ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「点滴」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「点滴」に関する情報が集まったページです。

ココリコ遠藤の次男、ぐったりして“軽い脱水症状”と診断 元気ない姿に妻は「涙が出そうになります」
早く良くなりますように……。【追記】(2021/9/15)

愛猫が突然トイレでうずくまり嘔吐→病院に駆け込むと…… 尿路結石症の闘病漫画に「泣きました」「気を付けたい」の声
現在は元気になっています。(2021/9/11)

導入事例:
慶応大「キムリア」治療プロセス実施環境に、ダイダンの半開放型気流制御クリーンブースを導入
慶應義塾大学病院のヒト体細胞加工製品「キムリア」治療プロセス実施環境に、ダイダンが開発した半開放型気流制御クリーンブース「エアバリアブース」が採用された。(2021/9/8)

自宅療養者にポカリスエットを提供 「神対応」「太っ腹」と称賛の大塚製薬の取り組み、経緯を聞いた
自宅でのセルフケアを余儀なくされている人に、置き配でポカリを届ける取り組み。(2021/9/7)

コロナ症状管理システム「SHINGEN」稼働、山梨大が独自開発 外部への提供も
山梨大学が、独自開発した新型コロナウイルスの宿泊療養施設での患者症状管理システム「SHINGEN」を稼働させた。患者自身がスマートフォンに体温や症状などのデータを入力し、それを医療関係者が一元的に管理する。宿泊療養施設だけでなく、自宅療養を強いられている自治体でも活用できるため、外部への提供も検討する。(2021/8/30)

ぱんちゃん璃奈、金属片混入とは別ロットと訂正 ワクチン接種後にアナフィラキシーに、金属アレルギー明かす
ワクチン接種から12時間後に症状が出て顔が腫れ上がったとのこと。(2021/8/29)

中島知子、コロナ禍の発熱に怯えるも“膀胱炎”が発覚 「危ない状態でした」と腎盂腎炎の可能性も
中島さん「とにかく、トイレ我慢せぬよう」(2021/7/16)

ロボット:
コロナの集中治療室向け医療機器遠隔操作するロボットを開発、大成建設とNCGM
大成建設と国際医療研究センターは「集中治療室向け医療機器遠隔操作ロボット」を開発した。両社は、国際医療研究センターの病院で、非接触エリアから医療機器を遠隔操作し、集中治療室向け医療機器遠隔操作ロボットの操作状況や性能を検証した結果、医療従事者の感染リスクを減らせることが分かった。(2021/7/15)

薬丸裕英、ばね指の再・再発を報告 塗り薬麻酔の様子を公開し手術の可能性も示唆 「オペは避けたい……」
2020年5月・10月に発症を伝えていました。(2021/7/8)

「ミヤネ屋」蓬莱大介、幼少期の事故で“潰れた親指”公開 腱鞘炎の原因と推測「4本の指で負担がかかってるのかも」
事故の影響で曲がらないといいます。(2021/7/7)

子どもが夜中にぐったり、どうしよう…… 「#8000番」に相談して助かった実録漫画がホッとするし参考になる
救急車を呼ぶか迷ったときに。(2021/7/3)

がん闘病の大島康徳、肝臓に続いて肺への転移を告白 息苦しさに悩まされるも「大して成長してない」
ステージ4の大腸がん手術後、転移したがんの治療を続けていました。(2021/6/21)

入院したガンプラに接着剤の点滴? 病人風の旧ザクにセメダイン公式からも「お大事に」
もともと細い顔が、なんだかやつれたみたいに見えて切ない。(2021/6/21)

倉持由香、“約100万円”の出産費用に驚き 病院選びで反省も「分娩費用は保険適用して欲しいなあ」と正直な思い
倉持さん「こんなに費用差があると思わず決めてしまった」(2021/6/13)

岡田義徳、0歳次男がRSウイルス感染で緊急入院 涙を流した妻・田畑智子に「一番しんどいだろうな」
次男くんがんばれ。(2021/6/10)

コロナ禍でもスピーディーな開発を実現
DXで医療現場の未来を作れ 「レガシー」だった札幌の病院を変えた挑戦
数年前までPHSや旧来のシステムを使って業務を回していた病院は、あるきっかけでITシステムの総入れ替えを決意した。だが、コロナ禍でプロジェクトリーダーは現場に来られず、現場も激しく抵抗する。危機を乗り越えた起死回生の戦略とは。(2021/4/8)

