ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「Facebookケータイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Facebookケータイ」に関する情報が集まったページです。

格安SIMで活用したい通話アプリまとめ――無料VoIPアプリ編
MVNOが提供している格安SIMカードを利用すれば、毎月の利用料金を安く抑えらるが、音声通話料を安く抑えるには一工夫がいる。本特集ではスマートフォンで利用できる通話アプリを紹介する。今回は無料のVoIPアプリ6つをピックアップした。(2014/8/28)

HTCの“Facebookフォン”、絶不調で販売終了か
「Facebook Home」をプリインストールしたスマートフォン「HTC First」が売り上げ不振のため販売終了かと報じられた。(2013/5/15)

「Facebook Home」日本語版リリース スマホを“Facebookフォン”に
Androidスマートフォンを“Facebookフォン”のように使える「Facebook Home」日本語版がリリースされた。(2013/4/17)

Facebook決算は増収減益 モバイルが売り上げの23%を占める
Facebookの10〜12月期決算は、売上高は40%増の15億8500万ドル、純利益は79%減の6400万ドル。マーク・ザッカーバーグCEOは「Facebookは文句なしのモバイル企業になった」と語った。(2013/1/31)

海外モバイルニュースピックアップ:
iPhone 4Sの「S」はSiriの「S」――ティム・クック氏が明かす
海外のモバイル系ニュースを短信でお伝えします。今日のトピックは、iPhone 4Sの「S」はSiriの「S」、三脚にもなる小型充電ケーブル「Twig」、Facebookスマホ、3割超が「欲しい」、ロムニー氏のアプリにスペルミスなど。(2012/5/31)

“Facebookフォン”のうわさが再浮上 元iPhone技術者を積極採用
Facebookが、AppleでiPhoneやiPadの開発にたずさわった技術者を複数採用し、オリジナルスマートフォン開発プロジェクトを拡大しているとNew York Timesが報じた。(2012/5/29)

Facebook Phoneが登場か――AllThingsDが報じる
Facebookが自社ブランドのスマートフォンの開発を進めていると米国のITニュースサイトが報じている。これまでも何度か似たような話が持ち上がったが、具体的なコードネームや製造業者の名前も挙がり、信憑性を帯びている。(2011/11/22)

写真と動画で見る「HTC Flyer」「HTC Sensation」「HTC EVO 3D」
7インチディスプレイを備えるタッチペン対応のタブレット「HTC Flyer」と、デュアルコアCPUで快適に動作するスマートフォン「HTC Sensation」「HTC EVO 3D」。日本での発売が待たれるこれら3モデルを写真と動画で紹介しよう。(2011/6/27)

神尾寿のMobile+Views:
Android元年、キャリアの役割も変化する――auのスマートフォン戦略(後編)
スマートフォンを主軸とする戦略に舵を切ったau。オープンプラットフォーム時代のキャリアの役割や“auらしさ”に対する考え方、コンテンツベンダー、端末メーカーへの期待について、KDDIの増田氏に聞く。(2011/4/22)

4G、OS、ソーシャルフォン、タブレット――HTC 小寺氏が語る製品戦略
5機種のスマートフォンと1機種のタブレットを2月のMobile World Congress 2011で発表したHTC。日本向けには「htc EVO WiMAX ISW11HT」も投入し、存在感を高めている。2011年はどんな戦略で携帯事業を展開していくのだろうか。(2011/3/1)

Mobile World Congress 2011:
Facebookフォンから軽量タブレットまで――HTCがスマートフォン6機種を披露
HTCはAndroid OSを搭載したスマートフォンの新シリーズ3機種と、FacebookとコラボレートしたFacebookフォン、そして待望のタブレット端末を発表した。(2011/2/16)

せかにゅ:
「iPhone 5は4インチディスプレイ」のうわさ キーボード付きモデルも試作か
AppleはiPhone 5のディスプレイを従来の3.5インチから4インチにすると台湾紙が伝えている。スライドキーボード付きのiPhone試作機が開発されているといううわさも。(2011/2/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。