ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「演歌」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「演歌」に関する情報が集まったページです。

労働環境を悪化させる“ブラック乞客”とは:
ドコモ代理店「クソ野郎」騒動に潜む、日本からブラック企業がなくならないそもそもの理由
NTTドコモ代理店で起こった「クソ野郎」問題が新年早々大きな問題になった。代理店運営の兼松コミュニケーションズだけでなく、NTTドコモも謝罪文を出す事態に。問題の真相はどこにあるのか。労働問題に詳しい新田龍氏はに“ブラック乞客”の存在を指摘する。(2020/1/20)

第70回NHK紅白歌合戦:
ジャニーズ撮影OK、午前2時から待機する報道陣、1日増えたリハーサル 記者が振り返るNHK紅白歌合戦2019取材
会社の垣根を越えて報道陣同士が協力する場面も。(2020/1/4)

第70回NHK紅白歌合戦:
氷川きよし「自分自身に負けません」 紅白リハで「誰も切り開いていない道を一人で歩くこと」の大切さ語る
「紅白限界突破スペシャルメドレー」を披露予定!(2019/12/29)

「見るしかねぇ!」 マキシマム ザ ホルモンの上ちゃん、紅白出場決定!(ただしけん玉で)
紅白でのけん玉ギネス記録チャレンジに参加。(2019/12/27)

「美しい」「どこの女優さんかと」 氷川きよし、インスタのフォロワーが1日で2万人超 ツルツル肌の自撮りショットに反響
美だ。(2019/11/19)

「自分らしく生きたい」と語る新生・氷川きよし、『GQ JAPAN』で耽美的な姿を見せつける
自作のロック調MVで胸がズンドコときめく人も多数。(2019/11/18)

「まさかのサブちゃん!?」「人脈すごすぎ」 北島三郎、木梨憲武の“職業なりきり写真”シリーズにサプライズ登場
北島さん以上の大物ゲストはいない。(2019/10/19)

月刊乗り鉄話題(2019年10月版):
日本一貧乏な観光列車「ながまれ海峡号」の1回しか出ないメシで満腹になってやったぜ
はるばる来たヨ函館ェ〜 おいおいおいおい……! 1回だけれど「4時間食べ続ける」旨すぎる列車でした。【写真40枚】(2019/10/18)

TensorFlow 2+Keras(tf.keras)入門:
第2回 ニューラルネットワーク最速入門 ― 仕組み理解×初実装(中編)
ニューラルネットワーク(NN)の基礎の基礎。NNの基本単位であるニューロンはどのように機能し、Python+ライブラリでどのように実装すればよいのか。できるだけ簡潔に説明。また、活性化関数と正則化についても解説する。(2019/10/17)

「AI美空ひばり」を支えた技術 「七色の声」どう再現? ヤマハ技術者に詳しく聞いた
AIの技術を活用して、故・美空ひばりさんの歌声を再現したヤマハの技術者に、技術の仕組みや開発の苦労を詳しく聞いた。(2019/10/2)

お婆ちゃんとテレビの恋愛アニメが突如公開 恋のキューピッドは「テレビ用ワイヤレススピーカー」
なんだこれ。(2019/8/30)

「前世は姉妹だったかも」「目元、歯並びそっくり」 丘みどり&高畑充希の和装2ショットが瓜二つ
それぞれのパーツと配置のバランスがそっくり。(2019/8/18)

何で「コピペ」が辞書に載ってるのに「ティラミス」はないんです? 辞書マニアが教える“ちょっと不思議な岩波国語辞典”
おカタい『岩国』のカタカナ語。(2019/7/4)

いかにして「苦境」を乗り越えてきたか:
“絶体絶命”のファーウェイ、「伝説の創業者」のDNAに見る“それでも強気な理由”【後編】
米国の制裁に揺れる中国通信機器・端末大手のファーウェイ。絶体絶命の窮地に追い込まれたかに見える一方、創業者の任正非(じん せいひ)を筆頭にファーウェイ関係者は強気な姿勢を崩さない。(2019/5/30)

