ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「缶コーヒー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「缶コーヒー」に関する情報が集まったページです。

背びれと鳴き声付きの「ゴジラボスジャン」がかっこいい 缶コーヒー「BOSS」と「ゴジラ」がコラボ
初代ゴジラスーツアクター中島春雄さんの戦いを描きます。(2019/5/29)

「エメマン、行きまーす!」 ガンダムヘッド&オリジナルボイス搭載のモビルスーツ自販機が4月29日から渋谷に登場
本邦初公開……!(2019/4/28)

ジョージア×ガンダム「コラボ缶」が期間限定販売 渋谷にはガンダム仕様の自販機も登場
ズゴッグ乗りの名前が「カラハ」と分かるマニアックさにも注目。(2019/4/15)

PR:「六本木1-1-1」って六本木ヒルズじゃないって知ってた? UCCの限定カフェに行ってきた
UCCの新コーヒー発売イベントを「六本木1-1-1」でやってたのー。(2019/3/28)

好調「クラフトボス」に新商品:
なぜBOSSに「紅茶」なのか コーヒーの枠を超えた“働く人のニーズ”
サントリーのペットボトルコーヒー「クラフトボス」シリーズに「無糖紅茶」が加わる。なぜコーヒー以外の飲料をBOSSブランドで出すのか。そこには、クラフトボスの“強み”と「働く人の相棒」というブランドコンセプトを生かした試みがあった。(2019/2/25)

再就職先はまさかの自販機!? 東京メトロ銀座線、引退した車両をリメイクした世界で1台だけの自販機を設置
サントリーとのコラボ企画。(2019/2/23)

“車掌ボイス”も収録:
引退した東京メトロ「銀座線01系」が自販機に変身 車両銘板など往年のデザイン採用
東京メトロが、2017年に引退した「銀座線01系」の部品を再利用した自動販売機「THE VENDING TRAIN」を発表した。サントリーコーヒーと共同で企画した取り組みで、缶コーヒー「BOSS」を販売する。消費者が自販機に近づくと、東京メトロの現役車掌4人が吹き込んだフレーズが流れる仕組みも取り入れた。(2019/2/22)

サントリー「クラフトボス」に無糖紅茶「クラフトボスTEA ノンシュガー」が登場 3月19日から発売
お弁当のお供にも。(2019/2/4)

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:
びょうきになってしまいました…… こぐまのケーキ屋さん(44)「おみまい」
こぐま店長の体調が早く良くなりますように。(2019/2/3)

ウォーターサーバが「残量わずか」で自動注文 「Amazon Dash Replenishment」対応の新製品
富士山の銘水、サンスターグループなどの製品が「Amazon Dash Replenishment」に対応する。消耗品がなくなりかけると、Amazon.co.jp経由で自動注文する。(2018/12/5)

PR:「缶コーヒーは円柱だから持ちやすい」って知ってた? UCCが力業すぎる動画を公開中
当たり前のことを大げさに言っていくスタイル。(2018/12/10)

なじみが良すぎる! タモリ、今度は“グラサン姿の吉良上野介”で「忠臣蔵」を熱演
違和感がないにもほどがある。(2018/10/30)

「ただただ感無量」 ミッツ・マングローブ、自身のものまねをしたコロッケへの思いを吐露
ミッツさんが“女装魂”に目覚めたのはコロッケさんがきっかけとのこと。(2018/10/4)

地域によって味の違う缶コーヒー「BOSS」 10月16日にセブン-イレブンで発売
あなたの地域のBOSSはどんな味?(2018/10/4)

「会社がつまらない」と嘆く前に:
「コミュ障」だった38歳平社員エンジニアが会社から資金調達できた理由
38歳、無名、平社員――。普通のサラリーマンが会社からいかに500万円という資金を調達できたのか。「会社がつまらない」「どうせ会社なんて変えられない」と嘆く若手へのメッセージ。(2018/10/2)

総投票数80万票:
ジョージア「復刻してほしい缶コーヒー」1位 98年発売「ル・カフェ」が復活
コカ・コーラシステムは、2018年初頭に実施した「復刻してほしい缶コーヒー選手権」で第1位に選ばれた「ジョージア ル・カフェ」を9月24日に全国発売。総投票数は80万5331票だった。(2018/9/18)

「BOSS」コーヒーじゃなくスープ発売 自動販売機限定で
スープシリーズ「ビストロボス」始める。(2018/9/11)

違和感どこいった! タモリ、グラサン姿の徳川家康が時代を超越したハマり役
タモリさん「(当時も)こんな人いたんじゃないですかね」。(2018/9/4)

PR:働く人の“代弁者”になる サントリー「クラフトボス」を大ヒットに導いた、意外な発見【後編】
サントリーの大ヒット商品「クラフトボス」。前編では、商品開発を率いた大塚匠氏の前に立ちはだかった壁について紹介した。「働く人の相棒」というBOSSの価値に立ち返った結果、つくり上げることができた“新しい相棒”。それはどんなものなのだろうか。(2018/9/3)

