1Gバイトのメモリを内蔵したスライド型ワンセグ端末──「W51SA」

» 2007年01月16日 13時05分 公開
[園部修,ITmedia]

 「W51SA」は、三洋電機製端末としては「W31SA II」以来となるスライド型のボディを採用したワンセグ対応WIN端末だ。折りたたみ型だった前モデル「W43SA」とはがらりと印象が変わっている。

Photo スライドボディのワンセグ携帯「W51SA」

 かたまり感のあるボディは「PARADOX」をテーマとしたデザインで、複数のレイヤーからなるカラーリングを装う。ゲームコントローラーのようなキーデザインや、段差をつけたダイヤルキーなど、スタイルと使いやすさを両立させている。

 メインディスプレイは2.6インチのQVGA液晶で、W43SAに引き続き、ワンセグ端末で一般的なワイドディスプレイではなく、従来通りアスペクト比は4:3となっている。パネルには、広視野角が170度と大きく、視野角による色やコントラストの変化が少ない高画質なIPS液晶を採用している。

 音楽機能も充実しており、LISMOに加えてSD-Audioの再生にも対応。FMトランスミッターを搭載しており、FMラジオを利用して音声をカーステレオやコンポから再生できる


機種名 W51SA
サイズ(幅×高さ×厚み) 51×105×21ミリ
重さ 約146グラム
連続通話時間 約280分
連続待受時間 約290時間
カメラ AF付き有効199万画素CMOS
内蔵メモリ 約1Gバイト
外部メモリ microSD(別売り/最大2Gバイト)
メインディスプレイ 2.6インチTFT液晶(240×320ピクセル)
サブディスプレイ
ボディカラー グラスグリーン、アイボリーホワイト、モダンブラック

新機種はいつ発売?と思ったら→「携帯データBOX」
  • 各キャリアの「新機種発売日情報」
  • 未発表の端末情報をお届けする「JATE通過情報」
  • 新機種の売れ筋が分かる「携帯販売ランキング」

携帯データBOXそのほか、各端末情報が一望できる“機種別記事一覧”が新登場〜いますぐパワーアップした携帯データBOXをチェック!
携帯データBOXは、ITmediaモバイルトップページのメニューバー右側からもアクセスできます。


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年05月23日 更新
  1. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダーを実際に試してみた 画質やWi-Fiスマホ連携の使い勝手を検証 (2024年05月21日)
  2. 貼り付ければOK、配線不要の小型ドライブレコーダー発売 スマート感知センサーで自動録画 (2024年04月25日)
  3. メルカリでiPhoneが高値で取引されているワケ 出品のハードルを下げる取り組み始動 (2023年09月14日)
  4. 日本のApple Watchで「心房細動履歴」を利用可能に 不整脈の改善につながる情報を提供 (2024年05月22日)
  5. ダイソーで買える550円のスマホ向けカメラグリップを試してみた “あのライカ監修スマホ”が気になってしょうがない人に向いてる? (2024年05月20日)
  6. Apple Watchを外出時にほぼ持ち出さなくなった理由 (2024年05月19日)
  7. XREALとRokidの“いいとこ取り” 新スマートグラス「VITURE Pro」は調光や視度調整に対応 GACKTコラボモデルも登場 (2024年05月21日)
  8. 「即決禁止」の独自ルールも あなたの知らない「メルカリの世界」(前編) (2018年05月01日)
  9. 身に着けられる小型ドライブレコーダー&防犯カメラ「ライフレコーダー128」、クラウドファンディング開始 (2024年03月21日)
  10. ミッドレンジ「Xperia 10 VI」の進化ポイントを解説 デザイン刷新でも21:9ディスプレイ続投の理由は? (2024年05月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー

2024年