ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「認知症」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「認知症」に関する情報が集まったページです。

高根英幸 「クルマのミライ」:
“高齢”免許を定年制にすべきか? マツダ福祉車両から見るミライ
裁判の進捗状況に怒りを覚えた方も少なくないのではないか。「上級国民」という流行語を生んだ、池袋暴走事故を起こした旧通産省工業技術院の元院長飯塚幸三被告(89)の態度である。在宅での起訴となり、供述ではペダルの踏み間違いを認めていたにもかかわらず、裁判に入るや供述を覆し、クルマの故障を訴えだしたのだから、国民の感情を逆なでしたことは間違いない。(2021/3/1)

医療機器ニュース:
酸化ストレスを検出する量子センサーを開発
量子科学技術研究開発機構は、体内の酸化ストレス状態を可視化するため、強い蛍光を発する量子ドットとMRI造影剤を組み合わせた量子センサーを開発した。酸化状態と抗酸化状態の両方を捉える双方向センサーだ。(2021/2/22)

医療機器ニュース:
AIを活用した画像解析ソフトウェアの機能を強化
シーメンスヘルスケアは、画像解析ソフトウェア「AI-Rad Companion」に医療機器認証済みの3つの新シリーズを追加した。臓器画像の細分化や自動計測が可能で、診断に活用できる。また、胸部CT画像AI解析受託技術サービスに肺密度計測を追加した。(2021/2/10)

ゲームで遊ぶと仕事力もアップ? FPSで「課題遂行能力」向上 レノボなど実験
FPSゲームをプレイすると、仕事や勉強などにも関係する「課題遂行能力」が向上するとレノボが発表。FPSプレイ前後に、課題遂行能力を測るテストを行ったところ、プレイ後の方が成績が良かったという。(2021/1/27)

「何で体が悪いのにはたらこうとするの?」 今は亡き祖母につらくあたった後悔を描いた漫画、悲しい表情に考えた“はたらく意味”
同じような後悔を抱えている人もいるのでは。(2021/1/23)

医療技術ニュース:
ビタミン代謝物を簡単に定量できる超分子バイオセンサーを開発
金沢大学と京都大学は、生体試料中のビタミン代謝物を迅速かつ簡便に定量できる超分子バイオセンサー「P6A」を開発した。検体とP6Aを混合して蛍光測定するだけで、熟練スキルと多大な時間が必要だった従来法と同等の結果を得られる。(2021/1/5)

医療機器ニュース:
小脳の機能から早期認知症リスクを検知するサービスの共同開発を実施
ACCESSと金沢大学は、加齢や認知症の進行により小脳のフィードフォワード制御が不得手になることに着目し、早期認知症リスクを簡易に検知するスマートフォン向けサービスの開発に向けた共同研究を実施している。(2020/12/25)

デジタル遺品、もうキてる? まだキていない?:
コロナ禍はデジタル終活にどう作用するのか――「第4回 デジタル遺品を考えるシンポジウム」レポート
もし自分が突然この世から去った場合、スマートフォンやタブレット、PCの中身はどうなるのか。残された人たちはどうすればいいのか。今何ができるのか、何をしなければならないのかを考えるシンポジウムがオンラインで開かれた。その模様を振り返る。(2020/12/17)

高齢者の活動を検知:
IoT電球を使って高齢者の日常生活に異常がないかどうかを検知
NTTレゾナントとユニマットRCは、高齢者の自宅に設置したIoT電球の点灯情報から高齢者の行動パターンの変化を求め、AIによって高齢者の日常生活機能の低下リスクを推定する「でんきゅうAIレポート」を共同開発した。(2020/12/10)

「親切な人にみつけてもらってね」と動物を遺棄する行為は、一見優しそうに見えても犯罪者のせりふ―― ACジャパンの広告に「ホントにそうだと思います」と高橋名人も同意
「飽きたから捨てるとかありえない」(2020/12/6)

発売前の新曲はラジコでチェック ラジオの可能性は
ラジオは最近の巣ごもり生活、在宅勤務の広がりで再評価されている。これまではリスナーの人口が把握し切れていなかったが、詳細な調査も始まり、リスナーの聴き方や広告効果の測定などもできるようになってきている。(2020/12/4)

Google系列のDeepMind、AIシステム「AlphaFold」で「タンパク質折りたたみ問題」で大飛躍 新薬開発への重要な一歩
Alphabet傘下のDeepMindのAIシステム「AlphaFold」が、世界的なタンパク質構造予測コンペ「CASP」で飛躍的なハイスコアを出した。「解明には宇宙の年齢よりも長い時間がかかる」とされる「タンパク質折りたたみ(フォールディング)問題」の解明への大きな一歩だ。(2020/12/1)

