ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「差別」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「差別」に関する情報が集まったページです。

パンデミックがもたらした人事の課題【前編】
新型コロナで「男女間の賃金格差」が拡大? Gartnerが語るこれからの人事
企業活動に大きな混乱を引き起こした新型コロナウイルス感染症は今後、人事部門にどのような影響を及ぼすのか。Gartnerに聞いた。(2021/1/26)

TechTarget発 世界のITニュース
Juniperが「インテントベースネットワーク」のApstraを買収 主力製品「AOS」とは
Juniper Networksはネットワーク構築・運用支援ソフトウェアを提供するApstraを買収する。Apstraは「インテントベースネットワーク」を具現化する製品「AOS」を手掛けてきた。その中身とは。(2021/1/15)

TechTarget発 世界のITニュース
AWS、AIの偏見を防ぐ「Amazon SageMaker Clarify」を発表 AI倫理問題に対処
AWSが発表した「Amazon SageMaker Clarify」は、機械学習モデルに内在するバイアスを検出する。昨今議論が激化している、AI技術に内在する差別問題への対処を支援する。(2021/1/14)

スピン経済の歩き方:
ナイキ、DHCも標的に! 「不買運動」はホントのところ、どれほど効果があるのか
ナイキが「差別」をテーマにした動画を公開して、不買運動が起きた。DHCが「差別的表現」をして、不買が呼びかけられている。こうした行動は、どこまで効果があるのか。売り上げなどを見ると……。(2020/12/22)

「コロナはただの風邪」「なんで鬼滅観てないの」 2021年に持ち越したくない「流行禁句大賞2020」が強烈
2020年に置いていきたい。(2020/12/18)

気象庁、公式サイトのWeb広告掲載を1月上旬に再開へ 事前に点検した広告のみを掲載
掲載基準に沿わない広告が掲載されていた問題について調査結果と再発防止策および今後の対応を発表。(2020/12/17)

“差別、いじめ”を描いたナイキのCMに反響 日本で差別を描くことは「日本人を貶める印象操作」なのか
称賛の声も多い一方で、猛反発する声も多くあがっています。(2020/12/3)

Twitter、2021年に認証済み青バッジ申請再開へ ポリシー草案へのご意見募集中
Twitterが2017年に停止した青い認証バッジの申請を、来年再開する計画を発表した。認証バッジ獲得には「本人であること」に加え、新たな要件を満たす必要がある。再開に向けて新ポリシーの草案を公開し、広くフィードバックを求めている。(2020/11/25)

「あつ森の政治・商用利用やめて」 任天堂が団体・企業に呼び掛け
「あつまれ どうぶつの森」の政治・商用利用を控えるよう、任天堂が国内外の団体や企業に呼び掛けた。企業や団体による利用が増える中で、ユーザーのコミュニティーを守るための措置という。(2020/11/19)

クレーマーを育成:
経営陣は正念場! 「マルちゃん正麺PRマンガ」炎上への正しい対応
マルちゃん正麺をPRするマンガがTwitterで公開されたところ、女性差別、家事をするのは主婦と決めつけたといった批判投稿が寄せられた。このような批判意見に、会社はどう対応すべきか。(2020/11/17)

コロナ封鎖のフランス、ネットで中国系攻撃促す投稿相次ぐ アジア人差別が第2波で再発
新型コロナウイルスの流行が広がるフランスで、中国系住民への攻撃を促すインターネットの書き込みが相次ぎ、検察が捜査を開始した。(2020/11/11)

【意味知ってる?】ネット用語クイズ「BLM運動」
新語・流行語大賞にノミネートされました。(2020/11/7)

バイデン候補、政権移行に向けたWebサイト開設 大統領選の勝利に備え
米大統領選に民主党から出馬中のジョー・バイデン候補の陣営が政権移行に向けた公式サイトを開設した。(2020/11/6)

「iOS 14.2」「iPadOS 14.2」配信 新EmojiやAirPods充電最適化、Shazam機能追加など
AppleがiOSとiPadOSの14.2の配信を開始した。Unicode Emoji 13.0の新Emojiが100点以上追加された他、多数の機能改善、バグ修正、脆弱性修正が行われた。Shazamを「ミュージック認識」としてコントロールセンターに追加できるようにもなった。(2020/11/6)

「人格を備えたチャットbot」への期待と不安【前編】
“不気味の谷”よりも深刻な「人格を備えたチャットbot」が引き起こす問題
チャットbotに人格を加えると“不気味の谷”現象を引き起こすだけではなく、倫理上の疑問が持ち上がる恐れもある。こうした障害を避けながら、チャットbotの魅力を高めるためにはどうすれがよいのだろうか。(2020/10/31)

技術は差別を助長するか【後編】
「マスター」「スレーブ」は“死語”に 技術による偏見への向き合い方
顔認識技術を使った既存システムは、特定の人種や性別を差別的に扱う傾向があることが明らかになった。技術による差別と向き合う中で、大手ベンダーの中には一部の技術や用語の利用を避ける動きがある。(2020/10/30)

