ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「Clover Trail+」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Clover Trail+」に関する情報が集まったページです。

Atomプロセッサ搭載:
ASUSとauが共同開発、「MeMo Pad 8」が持つ軽さの“マジックナンバー”とは?
ASUSがKDDI向けAndroidタブレット「MeMo Pad 8」の製品説明会を開催。女性を意識したデザインとサイズ、カラーリングを採用し、従来モデルから“3倍速い”Atomプロセッサを搭載して処理性能をアップさせた。(2014/8/21)

Mobile World Congress 2014:
Intel、“Merrifiled”「Atom Z34XX」と“Moorefield”「Atom Z35XX」を発表
IntelがMWCで新世代アーキテクチャ採用のAtomプロセッサーを発表。また、4G LTE対応モデムチップと4G LTE-Advanced対応モデムチップも同時に発表した。(2014/2/24)

「3年先を行く」製造技術:
タブレット市場に注力するIntelのモバイルプロセッサ戦略
Intelは“他社の3年先を行く”半導体製造技術でタブレット市場における影響力の拡大を目指す。同社のモバイルプロセッサ戦略をまとめた。(2013/12/5)

「インテルがいま訴求していることは、すでにやっている」──ARM、big.LITTLEとMaliをアピール
アームは、英ARM本社の幹部による「big.LITTLE処理」と「Maliグラフィックス」説明会を行った。(2013/10/8)

市場投入迫る:
次世代タブレットは「Bay Trail-T」でどう変わる?
Silvermontマイクロアーキテクチャを採用したタブレット向けSoC“Bay Trail”こと「Atom Z3000」シリーズを解説。(2013/9/27)

最新タブレット速攻レビュー:
「MeMO Pad FHD10」――Atom Z2560+WUXGA液晶のお手ごろ10型Androidタブレット
ASUSの「MeMO Pad FHD10」は、1920×1200ドットの高精細ディスプレイと色調整アプリを備えた画質重視の10.1型Androidタブレット。気軽に外に持ち出せる薄型軽量ボディも魅力だ。(2013/9/12)

ThinkPad X1 Carbonロードテスト:
第4回  やっぱいいぜ、X1 Carbon──「オンリーワン」な魅力を再確認
今さらながらThinkPad X1 Carbonのロードテストを開始する。Haswellや"2in1"がキーワードだが、なぜどちらでもないX1 Carbonなのか? それは「これもまたオンリーワン」な魅力を再確認したこと、そしてもうすぐHaswell搭載のThinkPadが出てしまうかもしれないからだ。じゃいつやるのか? 今でしょ! ということで。(2013/6/19)

プロセッサ/マイコン:
Clover Trail+の性能「ARMプロセッサよりも上」、調査会社が主張
米国のABI Researchは、Intelの「Clover Trail+」を搭載したプロセッサと、ARMプロセッサについて、ベンチマークテストを実施した。その結果、Clover Trail+プロセッサの性能が優れていることが分かったという。(2013/6/14)

ビジネスニュース 業界動向:
Qualcommの強さ際立つスマホ向けプロセッサ市場、Intelのシェアは0.2%
2012年のスマートフォン向けプロセッサ市場は、Qualcommの強さをあらためて示す結果となった。同社の売上高シェアは43%。一方、Intelのシェアはわずか0.2%だった。だが、「Clover Trail+」がシェアを拡大するきっかけになるとの予測もある。(2013/5/14)

“革新的”な7型タブレットと液晶一体型PC:
写真で見る「Fonepad」と「TransAiO」――ASUS新世代デバイス発表会リポート
ASUSTeKが通話可能な7型タブレット「Fonepad ME371MG」と、Windows/AndroidのデュアルOSが使える液晶一体型PC「TransAiO P1801」を発表。タブレット+電話、タブレット+デスクトップPCという一風変わった“合体”製品を早速写真でチェックしよう。(2013/4/19)

モバイルの進化はムーアを超える:
大解説! Intelの“モバイル”SoC戦略をまとめてみた
ASUSが日本で「Intelアーキテクチャ採用Androidタブレット」を発表。このタイミングで、彼らのスマートフォン/タブレット向けCPU戦略を把握しておこう。(2013/4/19)

IDF Beijing 2013:
Intel次世代プロセッサでUltrabookやタブレットはどう変わる?
Intelのモバイル戦略が加速する。中国・北京市で開催された開発者向け会議「Intel Developer Forum Beijing 2013」では、急成長を遂げたスマートフォンやタブレット市場に対するIntelの取り組みと、今後の戦略が示された。(2013/4/17)

ユーザーに訴えるのは機能から体験へ:
インテル、新世代Atomと新しいUltrabookプロモーションを紹介
インテルは、3月18日にスマートフォン向けCPUに関する概要とUltrabookの新しいプロモーションを日本の関係者に説明した。(2013/3/18)

プロセッサ/マイコン:
Intelがスマホ向け新プロセッサを発表、モバイル市場で存在感を示せるか?
Intelは、32nmプロセス技術を適用したスマートフォン向けプロセッサ「Clover Trail+」を発表した。スマートフォンやタブレット端末に注力する同社だが、果たしてこれらの市場で存在感を示せるのか。Clover Trail+がその試金石となりそうだ。(2013/2/27)

演算2倍で描画3倍:
インテル、“Clover Trail+”世代Atomを発表
搭載製品が登場し始めた“Clover Trail”の性能強化版となる“Clover Trail+”世代Atomのラインアップと概要が明らかになった。採用モデルは第2四半期に登場する。(2013/2/25)

インテルとAMDとNVIDIAの次の一手は?:
大解説! 省電力なCPUとSoCの最新事情を整理する
PCが大きく変わろうとしている。タブレット市場の急速な伸びがPC市場に影響を与え、インテルもAMDもNVIDIAもタブレットデバイスを視野に入れたCPUの強化を図っている。(2013/2/21)

日本じゃ余裕だけれども…… すれちがい通信を使って3DSの北米での普及度合を調べてみた【デジ通】
CES取材での訪米に合わせアメリカの西海岸ですれ違い通信を試してみた。(2013/1/18)

2013 International CES:
「Haswell」より重要かもしれない「Lexington」
2013年のIntelは、「Haswell」のリリースが最重要課題……、というのは間違いないが、それに劣らず、いや、それ以上に重要な課題を抱えているのかもしれない。(2013/1/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。