ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「セブン&アイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セブン&アイ」に関する情報が集まったページです。

「おこさまランチ」が50円 デニーズが再びおこさまメニュー対象6品をお得に提供
デニーズ公式キャラクター「デニャーズ」記念イベントで毎月2日と22日にデニーズアプリ会員様限定で開催。(2024/2/21)

軽さが特徴の布製ランドセル、イトーヨーカ堂も参入 開発のきっかけとなった、小学生の悩みとは?
イトーヨーカ堂が2025年におけるランドセルのラインアップを公開した。初めて布製ランドセルに参入する。ニトリなども参入しているが、背景に何があるのか。(2024/2/15)

イトーヨーカ堂「絶好調」の恵方巻を今年も展開 名店コラボや3分の1サイズが充実
イトーヨーカ堂が12月から、2024年の恵方巻の予約を受け付けている。2023年は1店舗当たりの売り上げが過去最高だったといい、今回もラインアップを充実させた。(2024/1/16)

いいんですか? デニーズの「おこさまメニュー」6品が50円に 創業50周年記念でデニーズアプリ会員限定
「おこさまランチ」が540円→50円、「おこさまパンケーキ」が400円→50円など6品が対象。ありがたい。(2024/1/10)

デニーズに「あまおう」デザート登場! あまおう10粒を使ったサンデーなど
5段重ねパンケーキにあまおうや自家製ハニーベリーソースなどを添えたデザートも。(2024/1/5)

デニーズの2024年福袋はオリジナルニットバッグ+売れ筋冷凍食品などのセット 「オシャレすぎ」「買わねば」の声
ドリンクバー無料券も2枚入ってます。(2023/12/14)

デニーズ、2024年の福袋を発表 人気の冷食などが入った2種類を展開
セブン&アイ・フードシステムズが、デニーズの福袋を発表した。2022年から展開している食品ブランド「Denny's Table」の商品などがセットになっている。(2023/12/14)

デニーズの「アメリカンコーヒー」復活、ドリップタイプがドリンクバーに常設され全店で提供 おかわりが捗る!
日本1号店開店時からのメニューで、2010年代後半のドリンクバー導入により販売を終了していた。(2023/11/10)

経済の「雑学」:
なぜ「タレ」「からし」抜き納豆を? セブン&アイが注力する低価格PB戦略
セブン&アイ・ホールディングスが、低価格のPB「セブン・ザ・プライス」に注力している。低価格を実現するための工夫や、その背景とは?(2023/9/24)

「そごう・西武」池袋本店がストライキで終日休館に 親会社セブン&アイはスト当日に売却を決議
ストライキにより終日休業となっています。(2023/8/31)

そごう・西武、ストでも止められない百貨店売却 「伝家の宝刀」威力に限界
百貨店そごう・西武の労働組合は主力の西武池袋本店で31日にストライキを実施すると予告通知したが、親会社のセブン&アイ・ホールディングスが今月末にそごう・西武の売却決議を強行した場合、制止するのは難しい情勢だ。(2023/8/29)

西武池袋店がストライキ通知:
池袋の「顔」どうなる? セブンの売却計画に労組反発 交渉決裂なら長期化も
大手百貨店で61年ぶりのストライキに突入か。そごう・西武の米投資ファンドへの売却計画に反発する従業員の労働組合が、経営側にストの実施を予告通知した。親会社セブン&アイ・ホールディングスとの交渉が決裂すれば、31日に西武池袋本店(東京都豊島区)で実施する。(2023/8/29)

プロジェクト:
札幌すすきの駅前複合開発計画の施設名称が「COCONO SUSUKINO」に
東急不動産、竹中工務店、イトーヨーカ堂、アインファーマシーズ、キタデンは、北海道札幌市中央区のススキノラフィラ跡地に建設中の「(仮称)札幌すすきの駅前複合開発計画」の施設名称を「COCONO SUSUKINO(ココノ ススキノ)」に決定した。各階業態・大型店舗を公開、2023年秋に開業予定だ。(2023/6/20)

