ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ブラッド・ピット」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブラッド・ピット」に関する情報が集まったページです。

ブラッド・ピットとジェニファー・アニストン、SAG賞で待望の2ショット 笑顔で手を取り合う様子に「もう一度カップルに」の声も
一時は険悪な仲と報じられていた2人、15年の時を経て。(2020/1/21)

25周年を迎え休刊する『映画秘宝』が2019年度映画ランキングを発表 第1位は「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」
Amazonなどでは品切れとなっています。(2020/1/21)

「73歳になられるんですね?!」「ダンディーすぎる」 高田純次、藤森慎吾に誕生日祝われたショットが大人の魅力満点
こんにちは、ブラッド・ピットです。(2020/1/18)

野田洋次郎、来日公演した「U2」ボノとの2ショット公開 バンプ、今井翼、ブラピなど有名人も続々とライブに
「こんなふうになれるんだなぁ」と野田さん。(2019/12/7)

「完璧な役者」 ブラッド・ピット、「アド・アストラ」で初共演のトミー・リー・ジョーンズを絶賛
さすが宇宙人ジョーンズさんやで。(2019/9/20)

「顔が近いw」「もうくっついてる」 Matt、初対面の成田凌&敬愛する矢田亜希子と密着3ショット
朝まで騒いだもよう。(2019/8/18)

カニが斬る! ドリルで貫く!! ド派手なカニゲー「カニノケンカ」、アーリーアクセス版リリース
洋題は「FIGHT CRAB」(ブラピは出ません)。(2019/8/13)

静かカッコイイ亀梨和也、ウザかわいい今野浩喜「ストロベリーナイト・サーガ」 衝撃展開「ソウルケイジ」事件をイラストで整理
亀梨和也の見せ場が少ないのは原作通り。(2019/4/25)

新オークラのスイートは「1泊300万円」:
「外国人セレブ」狙い撃ち 再開発で生まれ変わる虎ノ門
虎ノ門・麻布台地区の再開発。国際的なビジネス・交流拠点として特徴ある街づくりを目指そうとしている。(2019/1/16)

ゴーストバスターズにマイケル・ジャクソン! 「東京コミコン2018」に映画で実際に使用した小道具が勢揃い
「Mr.ビーン」で使用されたあの車もやってきた!(2018/12/4)

「最高にダンディ」 山田孝之、グラサン&ヒゲで熟れたハリウッド風プロデューサーに変身する
間違いなくプロデューサーだ。(2018/3/11)

Over the AI ―― AIの向こう側に(19):
未来を占う人工知能 〜人類が生み出した至宝の測定ツール
今回は、統計処理技術についてお話します。え? 統計? それってAIなの?――そう思われた読者の方、確かにAI技術とは言えません。ですが、統計処理技術はAIの根底を成すものであり、これを知らないままでは、「英単語を知らずに英語を話そうとする」ようなものなのです。(2018/1/31)

同じ4Kでも動画配信とは“桁”が違う――映画監督が見つけたUHD BDの存在意義とは?
レーザーディスク以来、次々と登場する新しいメディアに「もうこりごり」と話していた映画監督の樋口真嗣氏。しかしBDとUHD BDを横並びで比較視聴すると考えが変わったようだ。最後には「買い支える」宣言まで飛び出した。(2017/11/24)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
4K HDRプロジェクターの最前線! 「4K olmpAc」報告
先端画質研究会「4K olympAc」の第7回目が開催され、エプソン、ソニー、JVCの4K HDRプロジェクターの一斉比較した。「4K HDRが活用されるべきはホームシアター」という麻倉氏はどう見たのか?(2017/8/5)

スピン経済の歩き方:
「ゾンビ」がショッピングモールに集まる深い理由
ゾンビ映画によく登場する舞台がある。ショッピングモールだ。多くの人が買い物を楽しむ舞台で、なぜゾンビが登場して、店内を徘徊するのか。筆者の窪田氏によると……。(2017/7/25)

来週話題になるハナシ:
「ヒゲ」ブームの裏で、関連ビジネスが面白いことに
海外でヒゲを伸ばす男性が増えてきている。その影響もあってか、欧州では2014年ころからカミソリの売り上げが減少していて、米国ではシェービング用品が苦戦している。なぜ「ヒゲ」を伸ばす男性が増えているのかというと……。(2017/4/28)

