ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「食生活」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

あなたの今週の運勢は? ねとらぼ12星座占い【7月6日〜7月12日】
(2020/7/6)

「玄米2合はやべえ」 つけもの、汁物、手前みそ、塩、玄米2合――社会学博士が作った「江戸時代のごはん」がとんでもない破壊力
2合=お茶碗4杯分。(2020/7/5)

元モーニング娘。尾形春水、アイドル時代の体重は35キロだったことを告白 「1年以上生理がとまった」と危険なダイエットに警鐘
「当時の写真を見ても、もはや痩せ過ぎて可愛くない」(2020/6/30)

食の流行をたどる:
「寿司とワイン」「そばと日本酒」…… ペアリングが“コロナ後”の飲食店を救いそうな理由
高級レストランを中心に提供される「ペアリング」のサービス。ワインだけでなく、お茶や日本酒のペアリングも登場している。このモデルがコロナ後の飲食店を救うかもしれない。(2020/6/27)

島崎遥香、体重を初公開 AKB48時代は38キロで「栄養失調と言われたり」と苦労した時期も赤裸々告白
「体重計乗るのって怖いじゃないですか。その代わりに自分の身体を見る」と島崎さん。(2020/6/18)

電子機器設計/組み込み開発メルマガ 編集後記:
「唐揚げあげます」「餃子包みます」上司の離脱理由がいちいちおかしい
やや食べてみたい。(2020/6/8)

【冷蔵庫持ってない人インタビュー】なんなら電子レンジも炊飯器もないアラサー男性に自炊の仕方を聞いてみた
それでも、週5日くらい自炊しているそうな。(2020/6/15)

米国の老舗食品ブランドが、コロナ危機で再興している秘密
新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、航空業界やホテル業界などが苦戦している。そんな中で、チャンスをつかもうとしている企業もでてきている。加工食品を扱う、大手食品メーカーだ。(2020/5/27)

「なんのために胃袋掴んだと思ってんの?」 幼なじみの男の子がよくご飯をくれる漫画にときめきが止まらない
3ページに尊いがあふれてる。(2020/5/17)

今日のリサーチ:
2020年における食生活の満足度が3年前よりなぜか上昇――ネオマーケティング調査
全国の20〜69歳の男女2000人を対象にした生活に対する価値観の調査です。2017年の結果と比較すると、特に世代ごとの変化が見えてきました。(2020/5/12)

西野未姫、失恋をバネに“食生活アドバイザー”に挑戦 「一口で男を落とせる女性になりたい」
頑張れ〜!!!(2020/4/26)

味玉やチャーシューの作り方まで 三田製麺所がプロのラーメン&つけ麺テク動画を公開、テーマは「おうちでできる」
暇だしつけ麺作ろ。(2020/4/20)

体重140キロから68.5キロまでダイエットしたイケメンに「本気を出せば人はここまで変わるのか」と驚きの声 ご本人を取材
「本気を出せば人はここまで変わるのか」「すごい」と驚きの声続々。(2020/4/17)

CloseBox:
Xiaomiのスマート炊飯器を買ってみて分かった、できることできないこと
1万円で買えるスマート炊飯器を使って食べてみた。(2020/4/15)

今日のリサーチ:
リモートワーク増加による検索動向の変化 ランチ検索が前年比124%で自炊傾向に――クックパッド調査
リモートワーク拡大が食生活にもたらす変化を、クックパッドの検索データから読み解いた調査です。(2020/3/2)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
僕たちはどんな幸福も「慣れっこ」になってしまう
望ましい状態を手に入れてもそれに慣れっこになってしまい、満足度が以前の状態に逆戻りしてしまう。どうすれば幸福になれるのだろうか?(2020/2/20)

水曜インタビュー劇場(狭い公演):
「7畳の学生寮」に住む大学生が増えている、いくつかの理由
首都圏を中心に、「学生寮」がじわじわ増えていることをご存じだろうか。どんな間取りなのか気になって取材したところ、そこはとても「狭く」て……。(2020/2/19)

