ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  E

  • 関連の記事

「Eucalyptus」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Eucalyptus」に関する情報が集まったページです。

「Jenkinsおじさん」を生み出さない仕組み:
「フルスタック地獄で完全な自動化は難しい」 国立情報学研究所はクラウド運用効率化をどう進めている?
ますます複雑化するIT環境でどう運用管理の効率を高めていくか。2020年7月末に開かれた「Cloud Operator Days 2020」に登壇した国立情報学研究所のクラウド運用チームに所属する谷沢智史氏は、クラウド運用の効率化に向けてどう取り組んでいるか紹介した。(2020/8/27)

こんなのあったらいいな! 産後の母親を助ける理想のサービスを描いた漫画が話題
現実的には国の予算の問題もあるでしょうが、こういうサービスが欲しいと思わざるを得ない状況もまた問題。(2019/4/7)

進化するネイティブツール
ハイブリッドクラウドの未来を照らす「Docker」と「OpenStack」の可能性
AWSでハイブリッドクラウドを実現するための鍵となるテクノロジーに「Docker」と「OpenStack」がある。ユーザーは、AWSとオンプレミス間でワークロードを自由に行き来させることを望んでいる。(2015/11/30)

Computer Weekly日本語版
ヒューレット・パッカードは5年以内に終了!?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/1/18)

TechTargetジャパン プレミアムコンテンツ
ヒューレット・パッカードは5年以内に終了!?(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2015/1/17)

Computer Weekly日本語版
HPは5年以内に立ち行かなくなる(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2014/12/30)

Computer Weekly日本語版
HPは5年以内に立ち行かなくなる(CW日本語版)
ダウンロード無料のPDFマガジン「Computer Weekly日本語版」提供中!(2014/12/24)

Computer Weekly:
HPの分社化をアナリストたちが総攻撃「HPは5年以内に立ち行かなくなる」
米HPが2社に分社化すると発表した。この施策は、これまで同社の企業再生計画の中で明言されていたものではなく、企業やコンシュ―マーがITを購入する方法が変わってきたことに対する、より現実的な対応だ。(2014/11/19)

「Cephのような存在に」:
MidoNetがオープンソース化、その狙いを聞いた
ネットワーク仮想化ソフトウェアのミドクラは、2014年10月3日(中央ヨーロッパ時間)、OpenStack Summit Parisの開催に合わせ、同社の製品「MidoNet」のオープンソース化を発表した。(2014/11/4)

OpenStack超入門(1):
OpenStackが今求められる理由とは何か? エンジニアにとってなぜ重要なのか?
スピーディなビジネス展開が収益向上の鍵となっている今、システム整備にも一層のスピードと柔軟性が求められている。こうした中、なぜOpenStackが企業の注目を集めているのか? 今あらためてOpenStackのエキスパートに聞く。(2014/10/15)

Amazonは強くなり過ぎた?
AmazonがMicrosoft化している5つの兆候
Microsoftはかつて、独占企業として競合企業の敵意を集めていた。今、かつてのMicrosoftのように市場を独占して警戒される存在になりつつあるのがAmazonだ。(2014/9/24)

マーテン・ミッコス氏が語らなかったこと:
HPのEucalyptus買収、AWSとの関係は?
9月11日の米HPによる米Eucalyptus買収発表から5日後の9月16日、米EucalyptusのCEO、マーテン・ミッコス氏はOpenStackのイベントで基調講演を行った。同氏が語らなかったことの中には、Amazon Web Servicesとの関係があるのではないか。(2014/9/18)

Computer Weekly:
AmazonがMicrosoft化している5つの兆候
Microsoftはかつて、独占企業として競合企業の敵意を集めていた。今、かつてのMicrosoftのように市場を独占して警戒される存在になりつつあるのがAmazonだ。(2014/9/17)

富士通、プライベートクラウドでのOpenStack適用を支援
オープンソースのサポートサービスを中核に、ミドルウェアを含む基盤製品群での対応を図る。(2014/5/21)

プロダクトの差はわずか? 活動評価視点で検証:
OpenStackとCloudStack、違いは何?
機能的にはほぼ同じ? オープンなクラウド基盤構築ソフトウェアプロダクト2つを、運営状況、参加企業の性質から比較してみた。(2014/3/3)

