ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  B

  • 関連の記事

「BSA」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Business Software Alliance

「これからも姉をよろしく頼みます」 平祐奈、もしツア卒業&トルコ移住の三瓶と“いってらっしゃい”の2ショット
新たな旅立ち!(2019/3/30)

元AKB48宮澤佐江、約7カ月ぶりに芸能活動再開「感謝の気持ちを」 同期・大島優子からは祝福メッセージも
おかえりなさい!(2019/3/8)

神戸市教育委員会、化学工業メーカーによるユーザー事例も:
PR:不適切なIT資産管理によりデジタルビジネスを失敗させないためには、どうすればいいのか――ITAM World 2018レポート
ビジネスとITの融合が進む中、SAM/ITAMの対象領域は大きく拡大し、ビジネスを遂行する上で欠かせない考え方になっている。そのような中で、IT資産管理とリスク管理、ビジネスの成長に向けて企業が押さえるべきポイントは何か。標準化の動向から、ツールやソリューションの使い方のポイント、人材育成、最新テクノロジーの対応までを対象に実施されたITAM World 2018からそのヒントを探る。(2018/8/6)

難破船に水の生き物 神秘いっぱい、水中写真コンテストの結果発表
水の中にはステキな光景が。(2018/2/18)

違法コピーしたOffice入りPC「メルカリ」で販売の男に有罪判決
違法コピーしたOfficeソフト入りPCを「メルカリ」で販売したとして、著作権法と不正競争防止法違反に問われていた岡山県の男に対して、神戸地裁は11月17日、懲役1年4月、罰金200万円の有罪判決を言い渡した。(2017/12/22)

違法コピーしたOffice入りPC、「メルカリ」で販売 夫婦を逮捕
フリマアプリ「メルカリ」で、Officeを違法に複製・インストールしたPCを販売していたとして、岡山県内の夫婦が逮捕された。(2017/9/28)

サイバー攻撃、ライセンス違反も明日はわが身:
PR:IT資産管理の全てがここにある――ITAM World 2017レポート
仮想化、クラウドが多くの企業に浸透した近年、ITシステムは大幅に複雑化し、確実な把握・管理が年々難しくなっている。一方でサイバー攻撃はますます巧妙化し、われわれは常に甚大なセキュリティ、コンプライアンスリスクにさらされている状況だ。では一体どうすれば膨大なIT資産を確実に管理し、「攻めのIT」を支えることができるのだろうか? ITAM World 2017にその答えを探る。(2017/7/27)

「パシられたい」 最上もが、巻き巻きロングの“ギャルもが”で内なるカワイイを解き放つ
ドンキで出会って一目ぼれするレベル。(2017/4/4)

控訴裁判所が判決
プライバシーか安全か、Microsoftと米国政府の全面対決の結果は?
米国外のサーバに保管されたメールデータに米国政府はアクセスできるべきか否か。米国政府の要求に対して控訴で対抗したMicrosoft。控訴裁判所は、Microsoftの主張を是とした。(2016/9/13)

問題は、コンプライアンスだけではない。さらに高まるソフトウェア資産管理の重要性:
PR:ソフトウェア資産管理の全てがここにある〜SAM World 2016レポート〜
仮想化、クラウド、モバイルなど、IT技術やサービスの多様化が著しい現在、ビジネスのスピードや利便性は大幅に向上した。だがその反面、IT資産は複雑化し、その把握とコントロールは一筋縄ではいかなくなっている。こうした状況の中、いかに自社の情報セキュリティやコンプライアンスを維持すればよいのか?――SAM World 2016にその答えを探る。(2016/8/15)

「えっ、わが社がライセンス違反?」とならないために:
PR:クラウド、仮想化、サーバ更新、モバイル利用――複雑化するIT環境で気を付けたいライセンス管理の盲点
クラウドやサーバ仮想化、モバイルデバイスからのアクセスなどが一般的になったことで、ソフトウェアのライセンス管理が複雑化している。「正規ライセンスを購入しているから大丈夫」ではなく、知らないうちにライセンス違反……といったケースもあるのだ。正しくライセンスを管理するには、どういった対応や仕組みが必要なのだろうか。(2016/4/25)