大事なのは「見える化」:
昆布を食べて収入が4万円アップ? ゲーム開発会社が「“年収を上げる食事”提案サービス」を展開するワケ
ゲーム開発会社のシグナルトークが1月29日、“年収が上がる食事”をAIが提案してくれるサービス「WorkUp AI」を開始する。月額課金制で、価格は毎月9800円(税別)。いったいどんなサービスで、どんな狙いがあるのか?(2020/1/30)

AIが「年収を上げる食事」をアドバイスするサービス登場、LINEと連携
AIが食生活を分析することで、仕事のパフォーマンス向上や収入アップに効果的な食事を提案するサービス「WorkUp AI」が登場。5000人以上の食事と収入のデータをディープラーニングで学習させた。利用料は月額9800円(税別)。(2020/1/29)

「メルペイの招待ポイント全部すき家で使う」SNSで公約 → 数万ポイントが発生、130日以上すき家で食べ続ける鉄人が話題に
招待コードをTwitterで公開したところ、受け入れる人が相次ぎ、食べても食べてもポイントが減らない事態に。(2020/1/24)

ビジネスパーソンを救う「せめてこれだけ」食事術【後編】:
新年会でもご用心 なぜビジネスパーソンは「シメのラーメン」を我慢できないのか?
毎日忙しく過ごすビジネスパーソンが「規則正しい、理想に近い食生活」を実行するのは不可能に近い。それでも、できるだけ健康でいるためにはどうしたらよいか、気にならない人はいない。連載3回目は、飲んだあとになぜつい「シメのラーメン」を食べてしまうのか、そして「から酒」がいかに胃や肝臓に負担をかけるのか、解説する。(2020/1/22)

ビジネスパーソンを救う「せめてこれだけ」食事術【中編】:
「会社で夕食」も「帰るまで我慢」も不健康のもと 残業中の小腹を満たす「最強食材」とは?
昼は毎日外食、夜は接待に飲み会、朝は時間がなく何も食べない――。健康は気になるけど、毎日忙しく過ごすビジネスパーソンが「規則正しい、理想に近い食生活」を実行するのは不可能に近い。それでも、できるだけ健康でいるためにはどうしたらよいのか。20年以上活躍する食生活ジャーナリストが「せめてこれだけは実践しよう」という健康情報をお届けする。(2020/1/21)

全カップ麺で展開へ:
明星食品が「カップ麺=不健康」の払拭狙う? 減塩をサポートする「しおケアカップ」とは
明星食品が「しおケアカップ」を発表した。「明星 チャルメラどんぶり」シリーズや「明星 評判屋」シリーズで2月以降順次導入していく。今後は全カップ麺での展開を予定しているという。消費者の健康志向を後押しするというカップは、どんなカップなのか。(2020/1/16)

政府の目標喫煙率は12%:
実際のところ、どれだけの人がたばこを吸っている? 厚労省の調査結果は……
(2020/1/16)

ビジネスパーソンを救う「せめてこれだけ」食事術【前編】:
朝食を抜きがちなビジネスパーソンに残された最終手段「だけ朝食」とは?
昼は毎日外食、夜は接待に飲み会、朝は時間がなく何も食べない――。健康は気になるけど、毎日忙しく過ごすビジネスパーソンが「規則正しい、理想に近い食生活」を実行するのは不可能に近い。それでも、できるだけ健康でいるためにはどうしたらよいのか。20年以上活躍する食生活ジャーナリストが「せめてこれだけは実践しよう」という健康情報をお届けする。(2020/1/10)

なぜ、痛ましい事件が相次ぐのか:
ブラック企業大賞を2年連続で受賞した三菱電機 過労死を繰り返す「隠蔽」の構図を探る
19年夏に三菱電機で発生した社員の自殺。激しいパワハラが問題視されたが、同社のこうした事件はこれが初めてではなかった。なぜ、痛ましい事件が相次いでしまうのか。背景には、遺族の訴訟や申請を「コスト」と見なし、事実を隠蔽する姿勢が透けて見える。労働問題に詳しい今野晴貴氏が解説する。(2020/1/8)

キンタロー。妊婦健診でショック 医師から健康状態にお墨付きも「体重がちょっと……」
今晩は七草がゆにするそうです。(2020/1/7)

