ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「キャッシュバック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「キャッシュバック」に関する情報が集まったページです。

エプソン、カラー複合機の購入で最大6000円分のVisaギフトカードがもらえるキャッシュバックキャンペーン
エプソン販売は、対象製品の購入で最大6000円のVisaギフトカードを進呈するキャッシュバックキャンペーンを発表した。(2019/10/21)

ニコン初のAPS-Cミラーレス「Z 50」発表 キャッシュバックCPも展開
ニコンは、APS-Cサイズのミラーレスカメラ「Z 50」を発表した。11月下旬に発売する。APS-Cサイズのミラーレスカメラは同社初。(2019/10/10)

スピン経済の歩き方:
関電幹部たちが「原発キャッシュバック」の受け取りを拒否できなかったワケ
関西電力が揺れている。福井県高浜町で「影の町長」としてささやかれていた元助役・森山栄治氏から、計3億2000万円分の金品を受け取っていたことが明らかに。いわゆる“原発キャッシュバック”と呼ばれるものだが、なぜこのようなことが起きるのか。歴史をさかのぼってみると……。(2019/10/1)

PR:販促キャンペーンでユーザーが一番欲しいのは現金 現金の送金を簡単にする送金サービス「CASH POST」
販促キャンペーンでのインセンティブとして、金券やプレゼントなどを想定しがちだが、ユーザーが最もほしいのは実は「現金」だ。しかし、現金でのキャッシュバックは、実施しようとすると、社内での業務負荷が大きいだけでなく、個人情報を明かさなければならないユーザー側の不安も大きい。イーコンテクストの「CASH POST」(キャッシュポスト)を使えば、従来の送金方法と比較して業務負荷をほとんどかけずに送金が可能となる。(2019/9/25)

ウォレットアプリ「Kyash」、10月から1%ポイント還元を開始 代わりに2%キャッシュバックを終了
物理カード利用者の決済金額の1%分がポイントとして付与される。Kyashがこれまで提供してきた、決済金額の2%分を残高にキャッシュバックするプログラムは9月30日で終了するとしている。(2019/9/5)

ピピッとデビット:
みずほ、リアルタイムで残高がわかるスマホ決済 銀行の強み生かす Apple Payにデビット初導入で
みずほ銀行が8月29日、「みずほWallet for iOS」にデビット決済を導入。Apple Payでデビット決済を使えるサービスは初。期間限定でキャッシュバックキャンペーンも実施。キャッシュレスに生かせる銀行ならではの強みとは?(2019/8/29)

みずほWallet、Apple Payでのデビット払いに対応 
みずほ銀行が8月29日、iOS向け「みずほWallet」アプリにて、バーチャルデビット「Smart Debit」の提供を開始する。Apple Payでデビット決済が可能になる。あわせてキャッシュバックキャンペーンも実施する。(2019/8/29)

ブラザー、“ファーストタンク”搭載インクジェット購入で3000円分をキャッシュバック
ブラザー販売は、大容量インクカートリッジ“ファーストタンク”搭載製品購入者を対象としたキャッシュバックキャンペーンを開始した。(2019/8/5)

ASUS、最大で3万円のキャッシュバックがもらえる「夏のPC乗り換えキャンペーン」 8月31日まで
ASUS JAPANは、不要になったPCを下取りに出して対象PCを購入することでキャッシュバックがもらえる「夏のPC乗り換えキャンペーン」を開始した。(2019/6/17)

「じぶん銀行スマホデビット」が発行1万件を突破 最大20%キャッシュバックも
じぶん銀行は、カードレスのデビット決済サービス「じぶん銀行スマホデビット」がサービス開始から約1週間で発行件数1万件を突破したと発表。新規発行し、合計1万円以上利用した全員の利用金額を最大20%キャッシュバックするキャンペーンも行う。(2019/5/7)

PayPayボーナス付与率が「0.5%」から「3%」に 毎月お得な「ワクワクペイペイ」もスタート
スマホ決済サービス「PayPay(ペイペイ)」の「PayPayボーナス」がキャッシュバック付与率をアップ。5月8日以降の決済は決済額の「3%」に引き上げる。6月からは、月替わりでキャンペーン対象の加盟店、カテゴリー、地域が入れ替わる「ワクワクペイペイ」も開始する。【訂正】(2019/4/25)

