ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「GLAY」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「GLAY」に関する情報が集まったページです。

DNA恐るべし! TAKURO&岩堀せりの“15歳長男”に「絶対イケメン」「スタイルも抜群」と驚きの声
まだまだ大きくなる年齢だ。(2020/11/17)

Nizi Projectの完結に「GLAY」TERU、指原莉乃ら芸能人も涙 「13人のみんなに本当にたくさんのことを教えてもらいました」
夜更かしした人も、しなかった人もとりあえず泣いた。(2020/6/26)

「マスクをつけた2000人の前でマスクなしの僕が1人で歌うという経験が自分を変えた」 城田優が語る新型コロナとの新しい暮らし
【チェキプレゼントキャンペーン】実施! SNSとの付き合い方についても聞きました。(2020/6/20)

「はしゃいでるせりちゃんとのギャップ」 岩堀せり、夫・TAKUROの誕生日に主役よりも目立った“夫婦ショット”でお祝い
仲良し夫婦の心地よい距離感。(2020/5/27)

「出来ることは全て在宅でやりたいと思います」 GLAY・TERU、新型コロナ対策で“GLAY化”したリモートワーク環境を公開
ファンの部屋みたいだ。(2020/4/8)

「素敵なアイデア」 GLAY・TERU、新型コロナで休校になった子どもたちのため“映画館”を手作り
「さすが器用なTERUさん」「優しさ発想力」と反響。(2020/3/13)

「イケメンすぎる…」「表情がリアル」 北川景子、GLAYの「HOWEVER」「SOUL LOVE」を歌う姿に感動の声
CMでは初歌唱とのこと。(2020/3/3)

「GLAY」TERU&HISASHI、イタリア・ムラーノ島で無観客ライブ開催へ YouTubeで生配信
出演予定だった伊ヴェネツィアのイベントが新型コロナで早期終了のため。めげないTERUさんかっこいい……。(2020/2/25)

ハードオフ店長がジャンク楽器を演奏する動画が人気! ボーカル、ギター、ベースが“全部俺”のハイクオリティ演奏
GLAYと共演するのが店長の夢。(2020/1/25)

「2時間で都内行けるのは田舎じゃない」「(最終飛行機に)田舎の民は間に合わない」 地方オタクの嘆きを描いた漫画に共感多数
バンドも舞台も、ありとあらゆる推しを持つ地方在住オタクを代弁。(2019/12/4)

「推しの顔が良すぎて死んじゃう!」 Twitterで連呼していたらまさかのアカウント凍結 → 恥ずかしすぎる抗議メールを送るハメになった話
みんなも表現には気を付けましょう。(2019/11/7)

鬼龍院翔、“1989年のYOSHIKI”姿で本人と共演「笑って頂けた」 金爆全員で“YOSHIKIオールスターズ”も
ツノ時代。(2019/10/15)

矢沢永吉、台風19号で43年ぶりの野音ライブ実現ならず ドリカム、槇原敬之、バックストリート・ボーイズなど公演中止相次ぐ
残念だ。(2019/10/11)

LUNA SEAライブに託児所 ファン「とても助かった」 利用増えるライブの臨時託児サービス、実態は
“ライブ会場の出張託児所”をどのような経緯でやることになったのか。ベビーシッター請負事業所・あいねを取材しました。(2019/6/14)

「憧れる素敵なご夫婦」 岩堀せり、「GLAY」TAKUROとの結婚15周年でラブラブ2ショット公開
いつまでもステキなご夫婦。(2019/5/29)

「GLAY」TERU、顔面火傷で25周年イベント欠席へ 「どうか軽度でありますように」と心配の声あがる
お大事にしてください。(2019/5/25)

「乳首ドリルすなー!」 山田孝之、GLAYとの記念ショットで見せた中学生級のはしゃぎっぷりにファンからツッコミ
1人だけテンション別盛り。(2019/5/9)

アイドルが観客20万人のライブをやったら、コールはどう聞こえるか?
フッフー!……フッフー!(2019/4/29)

「大人の色気ムンムン」 樽美酒研二、ウエーブヘア&ヒゲで新しい自分を見つけてしまう
でも相変わらず白塗り。(2019/4/28)

「劇場版 FF14 光のお父さん」主題歌をFF14プレイヤーGLAYのTERUが書き下ろし 「今回のお話がなければ、この曲は生まれていません」
プレイしてきたからこその曲となっているようです。(2019/4/24)

「お父さん、これ優勝でしょう」 綾小路翔、父親の死去を“名文”とともに報告 とんねるず、宇多田ヒカルらが供花を送る
綾小路さん「彼は僕の人生最大のライバルだったのかも知れません」。(2019/4/9)

平成のカラオケランキング、JOYSOUNDが発表 ボカロ別は3位magnet、2位メルト、1位はあの曲
総合の1位は、「ハナミズキ」「小さな恋のうた」を抑えてあのアニメの主題歌でした。(2019/3/1)

「世界に溶け込んでますよ」 GLAYのTERU、「ONE PIECE」カフェを満喫する姿にファンもほっこり
「ONE PIECE」好きが全面に出ている。(2019/1/21)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2018年12月版:
PayPayはセキュアなのか?
2018年12月のセキュリティクラスタは「ソフトバンクの回線障害」「PayPayのサービス開始」の他、ハッキング漫画「ne0;lation」が大きな話題となりました。(2019/1/16)