PR:成功の種は“原点”にある サントリー「クラフトボス」開発を率いた大塚氏の挑戦【前編】
2017年に発売し、大ヒットしているサントリーのペットボトルコーヒー「クラフトボス」。これまでにない形状とコンセプトの商品で新しい市場を創った。その成功はどこから生まれたのだろうか。責任者として開発を率いた大塚匠氏の仕事を追った。(2018/8/20)

材料技術:
業界最軽量のスチール缶を東洋製罐と新日鐵住金が開発、ダイドードリンコが採用
東洋製罐と新日鐵住金は「業界最軽量」(両社)というスチール缶を共同開発したと発表した。2018年5月からダイドードリンコのコーヒー製品に採用されて市場に流通している。(2018/8/13)

約5億本を目指す:
「クラフトボス」販売目標を3割引き上げ 水・お茶の代わりにゴクゴクと
サントリーのペットボトルコーヒー「クラフトボス」がこの夏も好調だ。2018年の年間販売目標を年初から3割引き上げ、2000万ケース(4億8000万本)に修正。従来のコーヒー商品とは異なる飲み方ができることで、ユーザー層を広げている。(2018/7/24)

コーヒーの味わい深い戦略:
森永のカフェラテが強敵・スタバの「おかげで」売れた秘密
森永のチルドカップコーヒー「マウントレーニア」はカフェラテ市場を切り開いた商品。当初は伸び悩んだが競合であるスタバが参入したことで市場が活性化してヒットした。(2018/7/4)

サントリーから缶コーヒーの新商品「ビッグボス」登場 で、味は?
ウマすぎる!!(2018/6/28)

「クラフトボス」が開拓:
好調「ペットボトルコーヒー」市場、まだまだ伸びる?
サントリーが2017年に発売したペットボトルコーヒー「クラフトボス」をきっかけに、「ちびちびと飲む」ニーズに対応したコーヒー商品が増え、市場は急速に拡大している。新たな市場はさらに拡大しそうだ。(2018/6/14)

46年前からあった「若者の○○離れ」と、今起きている「お金の若者離れ」
今若者が“離れる”理由。(2018/5/20)

大蛇に飲まれながら「平気、先ランチ行ってて!」 OLがどんな不幸も作り笑顔で耐え忍ぶTwitter漫画「耐え子の日常」
フォロワー数10万を超える人気漫画がコミックス化。(2018/5/18)

「忍者女子高生」からすべてが始まった:
PR:テレビCMで有名なサントリーが、Web動画広告にチカラを入れるワケ
テレビCM界をリードし続けてきたサントリー食品インターナショナルが、ネット動画にチカラを入れている。再生回数が800万回を超えた動画がある一方で、十数万回にとどまったものもある。その違いはどこにあるのか。また、多くの人に見てもらうためにどのような工夫をしているのか。担当者に話を聞いた。(2018/5/16)

IoT環境をより早く、簡単に構築:
顧客に寄り添い、価値あるIoTの実現へ貢献するTED
東京エレクトロン デバイス(TED)は、「第7回IoT/M2M展【春】」で、IoT(モノのインターネット)事業を進めるに当たっての課題を浮き彫りにし、これらを解決するためのソリューションを提案した。(2018/5/15)

「男性向けの缶コーヒー」からの脱却:
激動のコーヒー市場で「ジョージア」はどう変わる?
コーヒー市場がここ数年で大きく変化している。キーワードとなるのは「ちびだら需要」「カフェラテ」「ペットポトルコーヒー」。日本コカ・コーラの「ジョージア」ブランドはどのように変化するのか?(2018/4/25)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「40年で黒字」が難しい、阪急・大阪空港線 どうすれば実現できるか
新線計画がにぎやかな大阪近辺で、国土交通省が事業採算性の調査結果を発表した。なにわ筋線の開業を踏まえた接続路線については良好。ただし、伊丹空港と阪急宝塚線を結ぶ路線は40年間で黒字転換する見通しが立たないという。国内線航空利用者にはガッカリする結果となった。(2018/4/20)

サントリー「クラフトボス」に「ブラウン」登場 ブラック・ラテに続いて
仕事が捗りそうだ!(2018/4/19)

今度の「ボス電」は100万円分の楽天Edyチャージ付き――ソフトバンクとサントリー「BOSS」のコラボキャンペーン
ソフトバンクが、サントリーの缶コーヒー「BOSS」とコラボした「ボス電当たる!」キャンペーンを実施する。北海道、東北、九州のエリアをイメージしたオリジナルデザインのスマートフォンを各10人にプレゼントするという。(2018/3/6)

先輩がくれた缶コーヒーがあったかい 建設会社「熊谷組」のリアルな姿を新人の白いクマ・熊谷くん
同僚にいたらなごみそう。(2018/3/1)