きょうは「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」 PayPayやOrigamiなど“早帰り還元”実施
経済産業省とキャッシュレス推進協議会が「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」を開催。PayPay、Origami、JR東日本、楽天カード、メルぺイなどの事業者が還元策を展開する。例えば、加盟飲食店で午後3時〜6時に「PayPay」で決済したユーザーは、支払額の10〜20%(最大1万円)がキャッシュバックされる。(2019/3/29)

3月29日午後3時から3時間限定 PayPayが飲食店限定で10〜20%キャッシュバック
「プレミアム“キャッシュ”レスフライデー」に合わせて、PayPayが3月29日午後3時から3時間限定で飲食店限定のキャッシュバックキャンペーンを実施。支払い方法に応じて決済金額の10〜20%のPayPayボーナス(キャッシュバック)が1万円を上限に付与されるが、他のキャンペーンの方が条件が良い場合はそちらが優先される。(2019/3/26)

大学生にノートPCはいらない? 「Surface Pro 6」が2万9400円引きになるキャンペーン
日本マイクロソフトが新大学生向けプロモーション「大学生にパソコンはいらない?Surface が贈るリアルなキャンパスライフ」を開始。最大4万円がキャッシュバックされる学生優待プログラムも。(2019/2/28)

なぜキャッシュバック条件を変えた? 残額不足時の挙動はどうにかならない?――PayPay発表会 一問一答
PayPayが「第2弾100億円キャンペーン」の発表に合わせて報道関係者向けの説明会を開催した。良くも悪くも話題となったPayPayということもあり、説明会での質疑応答は活発だった。この記事では、その中でもユーザーが気になるであろう面をかいつまんでお伝えする。(2019/2/5)

ドコモの「ハピチャン」2〜4月に実施 ドリンク、マックやローソンの商品プレゼントなど
NTTドコモは、29歳以下のスマートフォンユーザーへ特典をプレゼントする「ハピチャン」を実施。人気商品の月替わりプレゼントやdTVの月額利用料500円(税別)を最大3か月分キャッシュバックする。期間は2月1日〜4月30日まで。(2019/1/23)

Mobile Weekly Top10:
「PayPay」祭りの終わり キャッシュバックだけでユーザーは定着するか?
PayPayの「100億円あげちゃうキャンペーン」が想像以上に早く終了してしまいました。キャッシュバックに魅力を感じたユーザーは、果たして「定着」するのでしょうか……?(2018/12/18)

モバイル決済おトク情報(iD編):ドラッグストアや寿司店で使うと抽選で2000〜3000円をキャッシュバック!
モバイル決済のキャンペーンをまとめる短期集中連載。今回はNTTドコモの決済プラットフォーム「iD(アイディー)」に関するキャンペーンをまとめた。(2018/12/14)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省が「完全分離プラン」を求める緊急提言を発表――画一的な料金施策を求めることが競争になるのか
総務省の研究会が「完全分離プラン」の導入を迫る緊急提言案を取りまとめた。「キャッシュバック憎し」の提言を見ると、総務省は10年前の屈辱を晴らしたくて仕方なかったのかと思えてくるほどだ。(2018/12/7)

日本マイクロソフトがSurface Go/Pro購入者向けキャッシュバックキャンペーンを開始 12月31日まで
日本マイクロソフトは、Surface GoおよびSurface Proシリーズの購入者を対象にした「Surface キャンペーン」を開始した。(2018/12/3)

PayPay「100億円あげちゃうキャンペーン」の先に期待するもの
100億円を還元するという「PayPay」のキャンペーンが、いよいよ12月4日にスタートします。支払い額の20%がPayPayボーナスとして還元されるというもので、実質的なキャッシュバックです。筆者も使おうと思っていますが……。(2018/12/3)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省の研究会が「端末購入補助の完全禁止」に本腰――高額キャッシュバックにしか目線が行かない不毛な議論
総務省が「モバイル市場の競争環境に関する研究会」の第3回会合を実施した。「分離プラン」の導入を軸に検討を進めると思われるが、それは果たしてユーザーのための議論といえるのだろうか。(2018/11/23)

ASUS、ノートPC下取り金額に最大3万円を上乗せする「冬の乗り換えキャンペーン」
ASUS JAPANは、最大3万円のキャッシュバックが受け取れる“乗り換えキャンペーン”を開始した。(2018/11/7)