選択肢豊富な「ストリーミング音楽」 どんなサービスがある?
携帯電話の通信速度が向上するにつれて、ストリーミング音楽配信サービスが充実してきた。この記事では、筆者独自のレビューポイントを交えつつ、主なサービスを紹介していく。【訂正】(2018/12/12)

Suica、電子チケットにも影響 ソフトバンク通信障害で“二次被害”相次ぐ
12月6日午後にソフトバンクのモバイル回線で大規模障害が起きたことで、さまざまな分野に影響が出た。(2018/12/6)

ソフトバンクの障害で電子チケットが使えない? GLAYなどライブ前に注意呼び掛け
ソフトバンクの携帯電話サービスで発生している通信障害が、電子チケットサービスにも影響を与えている。(2018/12/6)

平成で一番歌われたアニソンは? DAMの「平成カラオケランキング」発表
全体1位は一青窈さんのあの曲でした。(2018/11/21)

18年の1位は米津玄師「Lemon」:
平成のカラオケで最も歌われた楽曲は? 歌手1位は「浜崎あゆみ」
平成で最も歌われた楽曲は? 通信カラオケ「DAM」などを展開する第一興商がまとめた結果、1位は……(2018/11/21)

「ポプテピピック」新作スペシャル決定 2019年4月1日に放送
エイプリルフールに……?(2018/9/16)

「ひたすら祈っております」 里田まいや大泉洋、GLAYのTERUら北海道出身芸能人が地震受けメッセージ
どうか北海道の皆さんが無事でありますように。(2018/9/6)

完全に一致……! ハイヒールリンゴが「くっきーがマネする自分」を完全再現、そのクオリティにファンざわつく
本家が偽物に寄せるという謎展開。(2018/8/17)

シャイなファンへの配慮 ゴールデンボンバーの「金テープお譲りBOX」、“神対応”と称賛
金テープを譲ってあげたいけど声をかける勇気が出ないファンのために設置。(2018/7/19)

「本人と並んだら見分けつかない」 野性爆弾くっきー、新たな“ものまねメイク”が歴史を塗り替える完成度
もう本人じゃん。(2018/7/13)

「幼少期のTERUさん可愛すぎ」 GLAYのTERU、誕生日に子どものころのレア写真を連投
6月8日に47歳の誕生日を迎えたTERUさん。(2018/6/11)

「多分100%充電済みや思うで 知らんけど」 iPhoneが関西人になる画像がTwitterで「天才か」と話題に
多分これ見たらiPhoneは関西人や思うで、知らんけど。(2018/6/2)

ユニバーサルに怒られそう! くっきー、魔改造したミニオンズのコスプレで子どもたちを泣かせにかかる
大人でも泣くレベル。(2018/5/29)

「バイキング絶対いけます!」 野性爆弾くっきー、坂上忍メイクが“お昼の顔”になれそうなハイクオリティー
松っちゃんも大絶賛。(2018/5/13)

誰だお前は! 菜々緒、Twitterのアイコンが突如“白塗り”のバケモノと化してしまう
いろいろアウト。(2018/5/2)

Amazon Musicが「Alexa」対応 話し掛けるだけで音楽再生可能に
アマゾンジャパンは3月30日、「Amazon Music」アプリ(iOS/Android)で音声アシスタント「Alexa」が利用可能になったと発表した。スマートスピーカー「Amazon Echo」シリーズと同じように、音声操作で音楽の検索や再生が行えるという。(2018/3/30)

イラストのクセが強いな! hydeとGLAYのTERU、お互いを描くも“別人”を生み出してしまう
似ているようで似ていない。(2018/3/2)

「嵐にまで手を出すとは」 野性爆弾くっきー、二宮和也のものまねメイクがファン閲覧注意の仕上がり
もう誰にも止められない。(2018/2/27)

「GLAY」TERUのSNSに異常事態発生! アイコンが“白塗りのバケモノ”にジャックされる
TERUさんノリノリ。(2018/2/24)

「初めて見ましたが、ぶっ飛んでますね」 「ポプテピピック」見たGLAYのTERU、「ポプ子」風の自画像を公開する
しかもうまい。(2018/1/17)

寄稿・福井健策弁護士:
「森のくまさん」騒動からJASRAC問題まで……著作権10大ニュースで考える、情報社会の明日はどっちだ?
著作権まわりでもさまざまなニュースがあった2017年。この1年の「10大ニュース」を、弁護士の福井健策さんが振り返る。(2017/12/26)

GLAY、結婚式での楽曲利用に「人生の素晴らしい舞台で使ってもらえるなら無償提供」 著作隣接権を徴収しないと発表
名曲「ずっと2人で…」も利用可能。(2017/12/11)

著作権管理会社への手続きは必要:
GLAYの楽曲、結婚式に“無償提供” 隣接権料を不要に
GLAYが自身の楽曲をブライダル用途に限り無償提供。著作隣接権料を徴収しないと発表した。著作権に関する利用料は従来通り管理団体に支払う必要がある。(2017/12/11)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
2000万部超えのラノベ王子、子猫になった重版童貞に語る王者のアドバイス「俺には彼女がいない」
彼の名は、講談社ラノベ文庫編集部の副編集長・庄司智。(2017/12/3)

4000万曲聴き放題「Music Unlimited」開始 「Amazon Echo」と連携
定額制音楽聴き放題サービス「Music Unlimited」の提供が日本国内でスタート。間もなく日本上陸の「Amazon Echo」にも対応する。(2017/11/8)

元SMAP3人が72曲メドレーを生披露 「前前前世」に「ultra soul」、恋ダンスも【楽曲一覧あり】
声を枯らして熱唱しました。(2017/11/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。