ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CV-4Cβ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「CV-4Cβ」に関する情報が集まったページです。

「プリティーシリーズ」に新展開 アニメ「キラッとプリ☆チャン」が2018年4月に放送開始、新たな筐体も
「プリティーオールフレンズプロジェクト」に続く新プロジェクト第2弾。(2018/1/24)

そこまで変われるのか! 「ゆにばーす」はら、“整形級メイク”で『CanCam』モデルデビュー
勇気をくれる。(2018/1/24)

ボーカロイドの未来はどうなる? 「つま恋」最後のボーカロイド大会リポート
今年いっぱいで営業終了となる「つま恋」リゾートでボカロファンイベント「ボーカロイド大会」が行われた。「ボカロ未来予想」が語られるなどの企画が。(2016/11/2)

第10回声優アワード、ダンまちコンビが主演賞に 神谷浩史さんは殿堂入りへ
助演男優賞、パーソナリティ賞を受賞した鈴村健一さんは「松来未祐さんが背中押してくれたお陰」とコメント。(2016/3/13)

ツインテールの日にアイドルたちが参戦 やっぱツインテって最強だな!
重本ことりさんは高校時代のツインテを公開。(2016/2/2)

CADイベントリポート:
リアルなロボットを追求するココロ、高度な3D設計環境を構築
話題のロボットを数多く手掛けるココロが、同社の設計現場における3D CAD導入の経緯や、3D CADを効果的に使うための環境構築について語った。(2016/1/18)

ITmedia ニュース読者感謝祭:
2ちゃんねる、mixi、iPhone――IT業界10年の歩み 2004〜2014アクセスランキングTOP100
2004年にスタートしたITmediaニュース。誕生から11年の各年ごとのアクセスランキングTOP100をまとめました。……全1100個!(2015/2/18)

「本命を 贈る宛先 出版社」――オタクあるあるバレンタイン川柳結果発表 あれのことかな?
嫁が画面から出てこない。(2015/2/9)

産総研の研究者がボストンで交通事故死 美少女ロボ「未夢」開発メンバー
研究者の三浦郁奈子さんの訃報に対し、産総研もサイトでコメントを発表。(2013/5/22)

初音ミクで歌いオバマ大統領と対面した“未夢”がプラモになった
「サイバネティックヒューマンHRP-4C未夢です」のダンスも再現。(2012/11/12)

VOCALOIDを歌って調教するぼかりす製品版、自分で歌って使ってみました
VOCALOIDをまるで人が歌っているよう調教する謎の技術「ぼかりす」が登場して4年と5カ月、ついに「VOCALOID3 Job Plugin VocaListener」として市販されることに。リリース直前のバージョンで歌って使ってみた。(2012/10/18)

ニコニコ超会議:
誰得? それとも世紀の大発明? 未来すぎるニコニコ学会β「研究100連発」
5人の権威が100の研究成果を披露するニコニコ超会議の「第2回・研究100連発」から、気になった研究を紹介する。(2012/5/8)

800円で夢の3分間 アイドルがカップ麺にお湯を注いでくれる「NOODOL CAFE」に潜入してみた
女性新人アイドルがカップ麺にお湯を注いでくれる「NOODOL CAFE」がオープンした。メニューが出来上がるまでの時間はアイドルと会話を楽しめる。カウンター越しに「マンツーマンだと緊張しますね」と照れるアイドル。距離も意外と近くてドキドキ……!(2012/1/23)

2011国際ロボット展:
産総研の美少女ロボ・未夢が初音ミクの声で「PROLOGUE」を歌っていた
昨年はオバマ大統領にも会った美少女ロボ・未夢(ミーム)。2011国際ロボット展ではそのときの「ウェルカム! アイアム、ミーム」というあいさつやミクの声で歌う様子が見られる。(2011/11/11)

難波弘之 対 野尻抱介:
観測するまでは不定である
初音ミクをめぐる難波弘之さんと野尻抱介さんを交えた座談会は「観測問題」から等身大ミクを経て、「初音ミクのSF」へと転がっていく。(2010/11/3)

Weekly Access Top10:
サインはiPadでもらう時代!?
著名人のサインを、iPadのお絵かきアプリに描いてもらうケースが増えている? かもしれません。(2010/10/25)

Weekly Access Top10:
「未夢」だけじゃない!? ペコちゃんも歌って踊るらしい
歌って踊れる美少女ロボットと言えば「未夢」だが、不二家のペコちゃんも負けていない(?)らしい。(2010/10/18)

デジタルコンテンツEXPO:
「すごい……」 美少女ロボ「未夢」のダンスに驚嘆
美少女ロボット「HRP-4C 未夢(ミーム)」が披露した歌と踊りは想像以上のなめらかさ。目の当たりにした人からは、ため息がもれていた。動画あり。(2010/10/18)

