ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「土地」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「土地」に関する情報が集まったページです。

リテール&ロジスティクス:
神奈川県で延べ2.6万m2の物流施設が着工、中央日本土地建物が物流施設開発事業へ参入
中央日本土地建物グループは、子会社の中央日本土地建物が神奈川県厚木市上依知3031で開発を進めていた物流施設「LOGIWITH厚木」が2022年5月に着工したことを公表した。同社は、LOGIWITH厚木の開発を皮切りに、物流施設開発事業へ本格的に参入する。(2022/6/3)

ガンプラ増産の新工場建設へ 「バンダイホビーセンター」に隣接する土地取得
2024年稼働予定。(2022/4/29)

磯部孝のアパレル最前線:
東京・銀座にダイソー、ワッツ、スリーコインズが続々出店 採算は取れるのかシミュレーションしてみた
2020年から始まった新型コロナウイルスの感染拡大から2年がたつ。新型コロナウイルスは街の景色をもすっかり変えてしまった。東京・銀座も例外ではない。現在でも日本一高額な土地の代表格である銀座に、現在100円均一ショップの出店が増え始めている。(2022/4/21)

発達障害と診断され、死を考えた女性が「トルコ」で見つけたのは…… 旅先で「生きたい」と思うまでの体験に勇気づけられる
知らない土地に行きたくなりました。(2022/4/13)

取得額は50億円:
任天堂、本社隣に開発棟を新設 27年完成予定
任天堂は4月12日、本社に隣接する京都市の土地を取得して、ゲーム開発向けのビルを新設すると発表した。(2022/4/12)

データセンター新設に前向きな土地リスト、経産省が公開 地方のDC誘致を支援
経済産業省が、データセンターの新設に前向きな土地のリストを公開した。新設に前向きな地方公共団体と意見交換したところ、100以上の団体から候補地の提案があったことから「データセンターの立地を検討する事業者に資するよう公表した」という。(2022/4/12)

「データ駆動社会を2030年に実現する」:
社会全体でデータの相互運用性を確保 デジタル庁が「政府相互運用性フレームワーク」を公開
デジタル庁は「政府相互運用性フレームワーク」を公開した。データを相互運用するための体系という位置付けで、法人や土地などのデジタル台帳、行政データ、教育や防災などのデジタル化に向けた取り組みの基盤になるという。(2022/4/4)

朝倉未来、1億円の土地購入も怒りあらわ 酒やタバコの“ポイ捨て被害”に「マジで嫌いです」
朝倉さん「ポイ捨てとかする奴マジで嫌いですね」(2022/3/20)

駅近爆安の土地を見に行ったら、ゾッとするホラーな展開に…… 不動産屋さんも「買わないほうがいいです」 
不動産屋さんが正直すぎる。(2022/3/17)

荒れ果てた土地の素材がほしい→ひつじで作れます 動物園がTwitterに投稿した画像がもうそれにしか見えない
ちょうどいいヒビの具合。(2022/3/16)

Z世代がターゲット:
くら寿司、"映え"スイーツのテークアウトを開始 食べ歩き需要に応える
くら寿司 原宿店は、人気スイーツのテークアウト販売を開始する。原宿という土地の食べ歩き文化やお客からの要望を受けての対応。スイーツテークアウトレジを導入し、スムーズな店舗運営を目指す。(2022/3/7)

ちょっと不便な場所は:
不動産の資産価値は「利用価値」で決まる マンションなら家賃の何年分か
不動産の資産価値は「利用価値」で決まる日本では、かつて「土地神話」というものがあった。土地というのは必ず値上がりする、というものだ。だから、その時は「高い」と思っても、買っておけば損はしない、という結果になる。(2022/1/24)

リテール&ロジスティクス:
兵庫県姫路市で延べ3.6万m2の物流施設が全面稼働、三菱電機ロジスティクス
三菱電機ロジスティクスは、兵庫県姫路市広畑区で開発を進めていた物流施設「広畑グローバルロジスティクスセンター」が2021年8月2日に竣工したことを公表した。広畑グローバルロジスティクスセンターへの投資額は土地賃貸借込みで約88億円。(2022/1/24)

BCP:
森ビルが都市全体の震災リスクを見える化、加速度センサーとLPWAで地盤と建物を格付け
森ビルは、省電力かつ長距離通信のLPWA通信と加速度センサーを組み合わせ、ビルに設置して地震が起きた際の揺れを計測することで、土地と建物の震災リスクを格付けするシステムを開発した。(2022/1/20)