製造マネジメントニュース:
オフィス事業から脱却するコニカミノルタ、画像IoTプラットフォームが成長基盤に
コニカミノルタが同社グループの中長期の経営戦略を説明。市場縮小が加速している複合機を中心としたオフィス事業について、デジタルソリューションを含めたデジタルワークプレイス事業への転換を進めるとともに、プロフェッショナルプリント事業、インダストリー事業、ヘルスケア事業を拡大させていく方針だ。(2020/11/27)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
AIを活用する新型コロナウイルス対策
新型コロナウイルス感染症の広がりを防ぐためにAIを用いることが多くなってきているが、AIならではの危険性も指摘されている。(2020/11/27)

ITは令和の回覧板 高齢者の孤立・健康対策に活用
新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、地域の住民や離れて暮らす家族との交流が減り、孤立化や体力低下が懸念される高齢者の暮らしを支えようと、テレビやコミュニケーションロボットなどの活用を試みる自治体が増えている。(2020/11/25)

スピン経済の歩き方:
「我慢の3連休」だったのに、なぜ人は「経済」を優先したのか
新型コロナの感染者が急増したことで、日本医師会が「我慢の3連休」を呼びかけたにもかかわらず、観光地や繁華街などでは多くの人が訪れていた。なぜ感染者が増えているのに、人は街中を歩くのか。その背景に……。(2020/11/24)

AIに負けるな──イーロン・マスク「Neuralink」の狙いは「人類の能力の拡張」 脳を読み取る「ブレイン・マシン・インタフェース」開発の今
イーロン・マスク氏が立ち上げたNeuralinkを中心に、「ブレイン・マシン・インタフェース」開発の今を解説する。(2020/11/25)

音楽で記憶がよみがえる? 「白鳥の湖」を流すとアルツハイマー病の元バレエダンサーが優雅に踊りだす動画に反響
繊細な動きがすてきです。(2020/11/14)

ロボットにあえて“足りない部分”を作る理由 ヒトとロボットのコミュニケーションのためにメーカー3社が考えた方法
ヒトとロボットのコミュニケーションはどのように起き、ロボットはどのようにして家庭に受け入れられていくのか。「CEATEC 2020」の講演でロボットメーカーの3社がヒトとロボットのコミュニケーションの在り方について対談した。(2020/11/9)

医療機器ニュース:
高齢化社会における医療、介護リスクへの対応と課題解決に向け協業を開始
FRONTEOと日本マイクロソフトは、高齢化による医療、介護リスクへの対応と課題解決につながるソリューションの提供に向け、協業を開始した。第1弾として、認知症診断支援AIシステムを開発する。(2020/11/4)

【料理で事故った体験談】おばあさんからもらった“新品種のニラ”を食べたら、父が3日間生死の境をさまよった話
一緒に食べた他の家族も入院。(2020/11/9)

日本マイクロソフトがFRONTEOと協業 “認知症診断AI”の基盤にAzure提供
日本マイクロソフトがFRONTEOと医療向けITの分野で協業。医療機関の負担増を防ぐソリューションなどを共同開発する。FRONTEOが共和薬品工業と組んで進めている、AIを活用した認知症の診断支援システムの開発にも協力する。(2020/10/21)

政府の意見募集サイト「デジタル改革アイデアボックス」盛況 3日で900以上の意見集まる
デジタル化推進についての意見を、政府が国民から募る「デジタル改革アイデアボックス」。3日で1200人以上が登録し、900以上のアイデアと、1300以上のコメントが寄せられるなど、賑わいをみせている。(2020/10/12)

スマホで写真付き往復はがきを送れる「マゴ写レター」 孫と祖父母の交流に
日本郵便は、9月17日にスマホから写真付き往復はがきを送れるコミュニケーションサービス「マゴ写レター」をリリース。価格は500円(税込み)で、11月5日の「祖父母との交流・いい孫の日」ごろに届く予定。(2020/9/18)

ドコモ、「らくらくスマートフォン F-42A」を9月23日発売 税込み約4万円
NTTドコモは、9月23日に「らくらくスマートフォン F-42A」を発売。4.7型の有機ELディスプレイや、よく利用するアプリを配置できる「スマホかんたんホーム」を備え、フリック入力での文字入力をサポートする「らくらくタッチ」などの機能を搭載する。(2020/9/15)

「食ってくれうめえんだよ!」 旬のくだものを食べさせたいオヤジ VS たくさんは買えない一人暮らし女性 青果店での優しいバトル描いた漫画
くだものが、食べたい!(2020/9/15)

