ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「E★エブリスタ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「E★エブリスタ」に関する情報が集まったページです。

「エンタメ業界は“在野の才能”を見つけ出せていない」――アニメ原作公募プロジェクト「Project ANIMA」宣伝Pに聞くエンタメ論
あなたが心に秘めていた作品がアニメになるかも。(2018/8/9)

三行から参加できる超・妄想コンテスト「私が死んだ理由」開催 死んだ理由の妄想を全力でぶつけよう!
どんなふうに死のうかな?(2018/6/17)

小説投稿サイトから“原作発掘” DeNA子会社と双葉社
DeNA子会社のエブリスタが双葉社と共同出資会社「DEF STUDIOS」を設立。小説投稿サイト運営のノウハウを活用し、コンテンツの企画・制作、海外展開などに取り組む。(2018/2/1)

30年前と比べてどちらが読書家?:
「子どもの読書離れ」は本当? 「実はもっと読んでる」の背景
よく言われている「若者の読書離れ」は本当なのか? データや現場の声を聞いていくと、意外な事実が見えてきた。(2018/1/9)

カギになるのは「朝読」「郊外」:
朝読需要で20万部突破。児童書「5分シリーズ」誕生秘話
河出書房新社×エブリスタの児童書「5分シリーズ」がシリーズ累計20万部のヒット。カギになったのは「朝読需要」と「郊外の少年少女」? 河出書房新社とエブリスタに聞いた。(2017/12/27)

「Project ANIMA(アニマ)」:
DeNA、創通、文化放送がオリジナルアニメ制作 「才能」募る
DeNA、創通、文化放送がオリジナルアニメ作品プロジェクト「Project ANIMA」を始動。アニメの原作・原案を公募し、TVアニメ化する。第1弾のテーマは「SF・ロボット」で、サテライトの河森正治さんが監督を務める。(2017/12/20)

DeNA、創通、文化放送がアニメ制作「Project ANIMA」始動 原案を一般募集
DeNAと創通、文化放送が共同でアニメ制作プロジェクトを始動。原案を一般募集し、2020年の放送を目指す。(2017/12/20)

観月ありさ、黒髪&前髪パッツン「櫻子さんヘアー」動画がこわカワイイ 「マネキンかと思ったらありさちゃん」
ドラマ「櫻子さんの足下には死体が埋まっている 」役作りで。(2017/3/4)

成長しているのに電子<紙?:
なぜ電子出版は軽視されるのか
不調が続く出版業界の中で、唯一成長している電子出版市場。出版社が電子に注力する価値はありそうに見えるが、実際は業界内の電子への期待はまだまだ薄い。「売れない紙を大事にして、売れ始めている電子を軽視する」のはどうしてなのだろうか。(2017/1/18)

小説もブログも Web上の作品を登録して作家デビューを目指す「ツギクル」β版公開
無料でWeb上の作品を発表し閲覧できるポータル「ツギクル」のβ版がオープン。先行して小説とブログの登録受付を行い、16年秋の正式オープンからAIによる作品分析などの各種機能提供を予定する。(2016/7/26)

セミナー「小説投稿サイトの現在」:
“出版不況の中でも売れる本”を生み出す「ウェブ小説」の仕組みとは?
出版不況の中でも、毎年ベストセラーは生まれている。映画化もされた川村元気『世界から猫が消えたなら』は累計100万部、又吉直樹の次に売れている新人作家・住野よるの『君の膵臓をたべたい』は累計55万部を突破した。「出版不況でも売れる本」に隠された「ウェブ小説」の秘密とは?(2016/7/15)

ユーザー参加企画「僕たちの見たいメカアニメをつくろう製作委員会」発のアニメ、6月に放送 キャストやスタッフなど公開
アニメは今年6月の60分特番で放送予定。(2016/4/30)

ドコモ、一般クリエイターのECサイト「dクリエイターズ」終了
NTTドコモが、一般ユーザーが作るハンドメイド雑貨を販売するECサイト「dクリエイターズ」を終了する。(2016/3/30)

「奴隷区」岡田伸一×「天才クソ野郎の事件簿」つばこ対談 ネット発の人気作家は何を思い、どこへ向かうのか
ネット出身の人気作家二人による対談。どんな話が飛び出すのか。(2015/11/8)

Webコミックアプリ「ヤングマガジン海賊版forスゴ得」提供開始
NTTドコモの「スゴ得コンテンツ」向けに、Webコミックアプリ「ヤングマガジン海賊版forスゴ得」の提供がスタート。(2015/9/16)