プログラミング未経験者も:
アイデミーがオンライン講座でデータ分析コースを開始、機械学習の予測をモデル作成
アイデミーは、AIプログラミング学習サービスに「データ分析コース」を追加した。データの取得から、前処理、可視化、予測モデルを作成するまでの工程を学べる。条件を満たした受講者には、受講料を全額キャッシュバックする。(2018/8/6)

au、“みんなつくろう”がテーマのキャンペーン データ容量プレゼントやキャッシュバックも
KDDIは、5月29日から“みんなつくろう”をテーマとしたキャンペーン「浦ちゃんの家 大ぼしゅう」「アイーダ全力応援ムービー!」「七夕ラッキーくじ」「家族ナツ得」を順次実施する。(2018/5/29)

「LINEクリエイターズスタンプ」4周年 販売総額は530億円、売上上位のクリエイターは6億円超え
キャッシュバックキャンペーンも実施!(2018/5/8)

2018年春の「格安SIM」選び(前編):
「月額0円」「カウントフリー」に「キャッシュバック」――料金で「格安SIM」を選ぶなら?
大手キャリアから通信ネットワークを借り受けて提供されるMVNOサービス。その月額料金から「格安SIM」と呼ばれることも多いが、子細に見ると料金面での個性もさまざまだ。そこで、この記事では料金面の特徴からオススメのMVNOサービスを紹介していく。(2018/4/29)

アップルPickUp!:
iPad Proでライフスタイル改革! 仕事とプライベートを効率化する
iPad Pro活用術を紹介。学生・教職員を対象にiPadとBeatsの同時購入でキャッシュバックキャンペーンも実施中。(2018/3/8)

エプソン、エコタンク搭載モデルなど5機種購入で最大1万5000円をキャッシュバック 5月7日まで
エプソン販売は、同社製インクジェット複合機5機種を対象とした「選べる!春のキャッシュバックキャンペーン」を開始する。(2018/2/6)

BIGLOBEモバイルが「スマホまる得プラン」提供開始 音声SIMと通話オプションがセット
ビッグローブがMVNOサービス「BIGLOBEモバイル」で「音声SIM」と通話オプション「BIGLOBEでんわ」をセットにしたプランの提供を開始した。2年間の利用で最大総額2万5200円のキャッシュバックを行う特典も用意している。(2018/2/5)

ブラザー、ビジネス複合機など6機種で最大5000円をキャッシュバック 4月30日まで
ブラザー販売は、同社製複合機/プリンタ計6機種を対象としたキャッシュバックキャンペーンを開始する。(2018/1/29)

タイプA向け:
BIGLOBEモバイルが「ZenFone 4 Pro(ZS551KL)」を取り扱い 総額2万5200円のキャッシュバックも
「BIGLOBEモバイル」が、タイプA(au回線利用プラン)用端末としてASUS製スマートフォン「ZenFone 4 Pro(ZS551KL)」の取り扱いを開始した。新規契約時にSIMとセット購入すると、総額2万5200円の「プレミアムキャッシュバック」が受けられる。(2017/12/18)

auの「isai V30+」「AQUOS R compact」、12月22日発売 7〜8万円台
auの「isai V30+」と「AQUOS R compact」が12月22日発売。価格はそれぞれ8万円台と7万円台。isaiについては、5000円相当のWALLET ポイントをキャッシュバックするキャンペーンも実施する。(2017/12/18)

Surface 5周年記念キャンペーン――限定色「アクア」のアクセサリー、タイプカバー付きで9万2800円のセットモデル、キャッシュバックも
日本マイクロソフトは、Surfaceの5周年を記念したプロモーションを発表。新カラーアクセサリーのほか限定セットモデル販売なども実施される。(2017/11/28)

auの新料金プラン、300万契約突破 最大700円のキャッシュバックキャンペーンも
KDDIは、「auピタットプラン」「auフラットプラン」へ料金プランを変更すると最大700円(不課税)をau WALLETへキャッシュバックする「プラン変え得キャンペーン」を実施。(2017/11/20)

エプソン、エコタンク搭載モデルなど4機種を対象に最大1万5000円をキャッシュバック
エプソンは、同社製インクジェット複合機4機種を対象とした「おトクに選べる!キャッシュバックキャンペーン」を開始する。(2017/10/30)

約3年ぶり:
「Galaxy Note8」がauから10月26日発売 本体価格は12万円弱
9月にグローバル発表された「Galaxy Note8」が、auから発売されることになった。予約特典としてキャッシュバックをもれなくプレゼントするほか、抽選で「Gear 360」が当たるキャンペーンも実施する。(2017/10/11)