原作と違う「男性の書き方」と「結末」 「82年生まれ、キム・ジヨン」に複雑な思いを抱いた話
韓国ベストセラーの映画化を漫画でレビュー。(2020/10/30)

アドビ、「ディープフェイク」などを防ぐ「Photoshop」の新機能を発表
画像に編集履歴を付属させることができます。(2020/10/29)

Photoshopに「ディープフェイク」防止機能 編集履歴などを記録、後から確認可能に
米Adobeは「ディープフェイク」などを防ぐための機能を同社の画像編集ソフト「Photoshop」に搭載すると発表した。写真の撮影場所や編集履歴などを表示することで防止する仕組み。(2020/10/26)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
ボーナスは“特権”か 「低賃金で何が悪い?」正当化され続ける非正規格差
非正規社員の賞与や退職金を巡る判決があったが、すぐに議論は鎮火した。女性を低賃金で雇うことが当たり前になった時代から変わっていない。非正規労働者は増加し、貧困問題に発展しているのに「自己責任」で片付けてきた。雇用問題の在り方から議論が必要だ。(2020/10/23)

技術は差別を助長するか【前編】
「顔認識技術」が人種差別を助長しかねない深刻な理由
人類に分け隔てなくメリットをもたらすはずの技術が、人種差別を助長する可能性がある。顔認識技術といった人物認識技術に、特定の人種を差別的に扱う傾向があることが明らかになってきたのだ。何が起きているのか。(2020/10/23)

インテリジェントなセキュリティ対策【後編】
セキュリティ対策にAIを生かす効果的な利用法
AIは万能ではない。弱点もあるし、全てのケースに適用できるわけでもない。だがAIの限界と適正を理解して用いればセキュリティの強化に役立てることができる。(2020/10/14)

インテリジェントなセキュリティ対策【後編】:
セキュリティ対策にAIを生かす効果的な利用法
AIは万能ではない。弱点もあるし、全てのケースに適用できるわけでもない。だがAIの限界と適正を理解して用いればセキュリティの強化に役立てることができる。(2020/10/7)

5つのタイプに:
「セクハラが原因で転職」15.6%、どのようなことがあった?
セクハラが原因で転職した人は、どのくらいいるのだろうか。20歳以上の男女に聞いたところ……。(2020/10/5)

Twitter、投稿画像のML自動トリミングバイアス問題について「WYSIWYG」を目指すと約束
Twitterで黒人と白人を縦長に並べた画像を投稿しようとすると、白人中心に自動トリミングされるというツイートを受け、Twitterが2018年から提供している自動トリミングの人種バイアスの調査過程を報告。いずれにしても投稿者が見たままの画像が投稿できるよう取り組むとしている。(2020/10/3)

「INBOUND 2020」レポート:
Disney飛躍の立役者ボブ・アイガー氏が語る 「積み上げてきた価値を『崇拝』せず『尊重』せよ」
The Walt Disney Companyを巨大メディア企業に成長させた前CEOのボブ・アイガー氏が、レガシー継承と拡大戦略の両立について語った。【訂正あり】(2020/9/28)

気象庁サイトに掲載されたWeb広告が1日で停止 掲載基準に沿わない広告が掲載されたため
問題の広告が掲載された経緯は調査中。(2020/9/16)

「とても誇りに思う」 全米テニス優勝の大坂なおみをミシェル・オバマ前大統領夫人が激励
大坂選手「y'all see thisssss(みんな、見てこれぇええええ)」。(2020/9/15)

失敗例に学ぶ:
AIしくじり物語 なぜ、AIは「偏見」を抱くのか
AIを活用したい企業にとって怖いのは、従来のシステム開発や運用とは異なるリスクを抱えている点だ。大手企業であっても足をすくわれてしまうケースも珍しくない。過去の失敗例から、注意点を考えてみよう。(2020/9/4)

ヤフー、「コンプレックスを露骨に表現した」広告禁止を改めて通知 「差別を助長する」
ヤフーは、Yahoo!JAPAN広告で出稿を禁止している、「コンプレックス部分を露骨に表現した」出稿が最近、複数みられたとして、広告主に対して、そういった広告入稿をやめるよう改めて通知した。「一部の身体的特徴をコンプレックスであるとして表現することは、差別意識を温存、助長するものであり、決して許さるべきものではない」としている。(2020/9/3)

“朝鮮人”投稿で物議のNHK「ひろしまタイムライン」が投稿を再開 必要に応じて時代背景の注釈をつけるなどの対応
8月28日〜9月1日に投稿予定だったツイートも公式サイトで公開されています。(2020/9/2)

NHK「批判は認識している」 戦時下を実況する「ひろしまタイムライン」が原典にない“朝鮮人”投稿で物議
「75年前、戦時中の中学生がTwitterをしていたら?」という企画。(2020/8/21)

異例のバーチャル党大会 静かな民主党大会 党の結束アピールも盛り上がりに課題
11月の米大統領選に向けた民主党の全国大会が、新型コロナ感染対策のためオンライン形式で開会した。2時間にわたり演説などを行ったが、例年のような熱気はなく、米メディアは「長いテレビコマーシャル番組のよう」と批判した。(2020/8/19)

