ニュース
» 2007年02月16日 01時17分 公開

ドコモの「F903iX」「D903iTV」「P903iTV」、auの「W52T」「W51SA」がモバイルSuicaに対応

JR東日本がモバイルSuica対応機種に、ドコモの「F903iX HIGH-SPEED」「D903iTV」「P903iTV」、auの「W52T」「W51SA」を追加した。

[後藤祥子,ITmedia]

 JR東日本がモバイルSuica対応機種に、NTTドコモのHSDPA端末「F903iX HIGH-SPEED」、スライド型ワンセグ携帯「D903iTV」、回転2軸ボディのワンセグ携帯「P903iTV」、auの“ほぼ全部入り”携帯タイトル「W52T」、コンパクトなスライドワンセグケータイ「W51SA」を追加した。

Photo 左からドコモの「F903iX HIGH-SPEED」「D903iTV」「P903iTV」

Photo 左からauの「W52T」「W51SA」

 携帯キャリア各社の2007年春モデルでは、ほかにもドコモの「F703i」「N703iD」「P703i」「SH703i」「N902iL」、ソフトバンクモバイルのPANTONEケータイ「812SH」、auの「W51P」「W51K」「W51CA」「W51H」「W43H II」がモバイルSuica対応機種に認定されている(記事1記事2参照)。

 なおJR東日本は、2月15日にドコモ向けのモバイルSuicaアプリをバージョンアップする予定で、ドコモの903i/703iのモバイルSuicaユーザーにバージョンアップするようアナウンスしている。対象となるのは、2007年1月31日以前にモバイルSuicaの会員登録や機種変更などを行い、継続して利用している903i/703iシリーズユーザー。2007年2月1日以降に、会員登録、機種変更などを行っている場合は対象外となる(2月14日の記事参照)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう