ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「C言語」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「C言語」に関する情報が集まったページです。

STEAM教育ってどうなの? マイクラで金融教育?「EDIX 東京 2024」で見た最新事情
東京と大阪で毎年開催されるEDIX(教育総合展)では、年々STEAM教育に関連した展示が増加し、内容も充実してきている。2024年はどうだったのか、筆者が気になるブースの様子をお伝えする。(2024/5/22)

FPGAにニューラルネットワークを実装する(4):
低価格FPGAでも文字認識AIの学習は可能なのか
FPGAにニューラルネットワークを実装するプロセスを学ぶ本連載。第4回では、低価格FPGAである「Tang Nano 9K」ではこれまでうまくいかなかった文字認識AIの学習が可能になったので、その結果を紹介する。(2024/4/16)

FPGAにニューラルネットワークを実装する(3):
FPGAに学習済みニューラルネットワークを実装して推論を実行する
FPGAにニューラルネットワークを実装するプロセスを学ぶ本連載。第3回では、PC上で生成した学習済みニューラルネットワークをFPGAに実装して推論を実行する。(2024/3/11)

IIFES 2024:
スーツケースが簡易ガイドレスAGVに、制御プログラムはラダー言語で組める
日立産機システムは、「IIFES 2024」の日立製作所ブースにおいて、レーザー測位システム「ICHIDAS Laser」を中核とした「ガイドレスAGV開発キット」を展示した。(2024/2/29)

Pythonデータ処理入門:
[NumPy超入門]異なる型のデータを格納する構造化配列を使ってみよう
NumPyの多次元配列の要素は全て同じ型である必要があります。が、異なる型のデータを1つの配列に格納したいこともあるはずです。それを可能にする構造化配列を紹介します。(2024/2/16)

Coderpadが発表:
採用担当者が開発者に求めるプログラミング言語スキルランキングトップ10、PythonがJavaScriptを超えて1位に
CoderPadは人事、採用担当者が開発者に求めるプログラミング言語スキルランキングトップ10を発表した。(2024/2/14)

FPGAにニューラルネットワークを実装する(2):
最も古典的なニューラルネットワーク「ホップフィールドネットワーク」を学ぶ
FPGAにニューラルネットワークを実装するプロセスを学ぶ本連載。第2回では、ニューラルネットワークのモデルの一つである「ホップフィールドネットワーク」を用いて、PC上で文字認識を行えるようにする。(2024/2/8)

リアルタイムOS列伝(43):
Fiberもどきの「Protothreads」は既存RTOSとの組み合わせで力を発揮する
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第43回は、実装がFiberの一種のようになっている「Protothreads」を取り上げる。(2024/2/6)

混ぜろ、危険じゃない:
お悩みその24 技術の進歩が速過ぎる(35歳 男性 アプリケーションエンジニア)
最新の技術なんぞ追わんでもええ。じゃがな……。(2024/2/5)

アナリストの“ちょっと寄り道” 調査データの裏側を覗こう:
IT業界とモノづくり業界が「せめぎ合い」 自動車業界の“裏側”に迫る【前編】
自動車業界への“ITの進出”のスピードは加速する一方だ。「自動車の性能をソフトウェアが規定する」SDV時代の到来を前に、自動車業界の「安全を至上とするものづくり文化」とIT業界の「アジャイルを是とする文化」の落としどころは見つかるか?(2024/1/26)

「JSONを多用する処理なら3倍のパフォーマンス向上が見込める」:
「SQLite 3.45.0」公開、JSON関数がバイナリ形式のJSONBに対応
SQLiteの最新版「SQLite Release 3.45.0」が公開された。SQLiteは、小型、高速、自己完結型、高信頼、フル機能をうたうSQLデータベースエンジンを実装したC言語ライブラリ。(2024/1/18)

FPGAにニューラルネットワークを実装する(1):
低価格FPGAを用いた文字認識AI推論の全体像
FPGAにニューラルネットワークを実装するプロセスを学ぶ本連載。第1回では、連載の狙いや、文字認識AIモデルの概要、どのようにFPGA上で文字認識を行うかなど全体の流れを紹介する。(2024/1/11)

「全銀システム障害」とは何だったのか 解明まで時間がかかった理由と、待ち構える“茨の道”とは
2023年で最もインパクトがあったトラブルの1つに全銀システム障害がある。「なぜ発生したのか」「何が起きているのか」「どこに向かうのか」の3つのポイントについて、いま日本の金融業界で起きている変化を交えて整理したい。(2023/12/28)

