ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「地デジカ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「地デジカ」に関する情報が集まったページです。

ハロウィンってどういう日だっけ? 金爆のハロウィン衣装が相変わらずカオスで「いいぞもっとやれ」
方向性の大渋滞。(2015/10/26)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

自宅警備隊にライバル現る! ニャル子さんもセガサターンも――コミックマーケット82コスプレリポート
3日間でのべ56万人が参加したコミックマーケット82。自宅警備隊のライバル「武装職安」が話題になったが、麗しいお嬢さんたち、メル先生やカーチャンなどいつもの(?)面々も一挙にどうぞ。(2012/8/13)

ねとらぼ知ったかぶりβ版(2/25〜3/2):
思わず「うるぁああああああああぁあああ!!!」――うるう年が招いた真夜中の惨劇
今週の人気記事をランキングで振り返る「ねとらぼ知ったかぶり」。今週はTENGA、スケスケ水着、いつでもワインが飲めちゃう水着など、なんだかそっち系のネタが多めでした。(2012/3/2)

京都大学に恒例の「折田先生像」出現 今年は地デジカ
毎年京大に現れるハリボテ「折田先生像」。今年は「地上デジタル放送推進大使として黄色いレオタードの普及に尽力し」た功績をたたえている。(2012/2/25)

販促×人材育成:
“若者のPC離れ”を止められるか――WDLC、学生向けのICT活用促進キャンペーン
WDLCが大学生向けのICT活用促進キャンペーンを開始する。従来の販促キャンペーンと異なり、若年層のスキルアップや、世界で活躍する人材を育てることも目標としており、社会貢献事業と販売促進の両立を目指すという。(2011/11/26)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!:
デジタルの波は2つのタブーを消した……で、残りは
2011年、融合法制と地デジが達成された。いずれも20年前はタブーだったが、デジタルの波がこの2つを実現させたと言っていいだろう。では、タブーはもう残っていないのだろうか。実はまだ3つばかり残っているのだ。(2011/11/11)

中村伊知哉のもういっぺんイってみな!(3):
2つのタブーと3つのタブー
今年、融合法制と地デジが達成された。が、周波数オークション、NTT完全民営化、NHK民営化のタブーは依然として残る(2011/11/9)

地デジPCで堅調、マイクロソフトが夏商戦個人PC販促キャンペーン
日本マイクロソフトが2011年PC夏商戦の施策を説明。地デジ化、節電などのアピールポイントでWindows 7搭載PCの販促キャンペーンを6月下旬より実施する。(2011/6/15)

2011年PC夏モデル:
個室の節電と地デジ化「PCでまとめてできます」──NEC PC夏モデル発表会
NECが夏商戦向けの新PC全47モデルを発表。“インテリアに合う”を意識したスリムPCのほか、「1台4役のテレビPC」「節電効果」をまとめてできるプライベートルームへの導入向けとするモデルを拡充した。CMキャラクターは渡り廊下走り隊らが前回に続いて務める。(2011/5/16)

伴大作「フクロウのまなざし」:
2011年はどんな年
常日頃、『木漏れ日』と『フクロウの眼差し』という2本のコラムを執筆していて悩んでいる。(2010/12/21)

プライベートルームには1台3役の「地デジPCを」──WDLC、“ワンルーム芸人”&地デジ女子サンタとPR
ワンルームやプライベートルームにはPC+テレビ+BDが1つにまとまったPCが便利では?──WDLCが、“ワンルーム芸人”を招いて地デジ搭載PCの訴求イベントを実施した。(2010/12/10)

「テレビでなく、PCだからできること」を訴求:
WDLC、「パソコンも地デジカ キャンペーン」の第2弾を実施
WDLCが「PCでも地デジ化キャンペーン」の第2弾を実施。“テレビNaviガジェット”に新機能を追加するほか、“PCだからできること”をテーマにした活用シナリオなどを公開する。(2010/10/8)

日本ならではの発想「PCで地デジ化」──民放各局も“独自ガジェット”で後押し
アナログ放送終了を1年後に控え、PC業界団体のWDLCが、地デジ搭載PCでの「地デジ化」普及キャンペーンを展開。お天気お姉さんやアイドルが登場する、放送と連携したPC用ソフトも配布する。(2010/6/24)

