ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「片付け」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「片付け」に関する情報が集まったページです。

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
すかいらーくの「24時間営業撤廃」を手放しに喜べないワケ
「ガスト」や「ジョナサン」を手がけるファミリーレストラン最大手の「すかいらーくホールディングス」は、24時間営業を全廃すると発表した。本件は「働き方改革」という文脈で片付けられやすい。しかし、問題はそれほど単純ではない。これは新たな”実質値上げ”の類型だ。(2020/1/24)

日常に抵抗無く忍び込む“倫理”:
断捨離で人はなぜ“人生リセット”したがるのか――「自己啓発と意識させない自己啓発」ブーム
息の長いブームが続く断捨離、「片付ければ人生も変わる」という言説が多い。筆者はそこに巧妙な「自己啓発」のメソッドをみる。(2019/12/12)

片付けた花びらをぶっ散らかしたのはだーれだ? 犯人はにこにこ笑顔のワンコでした
きらっきらの笑顔がまぶしい。(2019/11/26)

片付けが進まない謎の現象を整理 図解「なぜか部屋の片づけが途中で終わる」がわかりみが深い
これだ。(2019/9/20)

スピン経済の歩き方:
かんぽ不正を「過剰なノルマ」で、片付けてはいけない理由
詐欺的販売手法が明るみに出たことを受け、日本郵便はかんぽ生保の営業目標やノルマを廃止するという。このようなニュースを聞くと、日本郵便が「利益市場主義」に陥っていた印象を受けるが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は違った見方をしていて……。(2019/7/30)

出しっぱなしの物を見つけたらシルバニアの赤ちゃんが出動! 同居人への「かわいい片付けの促し方」がやさしい世界
平和的な解決法です。(2019/7/15)

「これ、片付けておきますねー」 水を飲んだら容器を投げる やんちゃでキュートなうさぎさん
投げずにはいられない。(2019/3/23)

引っ越しシーズン いらないPCや携帯電話を処分するぞ!
新生活に向けて、引っ越しが盛んになるこの季節。部屋を片付けていたら不要なPCや携帯電話がたくさん出てきた、なんてことがあると思います。その場合、どうやって処分すればいいのでしょうか。簡単にまとめてみました。(2019/3/20)

お片付けを手伝うワン 食パンみたいなコーギーの収納ボックスがフェリシモから誕生
豊かな表情がかわいいです。(2019/3/19)

子どもが自分で片付けられるようになる! ひと目でどこに何をしまうか分かる「かぞく収納めじるしシール」が便利
これで整理整頓もバッチリ(2019/2/28)

片付けコンサルタント“こんまり”、アカデミー賞に登場 オスカージョークでレッドカーペットに迎えられる
こんまりさんがレッドカーペットに!!(2019/2/25)

Skype、ビデオ通話に背景をぼかす機能が追加 散らかった部屋でもいけるかも?
結局、ぼかせば大丈夫な程度には片付けておかなければダメだと気付きました。(2019/2/7)

部屋を片付け、いらない物はフリマアプリで売ってくれる……「楽ラクお助け隊」開始
家事代行スタッフが自宅を片付けてくれ、その際に不要なものを指定すると、別のスタッフが回収してフリマアプリ「ラクマ」で売ってくれる――そんなサービスが登場した。(2019/1/29)

これはまさしく全自動断捨離(人力) ラクマ×ベアーズ×トリクルの「楽ラクお助け隊」スタート
片付け→出品代行までしてくれる。(2019/1/29)

World Robot Summit徹底解剖(5):
粉体グリッパーに子供部屋片付け、トイレ掃除も〜WRS2018レポートダイジェスト
2018年10月17日〜21日、東京ビッグサイトで開催された「World Robot Summit 2018(WRS2018)」。本稿では、前回レポートした「ものづくり」部門以外の3部門の競技についてダイジェスト的に結果をお伝えする。(2018/12/26)

メルカリの出品方法教える片付けサービス登場 「大掃除で不要品処分したい」ニーズに応える
自宅を片付けるだけでなく、不要品をメルカリに出品できるようサポートする片付けサービスが登場した。(2018/11/14)

ロボット導入事例:
ブロンコビリーはなぜロボットを導入したのか「より良いもの求めて常に試行錯誤」
ステーキレストランチェーンのブロンコビリーは、店舗内でのバッシング(食器の片付け)やサラダバーの補充といった業務の支援を目的にロボットを導入した。同社はなぜロボットを導入したのか、担当者に聞いた。(2018/10/24)