受賞作をPOD書籍で出版 エブリスタ×Amazonの新文学賞
受賞作品数は最大10タイトル、最終結果発表は11月中旬を予定している。(2015/8/8)

「3×3 EYES」の正統続編 幻獣の森の遭難者はヤクイぜ!
eBook USERがお勧めのマンガ作品を毎週ピックアップしてお届け。今回は、30代、40代の男性にお勧めしたいあの名作の続編。(2015/8/7)

これでお宝本を見逃さない! 文学フリマとエブリスタが提携、「立ち読みカタログ」が登場
11月23日の「第21回文学フリマ東京」の作品が掲載される立ち読みカタログができました。(2015/7/17)

エブリスタが「文学フリマ」と提携 同人誌の一部をWebで立ち読み可能に
第一弾は11月23日開催の「第二十一回文学フリマ東京」。7月18日から作品の受付を開始し、順次掲載していく。(2015/7/16)

「文学フリマ」とエブリスタが提携 同人誌の一部をWeb上で“立ち読み”可能に
小説などの投稿サイト「E★エブリスタ」に、文学同人誌即売会「文学フリマ」の出店者の作品の一部を無料で読める「文学フリマ×エブリスタ 立ち読みカタログ」がオープンする。(2015/7/16)

「ヤングマガジン海賊版」作品の単行本発売記念で一部が無料公開
6月27日に講談社から単行本が発売される『火葬場のない町に鐘が鳴る時』『摂氏100°Cの微熱』『神様! 仏様! きつね様!』の1話から3話を無料公開。『3×3EYES 幻獣の森の遭難者』は全話無料公開されている。(2015/6/26)

FF零式などに携わったアートディレクターが小説表紙を描き下ろす、E★エブリスタで作品募集
ジャンル不問。未完作品の応募も受け付けている。(2015/5/14)

賞品は「妄想旅行」先への往復航空券 エブリスタの「妄想旅行大賞」
火星でのラブロマンス、みたいな妄想でもいいのだろうか?(2015/5/1)

E★エブリスタ「双葉社ホラー&ミステリー大賞」決まる
ホラー大賞には『監禁ゲーム』(貫徹)、ミステリー大賞には『鉄ヲタ探偵』(こにし桂奈)、準大賞には『太宰府オルゴール堂〜独身貴族の探偵帳〜』(篠宮あすか)がそれぞれ選出された。(2015/5/1)

エブリスタ、日本最大級の公募大賞を開催 1年掛け11部門
出版社・レーベルとの共催で、ミステリー、恋愛、ホラーなど毎月1部門ずつ計11部門を開催。賞金総額は最大で2000万円に上る。(2015/4/2)

まつもとあつしの電子書籍セカンドインパクト:
SF大賞受賞作家・藤井太洋、21世紀のSFと電子書籍のあり方を語る
変化の最前線を行く人々にその知恵と情熱を聞くこの連載。今回は、『オービタルクラウド』で第35回日本SF大賞を受賞した藤井太洋さんに聞いた。(2015/3/18)

“次なる大ヒットメカアニメ”は生まれるのか!? 「僕たちの見たいメカアニメをつくろう製作委員会」にフジテレビが参加
富野由悠季監督が出演する特番も放送予定。(2015/2/24)

現役グラドル・今野杏南のデビュー作、エブリスタ史上最速で売り上げ100万円に到達
売れないグラビアアイドルと気鋭のカメラマンによる男女の情交を、現役グラビアアイドルならではのリアルな世界観で描いている。(2015/2/13)

E★エブリスタ発の絶望サバイバルホラー『カラダ探し』のコミカライズが発売
シリーズ累計19万部を突破をしたサバイバルホラー小説『カラダ探し』のコミック第1巻が、ジャンプコミックスから発売。『週刊少年ジャンプ』への出張掲載も。(2015/2/5)

バッドエンドはNG、E★エブリスタで「朝日エアロ文庫グランプリ」の作品募集がスタート
募集ジャンルはミステリー。受賞作は書籍化も検討される。(2015/2/2)

3連休はこれで決まり――コミックシーモアで双葉社1300作品、3000冊以上が半額に
「話作品」はキャンペーン対象外。(2015/1/9)

井上麻里奈と小野友樹が熱演、『姉弟より近く遠いものはない』モーションコミックが公開
マンガボックスの1周年記念ページで公開中。(2014/12/18)

エブリスタのコミックアプリ、総DL数1000万突破
『奴隷区』『ドクムシ』『王様ゲーム』の3作品を20話まで無料配信中。(2014/12/15)

eBookマーケットリーダー:
マンガボックス、新広告導入で売上は上がるか?
600万ダウンロードを突破し、絶好調の電子コミックアプリ「マンガボックス」。最近になってネイティブ広告も導入したが、これによる売上増はあるのだろうか。(2014/12/10)

