ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CNN」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「CNN」に関する情報が集まったページです。

政府の対応は「10点中、2点」:
五輪断行は「自殺行為」 楽天・三木谷氏
楽天グループの三木谷浩史会長兼社長が14日に公開された米CNNテレビ系のインタビューで、東京五輪の開催を「正直に言って自殺行為のようだ」と話し、新型コロナウイルスの流行が加速する中で断行することに強い反対を表明した。(2021/5/15)

5分で分かるシリーズ:
5分で分かるディープラーニング(DL)
ディープラーニング(深層学習)をビジネスで活用したい人に向け、最新技術情報に基づき、深層学習の概要、ニューラルネットワークの仕組み、深層学習の代表的な手法としてコンピュータビジョン向けのCNN/GAN、および自然言語処理向けのRNN/Transformer(BERT/GPT)の概要を、5分で読めるコンパクトな内容で紹介。最後に、次の一歩を踏み出すための参考情報もまとめる。(2021/4/26)

ISSCC 2021でルネサスが発表:
演算性能と電力効率を両立したCNNアクセラレーター
ルネサス エレクトロニクス(以下、ルネサス)は2021年2月17日、オンラインで開催された半導体業界最大級の国際学会「ISSCC 2021」(同年2月13〜22日)で、車載SoC(System on Chip)向けに高い性能と電力効率を両立したCNN(畳み込みニューラルネットワーク)アクセラレーターコアおよび機能安全技術を発表した。(2021/3/4)

医療技術ニュース:
思い出した音を脳波から復元する技術を開発
東京工業大学は、頭皮で記録された脳波信号から、音声を直接再構築する手法を開発した。聞いた音声を想起した時に記録されたEEGを利用し、畳み込みニューラルネットワーク(CNN)によって音源のパラメーターを推定した。(2021/2/2)

脳波信号から音声を再現:
「本人はどう聞こえているか」を客観視できる技術を東京工業大学の研究チームが開発
東京工業大学の研究チームは、脳波信号から音声を再構築する手法を開発した。CNNによって音声情報を表現しているパラメーターを推定し、耳で聞き分けられる母音を脳波信号から合成する。(2021/1/13)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
CNNなんて怖くない! コードでその動作を確認しよう
CNNによる画像認識ではどんなふうに処理が進むのかを、実際に手を動かしながら確認していきましょう。(2020/6/5)

作って試そう! ディープラーニング工作室:
CNNなんて怖くない! その基本を見てみよう
画像認識などでよく使われるCNN(畳み込みニューラルネットワーク)ではどんなことが行われているのでしょう。図を見ながら、CNNの基本を理解しましょう。(2020/5/29)

Innovative Tech:
人の動画を別人の動きに 深層学習でリアルに操作
深度センサーを持っていない通常のカメラで撮影した動画を、CNNを使って別の動きに変えることが可能に。(2020/2/13)

ブロックチェーン使った事前注文・決済サービス、近畿大の学生が開発 学内のカフェで実験へ
ブロックチェーンを活用した事前注文・決済サービスを、近畿大の学生が開発。11月18〜22日に学内のカフェ「CNN Cafe」で実証実験を行う。実験では、混雑状況の変化を分析し、利用者側と店舗側のメリットを検証する。(2019/11/13)

AI・機械学習の独学リソース:
機械学習概論〜ディープラーニングGAN、本格的に学べる全20時間の大学講義が無償公開
機械学習概論、単回帰、重回帰から、k-means、主成分分析、ニュートラルネットワーク、CNN/RNN/GANまで、全20回の講義概要と目次を紹介。本稿独自に考察した、難易度や前提知識、お勧めの学習方法、注意点についても示す。(2019/10/3)

人工知能ニュース:
複雑な構造のCNNでも演算量を80%削減、認識精度の劣化も約1%に抑える
NEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)と沖電気工業は2019年9月9日、多様な分岐と合流のある構造のCNN(畳み込みニューラルネットワーク)モデルにおいて、精度を維持しつつ演算量を低減する新たなモデル軽量化技術を開発したと発表した。(2019/9/10)