複数のクラウドを管理するツールをオープンソース化、SCSK
10種類のクラウド環境の統合管理ができる「PrimeCloud Controller」のオープンソース版を3月から提供する。(2014/2/24)

「顧客に選択肢と柔軟性を提供」:
米デル、レッドハットOpenStackをOEM、Windows AzureとGoogle Cloud Platformを提供
米デルは12月12日(米国時間)、米レッドハットのOpenStackディストリビューションのOEM提供、および米マイクロソフトのWindows Azure、米グーグルのGoogle Cloud Platformの提供について発表した。プライベートクラウドについては将来に向けてOpenStackを推進し、パブリッククラウドについては主要なクラウドサービス事業者と幅広く連携、同社が提供する管理ツール「Dell Cloud Manager」でこれらを統合管理できる環境を提供していく。(2013/12/13)

パブリックβから正式版へ:
HP Public Cloud 13.5がリリース、管理コンソールはHorizonをベースに刷新
OpenStack Horizonをベースにした管理コンソール、ハイスペックなインスタンスの提供などが盛り込まれる。(2013/12/3)

可用性も向上:
AWS互換のクラウド基盤ソフトウェア「Eucalyptus 3.4」公開
米Eucalyptus Systemsは、Amazon Web Services互換のクラウド基盤ソフトウェア最新版となる「Eucalyptus 3.4」をリリースした。Eucalyptus 3.4では開発・テストワークロードのプライベートクラウドへの移行を支援するため、Amazon Machine ImagesをEucalyptus Machine Imagesに変換するユーティリティを提供した。(2013/10/31)

クラウドプロバイダーのジレンマ
クラウド業界を二分するオープンソース派と商用派、双方の言い分は?
OpenStack、CloudStack、Eucalyptusなどのオープンソース系クラウドプラットフォームと商用プラットフォーム。どちらにメリットがあるか。双方の言い分を紹介する。(2013/8/5)

富士通SSL、クラウド基盤のEucalyptusを簡単に操作できるGUIをOSSで公開
シアルサイエンスラボラトリは、クラウド基盤ソフトウェア「Eucalyptus」向けのGUI「Cocuuma」をオープンソースソフトウェアとして公開した。(2013/6/20)

パブリック/プライベートを問わずマルチクラウドを統合管理:
OSSのクラウド管理ツール「Scalr」、運用に掛かる手間を省力化
Scalrは、WebベースのGUIインターフェイスを提供しており、WebサーバのオートスケールやDBサーバのフェイルオーバを容易に行えるOSSのクラウド管理ツールだ。(2013/6/11)

Oracleの行動パターンから察するに……
Oracleに買収されたIaaSのNimbula、OpenStackへの取り組みに不安も
OracleはIaaSソフトウェアプロバイダーNimblaを買収したことで、OpenStackプロジェクトに取り組むのだろうか。彼らのNimbula買収は、自社のクラウドサービスにメッキをかけるにすぎないとの声がある。(2013/5/1)

IDCフロンティア「マネージドクラウド」導入事例
【事例】クラウドと内製の合わせ技で挑む、「一休」を支えるインフラ
高級ホテル予約サイト「一休.com」を展開する一休は、2012年末から一部サービスで「IDCフロンティア クラウドサービス」を採用している。サービスを選ぶ上ではコスト以上にカスタマイズ性とインフラの先進性を重視した。(2013/4/11)

クラウドに関する読者調査リポート
2013年は高まる気配? プライベートクラウドの導入意向
TechTargetジャパンは2013年3月にクラウドコンピューティング全般に関する読者調査リポートを実施した。本稿では調査結果の一部として、プライベートクラウドの導入状況をリポートする。(2013/3/28)

ユカイ、ツーカイ、カイハツ環境!(30):
DevOps時代の開発者のためのOSSクラウド運用管理ツール5選まとめ
DevOpsという観点で、クラウドに使えるオープンソースの運用管理ツールとして、Zabbix、Hinemos、Hyperic HQ、Scalr、Aeolusの特徴をまとめて紹介します。(2013/2/27)

