ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Gartner Symposium/ITxpo」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Gartner Symposium/ITxpo」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ITmedia Virtual EXPO 2019 秋:
大和ハウス工業が売上高10兆円の“起爆剤”と位置付ける「D'sBIM」とは何か?
2055年に売上高10兆円企業を目指す大和ハウス工業は、その成長戦略の起爆剤として、独自に構築したBIMプラットフォーム「D's BIM」を据えている。D's BIMがなぜ業容拡大につながるのか、同社技術本部 BIM推進部 部長・芳中勝清氏が徹底解説する。(2019/8/31)

コスト削減と自動化を推進する
サーバレスで「労働時間の4割がインフラのお守り」という常識が変わる
IaaSとPaaS分野で「サーバレスコンピューティング」が注目されつつある。Gartnerのアナリスト、アラン・チャンドラセカラン氏のインタビューを基に、この技術が企業にもたらすメリットを説明する。(2019/4/25)

Gartner Insights Pickup(103):
“デジタルトランスフォーメーション疲れ”に打ち勝つ
“デジタルトランスフォーメーション疲れ”に陥る組織が増えている。従業員への働き掛けのハック、ナッジ、プロッドにより、目標を見失って迷走しているデジタルトランスフォーメーションプロジェクトを立て直すべきだ。(2019/4/5)

Gartner Insights Pickup(101):
デジタルトランスフォーメーションの進捗状況を測定するには
デジタルトランスフォーメーションの取り組みは、何らかの形で進捗(しんちょく)が計測できなければならない。CIOは、期待するビジネス成果を示せる明確な指標を策定する必要がある。(2019/3/22)

Gartner Insights Pickup(99):
デジタルトランスフォーメーションのための「カルチャーハック」、10のアイデア
デジタルトランスフォーメーションは、語るのは簡単だが、実践するのは難しい。具体的ですぐに効果が表れる(可能性の高い)10の取り組みを紹介する。(2019/3/8)

Gartner Insights Pickup(97):
デジタルディスラプションに関する10の都市伝説
デジタルディスラプションの本質を理解しているCIOは、これをチャンスに変えられる。ここでは、デジタルディスラプションに関してよく聞かれる10の誤解を紹介する。(2019/2/22)

89%の企業に勝手クラウドの存在が?
クラウドはIT戦略ではなくビジネス戦略 企業を成長させる活用法とは
企業のクラウド戦略は事業部門の成長をも左右する。Gartnerで研究主任を務めるダリル・プラマー氏が、優れたクラウド戦略を立案する必要性と、計画段階で避けるべきミスについて語った。(2018/12/28)

集中から分散へ
2019年に備えるべき 新しい6つのセキュリティトレンド
「Gartner Symposium 2018」が開催された。Gartnerのアナリスト、ピーター・ファーストブルック氏は、サイバーセキュリティの専門家やその雇用主に向けて、2019年に備えるべき新しいセキュリティトレンドについて講演した。(2018/12/21)

特集:EDRの理想と現実(1):
あらためて「EDR」とは? エンドポイントセキュリティ、2019年はどうなる?
本特集では、EDRが指す挙動や役割をしっかり理解し、あなたの理解していた“EDR”との差分を可視化することで、「本当のEDR」を実現するために足りなかった機能や知識をアップデートします。初回は、「Gartner Symposium/ITxpo」からエンドポイントセキュリティにフォーカスを当てた2つのセッションの内容をレポートします。(2018/12/18)

Gartner Insights Pickup(88):
ディスラプション時代のリーダーシップについて、IBMのロメッティCEOが語った
IBMのジニ・ロメッティCEOは、市場の急速な変化に対応し、IBMのトランスフォーメーションに取り組んできた。同氏は米国オーランドで開催されたGartner Symposium/ITxpo 2018の基調インタビューで、クラウドやAI、ディスラプションへの対応について、自身の見解を語った。(2018/12/14)

富士通幹部が語る
ブロックチェーンでデータ流通管理、イノベーションを促すために必要なこと
あらゆる人やデータがつながる時代。そのつながりから新たな価値を生み出すために必要なのが、安全で透明性の高いデータ流通管理の仕組みだ。そこにブロックチェーンを活用すると……。(2018/12/11)