人工知能ニュース:
ルネサスが新たなエッジAI技術を開発、世界最高クラスの電力効率と推論精度
ルネサス エレクトロニクスは2019年6月13日、低消費電力で高速にCNN(畳み込みニューラルネットワーク)の推論を実行できるAI(人工知能)アクセラレータ技術を開発したと発表した。同技術を用いたテストチップは高い推論精度を維持しつつ、世界最高クラス(同社調べ)となる8.8TOPS/Wの電力効率を実現した。(2019/6/13)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:S/4HANAへの移行は苦難の道のり
巻頭特集は、Alibabaが発表したCNN向けディープラーニングプロセッサの技術解説。他にECC6のサポート終了に伴うS/4HANA移行の是非、クラウドコスト削減に不可欠な「ピース」、製品選定失敗の果てにたどり着いた理想のHCIなどの記事をお届けする。(2019/3/19)

AI・機械学習の用語辞典:
CNN(Convolutional Neural Network: 畳み込みニューラルネットワーク)とは?
用語「CNN」について説明。ネットワーク内部に畳み込みとプーリングの層を持つ、ディープニューラルネットワークのアルゴリズムの一種を指す。(2019/3/17)

パフォーマンスは良好
AlibabaのCNN向けディープラーニングプロセッサの全貌
AI用プロセッサは用途によって実装方法が変わる。AlibabaがFPGAで開発したディープラーニングプロセッサは、畳み込みをサポートしており主に画像関係で威力を発揮するだろう。(2018/10/23)

TwitterのドーシーCEO、「アカウント対策にバイアスはかかっていない」
ドナルド・トランプ米大統領から「右派のユーザーをシャドーバンニングしている」と批判されているTwitterのジャック・ドーシーCEOがCNNのインタビューで、「われわれは政治的イデオロギーでユーザーを差別したりしない」と語った。(2018/8/20)

TensorFlow入門:
第5回 画像認識を行う深層学習(CNN)を作成してみよう(TensorFlow編)
ディープラーニングの代表的手法「CNN」により画像認識を行う機械学習モデルを構築してみる。CNNによる深層学習がどのようなものか体験しよう。(2018/4/24)

TensorFlow入門:
第4回 CNN(Convolutional Neural Network)を理解しよう(TensorFlow編)
画像認識でよく使われるディープラーニングの代表的手法「CNN」を解説。「畳み込み」「プーリング」「活性化関数」「CNNのネットワーク構成」「ソフトマックス関数」といった基礎と、注意点を押さえよう。(2018/4/23)

特選ブックレットガイド:
「組み込みAIチップ」が5年後には一般化するといえる、3つの理由
AIの中で「CNN(畳み込みニューラルネットワーク)」はAlphaGoのような華々しい事例もあり注目されている。注視するのはエレクトロニクス各社も同様であり、CNNによる推論という手法は定着するといえるだけの理由がそろっている。(2018/4/17)

FacebookのザッカーバーグCEO、ユーザーデータ流出について謝罪
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOがCNNのインタビュー番組に出演し、5000万人のユーザーデータ流出について謝罪した。(2018/3/22)

米メディアCNN、VRアプリ「CNNVR」をOculus Rift向けに公開
米メディアのCNNが、「Oculus Rift」で4Kの360度動画でニュースを視聴できるVRアプリ「CNNVR」をOculus Storeで公開した。(2018/3/16)

世界を読み解くニュース・サロン:
テレビに進出したユーチューバーはなぜ失敗したのか
米CNNが大きな失敗をした。大物ユーチューバーを取り込んで、新たなコンテンツを発信する予定だったが、うまくいかずに大コケ。なぜテレビ局とユーチューバーは融合することができなかったのか、その原因を探ったところ……。(2018/2/1)