まさに総力戦:
なぜ、イトーヨーカ堂とヨークは合併するのか 見据える3年後の布石
セブン&アイ・ホールディングスは6月16日、イトーヨーカ堂とヨークを9月1日に合併すると発表した。「物言う株主」たちがイトーヨーカ堂の撤退も含んだ改革を経営陣に要求し続けている中、今回の合併にはどのような狙いがあるのだろうか。小売・流通アナリストに聞いた。(2023/6/19)

株主はコンビニ注力要求:
「物言う株主」と対立のセブン&アイ コンビニとスーパーの「二刀流」を選んだ理由
事業の方向性を巡り、米投資会社バリューアクト・キャピタル・マネジメントと「セブン&アイ」経営陣の対立が深まっている。セブン&アイはなぜコンビニとスーパーの「二刀流」を選んだのか。(2023/6/30)

3つの視点:
サイゼリヤが強気に「値上げしない」宣言できるワケ ガスト、デニーズと比べて分かった圧倒的強み
値上げラッシュが続いている。一方、サイゼリヤは当面は値上げしない方針を打ち出している。ガストやデニーズと比較して、見えてきた強みとは?(2023/5/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「バーニーズ」はなぜ苦戦し、売却されたのか かつてはバブルに沸いた日本を象徴する存在
セブン&アイが、高級セレクトショップ「バーニーズ ニューヨーク」を運営するバーニーズジャパンを売却。日本に進出した当初は勢いがあったが、なぜ苦戦するようになったのか。(2023/5/2)

株主総会の行方は?:
セブン&アイ、井阪社長らの再任へ 「物言う株主」は退任要求
セブン&アイ・ホールディングスは、4月18日に取締役会を開催した。井阪隆一社長らの役員を再任する決議をした。「物言う株主」として知られる投資ファンドが退任を求めていた。(2023/4/18)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
イトーヨーカドーを大量閉鎖するのに、セブン&アイが「史上初」の年間売上10兆円を達成したワケ
セブン&アイ・ホールディングスが決算を発表し、国内小売で初の売り上げ10兆円が大きな話題となった。グループのイトーヨーカドーで大量閉店を発表するなど、スーパー・百貨店事業は大幅なマイナス成長なのに、なぜ大記録を達成できたのか。(2023/4/14)

実験店舗:
コンビニとスーパーが合体!? 大型「セブン」が期待されているワケ
セブン&アイがコンビニとスーパーのノウハウを合体させた実験店舗を展開しようとしている。大型の「セブン」でどういったことを目指しているのか。(2023/4/12)

「カレー戦争始まってた」 人気VTuberのカレー発売で通販サイトつながりにくく セブン&アイが謝罪
「♯星街家のカレー」予約開始でイトーヨーカドーネット通販がつながりにくくなった。運営はTwitterで謝罪したが予約受付は続いており、午後になると「買えた」という報告も。(2023/4/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
イトーヨーカドー、逆転狙った「幕張店」の今 再建のカギはドラッグストア化!?
イトーヨーカ堂の苦戦が続いている。衣料品の不振などが響いた。幕張の新モデル店で思ったような成果が出なかったことも背景にあると筆者は指摘する。(2023/3/28)

目指すは低価格高品質:
なぜ、ドンキ「おわび文」に小売業の本質が? イオン、セブン&アイも強化するPB戦略を読み解く
小売大手がプライベートブランド(PB)を強化している。大手3社はどういった戦略なのか? 筆者がドンキPB刷新の「おわび文」に注目する理由とは。(2023/3/28)

妄想する決算「決算書で分かる日本経済」:
なぜ、セブン&アイは「ガソリン高騰でもうかっている」のか
決算書から日本経済を読み解く本連載。今回はセブン-イレブンやイトーヨーカ堂などを運営しているセブン&アイ・ホールディングスを取り上げていきます。(2023/3/24)

食の共通インフラ:
セブン&アイ、流山に新たな食品製造工場 首都圏「イトーヨーカドー」「ヨーク」に供給
セブン&アイ・ホールディングスの子会社が、流山で食品製造工場を稼働させる。首都圏「イトーヨーカドー」「ヨーク」に供給する。グループ共通となる食インフラを整備。(2023/3/22)