イノベーションは日本を救うのか(37)番外編:
コロナ後の新しい価値観を探る 〜3つのウェルネスとデジタルアクセラレータ
コロナ禍は、新しい価値観を探る機会なのではないか。こうした中、筆者は最近、今後の世界観あるいはフレームワークとして、「3つのウェルネスとデジタルアクセラレータ」を提唱している。今回は番外編として、これらの考え方を紹介したい。(2020/9/16)

Innovative Tech:
カメラなしでも全行動を文章で記録する「RF-Diary」 RF信号でライフログ技術、MITが開発
周波数変調連続波を使い、レーダーのように人の動きを記録する。(2020/9/10)

宇宙では加齢変化が加速 ISS「きぼう」でのマウス実験から明らかに 加速を食い止める遺伝子も発見
東北大学は9月9日、国際宇宙ステーション(ISS)でマウスの飼育実験を行った結果、宇宙への長期滞在で加齢変化が加速することが分かったとする研究を発表した。(2020/9/9)

終わらない“3.11”の希望、何度でも立ち上がる姿に涙 柴犬が主人公の漫画『柴ばあと豆柴太』連載第6回
連載は最終回ですが、単行本の発売が決定しました!(2020/8/23)

【“おばけ探知機”開発者の本当にあった怖い話】第6夜「焼死したおじいさんの事故物件調査・前編」
おばけ探知機が江戸時代の処刑場跡レベルの反応を示す事故物件。(2020/8/27)

父親の保険金を受け取った娘が墓も仏壇も買わずに音信不通に 相談者の「悔しい」が切ない「テレフォン人生相談」先週のハイライト
「厳しすぎない!?」と思った回。(2020/8/10)

組み込み開発ニュース:
AIカメラなどで業務時間を91%削減、パナソニックの介護施設向け新サービス
パナソニックは2020年7月13日、AIカメラや体動センサーを組み合わせたシステムをベースとする介護業務支援サービス「ライフレンズ」を同年7月から提供開始すると発表した。室内の状況を自動的に把握するシステムによって、介護施設における夜間見回りなどの業務効率化を目指す。(2020/7/15)

その振り込み、詐欺かも? 口座の「違和感」をAIで可視化 福岡銀行が試験導入
福岡銀行が、詐欺や払い過ぎを検知する口座見守りサービスのテスト版を一部の口座保有者に提供。支払いデータをAIが分析し、変化の兆候をスマホアプリで確認できるようにする。(2020/7/14)

実施予定のAI施策を時系列で示す:
医療AI開発の課題解決に向けた取り組み 厚生労働省が公開
厚生労働省は「保健医療分野AI開発加速コンソーシアム」で決定された工程表を公開した。工程表の公開に当たり「AIを用いた機器などを医療現場に導入、利活用することに伴う課題などについても議論を開始する必要がある」との見解を示した。(2020/6/25)

連日車中泊、家族からも偏見……コロナ禍の看護師たちの生活を描いた漫画が壮絶 「こんなことになってるなんて」
フィクションながら、取材を元に描かれています。(2020/6/24)

自称“0.2発屋芸人”ですよ。の最近は謝罪代行が大人気! 全力の「あ〜いとぅいまて〜ん」にTwitterで依頼殺到
座右の銘は「さんずの川まで、あ〜いとぅいまて〜ん」だというですよ。さんを取材しましたYO!(2020/7/5)

医療技術ニュース:
ヒト脳の老化進行を評価する新しい加齢バイオマーカーを発見
理化学研究所は、磁気共鳴画像法の新しい手法を用いて、ヒトの脳の静脈排出パターンが加齢とともに変化することを発見し、加齢や脳損傷に伴う静脈排出不全が脳室の拡大を引き起こすメカニズムを示した。(2020/6/10)

共和薬品とFRONTEO、“AIで認知症診断”実現へ提携強化 医師・患者の会話から重症度など判定 23年度の薬事承認目指す
共和薬品工業とFRONTEOが、AIを活用した認知症診断システムの実用化に向けて提携を強化。2023年度中の薬事承認を目指し、2020年度中に特許を取得する計画。将来は、診断で蓄積するビッグデータを使った健康管理アプリの開発も目指す。(2020/6/3)

君はAmazonプライムビデオに溢れる“謎映画”を知っているか? 「カメラは止めない!」「何か」「黒可能打開白皿」
めちゃくちゃいっぱいある。(2020/5/29)

コロナ禍を機に考える「定年後の自分」(5):
家の中でも管理職のように振る舞い、嫌われる65歳元大手電機メーカー役員のリアル
今回のコロナ禍では一部の高齢者による地域社会でのモラルが皆無な行動に対し、「暴走老人」などといった批判が生まれ、新たな火種となりそうな状況です。医学博士の高田明和氏が、50代のうちに「定年後の自分」に早く向き合う必要性を事例とともにお伝えします。今回は、定年後に地域や家庭で孤立を深めていった男性の事例です。(2020/5/24)

