ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「点滴」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「点滴」に関する情報が集まったページです。

専門家のイロメガネ:
1億6000万円の新薬「ゾルゲンスマ」に異例の苦言がついた理由
ノバルティス・ファーマが開発したゾルゲンスマという薬が承認された。薬の価格は国内最高の1億6000万円。たいへん高い薬だと、メディアでも話題になったが、5月には保険の適用が決まっている。しかし、この価格が妥当かどうかについては疑問も出ている。加えて、ゾルゲンスマの審査報告書では製薬会社に対して異例ともいえる「苦言」が書かれている。(2020/6/18)

「家でゲームしながら酒を飲む時に最適なシステムを開発しました」 “ある医療器具”めいた悪魔の発明がヤバすぎ
みんなはマネしちゃダメだぜ。(2020/6/1)

便秘気味のネコを病院へ→まさかの解決法にほっこり! ネコちゃんの便秘解消エピソードを描いた漫画
便秘気味のネコちゃんのうんちは見ると笑顔になってしまう。(2020/4/5)

モト冬樹、妻が緊急入院で「大変なことになったぞ!」 腎盂腎炎で激しい痛み
ご無理なさらずに……。(2020/3/5)

高橋ユウが“出産レポ”動画を公開 逆子の外回転術での入院から帝王切開までの1日を夫の卜部弘嵩が撮影
出産前日〜当日の様子がしっかりと記録されています。(2020/2/10)

江端さんのDIY奮闘記 介護地獄に安らぎを与える“自力救済的IT”の作り方(4):
見せろ! ラズパイ 〜実家の親を数値で「見える化」せよ
介護にまつわる話題において、よく聞かれるのが「誰にも迷惑をかけたくない」という言葉です。この“迷惑”という観念に対する対処法を考える時に、外せないのが「尊厳死」と「安楽死」です。被介護人が、全く意思疎通ができない“ブラックボックス”のような状態になった時、あなたならどうするでしょうか。そして、自分がその立場ならばどうされたいでしょうか。後半では「ラズパイ」を使い、実家の親の日常を数値とグラフで「見える化する」方法をご紹介します。(2020/1/31)

真価を発揮するのは1年に1度だけ…… お坊さんが作った超ニッチなアプリが「じわる」「確実に誰かを救っている」
全国の除夜の鐘を鳴らすお坊さんに届け……!(2019/12/29)

加山雄三が脳梗塞でコンサートツアーの公演が延期 「自分としてはいたって元気にしています」
12月のコンサートは通常通り行うとのこと。(2019/11/12)

血液クレンジングに京都盛り上げツイート、ステマ騒動に学ぶSNSの自己防衛
10月はステマ疑惑が話題になった。「京都市盛り上げ隊」としてツイートしていたお笑いコンビ「ミキ」、血液クレンジングを繰り返し紹介していた芸能人たち、彼らはどこまで意図していたのか。(2019/11/7)

高畑充希「同期のサクラ」10年前の職場意識に言葉を失う2話 「応援団にいたから体力だけは自信ある」「大学の先輩に見捨てられたら終わり」って
椎名桔平の立ち位置が気になる。(2019/10/23)

「あたし大腸が無いの」 難病の漫画家がギャグ満載で描く闘病エッセイ漫画『腸よ鼻よ』単行本化
作者は「入院回数23回、手術10回」。(2019/9/10)

最終回直前考察「あなたの番です」 二階堂と黒島の愛も翔太との友情も壊れないでほしい、菜奈ちゃんへの愛も信じたい 3条件を満たす解決ルートを推理
だが、黒島を愛した男たちはつぎつぎと死んでいる事実。(2019/9/8)

19話直後考察「あなたの番です」黒幕は二階堂でも黒島でもない説 「ゾウさんですか、キリンさんですか」本当の愛が試される最終回を大胆推理
ラスト、二階堂の衝撃の行動! その真意を考察する。(2019/9/2)

iPS細胞の生みの親・山中教授が講演 「研究者になったワケ」「ゲノム編集への危機感」など語る
JSYが8月22日に開いた後援会に、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授が登壇。過去の経験や、科学技術の発展における懸念点などについて語った。山中教授が研究者を志したきっかけは、父親の死だったという。(2019/8/23)

医師「我慢強いと死ぬ」 腹痛だけど3日間病院に行かず……大変な状態になった実話漫画が教訓になる
痛みを感じたらすぐ病院に行きましょう。(2019/8/19)

ジャニーズは努力が9割【中編】:
滝沢秀明がジャニー喜多川の「後継者」となった理由
日本の芸能史を変えてきた男たちに学ぶ仕事術と人材育成術を3回に分けてお届けする中編。なぜ滝沢秀明はジャニー喜多川の「後継者」となれたのか? その理由に迫る。(2019/8/17)

点滴袋をテディベアで隠して怖くないように 難病と戦う12歳少女の発明、病気の子どもに無償で寄付
自分も点滴が怖かったという経験から発明。(2019/6/18)