業界の専門家に聞いた:
苦戦続いたイトーヨーカドーの衣料品 カリスマ登用、売り場大改革も不発
国内14店舗の閉店が発表され連日話題となっているイトーヨーカ堂。アパレル事業からも完全撤退し、食料品中心に事業を絞るという。なぜヨーカ堂のアパレル事業は低迷し、祖業である同事業を手放さなければならなかったのか。専門家に見解を聞いた。(2023/3/14)

味の素がイトーヨーカ堂の創業者に「異例」の追悼コメントを発表した、意外な理由
イトーヨーカ堂創業者の伊藤雅俊名誉会長が死去したことを巡り、味の素が追悼のコメントを発表した。味の素の広報担当者によると、他社の経営者にコメントを発表するのは異例のことだという。なぜ、今回の発表に至ったのか。(2023/3/13)

巻き返しの可能性は:
イトーヨーカ堂、低迷の理由は「店の2階」にあり 残る100店舗弱に起きる変化
セブン&アイホールディングスは3月9日、今後3年以内にイトーヨーカ堂14店舗の閉店が新たに決まったと明らかにした。かつては182店舗(16年2月時点)を有したヨーカ堂は、なぜ10年で半減するほどに低迷してしまったのか。取材すると、その理由は「店の2階」にあることが見えてきた。(2023/3/10)

デニーズの「あまおう×ピスタチオ」新デザートを一足早く食べてみた! 苺たっぷり&淡い春色のキュートなサンデーをレビューします
3月7日より全国の店舗で販売します。(2023/3/3)

約280種類展開:
イトーヨーカドー、24年用ランドセル発売 テーマに「楽に背負える」「男女共用」
イトーヨーカ堂は3月18日から、2024年入学用のランドセルを発売する。楽に背負える仕様の商品や、男女兼用で利用できるアイテムをそろえた。(2023/3/1)

「週5」でも飽きない?:
デニーズの660円のモーニングが、仕事前の腹ごしらえに適しているワケ
大手ファミレスチェーン「デニーズ」のモーニングは、「週5」でも飽きないほど種類が豊富。朝の仕事の準備や作業にぴったりだ。その理由は?(2023/2/25)

SDGs:
セブン&アイ、子ども用のジェンダーレスなインナー発売 「透けない」「着脱しやすい」という要望を反映
セブン&アイ・ホールディングスは子ども用のジェンダーレスなインナーを発売すると発表した。衣料品のプライベートブランドでは初の取り組み。小学生の意見を取り入れた。(2023/2/22)

店頭の消毒用アルコールにライターで引火させる動画がSNSで拡散 イトーヨーカ堂「警察に相談し厳正に対処」
(2023/2/6)

3月7日より:
デニーズ、値上げを発表 ハンバーグやパスタなど71商品が対象
デニーズを運営するセブン&アイ・フードシステムズは3月7日より71商品を対象に値上げを実施すると発表した。(2023/2/3)

街づくりも鉄道の仕事:
西武池袋駅上が「ヨドバシカメラ」に? 西武HDの苦悩とは
セブン&アイ・ホールディングス(HD)によるそごう・西武の売却によって、西武池袋本店にヨドバシカメラが入店する計画が浮上している。その狙いは……。(2022/12/13)

セブン&アイ限定ガンプラが“品薄&高額転売”多発で物議 予約を拒否されたのに「当日販売はなし」の報告も
販売元のセブン&アイ・ホールディングスに尋ねました。(2022/11/15)

全5種類:
デニーズ、定番のハンバーグを「+50円」で大豆ミートに変更可能に
セブン&アイ・フードシステムズが運営する「デニーズ」は9月6日、定番のハンバーグメニューを+50円で大豆ミートに変更可能とする。(2022/9/2)

デニーズ、肉類やパスタなど10〜80円値上げ 「価格と品質のバランス保持が困難」
セブン&アイ・フードシステムズ(東京都千代田区)は、9月6日より運営するデニーズのメニュー価格を一部改定すると発表した。(2022/8/17)

セブン&アイ、アイリスオーヤマの事例にみる間接材購買の「ガバナンス強化」と「自由な購買」の両立
あなたの会社では従業員の立替精算を処理するために多くの時間を費やしていないだろうか。会社のガバナンスが及びづらい間接材購買は、購買部門や経理部門に承認や精算処理の負担がかかるだけでなく、使途不明な立て替えや割高な価格での購入を防ぎづらい構造にある。Amazon Businessはこれらの課題をどのように解決するのか。導入事例を見ていこう。(2022/8/5)