いかにして「苦境」を乗り越えてきたか:
絶体絶命のファーウェイ、「伝説の創業者」のDNAに見る“それでも強気な理由”【前編】
米国の制裁に揺れる中国通信機器・端末大手のファーウェイ。絶体絶命の窮地に追い込まれたかに見える一方、創業者の任正非(じん せいひ)を筆頭にファーウェイ関係者は強気な姿勢を崩さない。(2019/5/29)

佐々木希、“秋田の星”藤あや子の手料理に「すったげんめがった…」 肩組み2ショットも公開
佐々木さん「秋田のおなごとして尊敬します」。(2019/3/18)

さぁて、お気に入りの「サザエさん」は? 磯野家一人一人にスポットを当てた傑作選50作品が配信開始
「サザエはミス日本」「タラちゃんパパになる」など。(2019/3/8)

深層学習で別人ボーカル クリプトンの新技術はバ美肉にも使える?
クリプトン・フューチャー・メディアが開発したボーカルエフェクターがおもしろい。(2019/3/5)

北山みつき、オスマン・サンコンとの結婚式1周年を“3ピース”で報告
「3」を大事にする2人。(2019/3/3)

平成のカラオケランキング、JOYSOUNDが発表 ボカロ別は3位magnet、2位メルト、1位はあの曲
総合の1位は、「ハナミズキ」「小さな恋のうた」を抑えてあのアニメの主題歌でした。(2019/3/1)

あの会社のこの商品:
東芝のラジカセが売れている背景に何が? 企画担当者に聞く
東芝エルートレーディングのCDラジカセ「Aurex TY-AK1」が売れている。50代から多くの支持を集めているわけだが、どのような機能が搭載されているのか。同社の開発担当者に話を聞いた。(2018/11/30)

平成で一番歌われたアニソンは? DAMの「平成カラオケランキング」発表
全体1位は一青窈さんのあの曲でした。(2018/11/21)

18年の1位は米津玄師「Lemon」:
平成のカラオケで最も歌われた楽曲は? 歌手1位は「浜崎あゆみ」
平成で最も歌われた楽曲は? 通信カラオケ「DAM」などを展開する第一興商がまとめた結果、1位は……(2018/11/21)

スピン経済の歩き方:
世界一の印刷インキメーカーが、「食べられる藻」を40年以上前からつくり続ける理由
子どものころソーダ味のアイスを食べて、舌が青色になった人も多いのでは。鏡を見てびっくりした経験があるかもしれないが、いまのアイスを食べても同じように青くなるのだろうか。ならないのである。なぜ青くならないのか気になって調べたところ、意外な事実が判明して……。(2018/11/6)

「夜な夜な電話でも語り合う仲」 倖田來未、“同期”氷川きよしとの2ショットに「美人2人だと思った」と反響
ショートカットの女友達に見えた。(2018/10/19)

さっちゃんスマイル! 小林幸子、デビュー当時(10歳)に撮られた美人マネとの2ショットを公開
マネジャーさんとはいまも仲良しなんだとか。(2018/10/16)

「まっけんと共演してほしい」 芸能界デビューの眞栄田郷敦、早くも兄・新田真剣佑と兄弟コラボを望む声
麗しすぎる兄弟。(2018/9/21)

日本ドラマ界の生ける伝説! 石井ふく子の誕生パーティーに上戸彩、水谷豊、三田佳子ら名優たちが集結
ドラマ4、5本撮れそうなメンツ。(2018/9/8)

北山みつき、オスマン・サンコンと結婚へ ギニア国籍取得も告白
約20歳の年齢差を越えた2人。(2018/8/19)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第4話:インテリジェンス
企業を守るサイバーセキュリティの精鋭部隊「CSIRT」のリアルな舞台裏を目撃せよ――メタンハイドレードを商業化する貴重な技術を保有するひまわり海洋エネルギーの新生CSIRT。度重なるインシデント対応に奔走したばかりの若手メンバーは、知識不足や経験不足を痛感したことで“ある行動”に出た……。(2018/7/27)

「天城越え」の作曲家がまさかの楽曲提供:
「アイドルマスター」シリーズ初の「ガチすぎる演歌」はいかにして生まれたか
日本コロムビアの柏谷智浩音楽プロデューサーに聞きました。(2018/6/15)