富士通、プライベートLTE対応の法人スマホ「ARROWS M359」を発表 5G端末にも意欲
富士通コネクテッドテクノロジーズが6月7日に新製品説明会を開催。キャリア向けスマートフォン新機種の特徴を紹介するとともに、法人向けの新スマホを発表した。高田克美社長は、5G端末の投入についても意欲を見せた。(2019/6/7)

モノづくり最前線レポート:
デジタル技術が変革する新たな産業の姿、求められる技術と社会のバランス
「第8回 IoT/M2M展 春」(2019年4月10〜12日、東京ビッグサイト)の「デジタルトランスフォーメーションの最前線」をテーマとした特別講演に経済産業省 商務情報政策局 情報産業課 企画官の和泉憲明氏が登壇。「デジタルトランスフォーメーションの推進と組み込み、IoT業界における動向と展開」と題して、デジタルトランスフォーメーションの方向性について紹介した。(2019/5/31)

ZIGGY・森重樹一、声帯ポリープの除去手術を終える おちゃめな姿にファン安堵「本当に良かった…」
まだまだ歌声聞きたい。(2019/5/30)

猫の数だけ形がある 愛猫の最期に向き合うための1冊『まんがで読む はじめての猫のターミナルケア・看取り』
考えたくないけど考えておきたい。(2019/5/26)

保険適用が決まった白血病新薬「キムリア」、価格「3349万円」の理由は
公的制度によって患者の負担はかなり抑えられます。(2019/5/15)

水10「白衣の戦士!」にネット大荒れ 「ナースのお仕事」的王道コメディーテイストは吉とでるのか心配している
あまりにも「ナースのお仕事」。今にも「あ〜さ〜く〜ら〜!」が聞こえてきそう。(2019/4/17)

金銭の要求やIoTデバイスへの攻撃を防ぐ
結託する攻撃者、「野良IoTデバイス」が踏み台に サイバー犯罪の事例と対策
2018年の国内サイバー犯罪は金銭狙いの事例が目立った。IoTデバイスの普及に伴い、それらの脆弱(ぜいじゃく)性を突いた攻撃も盛んになっている。各分野における具体的な事件の例と対策を紹介する。(2019/4/2)

新規格「IEEE 802.11ac/ax」への移行が重要に
「IEEE 802.11a/b/g」時代の無線LANを使い続けるべきではない理由
旧型無線LAN機器のアップグレードを先延ばしにすることは危険だと、専門家は警告する。それはなぜなのか。(2019/3/25)

骨折して動けない…… 痛々しい姿で放置された犬を救助 新しい家族のもとへ
元気になって本当に良かった!(2019/3/17)

「救急車は“映えスポット”ではありません」「搬送中の写真撮影はやめて」 医師の注意喚起ツイートが話題に
ネット上では「緊急時にそんな余裕があるのか」と驚きの声。(2019/2/9)

もしも妊娠する可能性が男女平等になったら? 神様の気まぐれで妊娠してしまった男性描いた漫画に反響
一夜限りの関係で望まぬ妊娠をした男性の話。(2019/2/6)

高熱が1カ月続く“地獄の日々” 特効薬のない「菊池病」のつらさ、体験漫画で知る
特効薬はいまのところないそうです。(2018/11/2)

薬だけでなく患者個人に向き合う:
患者1000人以上がかかりつけ レジェンド薬剤師が貫く仕事の作法
患者の薬全般の指導を請け負う「かかりつけ薬剤師」の中でも1000人以上を担当する“レジェンド”な女性が日本調剤にいる。秘訣は患者に寄り添い心を開かせる接客にあった。(2018/8/21)

シンプルさと安全性が魅力の「パソコン決裁Cloud」:
PR:医療機器のエキスパート「臨床工学技士」 その意思決定を加速するクラウドツールとは?
患者の健康を守るため、人工呼吸器などの精密機器の保守・点検を日々行う専門職「臨床工学技士」。その職能団体「大阪府臨床工学技士会」が、稟議の起票・承認業務にクラウドサービス「パソコン決裁Cloud」を導入。意思決定に要する時間を大きく短縮したという。導入の前後で、業務はどう変わったのだろうか――。(2018/8/20)

世界を「数字」で回してみよう(51) 働き方改革(10):
高齢者介護 〜医療の進歩の代償なのか
今回から数回にわたり、働き方改革における介護を取り上げます。突然発生し、継続し、解決もせず、被介護者の死をもってのみしか、完了しない高齢者介護。まずは、私自身の体験に基づく、高齢者介護の実態について語ります。(2018/7/30)

驚きの黒さ! 益若つばさ、黒ギャル時代との “色違い”ぶりが完全に別人レベル
小悪魔から天使に変身した益若さん。(2018/7/19)