49歳で第1子出産の小松みゆき、産後に感染症が判明 「全てにおいて回復が遅い」「年齢による辛いところ」と病室から報告
小松さん「全身か水ぶくれのように浮腫んています」(2021/2/24)

キンタロー。ビタミンD注射で肌が赤く腫れ炎症 “よかれと思って”が「こんな事になったら元も子もない」と反省
気を付けたい。(2021/2/19)

【子どもと遊んで事故った体験談】小学生に“心臓マッサージ”をされて感じた「ヤンチャって恐ろしい」
「願わくは、あんなトラブルが再び起こりませんように……」。(2021/4/14)

尾崎亜衣、子宮頸がん手術が原因の腸閉塞で入院 「昨日の地震は鼻チューブと点滴持ったまま逃げるのかとオロオロ」
現在の状況を伝えています。(2021/2/14)

木に登った猫ちゃんと窓越しの逢瀬 猫版「ロミオとジュリエット」なツーショットがドラマチック
本当はお見舞いに来ていたのかも?(2021/1/19)

脳こうそくで倒れた体験談漫画で分かる恐ろしさ 「良くなってきた」「大丈夫かな」と油断せず救急車を
躊躇せず(救急車を)呼びましょう。(2021/1/17)

「子どもが青アザで入院した」実体験漫画に反響 病名が分かるまでの不安や入院治療のつらさに共感の声
子どもが病気になったときにつらさがひしひしと伝わる。(2020/12/11)

【うっかりおうちで死にかけた】1人暮らし+飲まず食わず+熱中症→偶然来訪した父とパートナーのおかげで九死に一生、というお話
偶然に偶然が重なった、奇跡の救出。(2021/1/13)

蛯原英里、息子の“停留精巣”の手術が無事終了 「安堵感で涙がポロポロ出てしまいました」
無事終わって良かった。(2020/11/26)

【料理で事故った体験談】おばあさんからもらった“新品種のニラ”を食べたら、父が3日間生死の境をさまよった話
一緒に食べた他の家族も入院。(2020/11/9)

「血管が細い人にありがちなこと」漫画に「分かる!」の声 「両腕ボコボコ」「看護師さんが入れ替わり続け最後はラスボス登場」
お互い謝っちゃって気まずい。(2020/9/13)

「熱中症でボロボロになった」 救急搬送された体験談漫画であらためて知る怖さと予防の大切さ
人によっては長期戦に……。(2020/8/17)

専門家のイロメガネ:
1億6000万円の新薬「ゾルゲンスマ」に異例の苦言がついた理由
ノバルティス・ファーマが開発したゾルゲンスマという薬が承認された。薬の価格は国内最高の1億6000万円。たいへん高い薬だと、メディアでも話題になったが、5月には保険の適用が決まっている。しかし、この価格が妥当かどうかについては疑問も出ている。加えて、ゾルゲンスマの審査報告書では製薬会社に対して異例ともいえる「苦言」が書かれている。(2020/6/18)

「家でゲームしながら酒を飲む時に最適なシステムを開発しました」 “ある医療器具”めいた悪魔の発明がヤバすぎ
みんなはマネしちゃダメだぜ。(2020/6/1)

便秘気味のネコを病院へ→まさかの解決法にほっこり! ネコちゃんの便秘解消エピソードを描いた漫画
便秘気味のネコちゃんのうんちは見ると笑顔になってしまう。(2020/4/5)

モト冬樹、妻が緊急入院で「大変なことになったぞ!」 腎盂腎炎で激しい痛み
ご無理なさらずに……。(2020/3/5)

高橋ユウが“出産レポ”動画を公開 逆子の外回転術での入院から帝王切開までの1日を夫の卜部弘嵩が撮影
出産前日〜当日の様子がしっかりと記録されています。(2020/2/10)

江端さんのDIY奮闘記 介護地獄に安らぎを与える“自力救済的IT”の作り方(4):
見せろ! ラズパイ 〜実家の親を数値で「見える化」せよ
介護にまつわる話題において、よく聞かれるのが「誰にも迷惑をかけたくない」という言葉です。この“迷惑”という観念に対する対処法を考える時に、外せないのが「尊厳死」と「安楽死」です。被介護人が、全く意思疎通ができない“ブラックボックス”のような状態になった時、あなたならどうするでしょうか。そして、自分がその立場ならばどうされたいでしょうか。後半では「ラズパイ」を使い、実家の親の日常を数値とグラフで「見える化する」方法をご紹介します。(2020/1/31)