Gartnerジーン・ファイファー氏が語る:
カスタマージャーニーの設計に多様性のあるチーム作りが重要である理由
カスタマージャーニーマップをどう描くか。「Gartner Symposium/ITxpo 2018」におけるGartnerジーン・ファイファー氏の講演の概要をお届けする。(2018/11/20)

Weekly Memo:
デジタル変革時代のインフラ設計は“これまでの常識が通用しない” ガートナーが説く「クラウド時代のインフラ投資」
企業は今後のクラウド戦略をどう描けばよいか。ガートナーの名物アナリスト、亦賀氏はデジタル変革に向けたインフラづくりを急ぐべきだと強調する。どういうことか。(2018/11/19)

Gartnerの年次予測
知らないとは恥ずかしくて言えない2019年の「10大ITトレンド」
デジタル思考のCIOにとって、Gartnerの2019年トップ10技術トレンドに驚きはなさそうだ。ITはスマート化が進み、インテリジェントなデジタル網が社内を、そして他の全ての場所を覆うようになる。(2018/11/15)

「意思決定は全て48時間以内にする」をルール化など
デジタル変革を進める“カルチャーハック”10のポイント
「文化はデジタルトランスフォーメーションの障害になることがある。その場合、文化を変える“カルチャーハック”を実践するのはCIOの仕事だ」。Gartnerのアナリストはそう語る。(2018/11/5)

セキュリティ対策も重要
デジタルビジネスの勝ち組が「ROI」測定に使う指標とは?
デジタルビジネスへの取り組みを成功させ、高い業績を上げている企業は、他の企業と何が違うのか。Gartnerの調査結果を基に探る。(2018/11/1)

注目すべき35の先進テクノロジー:
2018年のテクノロジーハイプサイクル、Gartnerが発表
米調査会社のGartner(ガートナー)は、「先進テクノロジーのハイプサイクル:2018年」を発表した。(2018/8/24)

Gartner Insights Pickup(59):
デジタル化の優先度や進度はどうなっているか、業種別に見る
GartnerのCIO調査によると、ビジネスのデジタル化は全ての業種でビジネス目標の上位10項目に入っている。ただし、取り組みの進展や成熟度は業界によって異なる。(2018/5/11)

Gartner Insights Pickup(47):
米国のCIOが語った、自社におけるITトランスフォーメーションの教訓とは
企業におけるデジタルトランスフォーメーションでは、変革を「なぜ行うのか」を共有することで求心力が生まれる。米国のCIOが、変革のためのさまざまなコツについて語った。(2018/2/2)

Gartner Insights Pickup(45):
デジタルビジネス時代のCIOに求められる10の要件
今後の企業には、デジタルビジネスの成功に必要なIT部門の変革を実行できるリーダーが求められる。優れたCIOが満たすべき10項目。あなたは幾つ当てはまるだろうか。(2018/1/19)

特選ブックレットガイド:
GEのデジタル変革を推し進める3つの原動力
「Gartner Symposium/ITxpo 2017」(主催:ガートナー ジャパン)において、GEジャパンは「Transforming to a Digital Industrial Company - 次世代製造業に向けたGEの挑戦」と題し、講演を行った。その中で、デジタル変革の道を突き進む理由と、“デジタル・インダストリアル・カンパニー”へと生まれ変わるために必要な3つの原動力について詳細が語られた。(2018/1/12)

Gartner Insights Pickup(43):
ITについてビジネスの言葉で語るには
情報システム部長などのITリーダーがIT投資について経営陣に打診する場合、どのような説明をすべきか。ビジネスへの貢献を軸に、説得力のある指標を3つのステップで用意すべきだ。(2017/12/22)

クラウド利用はユーザー側の自己責任
「MS製品に任せれば大丈夫」 クラウドセキュリティでよくある6つの誤解を解く
クラウド利用には、オンプレミスが中心だった時代とは異なる幾つかのセキュリティ的観点がある。クラウドセキュリティに関してよくある6つの誤解を挙げ、解いていく。(2017/12/18)

Gartner Insights Pickup(42):
デジタルトランスフォーメーションはスピード感を持って
デジタルシフトが本格化して4年が経過した今、デジタルトランスフォーメーションは「過度な期待」のピーク期にあり、厳しく評価されつつある。そして、ビジネスリーダーの3分の2は、自社が競争力を維持するのにデジタル化のペースを上げなければならないと考えている。(2017/12/15)

