ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Galaxy Ace」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Galaxy Ace」に関する情報が集まったページです。

Samsung、Android 4.4搭載の廉価Galaxyスマートフォン4モデルを発表
Samsungが、新興国市場向けGalaxyシリーズの新モデルを4種類発表した。いずれも最新のAndroid 4.4と独自UI「TouchWiz Essence」を搭載する。(2014/7/1)

空港にモノがないからこうなった:
韓国でホテル客室に備え付けのLTEモバイルルータを使ってみた
海外でも必須のモバイルデータ通信手段。プリペイドSIMが買えない国では空港のレンタルが頼り……、ええ! レンタルルータ在庫切れ! こりゃ、困ったぞ。(2013/9/25)

山根康宏の中国携帯最新事情:
第4回 “1000元スマートフォン”で激変する中国の携帯事情
中国のスマートフォンの出荷台数が急激に伸びている。米国を抜き世界一のスマートフォン大国となった中国で、今最も話題になっているのが「1000元スマートフォン」だ。1000元スマートフォンの登場は中国の携帯電話市場に大きな激震を与えようとしている。(2012/11/26)

FacebookのAndroidアプリ、メッセージ関連のアップデート
Facebookが「mercury project」の一環として、Android向け「Facbook」と「Messenger」のメッセージ機能をアップデートした。(2012/9/21)

開発陣に聞く「GALAXY S II」:
“GALAXY”ブランドでエコシステム構築を 気になる新型タブレットは?――Samsung電子のAndroid戦略に迫る
「GALAXY S II」でAndroidスマートフォンのブランディングを再スタートさせるというSamsung電子。そのポイントはエコシステムの構築にあるという。また、iPad 2対抗となるGALAXY Tabの8.9/10.1インチモデルの日本投入はあるのだろうか。(2011/7/30)

現行機種と何が違う?:
写真で見るSamsungグローバルモデル
Samsung電子が開催した説明会で、最新のグローバルモデルが披露された。フラグシップモデルの「GALAXY S II」や2種類の「GALAXY Tab 10.1」などを中心に紹介しよう。(2011/4/11)

GALAXY S IIの日本登場は?:
技術、製品、マーケティングが成功の要因――「GALAXY」で飛躍するSamsung電子
1秒に8台弱の端末が世界で売れている――。2010年のSamsung電子は「GALAXY S」で大きく飛躍し、2億8000万台の携帯電話を販売した。「GALAXY S II」や「GALAXY Tab 10.1」でさらなるシェア獲得を目指す同社が、世界と日本市場での戦略を明かした。(2011/4/7)

Mobile World Congress 2011:
5インチ液晶搭載のWi-Fi端末も――SamsungブースにはGALAXYシリーズが集結
Samsung電子ブースでは、発表されたばかりの「GALAXY S II」「GALAXY Tab 10.1」など、Android OS搭載スマートフォンを中心とした展示が行われていた。(2011/2/17)

Samsung、「Ace」「mini」などGalaxyファミリーの新モデル発表
Galaxyファミリーの新モデル4機種はAndroid 2.2を搭載し、ロシアやインドなどで発売される。(2011/1/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。