住信SBIネット銀行、土地先行プラン(2回に分けて融資)取扱い開始
 住信SBIネット銀行は1月14日より、住宅ローンにおいて土地先行プラン(2回に分けて融資)の取り扱いを開始すると発表した。ネット銀行において、土地先行型住宅ローンを取り扱うのは同行が初となる。(2022/1/18)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
山手線の内側2つ分の土地が放出予定? 「2022年問題」は本当に“不動産ショック”をもたらすのか
コロナ禍による金融緩和やリモートワークの普及といった追い風もあって、2021年の国内不動産市況は、マンションや住宅を中心に活発となっている。昨年までは住宅用が好調をけん引してきた不動産市況だが、今年はいわゆる「2022年問題」のファーストイヤーであり、一部では不動産価格の大幅な下落がもたらされると心配する声もある。(2022/1/2)

2022年2月に:
リゾートホテル「ホテルインディゴ軽井沢」がオープン 土地柄を生かした体験を提供
IHGホテルズ&リゾーツ国内2件目となる「ホテルインディゴ軽井沢」を長野県・軽井沢に開業すると発表した。環境に配慮しながら、土地柄を生かした料理やサービスを提供する。(2021/12/17)

コインチェック、メタバースの土地「LAND」を販売 総額5億円超
コインチェックはメタバース内の「土地」をNFTとして374個、12月21日から販売すると発表した。メタバースブームに伴い、NFTとして取引される土地の価格は著しく上昇しており、「需要が急増」(コインチェック)している。(2021/12/15)

建物より立地を重視:
土地選びで優先すること 「静かな環境」や「治安」を抑えて1位となったのは?
不動産の売買・仲介・鑑定を手掛けるAlbaLinkが、全国の男女500人を対象に「土地選び・土地探しで優先することに関する意識調査」を実施した。(2021/12/4)

「一般人には見れないもの」ヒロミ、“木の競り”に初参加 河口湖に土地を購入し学校&キャンプ場を建設予定
トータル100本近くの木を購入。(2021/12/3)

産業動向:
土地所有者と事業用地を探す事業者をつなぐ、三井不動産リアルティの新サービス
三井不動産リアルティは、土地所有者と事業用の土地などを探す事業者をつなぐ土地活用サービス「ALZO」を提供している。今後は、2021年度中に、ALZOの提携企業を150社にすることを目指す。(2021/12/3)

災害リスク分かる「明治期の低湿地データ」、全国22都市を追加 国土地理院
国土地理院は1日、Web地図サービス「地理院地図」で土地の液状化などと関連が深いとされる「明治期の低湿地データ」の提供地域を拡充した。(2021/9/2)

工場ニュース:
ルネサス、滋賀工場の生産を停止し不動産会社に売却
ルネサス エレクトロニクスは2021年8月27日、100%子会社であるルネサス セミコンダクタマニュファクチュアリングの滋賀工場(滋賀県大津市)を、同年8月31日付で集約し土地をアーク不動産に売却すると発表した。(2021/8/31)

製品動向:
クラッソーネと南知多町が空き家解体促進に関する連携協定を締結
愛知県知多郡南知多町は、町内の安全性向上や魅力のアップを目的に、クラッソーネと「空き家除却(解体)促進に関する連携協定」を締結した。今後、総務省統計局の「平成30年住宅・土地統計調査」で発見された1100戸の空き家を対象に、クラッソーネが運営する解体工事の一括見積もりWebサービス「くらそうね」を紹介し、空き家の解体を促す。(2021/8/27)

プロジェクト:
三河島駅前北地区の再開発が始動、約1.5haに住宅・商業・業務・体育館の一体の街づくり
三井不動産レジデンシャル、野村不動産、三菱地所レジデンスが東京都荒川区西日暮里一丁目で計画中の再開発プロジェクトが本格始動する。三河島駅前の立地を生かし、住宅・商業・業務・体育館が一体となったミクストユースの街づくりを行い、同地で懸念されていた土地の有効活用や防災面の強化、道路環境の整備なども行う。(2021/8/16)

プロジェクト:
老朽化木造住宅が目立つ西新宿5丁目で複合的な土地活用プロジェクト
三井不動産レジデンシャルが地権者と進める「西新宿五丁目中央南地区第一種市街地再開発事業」が、2021年6月16日に権利変換計画について東京都知事の認可を受けた。住宅・商業・業務・子育て支援施設のミクストユースの街づくりにより、多様化するライフスタイルに応える。(2021/7/19)