医療技術ニュース:
高濃度ビタミンCが、転移がん細胞の抑制に有効であることを発見
東京工科大学は、高濃度ビタミンC(VC)による、がん転移抑制メカニズムに関して新発見をしたと発表した。VCは血液を循環する転移がん細胞に対して、強い抑制作用があることが分かった。(2018/7/17)

熱中症から来る頭痛に頭痛薬は危険 血管を収縮させて腎臓にダメージ
自己判断で市販薬を使わず、まず薬剤師と相談するのが最重要。(2018/6/30)

0.5歩先の未来を作る医療IT
紙の問診票をタブレット問診やWeb問診ツールに置き換える5つのメリット
Webサイトやタブレットから入力できる「問診システム」が登場しましたが、いまだに紙の問診票を使い続けている診療所も少なくありません。問診システムに置き換えるメリットについて解説します。(2018/5/30)

いくらでも治療費払いたい! 土屋太鳳、“女版ブラック・ジャック”なナース姿にファンメロメロ
点滴1回で100万くらい取られそう。(2018/5/12)

伊達ちゃん早くツッコんで! サンド富澤、“ドバッと血尿が出た”「精巣上体炎」告白もボケが止まらない
これが芸人の性。(2018/5/11)

“はしか”による高熱と脱水で生命の危機 感染経験者が漫画でつづる生々しい体験談が注意喚起として広まる
「はしかの症状が疑われる場合はすぐに病院へ行かず、まずは保健所に連絡を」。(2018/5/2)

機械学習の参考事例:
Deep Learningが医療向けVR/MRサービスでどう活用されたのか
医療現場のCT画像から手術対象の臓器などをVR/MR用にSD立体化した事例において、ディープラーニングの技術はどのように選択され、活用されたのか。実際に取り組んだ手順で説明し、今後の展望についても紹介する。(2018/3/14)

「お酒をあまり飲まない私が」 腹部激痛でダウンのPUFFY大貫亜美、肝障害レベルの数値に驚き
12月20日の限定Ustream配信には出演予定。(2017/12/21)

「突発性難聴になったら全てを投げ捨てて、病院です」 どのくらいヤバいのか耳鼻科医に聞いてみた
早ければ早い方がいいそうです。(2017/12/18)

持ち主の急な出費で「お財布」さんが緊急入院 切ないイラストに「私の子も重症で」「大切にします」と反響
お財布さん、いつもごめんよ……。(2017/12/5)

定年バカ:
本当は「長生き」なんてどうでもいい
2017年7月、日本の平均寿命が発表された。男女とも過去最高で、男は80.98歳、女は87.14歳、ともに世界2位である。以前から「長寿大国ニッポン」と呼ばれているが、手放しで喜んでいいのだろうか。(2017/12/4)

医療技術ニュース:
手足を冷却して抗がん薬副作用のしびれを予防
京都大学は、抗がん薬の副作用であるしびれを、手足を冷却することで予防する手法を発表した。同成果により、患者が生活の質を維持しながら、安心して抗がん剤治療を受けられることが期待される。(2017/11/7)

シノプシスの取り組み:
ソフトウェアでもトレーサビリティの確保目指す
IoT(モノのインターネット)市場の成長に伴い、セキュリティへの懸念はますます高まっている。そうした中、Synopsys(シノプシス)は、ソフトウェアの品質と安全性を高める方法として「ソフトウェア・サインオフ」を提唱している。(2017/9/19)

医療技術ニュース:
がん治療薬の副作用で発症する重症筋無力症、重篤になりやすく入院長期化の傾向
慶應義塾大学は、がんに有効な治療薬「オプジーボ」を原因として発症する重症筋無力症の特徴を明らかにした。重症筋無力症を副作用として発症する頻度は低いが、薬によらない重症筋無力症と比べて、重篤になる確率が高いことが分かった。(2017/9/7)

テルモ テルフュージョン輸液ポンプ28型:
従来比30%軽量化した輸液ポンプを発売、外部通信にも対応
テルモは、従来機種から30%軽量化した「テルフュージョン輸液ポンプ28型」を販売開始した。従来機種から操作方法を変えることなく、近距離無線による外部通信機能などを追加している。(2017/9/4)

医療機器ニュース:
従来比30%軽量化した輸液ポンプを発売、外部通信にも対応
テルモは、従来機種から30%軽量化した「テルフュージョン輸液ポンプ28型」を2017年8月21日に発売する。従来機種から操作方法を変えることなく、近距離無線による外部通信機能などを追加している。(2017/8/17)

IDT FS1012/FS2012:
液体と気体に対応した流量センサーモジュール
IDTは、液体と気体の両方に対応した、MEMSベースのソリッドステート流量センサーモジュール「FS1012」と「FS2012」を発表した。可動部品や空洞部を覆う隔膜を削除し、SiC(シリコンカーバイド)コーティングによる保護を採用したことで高い耐衝撃性を備えた。(2017/8/8)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。