米・ウェンディーズ公式「1800万RTされたら1年間ナゲット無料にする」 世界中の協力で180万RTをゲットした男性に注目
企業の公式Twitterたちも挑戦を応援しています。(2017/4/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
渡辺謙の不倫スキャンダルが、世界で報じられない事情
最近、俳優・渡辺謙のスキャンダルが話題になった。『週刊文春』が彼の不倫疑惑をスクープしたわけだが、いまのところ海外メディアはこの問題を報じていない。ハリウッド映画の「アクター」であるにもかかわらず、なぜ海外メディアはこの疑惑を取り上げないのか。(2017/4/4)

主要キャスト全員女性になった映画「オーシャンズ8」、メンバー勢ぞろいの場面写真が初公開
絶対強い(確信)。(2017/2/1)

オリジナルドラマからヒット映画まで充実:
PR:年末年始はNetflixで! 「ビジネスパーソンに見てほしい」編集部オススメ作品
ちょっと一息ついて気になっていたドラマや映画をチェックできる年末年始。世界最大のインターネット定額ストリーミングサービス「Netflix(ネットフリックス)」なら、オリジナルドラマも大ヒット作品も充実。ビジネスパーソンに見てほしい、仕事にも役立つ編集部オススメの作品をご紹介します。(2016/12/20)

最大の課題はエンドユーザーの安心
2017年の「Windows 10」はどうなる? 3人の専門家が予測する次の注目機能
2017年、「Windows 10」のセキュリティ機能やアップデートはどうなるのだろうか。企業のIT管理者のために、3人の専門家が予想した。(2016/12/15)

アニメ「鬼平」2017年1月から放送決定! 鬼平の声に「ジェシーおいたん」堀内賢雄が決定し大反響
そのほか、朴ろ美さん、浪川大輔さんと強力なキャストが出演。(2016/10/21)

「データ分析信者」が見誤ること
スポーツへのデータ分析の活用が拡大、「行き過ぎ」批判も
スポーツにデータ分析を活用する動きが広がり、行き過ぎではないかとの議論も出ている。データに基づく判断は利益をもたらすが、どんな場合でも正しいとは限らない。(2016/10/20)

砂時計ボディ危機一髪! キム・カーダシアン、変態リポーターの高速タックルを神回避
犯人はかつてウィル・スミスにビンタされた男。(2016/9/29)

Facebookで「ブラピ追悼」のデマ拡散、不正アプリへ誘導
「R.I.P Brad Pitt」というリンクをクリックすると、ユーザーをだまして個人情報を盗む不正なアプリに誘導されるという。(2016/9/29)

「和解しがたい不和」 ブラッド・ピットとアンジェリーナ・ジョリー、離婚の衝撃
「ブランジェリーナ」は存在しなくなってしまうのか……。(2016/9/21)

面影ある? 田中聖の幼少期がまるで天使 「ハーフみたい」「めっちゃきゃわわ」
エメリウム光線のポーズが似合う。(2016/4/5)

世界を読み解くニュース・サロン:
ベースボールの“情報漏洩事件”から見えるスポーツのサイバースパイ
2014年、米大リーグで情報漏洩事件が発生し、全米で話題になったことをご存じだろうか。カージナルスの幹部がライバルチームの情報を盗んでいたことが明らかになったわけだが、彼はどのようにしてハッキングを行ない、極秘情報を盗みとったのか。(2016/1/14)

旧車もいっぱい「レーシング娘。」に昭和のおじさん「うおおおおおお」
スーパーカーも三輪トラックもよりどりみどり。(2015/10/26)

コンテンツ東京2015リポート:
Netflixは第2の黒船? KADOKAWA角川歴彦会長が思う「21世紀型企業」の姿
当日になって急きょ「Netflixの台頭とコンテンツ産業の未来」と講演内容が変更されたコンテンツ東京2015の基調講演。KADOKAWA取締役会長、KADOKAWA・DWANGO取締役相談役の角川歴彦氏がコンテンツ産業とこれからの企業の姿について論じた。(2015/7/3)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
挨拶ができる人は、会話ができる
「会話が苦手」と思っている人、では挨拶はできているか。実は雑にやっていると、できていないことにも気づかない。会話の一歩手前の挨拶ができているかルールをチェックしてみよう。(2015/5/21)

総合的なアートとしての新たなSF――『FEATHER』に集うチャレンジャーたち
これから人気となりそうな作品の魅力にいち早く迫るインタビューシリーズ。今回は、1つのプロジェクトの下に集った作家と複数のイラストレーターによって生み出された骨太のサイエンスフィクション『FEATHER 〜世界は、ひとつじゃない。』の著者、七村謙氏に聞いた。(2015/3/6)

世界よ、これが日本だ! ブラピ主演の戦争映画「フューリー」BD版に「ガールズ&パンツァー」映像特典をつけて発売!
やったぜ。(2015/1/23)