「伝統とこだわり」をどう確立したのか:
“辺境の密造酒”スコッチ・ウイスキーが世界を制した訳――「資本主義の酒」の歴史的マーケティング
実は「辺境の密造酒」から始まったスコッチ・ウイスキー。「伝統とこだわり」のブランドを維持しつつどう世界に羽ばたいたか。人気ラノベ作家が歴史から迫る。(2019/12/27)

死の運命を回避した「4分間のマリーゴールド」最終回 ドラマが意図せずして伝えた“幸福の裏側”
「彼女は幸運でしたね」。(2019/12/16)

中国メーカー「Xiaomi」はテック業界の“無印良品”となるか
日本市場に参入したシャオミは業界にどんなインパクトをもたらすのか。(2019/12/13)

伊賀市の忍者集団が新メンバーを募集〜合格者はいる?
(2019/12/12)

日常に抵抗無く忍び込む“倫理”:
断捨離で人はなぜ“人生リセット”したがるのか――「自己啓発と意識させない自己啓発」ブーム
息の長いブームが続く断捨離、「片付ければ人生も変わる」という言説が多い。筆者はそこに巧妙な「自己啓発」のメソッドをみる。(2019/12/12)

高タンパク、低脂肪の「昆虫食」に挑戦するチャンス……! 食用イモムシを使った「いもむしゴロゴロカレー」がクラウドファンディング開始
友だちとチャレンジしてみるのもありかも……?(2019/12/8)

通院や買い物に合わせて「AI運行バス」を予約 地域サービスとの連携でMaaSの実現へ――横須賀市で実証実験
神奈川県横須賀市、京急電鉄、NTTドコモらは、2019年12月9日から地域サービスと連携した「AI運行バス」の実証実験を開始する。医療機関や商業施設の業務システムとAI運行バスのシステム連携により、通院や買い物の予定に合わせたバスの予約ができる。(2019/11/29)

堀江貴文が語る「予防医療」【後編】:
ホリエモンがHPVワクチンを打った理由――ハヤカワ五味と語る「感染しない、感染させない、感染源にならない」
ホリエモンこと堀江貴文氏と、女性ファッションデザイナーで実業家のウツワ社長ハヤカワ五味氏が対談。見えないニーズを掘り起こし革新的なビジネスモデルを築いてきた異端の起業家2人が今、最も注目しているのが「予防医療」の分野だ。社会課題を解決し、将来的な顧客をどのように育てていく術があるのか、2人の起業家の対談からヒントを得たい。後編では、子宮頸がんワクチンの定期接種が再開されない中で、ビジネスを通して予防と検診を呼びかける具体的な方策を語り合った。(2019/11/28)

特集:マイクロサービス入門(3):
創業時はJava 1.3、JDBC、JSPで構築――ECサイト「Oisix」がマイクロサービス化を進めたワケ
特集「マイクロサービス入門」の第3回目は、マイクロサービス化を実現したECサイト「Oisix」がどのような環境でサービスを提供していて、どういった課題を抱えた中でマイクロサービス化を選択したのか、オイシックス・ラ・大地でシステム本部シニアアーキテクトの小林弘明氏が紹介します。(2019/11/25)

Architecture & Interior Design alternatives―Vol.2:
AirbnbやLINEのオフィスを手掛けた設計事務所が「食堂」を運営する理由――。“細胞からデザインする”働き方改革
ここ最近では2019年4月1日に施行された「働き方改革関連法」以降、国内の企業でも、テレワークやフリーアドレス制、ABW(Activity Based Working)など、働き方そのものや働く場所に変化の兆しが見られる。建築設計事務所「SUPPOSE DESIGN OFFICE」は、東京・代々木上原の事務所に誰もが足を運べ、多忙なワーカーの食生活を改善する「社食堂」を併設している。LINEやAirbnbなど、先進的なオフィス空間の設計も手掛けている設計事務所が考える働き方改革のアプローチをインタビューから探った。(2019/11/21)