マウスコンピューター、“パソコンも地デジカ”キャンペーン連動の地デジ搭載デスクトップ3製品
マウスコンピューターは、地上デジタルチューナーを標準搭載したデスクトップPC計3製品を発表した。(2010/6/24)

アナログテレビは砂嵐、デジタルは「地デジ化」番組 「全国一斉地デジ化テスト」
デジタルテレビには「地デジカ」などが出る番組を、アナログテレビには砂嵐のイメージを放送――7月4日全国で、アナログ・デジタル異なる1分間番組が放送される。(2010/5/28)

「PCにもエコポイントを」ロビー活動も水面下で実施:
「地デジ化、PCでもできますよ」──PC業界団体がアピール
PC業界を中心とする団体 WDLCは、「PCで地デジ」をテーマにした訴求・購買支援キャンペーンを夏商戦から2011年まで展開。「PCをエコポイント対象に」の活動も進めている。(2010/4/28)

広告シーンを変える“キャラクター”起用の現状
近年、クルマ業界などさまざまな分野で“キャラクター”が広告に活用されるようになっている。キャラクターを起用する広告はどのくらいの規模まで広がり、どのように展開されているのか。新マーケティングコミュニケーション研究会のシンポジウムで、鷹野義昭テムズ社長と陸川和男キャラクター・データバンク社長がその実情を語った。(2009/12/10)

「地デジで親孝行運動」 地デジカグッズプレゼントも
デジタル放送推進協会は、「地デジで親孝行運動」として、デジタルテレビを購入者にBlu-ray Discレコーダーが当たるキャンペーンや、川柳の募集などを行う。(2009/9/14)

Googleの09年上半期検索ランキング、「WBC」「インフルエンザ」上位に
09年上半期の「Google」検索キーワードランキングでは「WBC」「インフルエンザ」「ETC」が上位に。ジャンル別では「地デジカ」も登場した。(2009/6/29)

ねとらぼ:
「アナロ熊のうた」が着うたに 「JASRAC登録してません」
2ちゃん発「アナロ熊」の応援歌が、着うたサイトで発売された。「JASRAC登録はしていない」らしい。(2009/6/17)

地デジカ撮影したい人、募集中――テレ東がフォトコンテスト
「地デジカがお好きな場所で、モデルになります」――テレビ東京が、地デジカを撮影するフォトグラファーを3人募集している。(2009/6/2)

iPhoneで外国人のおじさまと交流した
iPhoneを持っていたおかげで、スペイン語圏のおじさまとちょっとした交流ができました。(2009/5/25)

地デジ対応機器「5000万台突破」 NHKまとめ、145万台はPC
NHKのまとめによると、地上デジタル放送を受信できる機器の普及台数が5000万台を突破。(2009/5/15)

民放連、「地デジカ」説明文のWikipedia引用部を削除 「ネットの指摘で判明」
民放連は、「地デジカ」の説明文に使っていたWikipediaの引用を削除した。「ネット上の指摘で問題が発覚した」という。(2009/5/11)

日々是遊戯:
どこかで見たような、黄色いレオタードのシカが警察官相手に奮闘するゲーム
ゲームコミュニティサイト「モゲラ」で先日、ちょっと変わったFlashゲームが公開され話題となっている。その名も「レオタード仮面」!(2009/5/7)

オルタナブログ通信:
これでOracleは全部入り? OracleのSun買収、ブロガーの視点
ビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」では、日々200組を越えるブロガーが、ITにまつわる時事ネタなどを発信している。今週は、「Sun買収」「Twitter」「コスト削減術」をテーマに紹介する。(2009/5/1)

ねとらぼ:
地デジカ対抗「アナログマ」出没 応援歌も
「地デジカ」に対抗したキャラクター「アナログマ」がネットで話題になっている。紹介ページや応援歌も。(2009/4/30)

ねとらぼ:
「地デジカ」の衣装は「スク水ではない」と民放連
地デジカの衣装がスクール水着に見えるとネットで話題だが、民放連によると「スク水ではない」らしい。(2009/4/28)

地デジ移行の新キャラクター「地デジカ」
民放連は、地上デジタル放送への完全移行をPRをする新キャラ「地デジカ」を発表した。(2009/4/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。