ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「D903iTV」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「D903iTV」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「D903i」「D903iTV」とどこが違うのか──「D904i」
ワンプッシュオープンに代わり、ディスプレイ部を指で押し上げるとダイヤルキー部が現れる新機構「アシストスライド」を採用した「D904i」。従来モデルとの比較に加えて、アシストスライドの使い勝手はどうかという質問が寄せられた。(2007/5/11)

開発チームに聞く「D903iTV」:
今明かされる、三菱電機がスライドボディを採用したわけ
スライド+大画面+スリムという“D”端末の特徴を搭載しながら、新たにワンセグ機能を搭載した三菱電機製の「D903iTV」。これまでの“D”と変わらないサイズを実現するためにどのような苦労があったのか? 開発陣に聞いた。(2007/4/9)

「903iTV」シリーズの“ここ”が知りたい(2):
ワンセグの連続視聴時間は――「903iTV」シリーズ
ドコモから登場するワンセグ対応ケータイ3モデル。「D903iTV」「P903iTV」「SH903iTV」はそれぞれ、何時間連続でワンセグを視聴できるのか。音楽の連続再生時間も合わせてチェックした。(2007/2/28)

ワンセグ+2.8インチ液晶搭載のスライドモデル「D903iTV」、新規は3万円台前半
NTTドコモとしては2モデル目となる三菱電機製のワンセグケータイ「D903iTV」が発売した。都内量販店での新規契約は3万2550円(ITmedia調べ、以下同)。(2007/2/16)

ドコモの「F903iX」「D903iTV」「P903iTV」、auの「W52T」「W51SA」がモバイルSuicaに対応
JR東日本がモバイルSuica対応機種に、ドコモの「F903iX HIGH-SPEED」「D903iTV」「P903iTV」、auの「W52T」「W51SA」を追加した。(2007/2/16)

スライド型ワンセグ携帯「D903iTV」、2月16日に発売
ドコモの2モデル目のワンセグケータイ「D903iTV」が、2月16日から登場。19.8ミリのスリムなスライドボディに2.8インチのワイドQVGA液晶を搭載し、手軽にワンセグを楽しめる。(2007/2/9)

「D903iTV」の“ここ”が知りたい(1):
内蔵メモリの容量は?──「D903iTV」
厚さ19.8ミリのスライドボディにワンセグを搭載した三菱電機製の「D903iTV」。内蔵メモリの容量や、アンテナなしでもワンセグ視聴は可能かについて質問が寄せられた。(2007/2/7)

「903iTV」シリーズの“ここ”が知りたい(1):
FOMAカードを抜いても、ワンセグを見られるか――「903iTV」シリーズ
ドコモ初のワンセグケータイ「P901iTV」はSIMカードを抜いてもワンセグ放送を視聴できたが、「D903iTV」「P903iTV」「SH903iTV」などの903iTVシリーズではどうだろうか。試作機を検証する機会を得たので、確認してみた。(2007/2/5)

ドコモのワンセグ、HIGH-SPEED新モデルの“ここ”が知りたい──読者の質問を大募集
ドコモが2006年10月に発表したワンセグ、HIGH-SPEEDの新モデルがいよいよ登場します。ITmediaでは「F903iX HIGH-SPEED」「P903iX HIGH-SPEED」「D903iTV」「P903iTV」「SH903iTV」の5機種について読者の皆さまからの質問を募集します。(2007/2/1)

ドコモのワンセグとHSDPA端末、2月から順次登場
ドコモが2006年10月に発表した903i系企画端末「D903iTV」「P903iTV」「F903iX HIGH-SPEED」「SH903iTV」「P903iX HIGH-SPEED」の発売時期が明らかになった。2月から順次発売予定としている。(2007/1/19)

スライド+2.8インチ液晶のワンセグ携帯──「D903iTV」
スライド携帯にワンセグが載った──。三菱電機製の「D903iTV」は、2.8インチのワイド画面でワンセグを視聴できる。(2006/10/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。