1坪あれば10万冊の書店のオーナーに? “VR書店”の開業を支援するベンチャー
書店のDXを支援するベンチャー企業のX社が、VRを使って書店を開業できるサービスの実証実験を15日から始める。開業に必要なのは1坪の土地のみで、同社から本や決済手段などのデータを格納したVRヘッドセットを貸し出すという。(2021/7/13)

検査:
埋立粘性土地盤での「ACCESS法」の活用に向け原位置地盤試験機を開発、東亜建設工業
東亜建設工業は機動性や操作性に優れた原位置地盤試験機「TOA-SID-MarkII」を開発した。今後、同社では、TOA-SID-MarkIIを地盤試験専用プラットフォームとして活用し、大規模な埋立や盛土工事を対象に適用していた軟弱地盤の調査・設計・施工管理技術「ACCESS法」をさまざまな工事に展開する。(2021/7/12)

国交省、デジタル地図で“盛り土”の全国調査へ 熱海市の土砂災害を受け
国土交通省は太平洋側での記録的な大雨の影響で7月3日に発生した、静岡県熱海市の大規模な土石流災害を受け、“盛り土”の全国調査に国土地理院のデジタル地図を活用すると発表した。(2021/7/9)

引越し費用の平均は?:
“引越しを伴う転職で困ったこと“ランキング 3位「新しい土地になじむ」、2位「友人・知人がいない」、1位は?
ビズヒッツは、引越しをともなう転職の経験がある男女500人を対象に調査を実施。その結果をランキング化した。(2021/7/7)

太陽光:
太陽光発電で失われた土地の1位は「里山」、国立環境研究所が全国調査
国立環境研究所が太陽光発電による土地改変の実態を明らかとするために、出力0.5MW(500kW)以上の発電容量を持つ国内の太陽光発電所を地図化し、規模や分布の特徴をまとめた調査結果を公表した。国内の0.5MW以上の太陽光発電所は8725カ所で、いわゆる里山と定義される環境に建設されているケースが多いことが分かった。(2021/4/7)

プロジェクト:
伊藤忠都市開発らが三重県桑名市で延べ9万m2の物流施設開発に着手
伊藤忠都市開発と伊藤忠商事は、三重県桑名市で、土地所有者の矢作建設工業との間で用地取得の売買契約を締結し、物流施設「(仮称)アイミッションズパーク桑名」の開発に着手した。(2021/4/7)

なぜデジタル画像に何十億円もの値がつくのか? 熱狂するNFT市場
ゲーム内の土地がトークン化され数億円で売買されたり、デジタルアートが75億円もの値段で取引されたりと、全世界的にNFTと呼ばれるトークンが盛り上がっています。国内でNFTのマーケットプレイスを開始したコインチェックの天羽健介執行役員による、NFTに関する寄稿。(2021/4/7)

のっぽパンやビタミンカステーラなどご当地パンがスクイーズ化 「地元パン」のミニチュアがカプセルトイに
その土地ならではのパンがミニチュアアイテムに。(2021/3/6)

CAD:
福井コンピュータの土地情報管理システムに「地籍計算」と「地籍CAD」を追加、今夏リリース
福井コンピュータは、土地情報管理システム「Mercury-LAVIS」に、地籍計算と地籍CAD機能を追加した最新版を2021年初夏にリリースする。新バージョンでは、法務省が進める地籍調査(14条地図整備)のD〜H工程にワンパッケージで対応している。(2021/3/2)

【その視点はなかった】「旅行先でその土地のスーパーに寄るのが好き」→ 「めちゃくちゃ共感」「分かります!」と共感集まる
今度やってみよう!(2021/2/19)

川崎希&アレク夫婦、“広さ4.5倍”の大豪邸建設を計画「土地があるといいな」 現在の住まいは総額2億円超え
とんでもないことになりそう。(2021/2/8)

売買金額は非公表:
沖縄ツーリスト、ビル売却 コロナで旅行サービスやレンタカー事業が打撃
沖縄ツーリストが、豊見城市豊崎に所有していた豊崎ビルとその土地を、昨年12月に沖縄バスに売却していたことが分かった。両社とも売買金額は非公表。(2021/1/26)