VR法人HIKKY:
社長が“VR出社”、社員からは「タメ語」 コロナ禍でも、コミュニケーションがうまくいく会社の秘訣
リモートワークが広がる中、VR法人HIKKYは“VR出社”を実践している。仮想のオフィスに分身キャラの自分(アバター)を出社させ、業務を執り行う。同社の舟越社長は「リアルでは起こり得ないような考え方が形成される」と力説する。その効果は……?(2020/8/18)

ブランドを守るだけじゃない:
Momentum×Moat 有力ベンダーが語る広告ROIを高めるアドベリフィケーション
近年、アドフラウド(広告詐欺)やブランドセーフティーへの関心が高まっている。アドベリフィケーションは取引の透明性確保のみならず収益の観点からも重要だ。エキスパートの議論に耳を傾けてみよう。(2020/8/17)

「企業の炎上比率が減り、個人・著名人が増加」 デジタルリスクラボがコロナ禍での「ネット炎上レポート」を発表
社会の関心事に変化のきざしが確認されました。(2020/8/15)

米NY Times、デジタル関連収入が紙を逆転 四半期ベースで初
米新聞大手New York Timesが、2020年4〜6月期にデジタル関連部門の収入が初めて紙媒体関連を上回ったと発表した。新型コロナウイルスや人種差別問題への関心が高まったことが電子版購読者数が増加した理由という。(2020/8/7)

この頃、セキュリティ界隈で:
マスクのせいで顔認識できない実態、NISTのテストで判明 精度向上には懸念も
マスク着用必須の時代、顔認識をセキュリティ用途で用いることについては議論が起きている。(2020/8/3)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
革命かパンドラの箱か、新AIツールGPT-3の波紋
GPT-3は、英単語や短い文章をインプットすると、関連する「それらしい」テキストを自動生成するツールだ。文章だけでなく、プログラムコードや楽譜を自動的に生成するデモンストレーションも登場した。(2020/7/29)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
Facebookのヘイト対策に「大穴」 〜ザッカーバーグの矛盾とは〜
米国で、Facebookにとって手痛い内容の報告書が公表された。報告書は、この2020年11月に米大統領選挙が控えている中で、差別問題やヘイトスピーチに対するFacebookの取り組みがまだ不十分であり、しかも「大穴」が空いていることを指摘している。(2020/7/22)

海外で受けた人種差別 叔母の毅然とした態度を描いた実録漫画が考えさせられる
差別の根本にあるものとは。(2020/7/15)

Linuxカーネルでの「master/slave」と「blacklist」禁止、トーバルズ氏が承認
#BLMで差別的な用語の置き換えが業界で広まる中、Linuxカーネルでもシンボル名として「master/slave」と「blacklist」を使うことが禁止された。リーナス・トーバルズ氏が禁止を承認した。(2020/7/13)

IT基礎英語:
IT用語も「奴隷」廃止の動き 「slave」は「フォロワー」や「レプリカ」に
BLMで顕在化したmaster/slave問題だが、実は以前から問題の指摘はあった。(2020/7/13)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
感染は自己責任? 「コロナ差別」を生み出した“とにかく自粛”の曖昧さ
新型コロナの感染が再び拡大する中、感染者や東京の人などに対する差別が報告されている。ここまで恐れてしまうのは、リスクコミュニケーションが機能していないから。データに基づく行動基準よりも「自粛」という言葉が前面に出ていた。リスク管理と差別を分けて考えるべきだ。(2020/7/10)

改めて考える「ホワイトウォッシュとBLM」 エンタメ作品の配役にも影響を与えるか?
「スカヨハ素子」はあれでよかったのか? 2017年に話題になったホワイトウォッシングをBLM問題で改めて考える。(2020/7/9)

「新時代」のマーケティング教室:
マーケティング1.0は、もう通用しないのか? 注意すべきナンバリングの「罠」
今やマーケティングは「4.0」の時代に。デジタルが大きな力を持つ今、マーケティングに必要なものとは? 東京都立大学で教授を務め、マーケティングに詳しい水越康介氏が1.0の時代から振り返り、解説する。(2020/7/8)

Twitter、「ブラックリスト」「マスター/スレーブ」など差別を想起させるプログラム用語を変更
(2020/7/6)

MIT、人種差別的と批判された大規模画像データセット「Tiny Images」をオフラインに
MITの画像データセット「Tiny Images」に黒人や女性の蔑称のラベルが使われるという指摘があり、MITはこのデータセットをオフラインにし、謝罪した。(2020/7/2)

Googleのセキュリティスキャナー「Tsunami」、名称がGitHubで議論呼ぶ 関係者が参加し釈明
米Googleが発表したセキュリティスキャナー「Tsunami」を巡り、GitHubで議論が巻き起こった。その名称が、東日本大震災を思い起こさせる言葉だったからだ。プロジェクトメンバーの「magl0」氏が事情を説明し、事態は落ち着いたが、今後もこうした議論を完全になくすことは難しそうだ。(2020/7/1)

Twitch、トランプ大統領のアカウントを一時停止 「ヘイト行為は許されない」 
政治的な内容であっても例外を設けずに利用規約の順守を求めています。(2020/6/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。