CEATEC 2018:
PFNが全自動お片付けロボットで示した可能性、2020年投入の開発ツールで具現化
ベンチャー企業のPreferred Networks(PFN)は、「CEATEC JAPAN 2018」において、散らかった部屋の中のさまざまなモノを片付ける「全自動お片付けロボットシステム」を披露した。現在同社で開発を進めているパーソナルロボットシステムの技術デモとなる。(2018/10/17)

CEATEC 2018:
PFNがお片付けロボットを公開【動画あり】
Preferred Networks(以下、PFN)は2018年10月15日、開発中のパーソナルロボットシステム「全自動お片付けロボットシステム」のデモを公開した。10月16〜19日の会期で開催される展示会「CEATEC JAPAN 2018」(会場:千葉市・幕張メッセ)で一般公開する。(2018/10/16)

CEATEC JAPAN 2018:
全自動で衣類をたたむ、散らかった部屋を片付け……“ズボラな人”向けロボット続々
衣類を全自動でたたんで収納するタンス型ロボット、散らかった部屋を片付けるロボットが「CEATEC JAPAN 2018」に出展される。(2018/10/15)

このお布団は決して片付けさせないのにゃ……! “妖怪フトンカブリ”のしわざに「かわいすぎ」「笑ってしまった」
うちにもどうか来てくださいフトンカブリさま。(2018/10/13)

めちゃ参考になる! 片付けが苦手な友人を手伝った漫画から学ぶ片付けの方法や考え方
几帳面にできない自分を責めるのではなく、おおざっぱな自分でも片付く工夫をすることが必要。(2018/9/26)

やっぱ夏は水遊びだワン! 家の中にホースを持ち込んで水をまくワンちゃんに飼い主さん青ざめる
片付けも忘れないよ。(2018/9/5)

山谷剛史のミライチャイナ:
全自動でごみを片付けてくれるテーブルも 中国のスゴい“未来のコンビニ”、そのリアル
中国で「無人コンビニ」などの実験店舗が続々と現れた。「未来のお店」などと華々しく取り上げられるが、その実際はどうなのか。現地のIT事情に詳しい山谷氏が実際に店舗を訪れて利用してみた結果は……。(2018/7/27)

くらしに役立つ推しグッズ:
引き出しの中を片付けて作業効率アップ キングジム「かたづけマス」
日々の仕事に追われていると、ついおろそかにしてしまいがちなのが、机の引き出しの中の整理。キングジムが発売したツール整理ブロック「かたづけマス」を使ってスッキリさせてみよう。(2018/5/16)

オタクは日頃から片付けをしておこう! オタク仲間のお葬式での教訓を描いたちょっと切ない漫画
推しグッズも、エロマンガも、一緒に火葬。(2018/3/9)

よいしょ、よいしょ 自分のおもちゃは自分でね! お片付けする豚さんがお利口さん
見習います!(2018/2/3)

服の片付けや不要チラシの始末など「名もなき家事」の価値は? 大和ハウスが「家事年収シミュレーター」公開
「家事」として認識されにくい細かな作業まで含めた作業による負担を、賃金の形で示します。(2018/1/11)

忙しい時期も楽しくタスクをこなす方法! お母さんの作る「家事・お片付けビンゴ」に「真似したい」「発想が素晴らしい」の声
ステキなお母さまです。(2017/12/29)

素手で銃弾をキャッチ、構えだけで吹っ飛ぶ悪党 『犯人の犯沢さん』の蘭姉ちゃんが強すぎる問題
「空手の達人」設定だけで片付けていいのかこの強さ。(2017/12/28)

「もったいない」で不用品が捨てられない実家、どうしたらいいの?
物を捨てるのに抵抗感がある親に、片付けしてもらうには?(2017/12/26)

「高い」の一言で製品選定やり直し
“社長ブロック”をどう避ける? HCI導入稟議を通す3つのヒント
HCI製品を選定していても結局、経営層の“高い”その一言で片付けられていないだろうか。コスト削減効果とHCIベンダーが発表した新サービスで、そんな経営層にも響く3つの説得材料を紹介する。(2017/9/21)

「キッチンを片付けたらWi-Fiパスワードを教えます」 子どもにお手伝いを促すITかあちゃんが賢いと話題に
証拠写真をSMSで送らないと教えてもらえない。(2016/8/11)

海外のおじいちゃんが作った「自動朝食マシン」が圧倒的からくり装置 調理から片付けまでバッチリこなす
開発には1000時間もかかったそう。(2016/7/10)

仕事が終わったらしまっちゃおうね〜! 片付けまで楽しそうな「ぼのぼの」のPCクッション登場
アームレストには「シマリスくん」「アライグマくん」も!(2016/5/16)

