ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FeliCa Plug」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FeliCa Plug」に関する情報が集まったページです。

Mobile IT Asia:
ドコモが“導線”を作る――スマホの利用シーンを広げる「NFCタグ」
NTTドコモがMobile IT Asiaで展示している「NFCタグ」を用いたサービスは、Webサービス、アプリ、機能をより便利に使える可能性を秘めている。専用アプリを使えばFeliCa端末でも利用可能だ。提供中、構想中のサービスを見てきた。(2012/3/15)

携帯電話とFeliCaの連携で新たなビジネスを――MCFがセミナー開催
モバイル・コンテンツ・フォーラムが8月17日、モバイルとリアルの連携をテーマに据えた「リアル連携ニュービジネスセミナー」を開催する。(2010/8/13)

神尾寿の時事日想・特別編:
新たな時代に入る「FeliCaとおサイフケータイ」。次の注目分野は?
ここ数年で、交通ICカードや電子マネーとして、非接触IC FeliCaは日本社会に広く根付いたといえる。IC CARD WORLD 2010の展示から、次に注目すべき分野は何か? を考えてみよう。(2010/3/24)

“かざして”歩数データをPCに転送――FeliCa Plug搭載歩数計「FB-730」
タニタがFeliCaプラグを搭載した歩数計を発売。歩数計をPCのFeliCaポートやリーダー/ライターにかざすことで、データを転送できる。(2010/1/19)

CEATEC JAPAN 2009:
健康機器に携帯かざしてデータ送信――ドコモ、おサイフケータイ利用の健康管理をアピール
歩数計や体組成計、体温計などの健康機器にケータイをかざすと端末内に測定データが送られ、ネットのサービスと連携――。2010年1月に出荷されるおサイフケータイ対応のFeliCa Plugで、こんな健康管理が実現する。(2009/10/9)

FeliCa Plug内蔵、PCや携帯と通信できる歩数計――「歩いてネ!ットFS-500」
「FeliCa Plug」を内蔵した3Dセンサー搭載の歩数計「歩いてネ!ットFS-500」が登場。フェリカポートや「PaSoRi(パソリ)」を介し、歩行データをPCに送信できる。(2009/10/8)

神尾寿の時事日想:
かざせばつながる……デジタル機器を使いやすくする、ソニーの「CROSS YOU」とは
電子機器同士をBluetoothや無線LANでつなごうとして、初期設定が煩雑でやめてしまったことはないだろうか。ソニーの「CROSS YOU」は、PCや携帯、ゲーム機などの機器を近づけ、“かざす”だけで接続できる技術だ。【画像追加】(2009/9/16)

IC CARD WORLD 2009:
“かざすと楽しい”をFeliCaで実現――ソニーブース
FeliCaを埋め込んだフィギュア、FeliCaをかざしてイヌを飼う、万歩計や体温計も“かざすだけ”――ソニーブースでは“楽しい”をキーワードにした、FeliCaの新しい使い方が提案されている。(2009/3/5)

神尾寿の時事日想:
ソニー「FeliCa Plug」「FeliCa Lite」が目指すもの
ソニーが発表した「FeliCa Plug」と「FeliCa Lite」は、高機能カード+おサイフケータイという従来のFeliCaラインアップの隙間を埋める製品だ。低コストな新しいFeliCaは、活用範囲を広げる“起爆剤”になるのではないか、筆者がそう考える理由は……?(2008/12/17)

ソニー「FeliCa」に組み込み型と廉価版
ソニーは「FeliCa」の新製品として、組み込みモジュール型の「FeliCa Plug」と、廉価版ICカードチップ「FeliCa Lite」を開発した。(2008/12/17)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。