新料金プランの加入でau WALLETへ1000円キャッシュバックするキャンペーン
KDDIは、対象機種の発売日前日までに「auピタットプラン」「auフラットプラン」へ料金プランを変更し、対象機種に機種変更するとau WALLETへ1000円をキャッシュバックする「ピタットフラットに変えようキャンペーン」を実施する。(2017/9/29)

auが「秋のキャッシュバックキャンペーン」実施 「Galaxy S8」「HTC U11」購入者が対象
auの2017年夏モデル「Galaxy S8」「HTC U11」を購入して新料金プラン「auピタットプラン」「auフラットプラン」に加入すると、もれなくキャッシュバックを受けられるキャンペーンが9月1日から始まる。キャッシュバックはau WALLET プリペイドカードに行う(2017/8/29)

TSUKUMO、eスポーツイベント「LJL 2017 Summer Split Final」に展示出展 交通費キャッシュバックも
Project Whiteは、8月26日に幕張メッセで実施されるeスポーツイベント「LJL 2017 Summer Split Final」への展示出展を発表した。(2017/8/25)

KDDI、最大2万7000円割引の「初スマホ割」を実施 最大5000円還元のキャッシュバックキャンペーンも開始
(2017/7/14)

FREETELの「KIWAMI 2」が3万9800円に値下げ 最大1万円キャッシュバックキャンペーンも実施
FREETELのフラッグシップスマートフォン「KIWAMI 2」の販売価格が3万9800円(税別)に値下げされた。FREETEL SIMと一体で提供する「スマートコミコミ+」でKIWAMI 2を含む指定端末を購入した新規契約者(MNPを含む)に対するキャッシュバックキャンペーンも始まる。(2017/6/9)

VAIO、シリーズ購入者向けの1万円キャッシュバックキャンペーンを開始 7月31日まで
VAIOは、同社製ノートPC購入者を対象とした「VAIO3周年記念キャッシュバックキャンペーン」を発表した。(2017/6/8)

エプソン、「エコタンク搭載モデルキャッシュバックキャンペーン」第2弾――対象モデルを3機種に拡大
エプソン販売は、同社製のエコタンク搭載複合機を対象としたキャッシュバックキャンペーン第2弾の開始を発表した。(2017/5/29)

UPQの「4Kディスプレイ」表記スペックに誤り 購入済みユーザーには「Amazonギフト券」で対応
UPQが販売する4Kディスプレイと、同社がDMM.comにOEM供給した4Kディスプレイにスペック上の「誤記」が判明。UPQ販売分については、「Amazonギフト券」2000円分でのキャッシュバック対応を行う。(2017/4/24)

エプソン販売、エコタンク搭載A4複合機「EP-M570T」購入で5000円をキャッシュバック――5月31日まで
エプソン販売は、同社製A4インクジェット複合機「EP-M570T」の購入者を対象としたキャッシュバックキャンペーンを発表した。(2017/4/24)

BIGLOBEスマホに「ZenFone 3 Max(ZC553KL)」「VAIO Phone A」が登場
ビッグローブは、格安SIMサービス「BIGLOBE SIM」のセット端末「BIGLOBEスマホ」にASUS製「ZenFone 3 Max(ZC553KL)」、VAIO製「VAIO Phone A」を追加。また、端末申し込み時に利用できる3000円キャッシュバッククーポンも提供する。(2017/4/12)

DTI SIMへの乗り換えが約15分で完了する「いますぐMNP転入」機能を提供開始
DTIは、モバイル高速データ通信サービス「DTI SIM」に約15分で乗り換えできる「いますぐMNP転入」機能を提供開始。また、5000円のキャッシュバックと最大20GBのデータ容量をプレゼントする「春のキャッシュバックキャンペーン」を期間延長&拡大する。(2017/3/27)

石川温のスマホ業界新聞:
沖縄で一部キャリアが高額キャッシュバックを復活――総務省が静観する中、ライバルは「やせ我慢」で動向を注視
取材で訪れた沖縄で、ソフトバンクのキャッシュバックが「復活」している様を確認した。現在のところ、沖縄県で一番のシェアを持つ沖縄セルラー電話(au)は静観の構えのようだが……。(2017/3/17)

楽天モバイルで「ドコモ回線へのりかえキャンペーン」開催 アンケートに答えると5000円バック
楽天は、楽天モバイルにおいて「ドコモ回線へのりかえキャンペーン」を開催する。NTTドコモ回線以外を利用する通信サービスから楽天モバイルの通話SIMにMNPで乗り換えた上でアンケートに答えると、先着順に5000円分のポイントバックまたはキャッシュバックをプレゼントする。(2017/3/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。