ホワイトペーパーランキング
2012年、クラウドで最も読まれたホワイトペーパーはこれだ
クラウド(IaaS、PaaS、SaaS)関連のホワイトペーパーの中から、2012年に多く読まれた上位10本を紹介する。(2013/1/24)

クラウドガバナンス現在進行形 第2章【第4回】
【技術解説】オバマ再選に学ぶ、巨大なシステムをクラウドで運用するには?
クラウドというスケールするインフラでビッグデータを運用すると、把握すべきオブジェクト(=ノードの数)とその関係(=リンク)が爆発的に増える。人間に管理可能な粒度に情報量を減らし、迅速に運用するには?(2013/1/10)

業界標準とはいえない
話題先行のOpenStackを取り巻く俗説と実態
話題になることの多いOpenStackだが、実際のプロジェクトはまだ立ち上がったばかりだ。特に、クラウドプロバイダー間における相互運用性や移植性に関する主張は、一部の支持者による詭弁であることが多い。(2012/11/21)

オープンクラウドの潮流【第1回】
【技術動向】中立性を保つOpenStackと商用実績のCloudStack
オープンソースの2大クラウド基盤である「OpenStack」と「CloudStack」。その変遷と最新動向を振り返るとともに、それぞれの戦略と指針を確認する。(2012/11/20)

商用ソフトよりもコストがかさむ恐れも
オープンクラウド技術ベンダーが嫌がる3つの質問
オープンクラウドは万能薬ではない。誤ったオープンクラウド信仰に陥らないように、自社が利用または利用を検討しているオープンクラウド技術ベンダーに、幾つかの質問をする必要がある。(2012/11/13)

OpenStack、CloudStack、Eucalyptusの生き残り競争
ユーザーがOSSクラウド基盤に求めるのはAWSとの互換性か
柔軟でカスタマイズ可能なOSSクラウドプラットフォームは、クラウド環境を構築したい利用者にとって魅力的な選択肢だ。その上、AWSとの相互運用性を売りにすれば、さらに支持される可能性がある。(2012/10/24)

料金プランの“併せ技”でTCOを低減
3つのシナリオで考える、AWSを低コストに使う方法
パブリックIaaSの草分けである「Amazon Web Service」(AWS)。AWSが現在、最も高い成長を遂げている地域が日本だという。このAWSをより低コストで活用する方法を解説する。(2012/10/18)

サードパーティーやオープンソースも検討せよ
企業用途には物足りない、AWSのセキュリティ――ビルトインファイアウォール
Amazon Web Services(AWS)のファイアウォールは機能が限られており、最新の企業向けファイアウォールには遠く及ばない。強固なセキュリティを確保するには、サードパーティーやオープンソースの選択肢を検討する必要がある。(2012/10/5)

オープンソースの「クラウド基盤ソフトウェア」を比較する【第2回】
【徹底比較】Eucalyptus、CloudStack、OpenStackの仮想マシン性能
クラウド基盤ソフトウェアの中でも知名度の高いEucalyptus、CloudStack、OpenStackの3つを、それぞれ最小構成で構築し、仮想マシンの性能を比較した。測定項目によって値に違いが見られる興味深い結果となった。(2012/7/27)

食べ放題のSystem Centerは柔軟性に欠ける?
VMware vs. Microsoft:「MS製品の方が安い」は通用しないクラウド管理市場
MicrosoftとVMwareは、クラウド管理ソフトのライセンス体系が異なる。1ライセンスで包括的に機能を提供するMicrosoftと、機能単位でライセンスメニューを用意するVMware。来たるクラウド時代ではどちらを選ぶべきか。(2012/7/24)

ホワイトペーパーレビュー ベスト10
2012年上半期、クラウドで最も読まれたホワイトペーパーは?
クラウドに関するホワイトペーパーの中から、2012年上半期にダウンロード数が多かった上位10コンテンツを発表。全体の傾向と上位3コンテンツを紹介する。(2012/7/13)

サーバ仮想化からプライベートクラウドへの道(2)
プライベートクラウド実装の鍵はサポート付きOSSクラウド管理ソフト
プライベートクラウドに不可欠なクラウド管理ソフトウェア。だが多くのIT部門にとって、OSSはよくてもスクラッチ開発はハードルが高い。OSSでありながらサポートが受けられる低コストな製品が望まれる。(2012/7/11)