スピン経済の歩き方:
インフル大流行は「風邪でも絶対に休まないおじさん」のせい?
インフルエンザが猛威を振るっている。大流行している要因として、「ワクチン不足があった」「A型とB型が同時に流行した」といった意見が出ているが、筆者の窪田氏は「風邪でも絶対に休まないおじさん」のせいではないかという。どういうことかというと……。(2018/1/30)

レイザーラモンRG、キリン「FIRE」CMの石田ゆり子モノマネで謎の癒やし効果を発揮する
「いつもありがとう おつかれさま」って言われたい。(2018/1/24)

女性ユーザーを獲得:
販売好調のペットボトルコーヒー「クラフトボス」 売れた理由は?
ペットボトルコーヒー「クラフトボス」の販売数量が1000万ケースを突破した。これまで缶コーヒーになじみのなかった女性や若い世代から支持を得ているという。その理由は?(2018/1/12)

シノラーにアムラー、コギャルまで 筧美和子の“懐かしファッション”がどの時代でもモテまくりそう
シノラー懐かしい。(2018/1/5)

スピン経済の歩き方:
ネスカフェで「ダバダ」と「違いがわかる男」が消えた理由
「ネスカフェ ゴールドブレンド」のダバダ〜ダバダ〜というCMソングを覚えている人も多いのでは。商品が誕生して今年で50周年を迎えるのに、なぜこの懐かしいCMを流さないのか。ネスレ日本に問い合わせてみたところ……。(2017/12/26)

経営立て直しなるか:
ジーンズメイト、年末年始限定で「24時間営業」復活
ジーンズメイトが12月21日〜2018年1月7日の期間限定で、24時間営業を一部店舗で復活すると発表。(2017/12/21)

カゴメの野菜ジュースも買える:
Amazon、「ダッシュボタン」拡充 「BOSS」など19ブランド
アマゾンジャパンが、「Amazon Dash Button」のラインアップを拡充。新たに19ブランドを追加し、ユーザーは135ブランド・1000種類超の商品を選択可能になった。(2017/12/19)

「甘さ控えた微糖」とは?:
ダイドー「デミタス」 甘すぎない微糖を実現した“変えない価値”
ロングセラーの缶コーヒー「ダイドーブレンド デミタス」。その商品戦略を支えているのが、ダイドードリンコの土屋淳一さんだ。新商品「甘さ控えた微糖」の開発背景から、伝統を守り伝える土屋さんの仕事術を探る。(2017/11/28)

ドスパラ秋葉原本店で「ドスパラTV」店頭公開収録イベントを実施 11月23日
ドスパラは、web生放送「ドスパラTV」の店頭公開収録イベント「出張ドスパラTV 第8世代インテルCPU発売記念イベント」の開催を発表した。(2017/11/20)

なぜ“北九州監禁殺人事件の息子”に取材できたのか 「ザ・ノンフィクション」チーフプロデューサーが語る、踏み込める理由
最近は「北九州連続監禁殺人事件」の加害者の息子を取り上げて大きな話題に。(2017/11/15)

CAE事例:
おいしいと安全の関係式は? サントリーによるスパコンとCFDを用いた品質向上
食品の安全とおいしさはトレードオフの関係にある。サントリーは製造工程において安全とおいしさに深く関係するレトルト殺菌機の内部状態をCFDで検証するとともに、スパコンのFOCUSを利用して設計変更の検討を行った。(2017/10/27)

PR:40年前のガイドブックで大阪・道頓堀を食べ歩く
今も残っているお店は絶対おいしいはず!(2017/10/12)

水曜インタビュー劇場(改良公演):
UFOキャッチャーが人の心を“つかみ”続けている理由
アミューズメント施設などでUFOキャッチャーをプレイしたことがある人も多いのでは。UFOキャッチャーは1985年に登場したのに、なぜいまでも多くの人に愛されているのか。セガ・インタラクティブの担当者に話を聞いたところ、意外なことが分かってきた。それは……。(2017/9/20)

水曜インタビュー劇場(小腹空いた公演):
ファミマの「自販機コンビニ」がどんどん増えている理由
「自販機コンビニ」が増えている。ファミリーマートが運営しているモノで、オフィスなどを中心に設置している。自販機でパンやおむすびなどを購入することができるが、どういった商品が売れているのか。担当者に聞いた。(2017/9/13)

「挽きたて微糖」を中心に:
「キリン ファイア」リニューアル 「活力」から「癒し」へ
キリンビバレッジが主力ブランド「キリン ファイア」をリニューアル。「頑張っている人の心を癒す」を新たなメッセージとして、10月3日から新ラインアップを全国発売する。(2017/9/4)

水曜インタビュー劇場(過去最高公演):
6月4日に、ダイソンの掃除機が4万5000台も売れたワケ
2017年6月4日、ダイソンの掃除機(フラフィ DC74)がたった1日で4万5000台も売れた。これだけの数をさばいたのは、家電量販店でもECサイトでもない。ショップチャンネルを運営しているジュピターショップチャンネルである。どのように売ったのかというと……。(2017/8/23)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。