Webコミックサイト「ヤングマガジン海賊版」、『3×3EYES』新作など10作品を順次配信開始
2015年1月に映画公開予定『摂氏100℃の微熱』や「スマホ小説大賞2014」の受賞作『メンヘラ刑事』など人気の10作品を配信する。(2014/12/5)

袴田巌事件の真相に迫るエッセイ、iOSアプリ「小説マガジンエイジ」で連載開始
死刑囚の処遇を熟知する元刑務官が、冤罪事件「袴田巌事件」の真相に迫る。(2014/11/18)

「ニュース特化から“情報キュレーション”アプリに」 Gunosyがプラットフォーム構想を発表
Gunosyの福島CEOが、「Gunosy」アプリのプラットフォーム構想を発表。“脱”ニュースキュレーションアプリを図り、アプリ上で旅行の予約や商品の購入、マンガの閲覧などをできるようにする。(2014/11/11)

【お知らせ】人気Webコミックの更新チェックはこれ1本で スマホアプリ「ウェブコミ」公開
人気Webコミックサイトの更新情報はスマホアプリ「ウェブコミ」で。(2014/10/29)

人気のWebコミックをまとめてチェック、アイティメディアのマンガまとめアプリ「ウェブコミ」
毎日のWebコミックライフをもっと快適に。(2014/10/29)

仕事をしたら“ファン”が増えた:
過去3年で42%増! 横浜DeNAベイスターズのファンが増えている理由
プロ野球のペナントレースが終了した。3年前に誕生した「横浜DeNAベイスターズ」の成績は6位、5位、5位と低迷しているが、観客動員数は増え続けているという。その理由について、同社の池田純社長に聞いた。(2014/10/22)

その恋、映画にしてみませんか――エブリスタほか2社主催による小説投稿イベントが開催
複数作が選出され、オムニバス形式での映画化となる。(2014/10/15)

君こそスターだ 石田衣良も絶賛の第4回ノベリスタ大賞の結果発表
大賞には、北国のバー「琥珀亭」に集う人々の日々を描いた『今夜も琥珀亭』(深水)が選ばれた。(2014/10/9)

発売から3週間、エッジスタコミックスの『オンライン』『おっぱ部!』が重版
9月11日に創刊して以降、順調に売り上げを伸ばしているようだ。(2014/10/3)

E★エブリスタ、小学館・主婦と生活社・大洋図書とともに小説大賞を開催
恋愛・ホラー・BLの3テーマで募集し、受賞作は書籍化も検討される。(2014/10/2)

E★エブリスタの人気作品がラジオドラマ化、TBSラジオで2番組を放送開始
TBSラジオで、E★エブリスタの人気作品をラジオドラマ化した「AKB48 木崎ゆりあ 2014のシンデレラ」「エブ★ラジ 〜夜の連続スマホ小説〜」の2番組がスタートする。(2014/10/1)

『少年エッジスタ』の新レーベル「エッジスタコミックス」創刊
第1弾として『おっぱ部』『オンライン The Comic』『奇少物件100LDK』『少女ペット』の4冊を発売。10月11日には第2弾として『絶望のイヴ』ほか4冊を発売する。(2014/9/12)

授賞式リポート:
E★エブリスタ スマホ小説大賞2014の授賞式が開催――ゲストに女優の平愛梨
エブリスタが開催する公募型文学賞「E★エブリスタ スマホ小説大賞2014」の授賞式が開催。会場には、『摂氏100℃の微熱』で主演を務めた、女優の平愛梨さんが登場し、作家の石田衣良さんとトークショーを行った。(2014/9/9)

E★エブリスタ7月の販売部数ランキング、オトナ恋愛作品に人気が集中
ランクインした10作品中8作品が、大人の女性を対象とした恋愛作品となっている。(2014/8/11)

電子書籍大賞2012受賞作『秘密屋』が実写映画化、「T-Drama」からリリース
E★エブリスタ主催の電子書籍大賞2012で「角川書店賞(ミステリー部門)」を受賞した小説『秘密屋』が実写映画化。TSUTAYA発のドラマレーベル「T-Drama」からリリースされる。(2014/7/28)

第3回ノベリスタ大賞が決定、作家・石田衣良による講評も
各受賞作品はE★エブリスタで閲覧可能。なお、今回準大賞作品は選出されなかった。(2014/7/18)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。