Apple、対FBI問題での支持団体リストを公開・更新中 Intel、Twitter、EFF他
AppleがFBIにiPhoneのロック解除ツールを提供すべきかどうかを判断する3月22日の法廷審問を前に、IntelやTwitterなどのIT企業や人権保護団体が続々とAppleを支持する法廷助言書を提出しており、Appleが公式サイトでそのリストを公開した。【UPDATE】Microsoft、Facebook、Google、Amazonなども追加された。(2016/3/4)

「LINE」アップデートでプロフィールアイコンが丸く 「違和感がある」と戸惑う声続出
見慣れないデザインに違和感を覚える人が多数。(2015/2/25)

ソフト試用版のクラックツール提供の男逮捕・起訴 全国2例目
試用版ソフトの試用期限を回避するクラックツールを提供したとして、静岡県内の男が起訴された。(2014/10/28)

Computer Weekly製品導入ガイド
ベンダーの不透明なソフトウェアライセンスに対抗する方法
ソフトウェアの明快なライセンシングを求めるキャンペーンを展開するトンプソン氏に、コンプライアンス順守を証明し、ベンダーの恣意的な要求に対抗する方法について話を聞いた。(2014/6/27)

実践! IT資産管理の秘訣(3):
なぜSAMは認められないのか? 〜予算をもらう3つの秘訣〜
ライセンス監査の動きが高まっている昨今、ソフトウェア資産管理の重要性はますます高まっている。だが実施にはコストが掛かる以上、社内稟議を通さなければならない。今回は上司を説得する方法を伝授する。(2014/2/17)

法律家が見るサプライチェーンの知財侵害リスク(3):
サプライチェーン上の「違法なIT」の問題にどうやって立ち向かえばいいのか
法律・知財の専門家が製造業のグローバルサプライチェーンに潜む課題と対策について解説する本連載。第3回では、サプライチェーン上の「違法なIT」の問題にどういう対策で取り組めばいいのかを、解説します。(2013/11/27)

法律家が見るサプライチェーンの知財侵害リスク(2):
販売差し止めの実力行使も!? ――サプライチェーンを狙い撃つ米国違法IT規制
法律・知財の専門家が製造業のグローバルサプライチェーンに潜む課題と対策について解説する本連載。第2回では、不正な設計・製造ITに対する米国当局の規制とそれに伴う日系製造業のリスクについて紹介します。(2013/10/21)

“コンテンツは無料”に慣れきっている中国人 人気の日本発アニメ・コミック
「海賊版天国」と揶揄される中国だが、改善している面もある。海賊版対策として正規コンテンツを無料配信するビジネスモデルが広がった結果、中国人は無料に慣れきっているという。現地からのリポート。(2013/7/18)

違法コピーの情報提供で最大100万円もらえるプログラム、6月は過去最多の145件
BSAが組織内の違法コピー通報者に報奨金を提供するプログラムを2013年6、7月で実施している。その結果、月間通報数が約8倍に急増した。(2013/7/5)

テクトロニクス PPG/PED3000シリーズ:
100G向け測定器をテクトロが拡充、新型BERTとオシロ用低ジッターオプション
100Gビット/秒のデータ伝送速度に対応する通信機器や半導体/電子部品の設計開発/製造に向けた測定器をテクトロニクスが拡充する。新型のビット誤り率テスター(BERT)の他、サンプリングオシロをベースにした波形観測/ジッター測定システム用の低ジッター化モジュールを用意した。(2012/12/12)

QV-10から10周年モデルまで、EXILIM10周年記念イベントがヨドバシ梅田で開催
カシオ“EXILIM”の10周年を記念した記念イベントが、大阪・梅田のヨドバシカメラ梅田店にて開催中だ。QV-10などシリーズを代表する機種が実写可能な状態で展示されている。(2012/12/7)