海外コンビニエンス絶好調:
セブン&アイ、初の売上高10兆超えへ 競合イオンを突き放す原動力は
セブン&アイ・ホールディングスは2023年2月期第1四半期の連結決算を発表した。海外事業が絶好調で、今期の売上高「10兆超え」を見込む。競合イオンを一気に引き離し、小売業の圧倒的トップへ。(2022/7/11)

約8900店舗で実施:
セブン&アイHDが節電 トイレの便座ウォーマー電源オフ、フライヤーは休止
セブン&アイ・ホールディングスは、6月26日に発令された「電力需給ひっ迫注意報」に伴い、セブン-イレブン、イトーヨーカドーで節電を実施する。電力のひっ迫が予想される午後3〜6時、加盟店に節電を求め、店舗の作業スケジュールも見直す。(2022/6/27)

セブン&アイが「Anaplan」で“脱Excel” データの一元管理と経営判断の迅速化を図る
セブン&アイは、SaaS型プラン二ングプラットフォーム「Anaplan」を採用した。「Microsoft Excel」からの脱却でデータ収集や集計の属人化を防ぎ、より高度で迅速な経営判断の実現を目指す。(2022/6/22)

週刊ダイヤモンドにも掲載:
イオンの秘密情報をセブン&アイに「会議資料として提供」 デロイトトーマツコンサルティングが謝罪
デロイトトーマツコンサルティングは6月16日、同社とコンサルティング契約を締結していたイオンの秘密情報を、競合企業のセブン&アイ・ホールディングスに漏えいしたとして謝罪した。(2022/6/17)

ご当地レトルトカレーも販売:
イトーヨーカ堂、「カレーフェス」を開催 カレー関連製品の需要増を狙う
イトーヨーカ堂は5月10日より、全国の店舗で「カレーフェス」を開催している。カレーフェスでは、カレーの名店「オーベルジーヌ」や「魯珈」監修による“店舗未販売”のオリジナルメニューのほかに……。(2022/5/11)

5月17日から店舗にて:
デニーズ、冷凍食品の販売を開始 本格洋食でおうち時間の食卓に進出へ
セブン&アイ・フードシステムズは5月10日、冷凍食品「Denny's Table」の販売を17日から開始すると発表した。(2022/5/10)

「気持ちの切り替え」を提案:
スタバから2種の缶コーヒー登場 セブン&アイで限定発売
スターバックス・コーポレーションとサントリー食品インターナショナルは、5月10日から「スターバックス COFFEE CHOICE コンフィ」と「スターバックス COFFEE CHOICE ロースティノーツ」を、セブン&アイグループ限定で発売する。(2022/4/28)

コスト削減:
「タレ」「からし」抜いて納豆を安く イトーヨーカドーの低価格ブランド、累計販売金額が20億円を突破
イトーヨーカ堂が展開するプライベートブランド「ザ・プライス」。4月に累計販売金額が20億円を突破した。安さの秘密とは?(2022/4/22)

コロナの打撃から回復できるか:
イオン決算 売上高8.7兆円越えで過去最高も、セブン&アイに届かず業界2位に
イオンが2022年2月期通期の連結決算を発表した。売上高にあたる営業収益が8兆7159億円。前期比1.3%増で、過去最高額だった。ただし、セブン&アイホールディングスの売上高には届かず、国内の小売業界売り上げ首位の座をセブン&アイHDに明け渡すことになった。(2022/4/11)

海外コンビニエンスストア事業が好調:
セブン&アイHD、そごう・西武の売却意向を表明 イトーヨーカドーはどうする?
セブン&アイHDは2022年2月期通期の連結決算を発表した。海外コンビニエンスストア事業が好調で、前年比130.5%と大幅に成長した。そごう・西武などの国内事業の売却意向についても言及した。(2022/4/8)

セブン&アイ系列アプリとWebサイトで4時間近い接続障害 通信機器の設定不備で
セブン&アイ・ホールディングス系列アプリやWebサイトで、4時間近い接続障害が発生した。原因は通信機器の設定不備。(2022/4/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。