プロジェクト:
大和ハウス工業らが大阪府で延べ11万m2超えの物流施設を開発
大和ハウス工業とフジタは2015年10月に、茨城市の彩都東部中央東土地区画整理事業地内で、産業団地「茨木北テクノタウン」の開発をスタートし、既に茨木北テクノタウンの3区画で物流施設が稼働している。両社は2020年11月1日に、茨木北テクノタウンで、最大10社のテナント企業が入居可能なマルチテナント型物流施設「DPL茨木北」の開発に着手した。(2021/1/14)

三井住友銀行、衛星画像から市場分析 オービタルインサイトと提携
三井住友銀行は、人工衛星から撮影した画像データをもとにした市場分析データの提供を始める。人々の動きや、車両数、土地や建物の状況など、社会や経済の変化を見える化する。(2020/11/10)

製品動向:
設計事務所が事業性に基づいた「土地の価値」を診断する無料サービス開始
一級建築士事務所studio dodiciは、土地の本当の価値を診断する無料サービスを提供開始する。駐車場や中古ビルなどの土地の最大の価値を知りたい地主を対象とした無料診査や建築企画を行う。(2020/10/19)

CAD:
土地家屋調査士業務支援の新システム「TREND REX」、導入費を軽減
福井コンピュータは、土地家屋調査士業務支援システム「TREND REX」を販売開始。土地家屋調査士の業務全般を支援し、サブスクリプションによる提供で導入コストを軽減、リモートワークにも対応した。(2020/10/9)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
敷地面積50haのロボット開発拠点「福島ロボットテストフィールド」、2020年3月に開所
福島県南相馬市に、ロボット開発拠点「福島ロボットテストフィールド」が開所した。敷地面積50ヘクタールの広大な土地に、インフラ点検、災害対応エリア、水中/水上ロボットエリアなど、さまざまなロボットの実証実験を行う設備が揃(そろ)っている。(2020/9/9)

製造マネジメントニュース:
ジャパンディスプレイが白山工場をシャープに譲渡、約412億円で
経営再建中のジャパンディスプレイは2020年8月28日、白山工場(石川県白山市)の土地、建物、付帯設備をシャープに譲渡することを決め、最終契約を締結したことを発表した。(2020/8/31)

約412億円:
JDI、白山工場をシャープなどに売却 「設備投資」から「研究開発」会社へ
ジャパンディスプレイが、主力の白山工場の土地や建物などをシャープに約412億円で譲渡する。米Appleとみられる顧客企業にも、生産設備を約90億円で売却。固定費の削減を進め、経営再建を図る。(2020/8/28)

ひまわり畑で撮影したい!→畑作りを開墾から始めるコスプレイヤーがガチすぎて「土地もコスプレ」と話題
コロナのせいでロケに行けないのなら、自分で作ればいいじゃない。(2020/7/30)

専門家のイロメガネ:
「としまえん売却」と「GAFAMの東証一部超え」から見えるコロナ後の世界
「としまえん」の売却が今年2月に伝えられた。また1月には時価総額において「GAFAM」が東証一部全体を超えた。さらに、これら2つのニュースが示す新時代への移行は、コロナで一気に加速している。ここでは、リアルな土地から「新大陸の土地」へのビジネス主戦場の移行、コロナによる移行の加速、またコロナ後の世界を見ていきたい。(2020/7/14)

工場ニュース:
三菱電機がシャープ福山事業所の一部を取得、パワー半導体の前工程拠点に
三菱電機は、パワーデバイス製作所のウエハープロセス工程の新たな製造拠点を広島県福山市に開設すると発表した。シャープから、同社の福山事業所(広島県福山市)の一部の土地と建屋などを取得して製造ラインを構築する。(2020/6/12)

プロジェクト:
コンパクトオフィスビル「CIRCLES」の3物件が完成、IoTシステムで照明と空調を操作
三菱地所は、敷地面積約330平方メートルの土地に、1つのフロアが99〜330平方メートルのコンパクトオフィスビルを建設するプロジェクト「CIRCLES」の開発を推進している。現在、同社は、CIRCLESとして「(仮称)平河町1丁目計画」や「(仮称)渋谷2丁目計画」など、複数のプロジェクトに着手しており、今後も都心5区エリアを中心に、5年間で計25〜30棟開発することを目標に掲げている。(2020/6/9)

土地神様がなぜかギャル 霊感少年がとまどう漫画に「やっぱりギャル最強」
ギャル神様にスマホ持たせてみたい。(2020/5/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。