技術以前に乗り越えるべき壁がある
クラウドアプリ開発成功の鍵は? ソニー銀行、ローソンなどの事例で考える
クラウドを活用したアプリケーション開発をこれから始める企業が注意すべき点とは。先行してクラウドを活用する4社の事例に見る、効果と課題を紹介する。(2017/12/14)

Gartner Insights Pickup(41):
AIは、自社のビジネスを左右する重要業務にこそ適用すべきだ
AIの一般的な定義では自動化に力点が置かれており、その結果として、ITリーダーやビジネスリーダーにとっての活用機会は見過ごされていることが多い。AIをどのように活用すべきか考えているなら、自社にとって不可欠な部分への活用を追求しなければならない。(2017/12/8)

AWSのアンディー・ジャシー氏CEOにインタビュー
AWSによる市場独占はあり得ない、ユーザー企業のマルチクラウドニーズとは?
「Amazon Web Services」(AWS)はクラウド市場で首位の座に君臨している。だがオンリーワンの存在にはならないだろう。企業のマルチクラウド戦略の下、複数のサービスが求められるからだ。(2017/12/5)

デジタルトランスフォーメーション時代に必要な人材とは?:
「優秀な若手は5年で必ず現場へ異動」 三井住友カードの情シスキャリアパスがすごい
デジタルトランスフォーメーションを進める人材を社内で育てるのは難しい。しかし、その難題に正面から取り組んでいるのが、カード業界大手の三井住友カードだ。同社では優秀なIT部門の若手を、あえてビジネス部門へ異動させているのだという。(2017/11/28)

Gartner Symposium/ITxpo 2017 講演レポート:
GEから学べ! 次世代製造業の実現に向けたデジタル変革“3つの挑戦”
デジタルへの投資を強化し、自らを「デジタル・インダストリアル・カンパニー」と位置付けるGE。コングロマリットとしてのかつてのGEから脱却を図り、「選択と集中」に取り組み、デジタル変革の道を突き進む理由とは何か。そして、デジタル・インダストリアル・カンパニーへと生まれ変わるために必要な3つの原動力とは? GEジャパン 代表取締役社長兼CEOの熊谷昭彦氏が語った。(2017/11/14)

Weekly Memo:
2020年、AIによって消える以上の仕事を“AIが創出”する――ガートナーが説く、その根拠は
「AIによって人の仕事は消える以上に新たな仕事が創出される」――。米Gartnerがこんな予測を打ち出した。その根拠とは。(2017/11/6)

GEのデジタル変革、カギは社内カルチャーの改革にあり
GEジャパンの熊谷昭彦代表取締役社長兼CEOが、GEのこれまでとこれから、そしてデジタルトランスフォーメーションに必要なことを語った。(2017/11/1)

Gartner Insights Pickup(4):
アナリティクスにおける10のメガトレンド
デジタル世界が複雑さを増す中、企業の経営陣は、アナリティクスに基づいて行動や意思決定を行う傾向が強まっている。(2017/1/13)

Gartner Insights Pickup(3):
デジタルネイティブ企業に学ぶ10の経営テクニック
従来型の企業は、デジタルネイティブ企業の考え方に抵抗感を抱きがちだ。だが、そうした姿勢は通用しなくなりつつある。(2017/1/5)

Gartner「文明アーキテクチャ」構想への反応
「世界を変えるCIO」が今考えていること
最高情報責任者(CIO)は、「文明アーキテクチャ」によって世界を変えるだろう。これは、2016年の「Gartner Symposium/Itxpo」での言葉だ。では、どのようなことが起こるのだろう。(2016/12/6)

GoogleやAmazonに先を越されないために
Microsoft CEOも賛同、「CIOはデジタル変革でCEOをサポートせよ」
CEOの思考の中核部分を占めるデジタルビジネス革新に、最高情報責任者(CIO)のサポートは不可欠だ。本稿では、2016年10月に開催された「Gartner Symposium/Itxpo」から重要なニュースをお届けする。(2016/11/29)

IT担当者の働き方すら変える
2020年のITを決定的に変える“もう無視できない10大トレンド”
データセンターとクラウド市場の急速な進化には、ハイブリッドインフラ、モノのインターネット(IoT)、スマート管理など、各種のITトレンドが関係している。こうしたトレンドはIT部門に新たな役割を追加している。(2016/11/1)