WASIXを介してあらゆるUNIXプログラムをブラウザで実行できる:
Wasmer、「Wasmer JavaScript SDK」を発表
WebAssembly(Wasm)ランタイムを開発するWasmerは、WASI(X)アプリケーションをブラウザで簡単に実行するための新しいライブラリ「Wasmer JavaScript SDK」を発表した。(2023/12/26)

「EdgeTech+ 2023」:
汎用マイコンで画像認識を処理、STのエッジAIソリューション
STマイクロエレクトロニクスは「EdgeTech+ 2023」にて、汎用の32ビットマイコンで組み込みAI(人工知能)を実現するためのソリューションを展示した。組み込みAIソリューションは、同社が現在注力している分野だ。(2023/12/8)

リアルタイムOS列伝(41):
UNIXを逆順で読んだ「Xinu」は教育向け、RTOS開発者のレファレンスにも
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第41回は、パデュー大学 教授のDouglas Comer氏が開発した、教育向けのRTOS「Xinu」はを取り上げる。(2023/12/4)

HPCとML向けにアーキテクチャを強化:
機械学習アプリ向けに強化されたオープンソースハイパーバイザーの「Xen Project Hypervisor 4.18」が公開
Xen Projectは、オープンソースハイパーバイザーの最新版となる「Xen Project Hypervisor 4.18」をリリースした。(2023/11/28)

GaN/SiCに対応した最新バージョンが登場:
PR:電源の損失解析が大幅進化! 「純国産」の高速回路シミュレーター
電源/パワーエレクトロニクス分野では、GaN/SiCパワーデバイスの採用が進んでいる。そこで課題になっているのが、回路設計時のシミュレーションだ。スマートエナジー研究所が手掛ける高速回路シミュレーターは損失解析の機能などを拡充し、GaN/SiCパワーデバイスを用いた高効率電源の回路設計を支援する。(2023/11/28)

求人求職サイトの「DevJobsScanner」が発表:
米国で開発者の給与が高いプログラミング言語トップ10 2位はRust、1位は?
開発者向け求人求職サイトのDevJobsScannerは、過去1年間にスクレイピングしたソフトウェア開発者向け求人情報を分析し、米国で開発者の給与が高いプログラミング言語のランキングを発表した。(2023/11/17)

注目デバイスで組み込み開発をアップグレード(19):
FPGA評価ボードに十字キーを付けてみた【後編】
注目デバイスの活用で組み込み開発の幅を広げることが狙いの本連載。第19回では、前回作成したFPGA評価ボード「Tang Nano 9K」とつなげた十字キーとA/BボタンのUIによる「お絵描きソフト」を紹介する。(2023/11/9)

他の言語にも適用できるヒントも:
Pythonのパフォーマンスを向上する9つのヒント
Pythonのパフォーマンスは、Javaなどの言語と比べて評価が低い。本稿では、Pythonコードの問題点を見つけて解決し、パフォーマンスを高めるヒントを紹介する。(2023/11/2)

どちらを選ぶべきか:
C++からRustに移行して幸せになる人、そうならない人 その違いは?
C++はRustが登場する前から成熟度の高い言語だった。開発者はC++からRustに切り替える必要があるのだろうか。必ずしもそうとは限らない。C++とRustの品質、両言語の相違点と類似点を調べて、どちらのプログラミング言語を選ぶかを決めたい。(2023/10/23)

Pythonの並列処理は幻想:
PythonのGIL(グローバルインタープリタロック)はソフトウェアにおける世界最大の間違いか
Pythonのマルチスレッドプログラムは、本当の意味で並列には実行されない。代わりに、「並列処理が行われている」という錯覚を生み出す。Pythonの過去の間違いに対処しようと試みる、互換性のないさまざまなPython風ライブラリの作成に、数千時間と数百万ドルが費やされてきた。(2023/10/10)

C、C++、CUDAに対応し、Pythonエコシステムにアクセス可能:
Pythonのスーパーセットで高速な新プログラミング言語「Mojo」のローカルダウンロード開始
ModularはPythonの使いやすさとC言語のパフォーマンスを併せ持つ新プログラミング言語「Mojo」がローカルダウンロードできるようになったことを発表した。(2023/9/27)

Go AbekawaのGo Global!〜Pachpind Mayur Annasaheb(前):
兄が私を技術の世界に連れて行ってくれた
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はインタースペースでエンジニアとして働く、Pachpind Mayur Annasaheb(パッチピンド・マユール・アンサヘブ)さんにお話を伺う。インド生まれのマユールさんが日本の会社に入ってびっくりしたことは「ランチを1人で食べている人がいること」だった。(2023/8/29)

