ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「Eテレ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Eテレ」に関する情報が集まったページです。

ワクワクさんがEテレに復活! 「沼にハマってきいてみた」で金爆・喜矢武豊らと工作バトル
工作界のレジェンド降臨。(2019/6/1)

「つい数年前とはえらい違い」 山田まりや、息子の成長に目頭を熱くする
日々成長しつつある息子の崇徳くん。(2019/5/26)

これには審神者もメロメロ 西川貴教、消臭“刀”装備した姿にファン「大太刀レベル以上なカッコ良さ」
主命とあらば!!(2019/5/24)

架空世界で「認証」を知る:
カードキャプターさくらで考える“呪文と認証の関係”
小説、漫画、アニメ、映画などの架空世界に登場する「認証的なモノ」を取り上げて解説する連載をITmediaで出張掲載。第15回のテーマは「魔法少女と認証」について。(2019/5/20)

「みんなのアイドル」「超絶かわいい」 高田夏帆、NHK「昆虫すごいぜ!」の“子カマキリ”役に絶賛の声
カマキリ姿でもみんなのアイドル!(2019/4/27)

「映画 おかあさんといっしょ」新作、2020年1月公開へ 子どもの“映画館デビュー”を応援
前回同様記念写真撮影タイムもあるよ!(2019/4/25)

令和最初のカマキリ先生登場! Eテレ「香川照之の昆虫すごいぜ!」6時間目は「アリ」
体を張って奮戦するカマキリ先生、何種類のアリを捕まえられる?(2019/4/18)

「生きてるから何だって出来る」 仮面女子・猪狩ともか、“事故からの1年”を回顧する姿がファンの心打つ
4月からはNHKの番組にレギュラー出演。(2019/4/12)

「フォント=プロデザイナー向けという概念を覆したい」 商用フォントが1書体100円ほどで使える「mojimo」はなぜ生まれたか
同人活動向けに36書体3600円など、ハードルの低いフォントサービスとして話題を呼んでいるフォンワークス「mojimo」シリーズ。誕生経緯や目指すものを取材した。(2019/4/12)

「皆めっちゃ大人になってる〜!」 「大!天才てれびくん」同窓会で出川哲朗&元てれび戦士が再集結
懐かしの大天。(2019/4/1)

象さんの滑り台に乗ってビリッ!→スイ〜 幼児のカレンダーのめくり方がスタイリッシュかわいい
かわいいうえにスタイリッシュ。(2019/3/22)

Eテレ特番「平成ネット史(仮)」が今度はラジオで NHKラジオ第一で3月21日21時5分から
テレビ版でナレーターを務めた緒方恵美さんが、今回はゲストとして出演。(2019/3/19)

「より多くの子どもたちに『工作のたのしさ』を伝えたい」 YouTuberになった「ワクワクさん」デビューした理由を聞く
ワクワクさんは今でもワクワクさんでした。(2019/3/3)

また作って遊べる! 「ワクワクさん」がYouTuberデビュー
あのときのテンションそのままに。(2019/2/19)

「ユーフラテス」インタビュー(下):
「ピタゴラスイッチ」新コーナーの作り方 レイヤーやGIFの概念、子どもに伝える
幼児教育番組「ピタゴラスイッチ」。番組は常にリニューアルを続けており、昨年も新たに「地下ゴラスイッチ」といったコーナーがスタートした。また、同じく昨春始まった「かさねておえかき」「もじもじコンベアー」といったコーナーの根幹にはPCの概念があるという。(2019/2/4)

「ユーフラテス」インタビュー(中):
ピタゴラ装置の“集大成”「ビーだま・ビーすけ」はどう作った?
幼児教育番組「ピタゴラスイッチ」。からくりの「ピタゴラ装置」などが人気で、番組発の「ビーだま・ビーすけの大冒険スペシャル! 〜黒玉軍に気をつけろ」は世界で評価されている。ビー玉による連鎖反応と物語と歌が同時に進む驚異のピタゴラ装置の基盤には認知科学の研究があるという。(2019/1/31)