デジタルコンテンツEXPO:
歌って踊る美少女ロボ、衛星擬人化、ボカロ…… 週末に自宅で楽しむ「デジタルコンテンツEXPO」
「デジタルコンテンツEXPO」美少女ロボ「HRP-4C」が歌やダンスを披露したり、VOCALOID開発者がトークセッションを行ったりなど、さまざまな講演や展示が。ニコ生やUstを通じて自宅からでも楽しめる。(2010/10/15)

美少女ロボ「HRP-4C」はなぜ歌い、踊ったのか 「ロボットコンテンツの可能性」
美少女ロボ「HRP-4C 未夢」を歌い踊らせる「ダンスロボットプロジェクト」を通じて挑戦したかったこととは――ロボットコンテンツの可能性について、産業技術総合研究所やヤマハの研究者、振り付けを担当したTRFのSAMさんなど異分野のクリエイターが議論する。(2010/10/15)

美少女ロボ「HRP-4C 未夢」が歌って踊る! 持田香織さんの歌まねで
人間そっくりの美少女ロボット「HRP-4C 未夢」が歌とダンスのパフォーマンスを繰り広げる。VOCALOIDを使って持田香織さん(Every Little Thing)の歌マネに挑戦。振り付けはSAMさんがプロデュースした。16時からは、この企画を通じてロボットコンテンツの可能性について議論するセッションも。(2010/10/15)

美少女ロボ「HRP-4C 未夢」が歌って踊る! 持田香織さんの歌まねで
人間そっくりの美少女ロボット「HRP-4C 未夢」が歌とダンスのパフォーマンスを繰り広げる。VOCALOIDを使って持田香織さんの歌マネに挑戦。振り付けはSAMさんがプロデュースした。13時15分〜24分、16時15分〜25分の回も。(2010/10/15)

デジタルコンテンツEXPO:
裸眼3Dテレビから“寧々さんをツンツン”まで 「デジタルコンテンツEXPO」開幕
3DやVRなどを利用した展示を集めた「デジタルコンテンツEXPO 2010」開幕。東芝の裸眼3Dテレビなど最新技術の展示に加え、ラブプラスキャラの3DCGを“触れる”装置など、ユニークな展示も。(2010/10/14)

CEATEC JAPAN 2010:
美少女ロボ「HRP-4C未夢」と「ぼかりす」を結ぶ産総研内コラボ「ぼかうお」とは?
女性型ロボット「HRP-4C未夢」とぼかりすのコラボがCEATECで実現。今年の未夢は歌声と顔の表情のリアルさが明らかに違う。新技術「ぼかうお」がそれを実現した。(2010/10/6)

「無垢で子どもらしい」クリプトンの新VOCALOID登場――「Project if...」が始まった
「今度はお子さまか!」――「ポニョ」を歌う新しいVOCALOIDがクリプトンの公式YouTubeサイトで公開され、そのリアルな歌いっぷりは衝撃を与えた。同社のVOCALOID仕掛け人、佐々木渉氏に話を聞いてきた。(2009/10/27)

Perfumeにナース 魅惑のCEATEC
記者は今年初めてCEATECに参戦。大きな会場や人の数もさることながら、ナースやPerfumeに遭遇し、魅惑の世界を体験した。(2009/10/13)

CEATEC JAPAN 2009:
ミク、めぐぽ、春香――3つの歌声を持つヒューマノイドに会ってきた
あの娘の声の主が分かった。セカイカメラ、ヒューマノイドロボット、謎の新VOCALOIDとネタが多すぎるヤマハブースの追加情報をお届けする。(2009/10/9)

新VOCALOID「CV-4Cβ」、CEATECで歌う 声は中村繪里子さん
CEATECのヤマハブースで歌っていた新VOCALOID「CV-4Cβ」の声は「THE IDOLM@STER」の天海春香役などを務めた声優の中村繪里子さんだ。今後の展開は未定。(2009/10/8)

CEATEC JAPAN 2009:
セカイカメラ次期バージョンは「11月中」 “エアツイッター”など新機能もぞくぞく
CEATECに頓智・がセカイカメラを出展。“エア動画”“エアピアノ”といった新機能が披露されたほか、次期バージョンの内容も一部が明らかになった。(2009/10/7)

CEATEC JAPAN 2009:
「ワールドイズマイン、歌います!」 ヤマハ、“しゃべる”VOCALOIDロボ公開
「CEATEC 2009」でヤマハが、女性型“VOCALOIDロボット”を公開した。歌うだけでなく“しゃべる”のが特徴。初音ミクのコスプレ姿で登場するほか、未発表のボカロも……?(2009/10/6)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。