組み込み開発 インタビュー:
モデルベース開発でマイクログリッドをコスト削減、中堅中小製造業の脱炭素に向け
中堅自動車部品サプライヤーである武蔵精密工業は、モデルベース開発によってコスト削減を可能にしたマイクログリッドを自社で構築した。国内の中堅中小製造業が悩みを抱えるカーボンニュートラルへの対応に向けて外販も検討している。(2023/8/25)

Go AbekawaのGo Global!〜Theint Kaythi San(前):
数学が苦手だった、だからITの道に進んだ
グローバルに活躍するエンジニアを紹介する本連載。今回はSGシステムでシステム開発を担当する、Theint Kaythi San(ティン・ケイティー・サン)さんにお話を伺う。どちらかといえば内向的だったティンさんが「自分から行動しなきゃ楽しめない」と考え方を変えた、留学先での出来事とは。(2023/7/25)

オリジナルCPUでバイナリコード入門(6):
オリジナルCPU「DL166」のレジスタをLEDドットマトリックスで見える化する
オリジナル4ビットCPUを用いてバイナリコードを学ぶ本連載。第6回は、「Tang Nano 9K」に移植したオリジナルCPU「DL166」のレジスタをLEDドットマトリックスで見える化する。(2023/7/18)

オリジナルCPUでバイナリコード入門(5):
「Tang Nano」にインテル系IDEで開発したオリジナルCPUのソースコードを移植する
オリジナル4ビットCPUを用いてバイナリコードを学ぶ本連載。第5回は、新たな教材「Tang Nano 9K」に、インテル系IDEで開発したオリジナルCPU「DL166」のソースコードを移植する。(2023/6/23)

企業が求めるエンジニア言語ランキング 2位「R」、3位「Go」 1位は? 企業DB運営会社が発表
企業がエンジニアに求めるプログラミング言語は何か。企業データベース「SalesNow DB」を運営するQuickWorkは、同データベースが持つ約110万件の求人データから算出したランキングを発表した。(2023/6/20)

いろんな言語で試す、WebAssembly入門(終):
PythonとRubyでWebAssembly――PyodideとPyScript、Ruby 3.2を体験する
第7回は、PythonとRubyによる開発事例を紹介します。これらの言語は、ここまでの回で紹介してきた言語とは異なった、実行環境をWebAssembly化するというアプローチでWebAssemblyに対応しています。PythonのPyodideとPyScript、Ruby 3.2でのWebAssemblyサポートを紹介します。(2023/6/16)

やりがいは心の中にあるとお思いかの?:
お悩みその9 仕事にやりがいを感じたい(29歳 男性 組み込みエンジニア)
自分のやりがいを完全に理解しているとうぬぼれるんじゃないぞい。(2023/6/12)

松尾公也のAppleWIRE:
「ChatGPT」アプリの登場で“生成AIとSiriの関係”はどう変わる? AppleのAI戦略を予想する
間近に迫ったWWDC23に何を期待するか? 多くの人はApple製HMDと答えるだろうが、筆者は新たなAI戦略に期待する。WWDCで発表されるであろうiPhoneの次期OSであるiOS 17では、大規模言語モデル(LLM)が何らかの形で使えるようになるのではないか。(2023/6/3)

Internet Security Research GroupのProssimoプロジェクトが発表:
「sudo」「su」をRustで再実装、その狙いは?
Internet Security Research Group(ISRG)のProssimoプロジェクトは、sudoユーティリティーを「Rust」で再実装する方針を明らかにした。(2023/5/16)

Modularが2つの発表:
Pythonライクで高速な新言語「Mojo」が登場、何が魅力?
Modularは、開発中の次世代AIソフトウェア開発プラットフォームにおける2つの新しい技術的ブレークスルーを発表した。統合推論エンジン「Modular Inference Engine」と、Pythonの使いやすさとC言語のパフォーマンスを併せ持つ新プログラミング言語「Mojo」だ。(2023/5/11)

人工知能ニュース:
困難だった「汎用マイコンで深層学習」を実現、Cortex-M4で画像認識も可能に
AIスタートアップのエイシングが発表した「AiirDNN」は、これまで極めて困難と考えられてきた「汎用マイコンで深層学習」を実現した。その技術の詳細や性能などについて、同社 社長の出澤純一氏に聞いた。(2023/5/9)

オリジナルCPUでバイナリコード入門(3):
【バイナリコーディング演習】FPGAボードでLチカとPWMによるLED点灯を試す
オリジナル4ビットCPUを用いてバイナリコードを学ぶ本連載。第3回は、オリジナル4ビットCPUを用いたバイナリコーディングの前段階の演習として、入手が容易なFPGAボードを使ってVerilog-HDLで簡単な回路プログラムを組んでみる。(2023/4/13)