1990年代の懐かしいコンテンツを配信する「90s TV」、「GYAO!」から
GYAOは無料映像配信サービス「GYAO!」において、1990年代の懐かしいコンテンツを中心に提供する特設サイト「90s TV」を公開した。(2015/1/5)

ITmediaスタッフが選ぶ、2014年の“注目端末&トピック”(ライター今西編):
“写真”を通じたSNS上のコミュニケーションが多様化――セルフィーや動画撮影でスマホの新たな可能性を発見!
2014年はスマホ写真の扱い方に多様性が生まれた1年だった。海外で話題になった “セルフィー”が日本にも広まるなど、新たなブームが登場した。(2014/12/22)

ソニー・ピクチャーズ、サイバー攻撃で新作映画が流出
「フューリー」や「アニー」などの新作映画がファイル共有サイトで大量にダウンロードされているという。(2014/12/2)

陸海空制覇!! ブラッド・ピット主演の映画「フューリー」が、ガルパン・艦これ・ストパンとコラボ
ミリタリーアニメ3作品連合の応援キャンペーン。(2014/10/9)

ネット検索で危険なセレブ、2014年首位はジミー・キンメル
米国で最も検索されているのはミュージシャンとコメディアンが多く、検索結果から悪質サイトに誘導される危険性が高い。(2014/10/7)

【連載】Wunderman's view:
135%の継続率UPの実例も紹介! 今やスポーツ界でも常識。勝利に導く必須条件「データ分析」
「データ分析の結果をコミュニケーション施策に落とせない」「(データマーケティングが)思ったほど効果的ではなかった」といった声をさまざまな業種のマーケティング担当者から聞きます。彼らはなぜ、データを活用しきれないのでしょうか?(2014/9/10)

日本から輸出されたコトバも:
Selfie、Tweep、Shelfie――モバイル分野の新しい英語をチェック
次々と新しいコトバが生まれるモバイル業界。日本でも自分撮りを意味するSelfie(セルフィー)が定着しつつある。では最初にSelfieが広まったと言われるSNSは何だろうか?(2014/8/22)

臼北信行のスポーツ裏ネタ通信:
米球界で失敗した二人のサムライから、私たちが学ぶこと
マー君やダルビッシュが活躍する裏で、期待される活躍ができずに米国で迷走する二人の現役日本人プレーヤーがいる。アスレチックスの中島内野手、カブスの藤川投手。この二人の現状を知り、改めて私たちビジネスパーソンに通じる教訓としよう。(2014/5/29)

三国大洋の箸休め(27):
スパコン時代に突入する米大リーグ
エドワード・スノーデンの元雇い主であり、米NSAに出入りする大手外注先の1つとして知られる軍需企業、ブーズ・アレン・ハミルトンが、今スポーツビジネスに注目しているそうだ。(2014/3/17)

アカデミー賞授賞式にピザが宅配される事案が発生
エキストラではなく、本物のピザ屋さんが登場しました。(2014/3/3)

約1時間で120万リツイート! アカデミー賞司会のツイートが驚異的なRTを記録
オバマ大統領を超えた。(2014/3/3)

国内ジーンズ大手のエドウイン、事業再生ADR手続き申請へ サイトはアクセス超過で503エラーに
11月26日付けで事業再生ADR手続きの利用を申請したとのことです。(2013/11/27)

【超速報】エイプリルフールまとめ 2013年もガンガンまとめるよ!
最も面白いウソはどれだ!(2013/4/1)

海外進出企業に学ぶこれからの戦い方:
日本文化に根差した製品 ウォシュレットで真のグローバル企業へ転身できるか? TOTO
 日本食、アニメ、ゲームといった日本文化に深く根差した商品、サービスが徐々にグローバルに広がっている。日本文化に根差した製品の1つにウォシュレットがあるが、TOTOはこの製品を軸に真のグローバル企業へと転身できるであろうか?(2013/3/13)

映画ウラ事情:
興収30億円、まさかのヒット『テッド』に続け! 今後の大穴中堅洋画
邦画が強い昨今の映画業界。30億円を突破したコメディ『テッド』、50億円を記録した『レ・ミゼラブル』などポテンシャルは高い。次に来るのは?(2013/3/11)

Google TVがアップデートで音声での操作が可能に
Google TVのリモコンにテレビドラマの題名や「ナタリー・ポートマンが出ている映画」「蝶ネクタイの結び方」などと音声で入力することで、目的のコンテンツを表示できる。(2012/11/15)

ブラピ主演のゾンビ映画「WORLD WAR Z」公式トレーラー公開
見ろ! ゾンビがゴミのようだ!(2012/11/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。