片付け不要、手を叩くだけで自動で元の位置に戻る椅子 日産「INTELLIGENT PARKING CHAIR」
手を叩くと自動で元の位置に移動する椅子を、日産自動車が開発した。(2016/2/16)

半径300メートルのIT:
2015年にやり残していたこと――それは「アップグレード」
新年も本格始動していますが、昨年にやり残したことは早めに片付けおきたいところ。私の場合、それはセキュリティソフトでした。その理由をご紹介します。(2016/1/19)

拾っても拾ってもコロコロ……なかなかボールを片付けられない赤ちゃん
コロコロ……あっ……コロコロ……。(2015/10/31)

仕事効率アップのカギはかたづけにあり:
「タイミング」と「完了の状態」を意識しよう
片付けを継続するには2つのコツがあります。片付けを行う時刻を決めてリズムをつくり、完了の状態を明確にして達成感を得られれば、それが習慣化していきます。(2015/3/16)

仕事効率アップのカギはかたづけにあり:
まずは3週間、「真逆の行動」を続けてみる
片付けが苦手な人は、無意識に行っている自身の習慣に気付くことが大切です。資料を適当に積み重ねるのが習慣になっていたらすぐにファイリングするなど、真逆の行動を続けてみましょう。(2015/3/12)

仕事効率アップのカギはかたづけにあり:
「何のため」「誰のため」に片付けるのか
「片付け」だけに焦点を当てると一過性の行事になってしまいます。仕事の生産性を上げるためにも、先の目的や意義を意識することが必要不可欠です。(2015/3/9)

仕事効率アップのカギはかたづけにあり:
整頓の“正しいコツ”を押さえよう
片付けは、「まずモノを減らしてから」といいますが、減らしたにもかかわらず問題が解決しないときもあります。そんな場合に役立つ“整頓の正しいコツ”を伝授します。(2015/3/2)

「本当は、終わってなどいないし始まってすらいない」:
PR:今あえて問い直す、DevOpsが必要な理由と、国内事例に見る実践の現実解
2012年から2013年にかけて大きな注目を集めたDevOps。だが国内での冷めた視線とは裏腹に、欧米ではWeb系以外の企業でも取り組みが活発化しているという。この違いは何なのか? バズワードとして片付けられつつある今あらためて、国内での実践者の声も交え、その意義と現実解を探る。(2014/12/15)

寝室の乱れは夫婦関係の乱れ? 「数字」で考える部屋の片づけ
片づけが上手くいかない人は、各部屋の片付けの仕方を学んでみるのはどうでしょうか。(2014/11/18)

片づけられない人に共通する“心のクセ”とは?
片付けが苦手な人の共通点とは。書籍『すごい片づけ』から、片付けられない人の考え方を紹介します。(2014/11/11)

ITプロ必携の超便利システム管理ツール集(14):
アプリ開発者御用達の画像処理ツール「ImageMagick」を普段使いに
「スキャンした画像をPDFで送って」と頼まれた場合、PDF形式のファイル出力機能を持つコピー複合機があれば簡単ですが、PDF出力に対応していないスキャナーやデジカメでは、結構面倒な作業が発生します。そんなとき「ImageMagick」があれば、魔法のように面倒な仕事を片付けられます。(2014/10/29)

動画で360度チェック:
もうキーボードはいらないかも!? エレコムのレーザーキーボード「TK-PBL042BK」で机をタップした
ある日、片付けをしていたところ机の片隅からレーザーキーボードが出てきた。「近未来」をウリにしたキーボードを改めて試してみよう。(2014/8/27)

脳はなんで気持ちいいことをやめられないの?:
片付けは脳トレにもなる!?
脳を上手に使えば記憶や勉強が要領よくでき、やる気や集中力がアップし、時間がうまく使えるようになります。しかし、脳は逆に、困ったこともしてくれます。今回は、片付けが苦手な人の脳はどうなっているのかを説明します。(2014/8/7)

ここが知りたいGmail:
用済みメールを片付けて受信トレイをスッキリと――アーカイブの使い方
読んだメールは受信トレイに残り続けます。そのため、ごちゃごちゃした印象を受けるかもしれません。アーカイブ機能を使って、削除せずスッキリと片付ける方法を紹介します。(2014/8/4)

名刺整理も書類の片付けもできないダメ社員――それでもスキャンマンなら何とかしてくれる
誠 Biz.ID編集部に異動してきたオカダ。名刺や書類のデジタル化は「面倒くさい」と避けてきた。そんな無垢な子羊にゴトウ編集長の魔の手が忍び寄る。(2014/4/23)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。