複数の改良、バグ修正を実施:
「Git 2.40」公開 Emacsユーザーも利用できる「git jump」とは
GitHubは、Gitの最新版「Git 2.40」の公開を受け、Git 2.40で興味深い機能を紹介した。(2023/4/4)

組み込み開発ニュース:
C/C++言語の新たなコーディング規約に完全対応したテストツールを販売開始
テクマトリックスは、C言語/C++言語のコーディング標準に対応したテストツール「C++test 2022.2」の販売を開始した。(2023/3/24)

いろんな言語で試す、WebAssembly入門(4):
C/C++でWebAssembly――「Emscripten」を体験する
第4回は、WebAssembly開発で人気のあるC/C++とEmscriptenによる開発事例を紹介します。標準的なC/C++の関数の出力をWebページに反映させる事例の他に、C/C++の関数をJavaScriptから呼び出す事例も紹介します。(2023/3/17)

オリジナルCPUでバイナリコード入門(2):
HDLソースコードからオリジナルCPU「DL166」の内部動作を理解する
オリジナル4ビットCPUを用いてバイナリコードを学ぶ本連載。第2回はオリジナルCPU「DL166」のHDLソースコードを基に内部動作について解説する。(2023/3/14)

Q&Aで学ぶマイコン講座(78):
仮想COMポート(Virtual COM Port)の使い方
マイコンユーザーのさまざまな疑問に対し、マイコンメーカーのエンジニアがお答えしていく本連載。今回は、初心者の方からよく質問される「仮想COMポート(Virtual COM Port)」についてです。(2023/3/3)

人工知能ニュース:
32ビットマイコン対象のエッジAI開発者向けクラウドサービスを発表
STMicroelectronicsは、組み込みAI開発者やデータサイエンティスト向けのクラウドサービス「STM32Cube.AI Developer Cloud」を発表した。汎用32ビットマイコン「STM32ファミリー」向けにオンライン開発ツールセットを提供する。(2023/2/24)

AIに相談だ!:
ChatGPTに「初心者向けプログラミング言語」を聞いてみたら…… AIの推し言語はやはり
AIチャットbot「ChatGPT」に、人間には答えにくい質問や、答えのない問い、ひっかけ問題を尋ねてみたらどんな反応を見せるのか。ChatGPTの反応からAIの可能性、テクノロジーの奥深さ、AIが人間に与える“示唆”を感じ取ってほしい。(2023/2/15)

月単価の高いプログラミング言語ランキング 2位は「Ruby」で87万円、1位は? レバテック調べ
最も月単価の高いプログラミング言語は何か。IT人材の紹介事業を行うレバテックは2月13日、そんな調査結果を発表した。(2023/2/13)

共通テスト目前! 25年度導入「情報I」の傾向と対策は? 試作問題を解いてみた
2025年度の大学入学共通テストから「情報I」が導入される。いったいどのような問題が出るのか。すでに公開されている試作問題を実際に解きながら確認していく。(2023/1/13)

基本からしっかり学ぶRust入門(18):
宣言的マクロと手続き的マクロ――Rustのマクロ機能を使ってみる
メタプログラミングの手法に、C/C++言語で普通に使われているマクロ機能があります。最終回である今回は、それらより安全な実装となっているRustのマクロ機能について。(2022/12/23)

Cloud Nativeチートシート(23):
「WebAssembly」は次世代のJava、Node.jsになる?――「Wasmコンテナ」をKubernetesで動かす
Kubernetesやクラウドネイティブをより便利に利用する技術やツールの概要、使い方を凝縮して紹介する連載。今回は、最近注目されている「WebAssembly」について復習しながら、WebAssemblyのアプリケーションをKubernetesで試す方法を紹介する。(2022/12/22)

いろんな言語で試す、WebAssembly入門(1):
フロントエンドを高速化する第4のWeb言語――「WebAssembly」とは?
第1回では、第4のWeb言語とされ、W3Cで標準化されているWebAssemblyの概要を紹介します。WebAssemblyの仕組みと用途、Webブラウザをはじめとしたランタイム、非ブラウザAPIやプログラミング言語のサポートなどを紹介します。(2022/12/16)

リアルタイムOS列伝(29):
DSP向けが源流の「TI-RTOS」はこのままフェードアウトしてしまうのか
IoT(モノのインターネット)市場が拡大する中で、エッジ側の機器制御で重要な役割を果たすことが期待されているリアルタイムOS(RTOS)について解説する本連載。第29回は、TIが提供するRTOSである「TI-RTOS」を紹介する。(2022/12/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。