CNNに会社を買収された人気YouTuber、ケイシー・ナイスタット氏が約1年で退社
人気YouTuberのケイシー・ナイスタット氏が、13カ月前にCNNに売却した自身のソーシャルメディア企業Bemeから去る。BemeはCNNに吸収される。(2018/1/26)

GPU一強の時代は終わりつつある:
自動運転ベンチャーが独自のCNN IPコアを開発した理由
菱洋エレクトロと自動運転ベンチャーの「AImotive(エーアイモーティブ)」は、AImotiveが開発した独自IP(Intellectual Property)による畳み込みニューラルネットワーク(CNN:Convolutional Neural Network)アクセラレーター「aiWare」と、同社の自動運転ソフトウェア「aiDrive」を搭載したデモ車両を日本で初披露した。(2017/12/14)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
組み込みで「CNNによる推論という手法は定着する」といえる理由
AIの中で「CNN(畳み込みニューラルネットワーク)」はAlphaGoのような華々しい事例もあり依然として注目されている。それはエレクトロニクス/組み込みベンダーも同様であり、CNNによる推論という手法は定着するといえるだけの理由がそろっている。(2017/8/14)

シノプシス DesignWare EV6x:
組み込みビジョンプロセッサのCNNエンジンを強化
シノプシスは、同社のエンベデッドビジョンプロセッサ「DesignWare EV6x Vision Processors」に搭載されている畳み込みニューラルネットワーク(CNN)エンジンを強化した。従来製品と比較して性能が4倍向上している。(2017/7/25)

組み込み開発ニュース:
組み込みビジョンプロセッサの畳み込みCNNエンジンを強化
シノプシスは、同社のエンベデッドビジョンプロセッサ「DesignWare EV6x Vision Processors」に搭載されている畳み込みニューラルネットワーク(CNN)エンジンを強化した。従来製品と比較して性能が4倍向上している。(2017/7/12)

トランプ大統領がCNNをボコボコにする動画、元画像の投稿者がCNNに謝罪 「脅迫」と批判するハッシュタグも
CNNは脅迫ではないとしています。(2017/7/7)

トランプ大統領、CNNをプロレスでボコボコにする合成映像をツイート CNN「仕事せずに子どもじみた行動をしている」
馬乗りになって一方的に殴る内容から「記者に対する暴力を推奨」との批判も。(2017/7/3)

SnapとTime Warnerが1億ドルのコンテンツ契約 Snapchatに数分動画
SnapとTime Warnerが1億ドルの2年契約を締結した。SnapchatにHBOやCNNの数分のオリジナルコンテンツが毎日3本程度登場することになる。(2017/6/20)

トランプ次期大統領、記者会見でCNNを虚偽ニュース呼ばわり
ドナルド・トランプ次期米大統領はトランプタワーで開いた当選後初の記者会見で、同氏に批判的な記事を掲載するCNNを「虚偽ニュース」と呼び、BuzzFeedを「ゴミの山」と評した。(2017/1/12)

人気ユーチューバー“CaseyNeistat”がCNN入り、アプリ「Beme」は終了
約600万人のフォロワーを擁する人気ユーチューバー、ケイシー・ナイスタット氏が立ち上げたソーシャルメディア企業BemeがCNNに買収された。同社のアプリは2017年1月末に終了し、ナイスタット氏はCNN下で新たなメディアを立ち上げる。(2016/11/29)

いまさら聞けないDeep Learning超入門(3):
もう絶望しない! ディープラーニングによる画像認識のビジネス活用事例
最近注目を浴びることが多くなった「Deep Learning」と、それを用いた画像に関する施策周りの実装・事例について、リクルートグループにおける実際の開発経験を基に解説していく連載。今回は、Deep Learning/CNN(Convolutional Neural Net)をどうビジネスに活用しているかに焦点を当て、その試行錯誤の過程を紹介します。(2015/12/3)