今日のリサーチ:
第69回紅白歌合戦、最高視聴質はDA PUMP「U.S.A.」――TVISION INSIGHTS調べ
平成最後のNHK紅白歌合戦、最も注視されたのは誰のどの場面だったのでしょうか。(2019/1/18)

あの“ノッポさん”と“ゴン太くん”がゾンビになって29年ぶり復活!? NHKが狂気の「できるかな」動画公開
ドラマ「ゾンビが来たから人生見つめ直した件」は1月19日(土)スタートです。(2019/1/15)

NHK「平成ネット史(仮)」、1月12日に再放送へ 渋谷ヒカリエでのイベント開催も決定
見逃した人もぜひ!(2019/1/6)

「平成\(^o^)/ネット史というタイトル案もありました」 NHKの正月特番「平成ネット史(仮)」、制作裏話を聞く
NHKが20年以上に及ぶインターネットの歴史をひもとく番組「平成ネット史(仮)」をEテレで放送する。「『平成ネット史』というと固いじゃないですか、だから(仮)が付いているんですよ」――そう話すのは、同番組のチーフプロデューサーだ。制作の裏話を聞いた。(2018/12/28)

NHK Eテレ正月特番「平成ネット史(仮)」詳細決定 伝説のテキストサイト「侍魂」管理人インタビューも
Win95・テレホ・2ch・ニコ動・ミク・iモードと、約30年を2夜かけて振り返ります。(2018/12/20)

「鮫島事件を扱うことは出来ません」 NHK特番「平成ネット史」公式Twitterに「その名前は出すな」「消されるぞ」の声
なんて恐ろしい名前を……。(2018/11/29)

「ねほりんぱほりん」のカプセルトイ新作登場 全部集めたら腐女子とトップオタのトーク場面を再現できる
赤裸々トークごっこがはかどる(2018/12/3)

推しがマイナーなオタク女の苦悩を漫画に 『しもべ先生の尊い生活』作者が語る「好きすぎてつらい」の感情
講談社より電子版限定で販売中のオタク女子漫画。制作の裏側を漫画付きでお届けします。(2018/11/11)

「おね゛いさん!」 ニャンちゅうの可動フィギュア登場だお゛ぉ゛ん゛! 伝説の「たまごかけごはん」も付属
ミ゛ィ゛に゛いろんな゛ポーズをすゎせてに゛ゃ゛あ゛ぁ゛あ゛ん゛!(2018/10/29)

NHK「平成ネット史(仮)」放送へ ギコ猫が講義? 「グッとくるアレ」募集中
NHKが、平成のネット史をひもとく番組「平成ネット史(仮)」を、平成最後の年となる来年1月にEテレで放送する予定だ。(2018/10/29)

「ピングー」たちと話せる「ピングートーク」 Googleアシスタントに登場
(2018/10/25)

山口真弘のスマートスピーカー暮らし:
Amazon Echoでテレビのチャンネル変更や音量調整が可能に 進化した「Alexaスマートホームスキル」を試してみた
スマートスピーカーやその関連デバイスについて、試行錯誤を繰り返しつつ、機能をバリバリ使えるようになる(予定)までの過程を、時系列でお届けする本連載。今回はテレビのチャンネル変更や音量調整に対応した、Alexaのエンターテインメントデバイス向けスマートホームスキルを試してみた。(2018/10/23)

映画「おかあさんといっしょ」を親子で見てきたレポ さすがの気配り、親子で存分に楽しめる工夫盛りだくさん
「子どもが騒いだら周りに迷惑かなあ」「飽きちゃったらどうしよう」という不安に対するフォローがバッチリ。(2018/10/2)

「たらこ唇の魚」も:
「ざんねんないきもの事典」がカプセルトイに 「太りすぎて飛べない鳥」など5種類
ベストセラー『ざんねんないきもの事典』に登場する生物がカプセルトイに。太りすぎて飛べない鳥・カカポなどがフィギュアになる。台座、解説文が付属し、価格は税込200円。(2018/9/25)

NHK Eテレ、平成のネット史を振り返る番組を制作中 アンケートで体験談や思い出を募集
平成の終わりに濃すぎるネット史を振り返ろう。(2018/9/24)

Eテレ攻めてるな! 岡崎体育、社会科番組「アクティブ10公民」レギュラー出演決定 テーマソングも担当
体育じゃなくて公民の番組です。(2018/9/20)