コロナ禍を機に考える「定年後の自分」(4):
コンビニやスーパーのレジで暴言 妻に先立たれた61歳元部長がクレーマーと化す現実
今回のコロナ禍では、一部の高齢者による地域社会でのモラルが皆無な行動に対し、「暴走老人」などといった批判が生まれ、新たな火種となりそうな状況です。医学博士の高田明和氏が、50代のうちに「定年後の自分」に早く向き合う必要性を事例とともにお伝えします。今回は、定年後に地域や家庭で孤立を深めていった男性の事例です。(2020/5/23)

医療AI:
PR:基礎から分かる「医療AI」、活用のポイントは
医療分野でAI活用を進める「医療AI」への期待が集まっている。医用画像から熟練者でも見落とすような病変をAIが見つけ出したなどの報道に注目が集まりがちだが、実際には医療AIの活用範囲は幅広い。「医療AIとディープラーニングシリーズ Pythonによる医用画像処理入門」を上梓した北海道情報大学の上杉正人氏と原田学園の平原大助氏に、医療AIの活用ポイントについて聞いた。(2020/5/21)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
誰も頼れず孤独死も…… 新型コロナがあぶり出す、家族と社会の“ひずみ”
新型コロナ感染拡大によって、孤独死の問題も表面化している。家族のカタチは大きく変わり、頼ることができる「家族」がいない人も増えている。一方で、日本社会は40年前の「家族による自助」を前提とした理念と仕組みを踏襲し続けている。(2020/5/8)

おうちで買い物を楽しんで……外出できないおばあちゃんを思いやったサプライズに称賛
海外ではテレビ番組で取り上げられるなど、世界中から称賛が集まっています。(2020/5/4)

スピン経済の歩き方:
「喫煙者は新型コロナにかかりにくい」 まさかの新説は本当か
アメリカやフランスの研究チームが、ちょっと信じられない研究結果を発表した。「喫煙者は新型コロナにかかりにくい」というのだ。まさかの新説の裏に何があるのか。(2020/4/28)

コロナ禍を機に考える「定年後の自分」(3):
中高年引きこもり61万人の衝撃 62歳独身男性が「定年を機に引きこもる」現実
今回のコロナ禍では日本全体が緊張感につつまれるなか、一部の高齢者による地域社会でのモラルが皆無な行動に対し、「暴走老人」などといった批判が生まれ、新たな火種となりそうな状況です。一方で、高齢者がなぜそのような行動に走るのかを、自分の将来の姿に重ね合わせながら考えるきっかけにもなった人は多いのではないでしょうか。今回は、定年を機に家に「引きこもるだけ」の毎日を送る男性の事例です。(2020/4/25)

コロナ禍を機に考える「定年後の自分」(2):
コロナ禍を機に考える「定年後の自分」 60歳元社長を襲う孤独感「定年後の男性はひとり」
回のコロナ禍では日本全体が緊張感につつまれるなか、一部の高齢者による地域社会でのモラルが皆無な行動に対し、「暴走老人」などといった批判が生まれ、新たな火種となりそうな状況です。医学博士の高田明和氏が、50代のうちに「定年後の自分」に早く向き合う必要性を事例とともにお伝えします。今回は、定年後に地域や家庭で孤立を深めていった男性の事例です。(2020/4/19)

コロナ禍を機に考える「定年後の自分」(1):
コロナ禍を機に考える「定年後の自分」 62歳元部長が地域で悪態をつき孤立する現実
「朝、店頭に並べない現役世代を尻目にマスクを買いだめする老人」「本当は在庫を隠しているのだろうと店員に食い下がる高齢男性」「列に割り込み、注意した人に暴力を振るう70代男性」……。今回のコロナ禍では日本全体が緊張感につつまれるなか、一部の高齢者による地域社会でのモラルが皆無な行動に対し、「暴走老人」などといった批判が生まれ、新たな火種となりそうな状況です。医学博士が、50代のうちに「定年後の自分」に早く向き合う必要性を事例とともにお伝えします。今回は、定年後に地域や家庭で孤立を深めていった男性の事例です。(2020/4/18)

大原雄介のエレ・組み込みプレイバック:
Folding@Homeに多数のユーザーが集まった理由
エレクトロニクス/組み込み業界の動向をウオッチする連載。今回は、2020年3月の業界動向の振り返りとして、相次いで発表されたサーバ向けArm SoCの話題と、新型コロナウイルス関連で注目を集めるFolding@Homeについてお届けする。(2020/4/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。