CNNニュースを聞いて英語学習、『CNNee ベスト・セレクション』創刊
電子書籍内にあるURLから音声ファイル(MP3)をダウンロードでき、目と耳で英語を学ぶことができる。(2015/4/10)

Snapchat、広告入りで24時間で消えるキュレーションコンテンツ「Discover」
数秒で消える動画メッセージで若者に人気のSnapchatが、CNNやCosmopolitanなどのメディアと提携し、キュレーションした動画コンテンツを数タップで閲覧できる新サービス「Discover」の提供を開始した。(2015/1/28)

Microsoft、リアルタイム投票システム「Bing Pulse」を一般に公開
CNNの討論番組の視聴者投票などに利用されているMicrosoftのリアルタイム投票システム「Bing Pulse」が一般向けに公開された。(2014/12/4)

Square、Apple Payサポートを表明 ドーシーCEOがCNNインタビューで
Squareのジャック・ドーシーCEOが、「Squareレジはあらゆる形式の支払いに対応する」と語り、Apple Payもサポートする計画を認めた。(2014/11/22)

セーラー服おじさん、世界へ CNNがインタビュー記事公開
CNNが「セーラー服おじさん」の記事を公開。記者のインタビューに英語で答えている。(2014/7/24)

「私はSiriでした」──米国版“中の人”がCNNでカミングアウト
「iPhone 4S」から搭載された音声によるパーソナルアシスタント機能「Siri」の米国版の声は自分が録音したものだと、ナレーターのスーザン・ベネット氏が名乗り出た(iOS 7から別の声になっている)。(2013/10/5)

Washington PostやCNNにサイバー攻撃、「シリア電子軍」が犯行声明
Washington Postは一部記事が別サイトにリダイレクトされる被害に遭った。編集局員に対して高度なフィッシング攻撃が仕掛けられたという。(2013/8/16)

せかにゅ:
「ジョニー・デップ事故死」の偽ニュース、Twitterで広まる
「ジョニー・デップが自動車事故で死亡した」――CNNのニュースを装った偽記事が、Twitterで急速に広まり、「流行のトピック」にもなった。(2010/1/25)

YouTube、Time WarnerのCATV番組を配信
Cartoon NetworkやCNNなど、Time Warner傘下のCATVの番組をYouTubeで提供する。(2009/8/20)

CNN、市民記者SNSサイト「iReport.com」立ち上げ
投稿した内容がそのままサイトに掲載される市民記者サイト「iReport.com」が新設された。(2008/2/15)

合法サイトに偽セキュリティソフト広告――DoubleClickネットワークで発生
CNNなどの合法サイトで、偽セキュリティソフトの広告やポルノ広告が表示される問題が起きた。DoubleClickの広告ネットワークに不正な広告主が入り込んだためだ。(2007/11/13)

Nokia、Nseries向け動画コンテンツを拡充――CNNやSony Picturesなどと契約
Nokiaが、YouTubeやReutersに続き、さらに7社とコンテンツ配信契約を締結、携帯向けコンテンツを拡充する。(2007/10/3)

Google、CNN.comとAdSense広告契約を締結
CNN.comに、Google AdSenseによる広告が掲載されるようになる。(2007/8/29)

「CNNなど大手メディアにXSS攻撃」、ハッカーチームが公言
ISSによると、CLPWNを名乗る組織がCNN、USA Today、ABCなどのサイトでXSSの脆弱性を見つけたと公言している。(2007/8/16)

CNNとYouTube、ビデオ質問状による大統領候補の質疑応答を放送へ
YouTubeで有権者からのビデオ質問状を募集、CNNでそれに回答する大統領候補を生中継する。(2007/6/15)

WikipediaやSecond Lifeの創設者も登場 CNNが放映
(2007/6/11)

CNN、有料動画ニュースサービスを無料化へ
CNNは2005年12月以来有料で提供してきた「CNN Pipeline」サービスを、7月1日から無料にする。(2007/5/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。