「年収が上がる食事」を教えてくれるAI登場 3500人の食生活と稼ぎをディープラーニング
AIがユーザーの食生活を分析し、仕事のパフォーマンス向上に効果的な食事を提案するサービスが登場。AIは約3500人の食生活と年収に関するデータをディープラーニングで学習済み。食べると年収アップにつながるメニューを紹介するとしている。(2019/11/13)

堀江貴文が語る「予防医療」:
ホリエモンが課題だらけの医療業界を斬る! 「大学の医学部で経営も教えるべき」
ホリエモンこと堀江貴文が「予防医療」の必要性と意義を語る――。今回は医療業界の課題を指摘するとともに、一般の人が気付いていない糖尿病の怖さについて語った。(2019/10/11)

「こんな姿本当は見られたくないですよ」 西野未姫、ぽっこりおなか披露して-10キロのダイエット宣言
顔の細さとお腹のギャップ。(2019/10/2)

「雑務減らして練習増やす」「社内メール使いません」――東大アメフト部とメルカリの「Slack」活用術
チャットツール「Slack」を提供する米Slack Technologiesが、カンファレンス「Frontiers Tour Tokyo」を開催。講演には東京大学アメフト部やメルカリなど、Slackと外部ツールを連携させている顧客が登壇。業務効率化などに役立つ活用法を紹介した。(2019/9/18)

医療技術ニュース:
食とがん発症の関係性の研究がAI技術開発事業のテーマに採択
キユーピーは、横浜国立大学、東京医科大学と共同で、新エネルギー・産業技術総合開発機構の「次世代人工知能・ロボット中核技術開発」プロジェクトに応募し、AIの信頼性に関する技術開発事業に採択された。(2019/8/29)

タピオカ工場もあったのに、沖縄から消えたワケ
2019年、大流行中のタピオカドリンク。沖縄にも「ゴンチャ」「KOI The」など台湾発の店舗も進出し、再びブームがやってきました。沖縄でもタピオカは戦前から戦後すぐにかけて栽培されていたらしいのですが、今ではほとんど見かけません。なぜなのでしょうか。(2019/8/21)

瀕死の状態:
誰がミルク業界を潰したのか? 米国で激化する「ミルク戦争」の行方
米国で、牛乳離れが加速している。子どもの成長に欠かせない、栄養価の高い飲み物として知られているのに、なぜ米国人は牛乳をあまり飲まなくなったのか。背景に……。(2019/7/28)

「ストラングラーパターン」とは?:
2000年から運用してきたECサイト「Oisix」をマイクロサービス化 オイシックスのエンジニアが語る舞台裏
2000年から運用してきたECサイトにマイクロサービスを導入したオイシックス・ラ・大地。モノリシックなECサイトのアーキテクチャをどのようにマイクロサービス化させていったのか、同社のシステム基盤部で基盤刷新セクションの川上徹氏が語った。(2019/7/1)

うわさの「油ものを食べるとノドや声に効く」説、専門家は否定 「バランスの良い食事が大切」
「ウーロン茶がノドに悪い」説もエビデンスがないとも。「おいしいもので元気が出る」といった、心因的効果はあるかもしれません。(2019/6/4)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
天才ギレン・ザビの失敗から学ぶ 宇宙世紀で生き残れる意外な“スキル”とは
宇宙世紀ではニュータイプなどの才能が活躍。ただ、ギレン・ザビはじめ必ずしも天才が生き残れる訳ではない。真に必要な“スキル”とは?(2019/5/29)

キャスティングの大勝利 武田真治、村雨辰剛、小林航太の“筋肉三人衆”、資生堂CMで存分に筋肉を見せつける
見入ってしまった。(2019/5/16)

CXが拡張するD2Cの可能性(前編):
ベースフード橋本 舜氏×Minimal山下貴嗣氏×ハヤカワ五味氏がD2Cの可能性を語る
スタートアップ周辺で注目を集める3社の創業者による「CXが拡張するD2Cの可能性」についてのディスカッション。(2019/5/6)

【インタビュー】「賞味期限の切れた缶スープをトイレに捨てる」異色のグルメ漫画『鬱ごはん』 連載開始から9年、31歳になった鬱野くんはどう変わったか
『鬱ごはん』3巻発売を記念して、作者の施川ユウキ先生にインタビューしました。(2019/3/28)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。