アジレント N9322C BSA/N9000ACXA:
“良いけど高い”から“良いのに安い”へ、アジレントが最安値うたうスペアナ投入
スペクトラムアナライザの7GHz機を121万1454円から、シグナルアナライザの13.5GHz機を240万2244円から、同26.5GHz機を288万2099円からで発売する。競合他社が供給する同クラスの機種に比べて、高い性能と機能を備えながらも、価格については2割前後低く設定したという。(2012/11/26)

“EXILIM”10周年記念モデル「EX-ZR1000BSA」の発売日が決定
“EXILIM”の10周年記念数量限定モデル「EX-ZR1000BSA」の発売日が決定した。(2012/11/21)

日本のPCユーザーの4割が違法コピーソフトを入手 BSA調査
日本のPCユーザーの39%が違法コピーソフトを入手したことがあり、インストールされたソフトの5本に1本が違法コピーされたものだったという。(2012/5/15)

えっホント!? コンプライアンスの勘所を知る:
大企業でも横行するソフトウェアの違法コピー
お金がかかるからなぁ……。そんな軽い意識からの行為がどのような結末をもたらすのか、読者はご存じだろうか。(2012/3/30)

世界の海賊版ソフトによる被害額、過去最高の590億ドルに――BSA調査
日本での違法コピー率は20%で、米国およびルクセンブルクと並んで最も低かった。(2011/5/13)

富士ソフトKCS「KCS−IT資産管理コンサルサービス」
あなたの会社が知らずに陥るIT資産管理の落とし穴
ソフトウェア/ハードウェアベンダーがライセンス監査を徹底している。貴社では複雑化するライセンス体系を全て把握し、管理できているだろうか。監査で「不適合」とならない、適切かつ継続して運用できる管理体制とは?(2011/3/28)

迅速・簡単・確実に。誰でも使える理想のIT資産管理ソフト「SS1 Ver4.3」
PCとライセンスのひも付け管理で、漏れのないSAM(ソフトウェア資産管理) を実現する「SS1」
ソフトウェアライセンス管理の社会的要請が強まる中、IT資産管理ソフトへの需要も高まっている。SS1は、PCとライセンスのひも付け管理、簡単な管理画面操作、迅速なサポート体制でIT資産管理を確実に実行する。(2010/10/29)

会社で違法コピー、その本当の恐ろしさとは?
7月1日、ビジネスソフトの違法コピー問題で、関西のあるメーカーとBSAメンバー企業との間で総額3億1520万5272円の和解が成立したという発表があった。企業内の違法コピーの実態、そしてそれを放置するリスクとは……?(2010/7/30)

世界の海賊版ソフトが増加、喪失額は510億ドル相当に
業界団体BSAの統計によると、海賊版ソフトが占める割合は世界で43%となった。(2010/5/12)

マイクロソフト、偽造品対策の新施策を導入へ
マイクロソフトは偽造品対策の一環として、Windows 7向けの新機能の導入と再生PC向けライセンスの販売に関する取り組みを始める。(2010/3/15)

野放しは経営リスク:
PR:ライセンス管理で実現する健全な企業風土の構築とソフトウェア資産の最適利用
コンプライアンス重視が叫ばれる昨今、ソフトウェア不正利用の摘発が急増している。摘発された場合の対応コストは数億円にもなり、不正利用の野放しは経営リスクにつながる。正しいソフトウェアの適切な利用を効率的に実現する手段がIT資産管理ツールであり、その活用に注目したい。(2009/12/1)

違法コピーソフト利用の石川県、4000万円支払いで和解
PCソフトを不正コピーして使っていた石川県庁が、MSなどに約4000万円を支払うことで和解が成立した。(2009/7/17)

マルウェア入り海賊版Windows 7出回る ボットネット構築に利用
攻撃者がトロイの木馬を仕込んだ海賊版Windows 7 RCをばらまいており、1日に約1600件のペースで感染が増えている。(2009/5/14)