真価を発揮するのは1年に1度だけ…… お坊さんが作った超ニッチなアプリが「じわる」「確実に誰かを救っている」
全国の除夜の鐘を鳴らすお坊さんに届け……!(2019/12/29)

加山雄三が脳梗塞でコンサートツアーの公演が延期 「自分としてはいたって元気にしています」
12月のコンサートは通常通り行うとのこと。(2019/11/12)

血液クレンジングに京都盛り上げツイート、ステマ騒動に学ぶSNSの自己防衛
10月はステマ疑惑が話題になった。「京都市盛り上げ隊」としてツイートしていたお笑いコンビ「ミキ」、血液クレンジングを繰り返し紹介していた芸能人たち、彼らはどこまで意図していたのか。(2019/11/7)

高畑充希「同期のサクラ」10年前の職場意識に言葉を失う2話 「応援団にいたから体力だけは自信ある」「大学の先輩に見捨てられたら終わり」って
椎名桔平の立ち位置が気になる。(2019/10/23)

「あたし大腸が無いの」 難病の漫画家がギャグ満載で描く闘病エッセイ漫画『腸よ鼻よ』単行本化
作者は「入院回数23回、手術10回」。(2019/9/10)

最終回直前考察「あなたの番です」 二階堂と黒島の愛も翔太との友情も壊れないでほしい、菜奈ちゃんへの愛も信じたい 3条件を満たす解決ルートを推理
だが、黒島を愛した男たちはつぎつぎと死んでいる事実。(2019/9/8)

19話直後考察「あなたの番です」黒幕は二階堂でも黒島でもない説 「ゾウさんですか、キリンさんですか」本当の愛が試される最終回を大胆推理
ラスト、二階堂の衝撃の行動! その真意を考察する。(2019/9/2)

iPS細胞の生みの親・山中教授が講演 「研究者になったワケ」「ゲノム編集への危機感」など語る
JSYが8月22日に開いた後援会に、京都大学iPS細胞研究所の山中伸弥教授が登壇。過去の経験や、科学技術の発展における懸念点などについて語った。山中教授が研究者を志したきっかけは、父親の死だったという。(2019/8/23)

医師「我慢強いと死ぬ」 腹痛だけど3日間病院に行かず……大変な状態になった実話漫画が教訓になる
痛みを感じたらすぐ病院に行きましょう。(2019/8/19)

ジャニーズは努力が9割【中編】:
滝沢秀明がジャニー喜多川の「後継者」となった理由
日本の芸能史を変えてきた男たちに学ぶ仕事術と人材育成術を3回に分けてお届けする中編。なぜ滝沢秀明はジャニー喜多川の「後継者」となれたのか? その理由に迫る。(2019/8/17)

点滴袋をテディベアで隠して怖くないように 難病と戦う12歳少女の発明、病気の子どもに無償で寄付
自分も点滴が怖かったという経験から発明。(2019/6/18)

富士通、プライベートLTE対応の法人スマホ「ARROWS M359」を発表 5G端末にも意欲
富士通コネクテッドテクノロジーズが6月7日に新製品説明会を開催。キャリア向けスマートフォン新機種の特徴を紹介するとともに、法人向けの新スマホを発表した。高田克美社長は、5G端末の投入についても意欲を見せた。(2019/6/7)

モノづくり最前線レポート:
デジタル技術が変革する新たな産業の姿、求められる技術と社会のバランス
「第8回 IoT/M2M展 春」(2019年4月10〜12日、東京ビッグサイト)の「デジタルトランスフォーメーションの最前線」をテーマとした特別講演に経済産業省 商務情報政策局 情報産業課 企画官の和泉憲明氏が登壇。「デジタルトランスフォーメーションの推進と組み込み、IoT業界における動向と展開」と題して、デジタルトランスフォーメーションの方向性について紹介した。(2019/5/31)

ZIGGY・森重樹一、声帯ポリープの除去手術を終える おちゃめな姿にファン安堵「本当に良かった…」
まだまだ歌声聞きたい。(2019/5/30)

猫の数だけ形がある 愛猫の最期に向き合うための1冊『まんがで読む はじめての猫のターミナルケア・看取り』
考えたくないけど考えておきたい。(2019/5/26)

保険適用が決まった白血病新薬「キムリア」、価格「3349万円」の理由は
公的制度によって患者の負担はかなり抑えられます。(2019/5/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。