「Gartner Symposium/ITxpo 2016」レポート:
マーケティング部門とIT部門の断絶が顧客体験の創造を阻む――マルケト 福田康隆氏が語る
2016年10月5〜7日に開催された「Gartner Symposium/ITxpo 2016」から、マルケト代表取締役社長 福田康隆氏の講演「CIO、CEO、CMOの連携によるデジタルマーケティング戦略」の概要をレポートする。(2016/10/14)

イベントレポート:
侍だけではデジタルビジネスのセキュリティ対策として不十分である理由
ガートナー ジャパンは2016年10月5日から7日にかけてCIO向けカンファレンス「Gartner Symposium/ITxpo 2016」を開催した。本稿ではその中から、セキュリティ関連のセッションを紹介する。(2016/10/14)

企業がセキュリティ対策を2017年に“転換”すべき理由
企業は事後対策に偏重したセキュリティ対策からどう脱却したらいいのか。米Gartnerが2017年に向けて考えるべき点を挙げた。(2016/10/12)

Weekly Memo:
ガートナーが説く「企業のデジタル化に欠かせない5つの要件」
企業のデジタル化が喫緊の課題といわれる中、それを推進する上で欠かせない5つの要件とは何なのか。米Gartnerリサーチ部門のトップが見解を示した。(2016/10/11)

人工知能:
シンギュラリティは今の人工知能技術の先にはない――ガートナー
ガートナージャパンは、2017年における戦略的テクノロジートレンドのトップ10を発表。3つの傾向として「デジタルメッシュ」「どこでもインテリジェンスとなる世界」「デジタルプラットフォーム革命」を挙げている。(2016/10/11)

デジタル化時代にCIOがすべきこと
変化するCIOの役割、だが「こうしたスキルを備えている者は多くない」
Gartnerのドレイファス氏は、今後CIOが果たすべき役割と必要なスキルを挙げた。しかし、「こうしたスキルを備えている者は多くない」と切り捨てた。(2016/3/29)

テクノロジーがビジネスで重視される時代
GEのCEOらが「会社にCIOは必要だ」とわざわざ述べる理由
デジタル環境の急激な成長によって、ビジネスでテクノロジーが重視されつつある。それに伴い、CIOに求められる役割が大きく変わってきている。(2016/1/28)

【後編】Gartner Symposium/ITxpoリポート
IT部門が使える“IT予算”はたったの3割?
全社のIT予算のうち、IT部門が管理しているのは32%にすぎない。IT部門以外の部門によるIT予算の執行は何を意味するのか? 「コグニティブコンピューティング」などの話題とともにお届けする。(2015/11/16)

最高司令官であるべし
CIO自身が語る、CIOになれる人と、なれない人の違い
CIOの役職にたどり着くまでのキャリアパスは人によって違うため、持つ能力も異なる。その中、CIOとして成功するために必要な能力とは。2人のCIOが語った。(2015/11/16)

【前編】Gartner Symposium/ITxpoリポート
『カールじいさんの空飛ぶ家』は“早く失敗する”文化が生み出した、Pixar社長が語る
米Gartnerが最近開催した年次イベントから、「失敗の2つの側面」「コグニティブコンピューティングに賭けるIBM」「データ責任者と分析責任者の違い」といったトピックを取り上げる。今回はその前編。(2015/11/9)

Watson登場で変わる仕事の形
いまだに信じられている「人工知能が人の仕事を奪う」の真相
米IBMの「Watson」の登場などにより進む人工知能。果たして労働者に取って代わるものになるのだろうか。それとも仕事をサポートするものになるのだろうか。その真相を探る。(2015/11/2)

TechTargetジャパン会員限定サービス
ガートナーイベント「ガートナー シンポジウム/ITxpo 2015」チケットプレゼント
(2015/8/17)

「Google」があなたの産業を揺り動かす:
デジタル戦略を担うリーダーの資質とCIO、情シス
調査会社ガートナーは2014年10月末に東京で開催した「Gartner Symposium/ITxpo 2014」で、「一般企業のデジタル化をけん引するのはCIOだ」と提言した。だが、これはあまり単純な話ではない。(2014/12/1)

情シス担当者は要チェック
10大ITトレンド、あなたは幾つご存じですか?
ソフトウェア定義技術、統合システム、IoT(モノのインターネット)など、次々と登場する新しい技術。大きな変革をもたらす主要なトレンドをリストアップしてみた。(2014/11/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。