「仮面ライダー」「サイボーグ009」など名作マンガを徹底分析、Eテレ「100分de石ノ森章太郎」が放送
9月8日23時から。論客らの熱弁に注目。(2018/9/6)

「もう幸せでおかしくなりそう」 福原遥が20歳の誕生日、“まいんちゃん”の成長喜ぶ声があふれる
まいんちゃんは永遠。(2018/8/30)

スピン経済の歩き方:
マスコミの「感動をありがとう!」が、実はとってもヤバい理由
「感動をありがとう!」の大合唱が日本中に溢れている。『24時間テレビ』で、みやぞんのトライアスロンに心が打たれた人も多いだろう。甲子園で、1人のエースが881球を投げたことに勇気をもらった人もたくさんいるだろう。こうしたムードに対して、筆者の窪田氏は違和感を覚えるという。どういうことかというと……。(2018/8/28)

中村獅童×初音ミクの「超歌舞伎」 きょうNHKで放送
テクノロジーと伝統芸能が融合した「超歌舞伎」がNHK・Eテレで8月17日に放送される。(2018/8/17)

カマキリ先生きたー! 香川照之が公式Twitter開設 市川海老蔵に「本物だと気づかれたい」と拡散をお願い
「香川さん」より「カマキリ先生」と呼ばれてる率が高い。(2018/8/10)

「Eテレが思ったより攻めてる」「夜ねむれることの贅沢さ」 “子どもができて知ったこと”のイラストにパパママ大共感
子どもと暮らすということは、新しい発見の連続。(2018/6/27)

「食べかけポッキーをチョコに植えると再生する」? ジョークを真に受けて実践した娘と、夢を守ろうと奮闘するお父さん
父娘のやり取りを想像するとなごむ。(2018/6/24)

「ざんねんないきもの事典」アニメ化決定 NHK Eテレで8月6日から放送
楽しみ!(2018/6/21)

Eテレ「香川照之昆虫すごいぜ!」の新作だ! 第7弾は、カブトムシの“完全変態”を観察して昆虫愛が爆発
わーい、カブトムシ大好き!(2018/6/20)

俳優より昆虫だ! 香川照之、「新どうぶつ奇想天外!」に“昆虫を愛しすぎちゃった人”枠で出演決定
香川さんはどこへ行ってしまうのか。(2018/6/19)

Eテレ「びじゅチューン!」のカプセルトイ 太陽の塔や麗子、宮本武蔵などがフィギュアに
発売時には東京国立博物館で「びじゅチューン!」関連の展覧会も開催予定。(2018/6/4)

ねほりんぱほりんのガチャ第2弾が登場 ストラップ仕様のフィギュアで外出先でも赤裸々トーク
ウシ澤アナも登場。(2018/5/30)

山口達也さん司会の番組「Rの法則」、放送終了
山口さんの事件が報道されて以来、放送を休止していました。(2018/5/7)

「SNSなどの中傷をやめて」お願いも:
NHK「Rの法則」終了 山口達也さん司会のバラエティ番組
NHKが元TOKIOの山口達也さんが司会を務めた「Rの法則」の放送終了を発表。「出演者にSNSやブログなどの中傷を書き込まないで」といったお願いも。(2018/5/7)

「カマキリに前髪はない!」 元AKB48前田亜美、香川照之から猛ツッコミを受けた“子カマキリ”姿がすごいぜ!
今回も熱かったカマキリ先生。(2018/5/3)

「Rの法則」公式サイトで「中傷やめて」 TOKIO・山口達也さん書類送検受け
番組出演者のブログやSNSアカウントに対する中傷が相次いでいたとのこと。(2018/5/1)

TOKIO山口達也メンバーが司会のNHK「Rの法則」放送中止に 女子高生わいせつ容疑を受けて
山口達也さんは女子高生への強制わいせつの疑いで警視庁に書類送検されたと報じられていました。(2018/4/25)

たつき監督がNHK進出! Eテレ「よろしく!ファンファン」のデザイン&CG制作をirodoriが担当
たつき監督による新キャラが!(2018/4/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。