ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「テレビドガッチ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「テレビドガッチ」に関する情報が集まったページです。

見逃しても大丈夫!?:
TBS、秋の連ドラを中心に1週間無料配信「TBSオンデマンド見逃しキャンペーン」
TBSは10月16日から、「MOZU Season2〜幻の翼〜」など秋の連続ドラマを中心に、初回放送から1週間無料配信キャンペーンを実施する。配信はTBSホームページのほか、GyaO!、YouTubeなどでも実施。(2014/10/9)

片岡義明の「こんなアプリと暮らしたい」:
プレゼント告知や番組観覧案内も――民放5社とNHK共同によるテレビ情報アプリ「ハミテレ」
テレビ番組表をチェックできるアプリは数多くあるが、「ハミテレ」は番組表だけでなく、参加型番組情報やテレビに関連したニュースもまとめて見られるのが特徴だ。(2014/5/1)

携帯から据置へ変身!〜「PlayStation Vita TV」はリビングエンターテイメントの一翼を担えるか?
海の向こうでは「PlayStation 4」の販売開始に沸く一方、日本では「PlayStation Vita TV」が発売された。エンターテイメントプレーヤーとしての側面もある同機をさっそくチェックしていこう。(2013/11/19)

プレゼントキャスト、テレビ番組配信サービス「テレビドガッチ」をソニー“ブラビア”に提供
プレゼントキャストは、ソニーの液晶テレビ「ブラビア」向けネットワークサービス「Sony Entertainment Network」上において、テレビ番組配信サービス「テレビドガッチ」を開始した。(2012/11/15)

「勇者ヨシヒコと魔王の城」、48時間限定でネット無料配信
2期「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」のテレビ放送前におさらいしておこう。(2012/9/28)

インパルスモード搭載:
ソニー、「スマート高画質」の“ブラビア”春モデルを発表
ソニーが液晶テレビ“BRAVIA”(ブラビア)の2012年春モデルを発表。ブラウン管のインパルス駆動を模した「インパルスモード」搭載機やBDレコーダー一体型など、5シリーズ14モデルをラインアップ。(2012/3/23)

Windows Phone “Mango”にも対応:
ミルモと電通、デバイスやOSを問わないコンテンツ配信プラットフォームをリリース
ミルモと電通は、マルチOS、マルチデバイスが特徴のコンテンツ配信プラットフォーム「ROTA2U」をリリースした。DRMにはMSのPlayReadyを採用し、クラウドサービスの「Windows Azure」を利用した柔軟な運用が行える。(2011/7/1)

ニンテンドー3DS向け 「豆しば(仮)」今秋発売
テレビCMでさまざまな豆知識を披露するキャラクター「豆しば」が、ニンテンドー3DS向けゲームとして登場。豆しばとのコミュニケーションのほか、他プレイヤーの豆しばとの交流も楽しめる。(2011/6/1)

テレビドガッチ、キー局動画の有料配信スタート
動画ポータルサイト「テレビドガッチ」が、民放キー局が配信する動画を集約し、一部動画の有料配信をスタートした。(2010/3/23)

TBS、番組を広告付きで無料配信 「イロモネア」「ラブシャッフル」で実験
TBSはドラマやバラエティ番組を広告付きで無料配信する実験を行う。(2009/2/2)

民放の動画ポータル「DOGATCH」正式サービス開始
(2006/12/1)

DOGATCH、「世界バスケ」のハイライトを全80試合配信
動画配信ポータルサイト「DOGATCH」では、「2006年FIBA バスケットボール世界選手権」の全試合ハイライト動画の放送を行う。(2006/8/17)

「DOGATCH」で民放ニュース動画配信
(2006/8/11)

がんばれニッポン:
ITでW杯を楽しむ3つ(+α)の方法
ついに開幕したワールドカップ。日本代表の試合も行われ(第一戦の結果は残念……)、注目度も高まっている。時差に負けず、めいっぱい観戦するためにITを活用しよう。(2006/6/14)

「テレビを楽しむネット」 民放・広告代理店連合のポータル始動
「テレビをもっと楽しむインターネット」――こんなコンセプトの動画ポータルサイト「DOGATCH」がプレオープンした。在京民放キー局5社と広告大手4社が共同出資したプレゼントキャストが運営する。(2006/6/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。