ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GEMPLANET」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GEMPLANET」に関する情報が集まったページです。

製造ITニュース:
業種・業務別に体系化〜日立3社が基幹業務ソリューション「FutureStage」
日立製作所、日立ソリューションズ、日立システムズの3社が製品群を統合。業種や業務別に体系化した製造・流通業向け基幹業務ソリューション「FutureStage」として販売を開始する。(2013/4/15)

NEWS:
モノづくり企業のシステムを全部まとめて提供する「BELINDA」
日立ソリューションズが、製造業・流通業に特化したITシステムを包括的に提供する体制を発表。財務システムからPLM、SCMなどを含む広範な業務システムを「ワンストップ」で提供できるのが強み。(2012/3/30)

製造・流通向けに業務別ソリューションスイートを提供 日立ソリューションズ
グループで取り扱う70種類の製品をスイート化し、ユーザーが最適なものを選定できるようにしたという。(2012/3/27)

ERP製品カタログ【第10回】東洋ビジネスエンジニアリング
「カスタマイズありき」でグローバル製造業を支援する「MCFrame」
製造業向けのERPとして実績を持つ「MCFrame」は日本企業の海外展開に合わせて機能やサービスを拡充させてきた。「カスタマイズありき」というポリシーの裏側にはどのような判断があるのか。(2011/4/22)

ERP製品カタログ【第9回】NEC
SaaS提供で独走狙う「EXPLANNER」の一日の長とは
中堅・中小企業向けERPとしてオフコン時代を含めて長い歴史を持つ「EXPLANNER」に注目が集まっている。その理由はSaaS版への先進的な取り組みだ。EXPLANNERの強みを担当者に聞いた。(2011/3/10)

ERP製品カタログ【第8回】日立製作所
アドオン開発の負荷を減らす「GEMPLANET Ver.2」の仕掛けとは
Webに完全対応したERP「GEMPLANET Ver.2」の特徴はアドオン開発を支援するフレームワークを用意したことだ。フレームワークに沿って開発することで将来のバージョンアップが容易になる。(2011/2/10)

NEWS
日立、ERP「GEMPLANET Ver.2」のIFRSアドプション機能強化
ERPパッケージ「GEMPLANET Ver.2」がIFRS対応機能を強化した。ポイントは複数帳簿対応と、固定資産の複数償却対応。日立製作所は「IFRS、日本基準の決算を同時に実現する」としている。(2010/9/29)

ERP製品カタログ
主要なERPパッケージ製品を紹介する新連載。ERPパッケージの特徴や開発思想、そしてIFRSへの対応などを担当者に聞く。(2010/8/24)

中堅・中小企業の賢いERPパッケージ選び【第1回】
継続して使う「半製品」――多様化するSMB向けERPの今を読み解く
競争力向上や全体最適化は中堅・中小企業でも重要なテーマ。だが、ERPの次の主力市場では大企業にはない独自のニーズや傾向がある。パッケージの選択眼を養うため、まずはSMB向けERP市場のトレンドを追ってみよう。(2009/6/2)

「Dynamics AX」と「GEMPLANET」を連携:
日立システム、ERPで日本独自の給与体系に対応 MS・日立と協力
日立システムが日本独自の給与体系に対応するERPサービスの提供を開始する。マイクロソフト「Dynamics AX」と日立製作所の「GEMPLANET給与システム」を連携する。(2009/2/9)

開催直前! DMS2008速報:
“設計レスで個別受注”が日立の目指す中堅向けERP
2008年6月25〜27日の3日間、東京ビッグサイトで「第19回 設計・製造ソリューション展(以下、DMS展)」が開催される。2008年の日立グループは、「お客さまと培った、100年のモノづくり」をテーマに、グループ各社から多数の出展を予定している。本稿では「個別受注生産ソリューション」を事前取材した。(2008/6/20)

サーバからケータイまで、2004年に築いた日立の基盤とは
企業競争力を高めることが必至。日立製作所は2004年、幾つかの基盤を着実に築いた。カンファレンス「HITACHI Open Middleware World 2004 Autumn」では、そのコンセプトが語られた。(2004/11/25)

日立、グループ各社ERPパッケージを「GEMPLANET」でブランド化
グループ各社が独自に展開してきたERPパッケージをひとつのブランドとし、日立製作所は統合ブランドの優位性を競争力として見せつけていく。(2004/11/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。