「10歳の私かわいい?」 小林幸子、54年前のデビュー写真が“ラスボス”進化前のおっとり美少女
すでに1面のボスくらいの貫録はあるな。(2018/6/6)

エヴァに宝塚にX JAPAN! 自由すぎる全国の「防災行政無線チャイム」を調べてみた
個性出しすぎ。(2018/5/27)

46年前からあった「若者の○○離れ」と、今起きている「お金の若者離れ」
今若者が“離れる”理由。(2018/5/20)

小林幸子、“バーチャルグランドマザー”としてVTuber界に降臨 キズナアイとの「千本桜」コラボも
なんというパワーワード……!(2018/4/29)

総額1万7825円 “全身ユニクロ”の小林幸子、「ヒルナンデス!」のコーデバトルで爆誕
あれ、普通にすてきだ。(2018/3/29)

「これは最高傑作」 ガリットチュウ福島、小林幸子の完璧なモノマネで第2のラスボスになる
間違いなくラスボス。(2018/3/8)

米津玄師「BOOTLEG」が第10回CDショップ大賞受賞! 準大賞はPUNPEEと台風クラブ
米津さんはビデオメッセージで喜びのコメント。(2018/3/8)

演歌界の大御所2人……じゃない! 藤あや子、細川たかし(偽)ら異色メンバーの新年会にファン驚き
藤さんお笑い好きなのかな。(2018/2/9)

「STORIA法律事務所」ブログ:
出川哲朗氏に賠償責任はある? コインチェックのCM出演で 弁護士が解説
580億円相当の仮想通貨を流出させたコインチェックの問題。CMに出演している出川哲朗氏に法的責任はあるのか──弁護士の杉浦健二さんが解説します。(2018/1/30)

レイザーラモンRG、キリン「FIRE」CMの石田ゆり子モノマネで謎の癒やし効果を発揮する
「いつもありがとう おつかれさま」って言われたい。(2018/1/24)

いきなりハイレベル! 小林幸子、人生初挑戦の“インスタ映え”で若者の度肝を抜く
初心者の域を越えてる。(2017/12/21)

水曜インタビュー劇場(隙間公演):
えっ、CDプレーヤーが売れている? エスキュービズムの戦略が面白い
ポータブルタイプのCDプレーヤー市場が面白いことになっている。市場が縮小していくなかで、新興メーカーのエスキュービズムが発売したところ、ある層を中心に売れているのだ。「CDプレーヤーなんてオワコンでしょ」と言われているなかで、どういった人たちが購入しているのか。(2017/12/13)

レイザーラモンRG、iPhone X発売記念でジョブズのモノマネを披露 ファン「このネタ一生できるやん(笑)」
見慣れてても笑う。(2017/11/6)

カラオケ採点機で100点、どうすれば取れる? 第一興商・開発者に聞いた攻略法を紹介
とにかく音程正確率を上げろ。話はそれからだ。(2017/10/28)

そんな大きなお子さんいたんですか! 川栄李奈、7歳の子どもをおんぶする姿が母性全開
※川栄さんは生んでません。(2017/10/20)

選曲渋い! LiSA、怨念と何かが足りない「天城越え」熱唱する姿が話題に
(ブルブルブルブル)天城越えー♪(2017/9/6)

「ニーズは全然なかった」 ゲームAI“第一人者”が歩んだ苦悩の20年間
「日本初」のゲームAI専業企業・モリカトロンが登場。創業者の森川幸人さんは、この20年間「ゲームAIのニーズは全然なかった」と振り返る。なぜ、いまゲームAIが必要なのか。(2017/8/21)

PR:「たけしの挑戦状」は今の小学生が遊んでもやっぱりクソゲーなのか? → ガチで遊んでもらったらものすごく正直な感想が出た
案外素直に攻略へ取り組む子どもたちに、「理不尽」が容赦なく襲いかかる。(2017/8/16)

音楽の世界に「やりがい搾取」はあるか? 元プロサックス奏者にあれこれ聞いてみた(後編)
プロの世界で見てきたこと。(2017/8/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。