を追います。(2009/6/12)

Webマーケティング集中講座:
【第1回】Webマーケティングのこれまでの歩み
消費者や顧客の嗜好は目まぐるしく変化しており、企業のマーケティングも当然のように時代に合わせていかなければなりません。インターネットの登場により、数年前からWebを活用したマーケティング戦略が重視されています。本連載では3回にわたり、「Webマーケティング」のあるべき姿に言及します。(2009/6/9)

石黒不二代のニュースの本質:
【第5回】ぶれない経営――不況期のブランド戦略を考える
未曾有の不況に直面し、改めて「サステナブル」を掲げる企業は多い。ただし価格競争に陥り、安易に安売り戦略に走ってしまうと、これまで積み上げてきたブランドイメージは崩壊してしまうという。(2009/5/13)

石黒不二代のニュースの本質:
【第4回】世界中が探る適正な政府の大きさとは?
米国民の怒りを買ったAIG幹部への高額ボーナス支給問題。政府はボーナスへの課税強化を推し進めているが、今度は金融市場に波紋を広げている。国家が民間企業の経営にどこまで介入すべきか考える必要がある。(2009/4/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。