CiscoのUCS対抗:
HP、データセンター自動化システム「BladeSystem Matrix」発表
HPがCiscoのUnified Computing Systemに対抗し、“オールインワン”のデータセンター仮想化ソリューション「BladeSystem Matrix」を発表した。(2009/4/21)

テクノロジーにまつわる「わたしがむかつく20のこと」
「あなたがわたしについて知らない25のこと」というお題がはやっているようだが、誰かのことを知りたいと思ったら、その人が嫌いなことを知るべきだ。(2009/2/17)

BSAが「違法告発.com」 企業内違法コピーの実態紹介
BSAは、企業など組織内での違法コピーの実態や、BSAへの内部告発についてまとめたサイト「違法告発.com」をオープンした。(2009/1/29)

日本インフォア、ビジネスの状況を可視化するパフォーマンス管理の新ソフトを発表
企業の財務や業績の状況を可視化するパフォーマンス管理の新製品を提供する。(2008/10/31)

米国では2割も:
海賊版ソフトは中国で8割超に――BSA調査
ソフトウェア業界団体のBSAが海賊版ソフト動向報告書を発表した。(2008/7/18)

Adobeなど5社、違法コピー利用の学校が2億1000万円支払いで和解
Adobeなど5社のソフトの違法コピーを利用していた首都圏の学校法人が、計2億1000万円を支払うことで5社と和解した。(2008/3/26)

PR:次はソフトウェア資産の「見える化」── リスクを抑え、恩恵を最大限に引き出せ
「違法コピー」「無駄なライセンス購入」「不十分なセキュリティ確保」……、ソフトウェア資産が管理されていないことによって企業が抱え込んでしまうリスクを数え上げればきりがない。これらのリスクを回避すべくソフトウェア資産管理の必要性を認識する企業は増えているが、大半の企業にとっては、どのように管理していけばいいのか、いまだに分からないのが実情だろう。ベストプラクティスを示し、ソフトウェア資産の「見える化」を説くソフトウェア資産管理コンソーシアム(SAMCon)に話を聞いた。(2008/3/4)

違法コピーが10%減れば1兆円の経済効果
2011年までに日本の違法コピー率が10%低下すると約9790億円のGDP浮揚に――BSAは違法コピー率の低下が国内にもたらす経済効果を発表した。(2008/2/5)

07年の違法コピー内部告発、34%増 BSA
BSAに寄せられたビジネスソフト違法コピーに関する国内企業からの内部告発が、07年は前年比34%増の506件となった。(2008/1/30)

違法コピーの内部告発が増加、従業員に正義感
ビジネス ソフトウェア アライアンスは活動方針の説明会を開催。ソフトウェアの違法コピーや組織内の情報提供、オークションサイトの違法への取り組みなどを発表した。(2008/1/30)

MS、オンラインでの海賊版ソフト販売撲滅へ――52件を提訴
MicrosoftはeBayとも協力し、オンラインでの違法コピー販売対策を強化する。(2007/12/12)

「日本はSAPに匹敵する製品をつくれる」「電子政府は出来が悪い」
日本のIT分野における国際競争力の向上に向けた、パネルディスカッションが「ワセダCIOフォーラム」で行われた。「日本はSAPに匹敵する製品をつくれる」「電子政府は出来が悪い」――など、産官学からのパネリストが議論を戦わせた。(2007/12/11)

山谷剛史の「アジアン・アイティー」:
中国復帰10年めの香港電脳事情
返還後に「100万ドルの夜景」もだいぶ変わったと聞く香港。10年でどれだけ中国に染まったのか。電脳街からのリポート。キーワードは「水貨」だ。(2007/11/20)

MS、違法コピー使用企業向け正規版購入プログラム
MicrosoftがWindows XPの新たな違法コピー撲滅プログラムに乗り出した。(2007/10/4)

BSA、「日本のIT産業競争力は世界第2位」と発表
BSAは、ITの国際競争力に関するリポート「競争のための手段――IT産業競争力のベンチマーク」を日本向けに発表した。(2007/10/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。