ホワイトペーパーレビュー ベスト10
2012年上半期、仮想化で最も読まれたホワイトペーパーは?
仮想化に関するホワイトペーパーの中から、2012年上半期にダウンロード数が多かった上位10コンテンツを発表。全体の傾向と上位3コンテンツを紹介する。(2012/7/6)

企業向けシステムを構築するパブリッククラウド【第10回】
NTT Comが満を持して世界に放つ超低価格クラウド「Cloudn」の正体
NTT Comが後発にして“本気”のパブリッククラウドサービスを提供開始した。月額上限945円という超低価格の背景には何があるのか。同社の戦略とともにサービス概要、メリット/デメリットを解説する。(2012/6/28)

PaaS事業者を3つに分類
特定の言語に縛られたPaaSは時代遅れ、注目はハイブリッド型PaaS
今後、企業システムは複数のクラウドと連携し複雑化することが予想される。柔軟なクラウド基盤を構築するためには、適切なPaaSモデルを選ぶことが重要だ。ハイブリッド型PaaSは有力な選択肢となるだろう。(2012/6/27)

ヴイエムウェア vs. レッドハット
【徹底比較】2大Open Paas、Cloud FoundryとOpenShiftの強み/弱み
Cloud FoundryとOpenShiftはプロダクト展開がかなり似通っている。両者の強みと弱みを考えるには、ヴイエムウェアとレッドハット両社の強みと弱みを第一に考えなくてはならない。(2012/6/18)

クラウドビッグデータ元年のPaaS動向【前編】
パブリッククラウドのHadoop対応状況を比較する──Amazon、Google、Herokuの場合
パブリッククラウドのビッグデータ対応を最も進めているベンダーはどこか? 前編ではAmazon.com、Google、Heroku(Salesforce.com)のHadoop対応状況を紹介する。(2012/5/28)

提携を高く評価する声は多い
AWSとEucalyptusの提携が意味するパブリック/プライベートの統合
AWSはオンプレミスIaaSプロバイダーの米Eucalyptus Systemsと提携。これによって、両社のプラットフォームで同一の管理ツールが利用できるようになる他、AWSのソフトウェア開発キット(SDK)が強化されることになる。(2012/5/18)

Ubuntuのベンダー英Canonicalが提供
5日間で導入できるOpenStackベースのプライベートクラウドに注目
5日間で完了する料金9000ドルのプライベートクラウド導入サービス「Ubuntu Cloud Jumpstart」は、AWSなどのパブリッククラウドと互換性を持ち、展開ツール「Juju」を利用することでハイブリッドクラウドを実現する。(2012/5/11)

どれが流行る? オープンソースのクラウド構築ソフト【後編】
OSSクラウド基盤市場の行方を決めるOpenStackの成否
HP、Cisco Systems、Intelなど大手企業がサポートを表明しているOpenStackは、ユーザー企業にとって今後有力な選択肢となり得る。対するEucalyptusやRed Hatの成功は、OpenStackの成否に懸かっている。(2012/4/24)

オープンソースの「クラウド基盤ソフトウェア」を比較する【第1回】
機能を徹底比較! 〜Eucalyptus、CloudStack、OpenStack
IaaSを構築するための「クラウド基盤ソフトウェア」は、Amazon Web Services登場以来、数多くの製品が開発されている。今回はその中でもオープンソースで知名度の高い3つのプロジェクトを比較する。(2012/4/19)

どれが流行る? オープンソースのクラウド構築ソフト【前編】
競争が激化するOSSクラウド構築基盤ベンダー5社の動向
プライベートクラウドを構築する商用ソフトウェアとして、オープンソースの製品を提供するベンダーが多数登場している。今後、どこが脚光を浴び、企業の導入計画に関与していくだろうか。5社の動向を探った。(2012/4/16)

クラウドサービスがはらむセキュリティ問題、Amazonに対する攻撃で実証
急速に普及しているクラウドコンピューティングは、うたい文句とは裏腹に、必ずしもセキュアとはいえないことが実証されたとしている。(2011/10/27)

RightScaleでクラウドを運用管理!(2):
クラウドの管理にRightScaleを使ってみよう
(2011/8/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。