写真で解説する「W51SA」(1/2 ページ)

» 2007年01月17日 23時56分 公開
[青山祐介,ITmedia]

 三洋電機製端末としては、「W31SA II」以来約1年半ぶりとなるスライドケータイの「W51SA」。ワンセグの最長連続視聴時間を約5時間に延ばしたほか、2.6インチのQVGAディスプレイにIPS液晶を採用するなど、ワンセグの視聴環境をさらに充実させているのが特徴だ。

 本体には、このワンセグの番組をはじめ、LISMOやSD-Audioなどのコンテンツをたっぷりと保存できる1Gバイトものメモリを搭載。さらに、こうしたコンテンツを再生すると同時に、内蔵のFMトランスミッター機能を利用すれば音声をカーオディオなどで楽しむこともできる。

PhotoPhotoPhotoPhoto 三洋製端末としては「W31SA II」以来となるスライド型のボディを採用。表面はクリアパーツで一体成型し、フルフラットを実現した。左側面にmicroSDカードスロットと充電/通信端子を、右側面に平型イヤフォン端子と上下キーを備える。裏面には撮影補助用ライトとカメラが位置する
PhotoPhoto 天面に赤外線通信ポートを用意。ワンセグやFMラジオ用のロッドアンテナもここに収納されている。底面には端子類が一切ない

アンテナはワンセグ、FMラジオ、FMトランスミッターを兼用

 W51SAのデザインは、スライド形状を採用したことで、折りたたみ型の「W43SA」と比べると大きな変化を遂げている。ボディのディスプレイ側は、クリアパーツで一体成型したフォルムを採用。ボディカラーはグラスグリーン、アイボリーホワイト、モダンブラックの3色が用意されている。

 グリーンとホワイトはダイヤルキー面にガンメタリックをあしらい、その縁取りを側面まで回り込ませて、ボディサイドのアクセントとしている。アイボリーホワイトは、ホワイト、グレーの組み合わせに加えてボルドーを指し色にしてよりエレガントさを演出。またグリーンは、本機がFMトランスミッターを内蔵するなど音楽を意識していることもあって、“auケータイで楽しむ音楽”のキーワードであるLISMOを連想させる色味となったようだ。

PhotoPhotoPhoto カラーバリエーションはアイボリーホワイト、モダンブラック、グラスグリーンの3色
Photo アイボリーホワイトのみ、白×グレーに加えて、「ボルドー」を側面のストライプとカメラのレンズ周りに差している

 スライド機構はオープン用のボタンなどを持たず、ユーザーの手で開閉する仕組み。もちろん「スムーススライド」機構により、片手で簡単に開閉できる。また、ワンセグ視聴時はスライドを閉じた状態でも十字キーの“マルチファンクションキー”とソフトキーで音量やチャンネル、表示モードの切り替えができる。独立したクリアキーを、ダイヤルキー側ではなく十字キーの近くに配する点には非常に好感が持てる。ディスプレイには800:1のハイコントラストと170度の広視野角を持つ2.6インチIPS液晶を採用。ただし他社のモデルと違って、ワイドパネルではない。

PhotoPhoto スライド機構は片手で簡単に押し上げられるよう配慮された「スムーススライド」。ダイヤルキーには若干傾斜をつけて押しやすさに配慮した。マルチファンクションキーはゲームコントローラーのような形状の十字キーを採用。これでPCサイトビューアーのポインタも操作する

 背面には199万画素のオートフォーカス(AF)付きカメラとライト、表示ランプが並ぶだけのシンプルなデザイン。カメラは動画撮影時もAFが作動し、VGAサイズの長時間ムービーの撮影も可能だ。最大2Gバイトまでに対応しているmicroSDは、左側面の専用スロットに格納。右上角に収納されるアンテナは2段式ロッドアンテナで、これはFMラジオの受信とトランスミッターの送信用としても機能する。

PhotoPhoto ワンセグ視聴時、EZ・FM聴取時、FMトランスミッター使用時は2段式のロッドアンテナを引き出して利用する
PhotoPhoto カメラはAF付きの199万画素CMOS。これは基本的にW43SAから変わっていない。microSD用のスロットは、裏面から見て右上側に装備する

 スピーカーはメインディスプレイの下端寄りに配され、手前向きに縦長の開口部、左右側面にパンチメタルで覆われた開口部を持つ。一方マイクは、ステレオのICレコーダーと共用でキー側ボディの下端左右に穴が開けられている。今回のモデルは音楽にこだわりを持つだけあって、音には細心の注意が払われているようだ。

Photo スピーカーはディスプレイのずっと下、発話/終話キーの横にある。開口部は手前と横にそれぞれ用意している。
       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月26日 更新
  1. iPhoneのSuicaが改札で反応しない原因は? 対処法も解説 (2024年06月25日)
  2. 中国スマホが“とある場所”で「消しゴムマジック」を使えないワケ 実際に検証してみた (2024年06月25日)
  3. マイナンバーカードで本人確認できる「デジタル認証アプリ」が登場 使い始めるには? (2024年06月24日)
  4. 小型スマートフォンを使っていますか? 今後使いたいですか? (2024年06月25日)
  5. 「OPPO Reno11 A」はどこがお得? Y!mobile、楽天モバイル、IIJmio、mineo、メーカー直販を比較 (2024年06月24日)
  6. ハイエンドスマホを毎年格安で機種変更 ソフトバンクの「新トクするサポート(プレミアム)」をオススメできる人、できない人 (2024年06月24日)
  7. スマホ用カメラグリップ「SNAP CAM」発売 シャッターボタン付きでモバイルバッテリーにもなる (2024年06月24日)
  8. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  9. “プロ仕様”の撮影ができるカメラアプリ「Blackmagic Camera」のAndroid版が登場 Google Playで無償配布 (2024年06月24日)
  10. auが新料金プラン「スマホスタートプランベーシック 5G/4G」を7月1日から提供 22歳以下なら1年間は月額2178円(Amazon Prime Studentの1年間利用権付き) (2024年06月25日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー