ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「EMOBILE 4G-S」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「EMOBILE 4G-S」に関する情報が集まったページです。

ソフトバンクとY!mobile、Androidベースの「AQUOSケータイ」を12月4日発売 LINEと迷惑電話ブロック対応
ソフトバンク初のAndroidフィーチャーフォン「AQUOSケータイ」がいよいよ発売。ソフトバンクとY!mobileの2ブランドで取り扱う。(2015/11/27)

格安SIM定点観測:
au系MVNOの動きが活発に DMM mobileは“対抗”値下げとプラン新設――2015年7月データ通信編
iOS 8端末でデータ通信ができる“魔法”により、にわかに注目を集めるKDDI(au)系MVNO。その市場に、新しく2社が参入した。一方、ドコモ系MVNOでは、Wonderlinkのプランリニューアル、DMM mobileの“対抗値下げ”と新プランが話題となった。(2015/8/4)

SIMロックは? 端末価格は? メルアドは引き継げる?――Y!mobileの“ここ”が知りたい
イー・アクセスとウィルコムの合併会社「ワイモバイル」の新ブランド「Y!mobile」の詳細が明らかになった。ここではY!mobileの素朴な疑問をまとめた。(2014/7/23)

カケホーダイは本当に安くなるのか:
ドコモの新料金プラン、月々の支払いが高くなるのはどんな人?
LTEスマホは通話料が高い、という声に応え、ドコモとソフトバンクが通話し放題プランを導入する。しかし気になるのが「新料金にすると高くなるのでは?」という点だ。ドコモの料金プランについて、ライトユーザーを想定して考察してみた。(2014/6/20)

格安SIMに対抗!? 大手ケータイ会社の新しい料金プランはお得か?
スマホにしてから月額料金が割高になった気がするとしたら、それはフィーチャーフォンと比べて通話料金が高いからかも。通話が多いビジネスパーソンにとって、お得になる料金プランはあるか?(2014/6/16)

イー・アクセス、Nexus 5が2万1600円割引となる「4G-Sのりかえサポート」を提供開始
イー・アクセスは、他社からの乗り換えで「Nexus 5」を新規契約する場合に、本体価格が2万1600円割り引きとなる「4G-Sのりかえサポート」を提供する。(2014/4/1)

最新スマートフォン徹底比較(2013冬-2014春モデル編):
写真で比べるLGの「G2」「isai」「Nexus 5」
2013年後半から相次いで登場したLGエレクトロニクス製の「G2」「isai」「Nexus 5」。似ているようでまったく違う3機種について、まずは基本スペックや外見などを比較してみよう。(2014/2/21)

月額2980円で5Gバイトまで:
イー・アクセス、Google Play版「Nexus 5」にSIMカードを提供
イー・アクセスが、Google Playで購入したSIMフリーの「Nexus 5」向けに、「EMOBILE 4G-S」を提供する。音声通話やSMSも利用でき、各種キャンペーンによって毎月のトータルコストは2980円(税込)に抑えられる。(2014/2/13)

赤い「Nexus 5」、イー・モバイルでも発売――白と黒には32Gバイトモデルを追加
イー・アクセスが「Nexus 5(EM01L)」の新色ブライトレッドを3月上旬に発売する。またホワイトとブラックの32Gバイトモデルを2月14日から販売する。(2014/2/5)

イー・アクセス、他社携帯電話やPHS、固定電話への国内通話が無料になる「だれとでも定額 for EM-S」
イー・アクセスは、「EMOBILE 4G-S」のオプションサービスとして、イー・モバイル携帯電話、他社携帯電話、PHS、固定電話への1回あたり10分以内の国内通話が、月300回まで無料になる「だれとでも定額 for EM-S」を2月27日から提供する。(2014/1/31)

石川温のスマホ業界新聞:
3キャリア間通話定額開始で見えてきた3社統合構想――現実味を帯びてきたウィルコム&イー・モバイル合併
11月28日から3社間の定額通話サービスを提供するというソフトバンク、イー・アクセス、ウィルコムのグループ3社。これにより、3社を統合する可能性も見えてきた?(2013/11/22)

スマートフォンの性能測定もいろいろ大変です:
Nexus 5のベンチマークスコアと背面温度をチェックする
“KitKat”ことAndroid 4.4に注目の「Nexus 5」は、大画面にして薄軽なハイエンド構成だったりする。となると、やっぱり気になるのは処理速度と“熱”だ。(2013/11/21)

ソフトバンク−ウィルコム−イー・アクセス間の通話定額スタート
ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・アクセスはそれぞれ、3社の端末間の通話定額オプションを発表した。(2013/11/13)

ソフトバンク、イー・アクセス、ウィルコム、3社間の定額通話サービスを開始
ソフトバンクモバイル、イー・アクセス、ウィルコムのグループ3社は、相互の通話を定額で利用できるオプションサービスを発表した。(2013/11/13)

石野純也のMobile Eye(10月28日〜11月8日):
イー・アクセス版「Nexus 5」の狙い/LG「isai」の開発経緯/シャープスマホの強み
今回の連載では端末に焦点を当て、11月1日に発表された「Nexus 5」のイー・アクセス版、KDDIとLGエレクトロニクスが共同開発した「isai」、そしてシャープ冬モデルの狙いについて、解説していきたい。(2013/11/9)

SIMロックフリー:
イー・アクセス、「Nexus 5」を11月15日に発売
イー・アクセスは、Android 4.4(KitKat)を搭載したGoogleのスマートフォン「Nexus 5」を11月15日に発売する。(2013/11/7)

SIMロックフリー:
写真で見る「Nexus 5(EM01L)」
Android 4.4搭載のレファレンスモデル「Nexus 5(EM01L)」が、イー・アクセスから11月中旬に発売される。EM01Lは、ソフトバンクとイー・モバイルのLTEを利用できる。(2013/11/1)

EMOBILE 4G-S対応:
「EMOBILE 4G-S」対応のハイスペックな防水スマホ「ARROWS S(EM01F)」、8月20日発売
イー・アクセス初の富士通製スマートフォン「ARROWS S(EM01F)」が8月20日に発売される。ソフトバンクモバイルが2月に発売した「ARROWS A 201F」がベースになっており、ハードウェアスペックも同じもの。(2013/8/13)

端末代込みで月額4720円に:
イー・アクセス、新サービス「EMOBILE 4G-S」を開始――「ARROWS S」発売に合わせて
イー・アクセスが、「ARROWS S(EM01F)」の発売に伴い、新たな料金プランやパケット定額サービスを提供する。各種キャンペーンの適用により、基本料金は0円、パケット定額サービスは月額3880円に割り引かれる。(2013/8/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。